Webアプリケーションからマイクロサービスを呼び出す実装(2)

【連載】

AWSで作るマイクロサービス

【第7回】Webアプリケーションからマイクロサービスを呼び出す実装(2)

[2020/10/26 09:00]川畑 光平 ブックマーク ブックマーク

本連載では、以下に示すようなマイクロサービスアーキテクチャのアプリケーション環境を構築しています。

構成図

前回は第3、4回で作成したWebアプリケーション内で、バックエンドのマイクロサービスを呼び出す処理を実装しました。今回は、取得したユーザリソースを使って認証処理を行うようアプリケーションを修正してみます。

なお、本連載で実際に作成するアプリケーションはGitHub上にコミットしています。以降に記載するソースコードでは、import文など本質的でない記述を省略している部分があるので、実行コードを作成する際は、必要に応じて適宜GitHubにあるソースコードも参照してください。

Spring Securityを使ったWebアプリケーションの修正(2)

第4回で実装したCustomUserDetailsServiceから、前回実装したOrchestrationServiceを呼び出すように変更します(以前の実装はコメントアウトします)。具体的には、UserResourceを取得して、プロパティisAdminの値に応じて、設定するGrantedAuthorityを変更します。

package org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.app.web.security;

import org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.common.apinfra.exception.BusinessException;
import org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.common.model.UserResource;
import org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.domain.repository.UserResourceRepository;
import org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.domain.service.OrchestrationService;
import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.context.MessageSource;
import org.springframework.security.core.GrantedAuthority;
import org.springframework.stereotype.Service;

import org.springframework.security.core.authority.AuthorityUtils;
import org.springframework.security.core.userdetails.UserDetails;
import org.springframework.security.core.userdetails.UserDetailsService;
import org.springframework.security.core.userdetails.UsernameNotFoundException;

import java.util.List;
import java.util.Locale;

@Service
public class CustomUserDetailsService implements UserDetailsService {

    @Autowired
    MessageSource messageSource;

    @Autowired
    OrchestrationService orchestrationService;

    @Override
    public UserDetails loadUserByUsername(String username) throws UsernameNotFoundException {
//        return CustomUserDetails.builder()
//                .authorities(AuthorityUtils.createAuthorityList("ROLE_USER"))
//                .build();
        try{
            UserResource userResource = orchestrationService.getUserResource(username);
            List<GrantedAuthority> authorities = null;
            if(userResource.isAdmin()){
                authorities = AuthorityUtils.createAuthorityList("ROLE_ADMIN", "ROLE_USER");
            }else {
                authorities = AuthorityUtils.createAuthorityList("ROLE_USER");
            }
            return CustomUserDetails.builder()
              .userResource(userResource)
              .authorities(authorities)
              .build();
        }catch (BusinessException e){
            throw new UsernameNotFoundException(messageSource.getMessage(
              "BE0001", null, Locale.getDefault()), e);
        }
    }

}

返却するCustomUserDetailsは下記の通り、UserResourceを内包して、IDとパスワードをUserResourceのプロパティから返却するように実装を修正します。

package org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.app.web.security;

// omit

public class CustomUserDetails implements UserDetails {

    private final UserResource userResource;
    private final Collection<GrantedAuthority> authorities;

    @Override
    public Collection<? extends GrantedAuthority> getAuthorities() {
        return authorities;
    }

    @Override
    public String getPassword() {
//        return "{noop}test";
        return userResource.getCredentialResources().stream()
          .filter(userResource -> Objects.equals(
                  "PASSWORD", userResource.getCredentialType()))
          .findFirst().get().getCredentialKey();
    }

    @Override
    public String getUsername() {
//        return "test";
        return userResource.getLoginId();
    }

    // omit

CustomUserDetailsは、org.springframework.security.core.annotation.AuthenticationPrincipalを使って、Controllerのメソッドの引数からも取得できます。以下は、UserResourceをモデルオブジェクトとしてViewへ渡す例です。

package org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.app.web;

// omit

@Controller
public class SampleController {

    // omit

    @GetMapping(value= "/portal")
    public String portal(@AuthenticationPrincipal CustomUserDetails customUserDetails,
                   Model model, HttpSession httpSession){
        model.addAttribute("portalInformation",
          PortalInformation.builder()
                  .userResource(customUserDetails.getUserResource())
                  .build());

    // omit

また、CustomUserDetailsはorg.springframework.security.core.context.SecurityContextHolderを利用することで、org.springframework.security.core.context.SecurityContextを経由してアプリケーション内の任意の場所で取得できます。

以下の例では、Controllerのディスパッチ処理が実行された後に、一律に実行されるHandlerInterceptorAdapterを利用し、CustomUserDetailsServiceで設定した権限に応じて使用可能なメニューをViewへ渡しています。

package org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.app.web.interceptor;

