[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (5) ガーベージコレクション

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (5) ガーベージコレクション

[2016/09/14 07:00] ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。

今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から。認定試験を想定した問題なので、連続正解者は受験を考えても良いでしょう。

【問題】 JavaScriptの処理系のガーベージコレクションの説明で正しいものを選びなさい。

A. number型のオブジェクトに0が代入された場合にガーベージの対象となる。
B. 他のオブジェクトから参照されなくなった場合にガーベージの対象となる。
C. 不要となったメモリの領域を自動的に解放する処理をガーベージコレクションと呼ぶ。
D. ヒープ領域の使用領域の割合に関わらず、不要と判断されたら直ちにオブジェク トが破棄される。

>> 答えはこちら

>> 問題 一覧ページはこちら

出展書籍


HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』

「HTML5プロフェッショナル認定試験」の「レベル2」対応の解説書。大人気JavaScript勉強会「JSオジサン」のメンバーが執筆。全320ページ。

「レベル2」は「HTML5を活用した動的なWebアプリケーションを開発・設計・製作できる。」スキルを備えているIT技術者であることを認定するもので、Webシステム開発者、スマートフォン アプリ開発者、フロントエンド プログラマー、HTMLコーダー、サーバサイド エンジニア、Webデザイナー、Webディレクターといった職種の方々を対象にしています。

<目次>

  • Chapter1 速習JavaScript入門
  • Chapter2 JavaScriptの文法
  • Chapter3 WebブラウザにおけるJavaScript API
  • Chapter4 さまざまなHTML5関連API

関連リンク

1847
2
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (5) ガーベージコレクション
マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「JavaScriptの文法」の5問目を出題いたします。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/09/08/html5/HTML5_Lv2_300-300.jpg
マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「JavaScriptの文法」の5問目を出題いたします。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る