【レポート】 「日本市場にはチャンスがある」- イスラエルのストレージ・ベンダー、INFINIDATが日本法人を設立

[2016/03/09 18:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

イスラエルに本社を構えるINFINIDATは3月8日、日本法人「インフィニダット ジャパン合同会社」を設立したと発表した。発表会に登壇したINFINIDAT 最高マーケティング責任者 ランディ・アルセノー氏は、開口一番「日本への正式参入を嬉しく思う」と切り出した。

INFINIDAT 最高マーケティング責任者 ランディ・アルセノー氏

「世界第3位の経済大国である日本に参入することは、我々に大きな成長機会をもたらしてくれると考えている。また、クラウド・プロバイダーが増加していることも、我々が参入するのに良い時期だと言える」(アルセノー氏)

現在のストレージ市場では、オールフラッシュ・ストレージの人気が高まっており、マーケティングに力を入れているところも多い。「日本のストレージ市場はすでに成熟しており、保守的な既存ベンダーからはイノベーションが見られない。我々には、それを変えていくチャンスがあると思っている」とアルセノー氏は語る。

「確かに、フラッシュに適したワークロードというものはあるが、我々はHDDとフラッシュを非常に高度なレベルで組み合わせることで、高密度、高信頼性、高パフォーマンスを実現している」(アルセノー氏)

さらに、氏は「我々が提供するものの中で最も重要な要素は、品質と信頼性だと考えている」と力を込める。アルセノー氏によれば、イスラエルにある同社の品質保証とテストを行う施設では、すでに100PB相当のストレージをテストしており、それぞれのソリューションに関しては、少なくとも3週間のベンチマーク・テストを行っているという。

「これにより、メインフレーム・クラスの信頼性をストレージにもたらしている」(アルセノー氏)

関連リンク

1232
2
【レポート】 「日本市場にはチャンスがある」- イスラエルのストレージ・ベンダー、INFINIDATが日本法人を設立
イスラエルに本社を構えるINFINIDATは3月8日、日本法人を設立すると発表した。新進気鋭のストレージベンダーは、日本市場で何を狙うのか。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/03/09/INFINIDAT_002.jpg
イスラエルに本社を構えるINFINIDATは3月8日、日本法人を設立すると発表した。新進気鋭のストレージベンダーは、日本市場で何を狙うのか。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る