// omit

import org.springframework.security.core.Authentication;
import org.springframework.security.core.authority.SimpleGrantedAuthority;
import org.springframework.security.core.context.SecurityContext;
import org.springframework.security.core.context.SecurityContextHolder;
import org.springframework.web.servlet.ModelAndView;
import org.springframework.web.servlet.handler.HandlerInterceptorAdapter;

import org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.app.model.Menu;
import org.debugroom.mynavi.sample.aws.microservice.frontend.webapp.app.web.security.CustomUserDetails;

public class SetMenuInterceptor extends HandlerInterceptorAdapter {

    @Override
    public void postHandle(HttpServletRequest request,
                     HttpServletResponse response, Object handler,
                     ModelAndView modelAndView) throws Exception {
        if(Objects.nonNull(modelAndView)
          && Objects.isNull(modelAndView.getModel().get("menuList"))){
            SecurityContext securityContext = SecurityContextHolder.getContext();
            Authentication authentication = securityContext.getAuthentication();
            if(Objects.nonNull(authentication)){
                Object principal = authentication.getPrincipal();
                if(principal instanceof CustomUserDetails){
                    if(((CustomUserDetails) principal).getAuthorities()
                      .contains(new SimpleGrantedAuthority("ROLE_ADMIN"))){
                        modelAndView.addObject("menuList", getAdminMenuList());
                    }else {
                        modelAndView.addObject("menuList", getMenuList());
                    }
                }
            }
        }
    }

    private List<Menu> getAdminMenuList(){
        return Arrays.asList(Menu.PORTAL, Menu.LOGOUT, Menu.USER_MANAGEMENT);
    }

    private List<Menu> getMenuList(){
        return Arrays.asList(Menu.PORTAL, Menu.LOGOUT);
    }

}

メニューが表示されるよう、ThymeleafのHTMLテンプレートも修正します。

◆templates/fragments/menu.html

<!DOCTYPE html>
<html xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
<!-- omit -->
<body>
  <!-- インターセプタで設定したメニューのリストを表示 -->
  <div th:fragment="menu" th:remove="tag">
    <ul class="menu" th:each="menu, status: ${menuList}" >
      <li><a th:href="${menu.path}" th:text="${menu.name}"></a></li>
    </ul>
  </div>
</body>
</html>

◆templates/fragments/template_default.html

<!DOCTYPE html>
<html xmlns:th="http://www.thymeleaf.org" th:fragment="layout (head, body)" lang="ja">
<!-- omit -->
<body>
  <div id="header" th:replace="~{fragments/header :: header}"></div>
  <article>
    <div id="flex-container">
    <!-- メニューのテンプレートを読み込み -->
      <div class="flex-item-1">
        <div id="menu" th:replace="~{fragments/menu :: menu}"></div>
      </div>
      <div class="flex-item-2">
        <div id="body" th:replace="${body}"></div>
      </div>
    </div>
    <div id="footer" th:replace="~{fragments/footer :: footer}"></div>
  </article>
</body>
</html>

アプリケーションを起動し、ログインし直します。バックエンドのマイクロサービスがアクセスするユーザーデータの一つに設定したIDとパスワードは「taro.mynavi」と「test」です。

ログイン
ログイン

一度ログアウトして、今度は管理者権限を持たないユーザーデータである「jiro.mynavi」と「test」でログインしてみましょう。今度は表示されるメニューが少なくなります。

管理者権限なし

なお、本題から外れるので詳細は割愛しますが、ThymeleafではSpringSecurityと連携し、ユーザー権限に応じて、コンテンツの表示/非表示を制御する機能が提供されています。興味のある方は「Thymeleaf - Spring Security integration modules」を参照してください。

* * *

今回は、SpringSecutiyを使ったWebアプリケーションが、バックエンドマイクロサービスから取得したUserResourceを使って認証処理を行うように実装し直してみました。次回以降は、アプリケーションの分析/デバッグサービスである「AWS X-Ray」を使って、これらのコンポーネント間の呼び出しを可視化する方法を紹介していきます。

著者紹介


川畑 光平(KAWABATA Kohei) - NTTデータ

金融機関システム業務アプリケーション開発・システム基盤担当、ソフトウェア開発自動化関連の研究開発を経て、デジタル技術関連の研究開発・推進に従事。

Red Hat Certified Engineer、Pivotal Certified Spring Professional、AWS Certified Solutions Architect Professional等の資格を持ち、アプリケーション基盤・クラウドなど様々な開発プロジェクト支援にも携わる。AWS Top Engineers & Ambassadors選出。

本連載の内容に対するご意見・ご質問は Facebook まで。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [5] Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(1)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [5] Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(1)

前回は、MLサービスおよびAmazon SageMakerの概要と利用方法について解説しました。図を用いて「開発」「学習」「推論」の流れを説明しました。今回からは4回にわたり、実際にAmazon SageMakerを使っていきたいと思います。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る