検索を使いこなす

【連載】

1からマスター! Windows Terminal入門

【第29回】検索を使いこなす

[2020/07/23 08:00]佐々木宣文 ブックマーク ブックマーク

Windows Terminalには検索機能が付属している。同機能では、過去に表示したテキストのバッファから、指定されたキーワードを検索して強調表示することができる。画面に表示されている内容から特定のファイル名を探したり、過去に使用したコマンドを探したりする場合に便利な機能だ。今回は、この検索機能の使い方について取り上げる。

検索ボックスを表示する方法

Windows Terminalの操作はキーボードショートカットを主体としたものになっているため、検索機能もほかの機能と同様にキーボードショートカットキーから起動する。デフォルトの設定では、検索機能を使うキーボードショートカットは「Ctrl」+「Shift」+「f」だ。検索を実施したいターミナルウィンドウで「Ctrl」+「Shift」+「f」を押すと、次のように右上に検索ボックスが現れる。

「Ctrl」+「Shift」+「f」で検索ボックスを表示させる

ペインでウィンドウを分割している場合は、次のようにフォーカスを当てているペインの右上に検索ボックスが表示される。

左のペインにフォーカスがある場合

右下のペインにフォーカスがある場合

検索の実行

検索ボックスが表示されたら、「検索」テキストボックスに検索したいキーワードを入力して「Enter」キーを押せば検索が実行される。指定したキーワードが見つかると、下図のようにその場所が強調して表示される。強調のされ方はカラースキームの色設定によって異なる。

「desk」というキーワードを検索した例

続けて「Enter」キーを押せば、強調箇所が次の候補に移動する。

「Enter」キーを押すことで次の候補に移動する

もちろん、日本語の検索にも対応している。

日本語文字列も検索できる

デフォルトでは、検索は下から上(新しいものから古いもの)に向かって行われるようになっており、今、どちら向きに検索されるのかは検索ボックスの矢印のアイコンで確認できる。下図では「↑」のアイコンが選択状態になっているので、下から上に向かって検索されるというわけだ。

下から上に向けて検索する設定

上から下の方向に検索したい場合には、検索ボックスの「↓」のアイコンをクリックして選択状態に変えればよい。

上から下に向けて検索する設定

なお、検索方向の設定を変えるのではなく、単に強調箇所を一つ前の候補に戻したい場合には、「Enter」キーを押す代わりに「Shift」+「Enter」キーを押せばよい。

検索ボックスにはもう一つ「Aa」と書かれたアイコンがある。これは、検索の際にアルファベットの大文字と小文字を区別するかどうかの設定になる。デフォルトでは選択されていない状態になっており、これは大文字と小文字を区別しない設定だ。次のようにアイコンを選択状態にすると、大文字と小文字を区別して検索するようになる。

アルファベットの大文字と小文字を区別する設定

さて注意して欲しいのは、Windows Terminalの検索機能はあくまでも「過去に表示した内容」を検索するものだということだ。エクスプローラーの検索のように、ファイルやディレクトリそのものを検索するためのものではないので、間違えないようにしよう。

検索ボックスを開くショートカットの変更

前述のように、検索ボックスを開くキーボードショートカットはデフォルトでは「Ctrl」+「Shift」+「f」に設定されている。この設定は 「setting.json」に記述されている。しかし、Windowsの一般的なアプリケーションでは検索のショートカットは「Ctrl」+「f」であることが多いので、Windows Terminalでもその設定に合わせておいたほうが使いやすいかもしれない。

キーボードショートカットの設定のカスタマイズ方法は前回詳しく解説した。その例でも取り上げたように、検索ボックスを開くのは「find」コマンドなので、ショートカットの設定を変更したい場合にはfindコマンドに割り当てるキーの組み合わせを変えるようにsetting.jsonの記述を変更すればよい。

デフォルトでは、次のように「ctrl+shift+f」がfindコマンドに割り当てられている。

{ "command": "find", "keys": "ctrl+shift+f" },

「Ctrl」+「f」で検索ボックスを開くようにするには、次のように「keys」の値を「ctrl+f」に変更する。

{ "command": "find", "keys": "ctrl++f" },

ターミナルを使って連続した作業をしていると、前に表示された内容をもう一度確認したくなるケースも多い。また、コマンドの実行結果が大量に出力された場合(例えば、catコマンドで大きいテキストファイルを表示したときなど)、そこから特定のキーワードがある箇所だけを探したいようなこともある。そのようなシチュエーションでは、Windows Terminalの検索機能が効果を発揮するだろう。

参考資料

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る