マイナビニュースマイナビ

開発ソフトウェアの解説/事例記事

開発ソフトウェアの解説/事例記事

ピックアップ記事

開発ソフトウェア 新着情報

Istioを使ったサービスメッシュ構築 - 概要

【連載】Kubernetes入門 [26] Istioを使ったサービスメッシュ構築 - 概要

「Istio」はサービスメッシュを構成するサービス間の通信を統一的に制御するソフトウエアです。今回からは数回に分け、このIstioについて解説していきます。

ホストコンピューターはそのままに基幹系システムを一新! 辰馬本家酒造がランサを選んだ理由とは?

【特別企画】ホストコンピューターはそのままに基幹系システムを一新! 辰馬本家酒造がランサを選んだ理由とは?

「白鹿」「黒松白鹿」のブランド名で世界的に広く知られる辰馬本家酒造。同社は、情報システム部門の担う役割を「ITの運用管理(守り)」から「企業価値を高めるITの整備(攻め)」へとシフトさせることを目的の1つとし、ホストコンピューターのIBM i(旧AS/400)で稼働する基幹系システムを刷新した。

成功事例に学ぶ、自社アプリ開発をクラウド型で進めるべき理由

【特別企画】成功事例に学ぶ、自社アプリ開発をクラウド型で進めるべき理由

スクラッチで自社アプリを開発する場合、企業にのしかかるハードルは高い。開発には長い期間、巨額のコストがかかるほか、リリース後も、最新OSへの対応や機能拡張のたびに改修作業が発生する。安定運用のためにシステムを管理する人員も必要で、こうしたヒト、カネが確保できないためにアプリ開発を断念するケースは少なくない。もしもこれから自社アプリの開発を検討するならば、スクラッチではなく、アプリ開発プラットフォームを利用する「クラウド型」で進めることを推奨したい。

Kubernetes Operatorを作ってみる - Kubebuilder

【連載】Kubernetes入門 [25] Kubernetes Operatorを作ってみる - Kubebuilder

「Kubebuilder」は、第23回で紹介したKubernetes Operatorを作るためのScaffolding(土台)ツールです。Kubebuilderを使えば、CRDやカスタムコントローラのひな型を自動生成することができます。Kubernetes Operatorを構成するさまざまなファイル群を一から作成する必要がないため、学習コストを下げられることに加え、素早くKubernetes Operatorを構築することが可能です。

AWS Deep Learning AMIsの基本的な使い方(1)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [14] AWS Deep Learning AMIsの基本的な使い方(1)

前回は、AWSのMLスタックの最下層に位置するサービス群「MLフレームワークとインフラストラクチャ」の全体像を解説しました。今回からは「AWS Deep Learning AMIs(以下、深層学習 AMI)」を解説していきます。

記事ランキング

【特別企画】成功事例に学ぶ、自社アプリ開発をクラウド型で進めるべき理由

【特別企画】成功事例に学ぶ、自社アプリ開発をクラウド型で進めるべき理由

スクラッチで自社アプリを開発する場合、企業にのしかかるハードルは高い。開発には長い期間、巨額のコストがかかるほか、リリース後も、最新OSへの対応や機能拡張のたびに改修作業が発生する。安定運用のためにシステムを管理する人員も必要で、こうしたヒト、カネが確保できないためにアプリ開発を断念するケースは少なくない。もしもこれから自社アプリの開発を検討するならば、スクラッチではなく、アプリ開発プラットフォームを利用する「クラウド型」で進めることを推奨したい。

【連載】企業Webサイト運営6つのトレンド [2] スタティックサイトジェネレータの流行と静的サイトのメリット

【連載】企業Webサイト運営6つのトレンド [2] スタティックサイトジェネレータの流行と静的サイトのメリット

ここ数年「スタティック(静的)サイトジェネレータ」と呼ばれるツールが一部で人気です。Webサイトを構成するHTMLやCSS、JavaScriptなどのファイルを静的ファイルとして生成するツールです。今回は、このスタティックサイトジェネレータの流行の経緯や、Webサイトの静的サイト生成のメリットについて解説します。

