開発ソフトウェアの解説/事例記事

開発ソフトウェアの解説/事例記事

ピックアップ記事

開発ソフトウェア 新着情報

Swaggerだけじゃない!  OAIツールの紹介

【連載】Swagger 3.0 入門 [4] Swaggerだけじゃない! OAIツールの紹介

連載最終回となる今回は、本家Open API Initiative(OAI)が提供するSwagger関連ツールを掘り下げてご紹介します。

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

レッドハットは11月8日、富士通が、同社の情報システム部門内でグローバルに散在するデータの収集/整備/活用を推進する組織「ビジネス・インテリジェンス・コンピテンシー・センター(BICC)」におけるシステム開発に、コンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

SCSK、イベント受付アプリの構築に「Platio」を採用 [事例]

SCSK、イベント受付アプリの構築に「Platio」を採用 [事例]

アステリアは11月7日、SCSKがERPパッケージ「ProActive」のユーザーカンファレンスを実施するにあたり、受付アプリの構築にアステリアのモバイルアプリ制作プラットフォーム「Platio(プラティオ)」を採用したと発表した。

アイスマン、PTCの3D CAD「Creo」を採用 - 設計作業の効率化を目指す [事例]

アイスマン、PTCの3D CAD「Creo」を採用 - 設計作業の効率化を目指す [事例]

PTCジャパンは11月5日、産業用製氷機や自動搬出貯氷庫などの製作施工を手掛けるアイスマンが、PTCの3D CAD「Creo」を採用したと発表した。

[講演資料提供]モノとITではこれだけ違う! DMM.make AKIBAが教える失敗しないIoT

[講演資料提供]モノとITではこれだけ違う! DMM.make AKIBAが教える失敗しないIoT

「IoTの開発は、関連技術分野が多いのでチーム戦。モノ側とIT側の間で文化の違いがあるので、間に立って通訳する人材が必要である」――DMM.make AKIBAでエヴァンジェリストを務める岡島 康憲氏の講演の一幕である。

記事ランキング

【連載】Swagger 3.0 入門 [4] Swaggerだけじゃない!  OAIツールの紹介

【連載】Swagger 3.0 入門 [4] Swaggerだけじゃない! OAIツールの紹介

連載最終回となる今回は、本家Open API Initiative(OAI)が提供するSwagger関連ツールを掘り下げてご紹介します。

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

レッドハットは11月8日、富士通が、同社の情報システム部門内でグローバルに散在するデータの収集/整備/活用を推進する組織「ビジネス・インテリジェンス・コンピテンシー・センター(BICC)」におけるシステム開発に、コンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

4
【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

5
【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [1] RPAとは

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [1] RPAとは

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

記事ランキング

【連載】Swagger 3.0 入門 [4] Swaggerだけじゃない!  OAIツールの紹介

連載最終回となる今回は、本家Open API Initiative(OAI)が提供するSwagger関連ツールを掘り下げてご紹介します。

富士通、システム開発に「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用 [事例]

レッドハットは11月8日、富士通が、同社の情報システム部門内でグローバルに散在するデータの収集/整備/活用を推進する組織「ビジネス・インテリジェンス・コンピテンシー・センター(BICC)」におけるシステム開発に、コンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」を採用したと発表した。

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [1] RPAとは

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る