開発ソフトウェアの解説/事例記事

開発ソフトウェアの解説/事例記事

ピックアップ記事

開発ソフトウェア 新着情報

Windows Mixed Realityコンテンツ開発の導入

【連載】VRコンテンツの作り方 [16] Windows Mixed Realityコンテンツ開発の導入

先日島根で開催しましたXR GameJamに合わせて、日本エイサーのご好意でヘッドセットの製品版をお借りしました。今回はWindows Mixed Realityコンテンツ開発の導入について解説します。

Windows 10でのVimセットアップ - WSLの有効化

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [12] Windows 10でのVimセットアップ - WSLの有効化

Windows 10 Fall Creators Updateからはストア経由でLinuxディストリビューションのインストールが可能になった。WindowsでVimを利用するのにこれまででもっとも簡単にセットアップでき、そして強力なプラットフォームが手に入ったことになる。WindowsでのVimがさらに便利になった。

初級者は苦しみ、上級者は手放せない、Vimの「モード」

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [11] 初級者は苦しみ、上級者は手放せない、Vimの「モード」

これまでに取り上げてきたモダンエディタにはなかったが、Vimには「モード」という概念が存在している。モードはかなりの数に上るのだが、最低限「ノーマルモード」「挿入モード」「コマンドラインモード」の3つは覚える必要がある。

パイオニアが「スーパルート探索」で実施した大移植 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

パイオニアが「スーパルート探索」で実施した大移植 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

クラウドを活用することで、従来のカーナビにはない柔軟なルート探索を実現したパイオニアの「サイバーナビ」。開発の裏では、車載アプリケーションをクラウドへ移植する作業があり、この過程でOpneShiftが大いに役立ったという。「RED HAT FORUM TOKYO 2017」では、パイオニア 技術開発本部の谷川裕史氏と、日本情報通信 ソリューションビジネス本部の菱木竜也氏によりその詳細が明かされた。

ゼロから始めたDevOps、使ったツールと問題点 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

ゼロから始めたDevOps、使ったツールと問題点 - RED HAT FORUM TOKYO 2017

公衆Wi-Fiサービスを提供するワイヤ・アンド・ワイヤレスは、オープンソースソフトウェアを活用したDevOpsに取り組んでいる。その内容が、「RED HAT FORUM TOKYO 2017」にて技術運用本部 CTOの相馬 賢司氏により紹介されたので概要をお伝えしようしよう。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [12] Windows 10でのVimセットアップ - WSLの有効化

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [12] Windows 10でのVimセットアップ - WSLの有効化

Windows 10 Fall Creators Updateからはストア経由でLinuxディストリビューションのインストールが可能になった。WindowsでVimを利用するのにこれまででもっとも簡単にセットアップでき、そして強力なプラットフォームが手に入ったことになる。WindowsでのVimがさらに便利になった。

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

4
【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [2] Swagger UIの準備

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [2] Swagger UIの準備

今回はSwagger UIを紹介します。Swagger Specで記述したYAMLやJSONファイルからAPIインタフェース仕様ドキュメントを自動生成できるツールです。ドキュメントはWebブラウザで閲覧でき、仕様を確認したら、そのままワンクリックでAPIを実行できます。

今回はSwagger UIを紹介します。Swagger Specで記述したYAMLやJSONファイルからAPIインタフェース仕様ドキュメントを自動生成できるツールです。ドキュメントはWebブラウザで閲覧でき、仕様を確認したら、そのままワンクリックでAPIを実行できます。

5
【連載】VRコンテンツの作り方 [16] Windows Mixed Realityコンテンツ開発の導入

【連載】VRコンテンツの作り方 [16] Windows Mixed Realityコンテンツ開発の導入

先日島根で開催しましたXR GameJamに合わせて、日本エイサーのご好意でヘッドセットの製品版をお借りしました。今回はWindows Mixed Realityコンテンツ開発の導入について解説します。

先日島根で開催しましたXR GameJamに合わせて、日本エイサーのご好意でヘッドセットの製品版をお借りしました。今回はWindows Mixed Realityコンテンツ開発の導入について解説します。

記事ランキング

【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [12] Windows 10でのVimセットアップ - WSLの有効化

Windows 10 Fall Creators Updateからはストア経由でLinuxディストリビューションのインストールが可能になった。WindowsでVimを利用するのにこれまででもっとも簡単にセットアップでき、そして強力なプラットフォームが手に入ったことになる。WindowsでのVimがさらに便利になった。

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [2] WinActorでブラウザ操作を自動化する

今回はSeleniumとRPAの位置づけの違いをまずつかんでいただき、どういったシーンで使われ、どういったプログラミングが必要となってくるかをご理解いただきます。その後、WinActorのインストールから基本的なキャプチャ&リプレイのやり方を紹介します。

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [2] Swagger UIの準備

今回はSwagger UIを紹介します。Swagger Specで記述したYAMLやJSONファイルからAPIインタフェース仕様ドキュメントを自動生成できるツールです。ドキュメントはWebブラウザで閲覧でき、仕様を確認したら、そのままワンクリックでAPIを実行できます。

【連載】VRコンテンツの作り方 [16] Windows Mixed Realityコンテンツ開発の導入

先日島根で開催しましたXR GameJamに合わせて、日本エイサーのご好意でヘッドセットの製品版をお借りしました。今回はWindows Mixed Realityコンテンツ開発の導入について解説します。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る