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる

今回は「Blocks」というプロジェクトを完成させます。Blocksは、ブロックをつかんで積み上げられるような遊べるVRコンテンツです。オブジェクトをつかんで、持ち上げられるよう変更しましょう。

4
【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [41] Javaで非同期なHTTP通信を行うための「AsyncHttpClient」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [41] Javaで非同期なHTTP通信を行うための「AsyncHttpClient」

AsyncHttpClentはJavaプログラムにおいて非同期のHTTP通信を行うためのクライアントライブラリである。クライアントプログラムがサーバのレスポンスを待たずに処理を続行する非同期通信を行うことができ、速度優先のゼロコピー通信や、データのバッファリングを行わない通信などをサポートしているため、大容量のデータの送受信にも利用できる。

AsyncHttpClentはJavaプログラムにおいて非同期のHTTP通信を行うためのクライアントライブラリである。クライアントプログラムがサーバのレスポンスを待たずに処理を続行する非同期通信を行うことができ、速度優先のゼロコピー通信や、データのバッファリングを行わない通信などをサポートしているため、大容量のデータの送受信にも利用できる。

5
【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [27] PDF生成ライブラリ「iText」における文書オブジェクトの構造

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [27] PDF生成ライブラリ「iText」における文書オブジェクトの構造

前回はJavaプログラムでPDF文書を出力するためのライブラリである「iText」について紹介した。そこで示した例では、ドキュメントに追加するコンテンツとして文字列をセットしたcom.itextpdf.text.Paragraphオブジェクトを使用した。

前回はJavaプログラムでPDF文書を出力するためのライブラリである「iText」について紹介した。そこで示した例では、ドキュメントに追加するコンテンツとして文字列をセットしたcom.itextpdf.text.Paragraphオブジェクトを使用した。

記事ランキング

【特別企画】成功事例に学ぶ、自社アプリ開発をクラウド型で進めるべき理由

スクラッチで自社アプリを開発する場合、企業にのしかかるハードルは高い。開発には長い期間、巨額のコストがかかるほか、リリース後も、最新OSへの対応や機能拡張のたびに改修作業が発生する。安定運用のためにシステムを管理する人員も必要で、こうしたヒト、カネが確保できないためにアプリ開発を断念するケースは少なくない。もしもこれから自社アプリの開発を検討するならば、スクラッチではなく、アプリ開発プラットフォームを利用する「クラウド型」で進めることを推奨したい。

【連載】企業Webサイト運営6つのトレンド [2] スタティックサイトジェネレータの流行と静的サイトのメリット

ここ数年「スタティック(静的)サイトジェネレータ」と呼ばれるツールが一部で人気です。Webサイトを構成するHTMLやCSS、JavaScriptなどのファイルを静的ファイルとして生成するツールです。今回は、このスタティックサイトジェネレータの流行の経緯や、Webサイトの静的サイト生成のメリットについて解説します。

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる

今回は「Blocks」というプロジェクトを完成させます。Blocksは、ブロックをつかんで積み上げられるような遊べるVRコンテンツです。オブジェクトをつかんで、持ち上げられるよう変更しましょう。

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [41] Javaで非同期なHTTP通信を行うための「AsyncHttpClient」

AsyncHttpClentはJavaプログラムにおいて非同期のHTTP通信を行うためのクライアントライブラリである。クライアントプログラムがサーバのレスポンスを待たずに処理を続行する非同期通信を行うことができ、速度優先のゼロコピー通信や、データのバッファリングを行わない通信などをサポートしているため、大容量のデータの送受信にも利用できる。

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [27] PDF生成ライブラリ「iText」における文書オブジェクトの構造

前回はJavaプログラムでPDF文書を出力するためのライブラリである「iText」について紹介した。そこで示した例では、ドキュメントに追加するコンテンツとして文字列をセットしたcom.itextpdf.text.Paragraphオブジェクトを使用した。

ページの先頭に戻る