マイナビニュースマイナビ

開発ソフトウェアの解説/事例記事

開発ソフトウェアの解説/事例記事

ピックアップ記事

Java開発の効率を飛躍的に高める、Azul Platform Primeの実力を探る

【特別企画】Java開発の効率を飛躍的に高める、Azul Platform Primeの実力を探る

多くのITエンジニアがJavaを利用している。それだけに、同言語を用いた開発で発生する悩みは尽きることがない。ことパフォーマンスの維持やそのためのレイテンシー問題への対応というのは、ITエンジニアのほとんどが頭を悩ませているはずだ。本稿で紹介するAzul Platform Primeは、これまでコーディングテクニックやサーバー増強などを駆使してきた対応の在り方を劇的に変えてくれる。

開発ソフトウェア 新着情報

Java開発の効率を飛躍的に高める、Azul Platform Primeの実力を探る

【特別企画】Java開発の効率を飛躍的に高める、Azul Platform Primeの実力を探る

多くのITエンジニアがJavaを利用している。それだけに、同言語を用いた開発で発生する悩みは尽きることがない。ことパフォーマンスの維持やそのためのレイテンシー問題への対応というのは、ITエンジニアのほとんどが頭を悩ませているはずだ。本稿で紹介するAzul Platform Primeは、これまでコーディングテクニックやサーバー増強などを駆使してきた対応の在り方を劇的に変えてくれる。

NoOps時代到来! システム運用の自動化~Kubernetes Operator~

【連載】Kubernetes入門 [23] NoOps時代到来! システム運用の自動化~Kubernetes Operator~

近年、クラウドやコンテナなどの技術が進展してきています。特にIaC(Infrastructure as Code)と呼ばれる分野では、インフラをコード化することが可能となりました。こうしたことから、システム運用を自動化する動きが活発になってきました。今回は、Kubernetesにおけるシステム運用の自動化について解説します。

リアクティブなDBアクセス! R2DBC入門

【連載】マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門 [4] リアクティブなDBアクセス! R2DBC入門

前回はAPIアクセスをノンブロッキングに実装する仕組みについて解説しましたが、Webアプリケーションを実装する上ではDBアクセスも欠かせません。今回は、ノンブロッキングなDBアクセスを実現するための仕組みである「R2DBC(Reactive Relational Database Connectivity)」について解説します。

コーヒーカップの置き忘れを検知したい

【連載】IoTでできることを見つけるための発想トレーニング [2] コーヒーカップの置き忘れを検知したい

前回は総務の仕事の中から課題を見つけ出し、それを解決する方法として「IoTボタン」を使ったリモート呼び出しの仕組みについて解説しました。IoTボタンは、「ボタンを押す」ことで情報をデジタル化してクラウドで管理できるようにしてくれますが、そのプロセスにはボタンを押す人間が必要です。ここで「センサー」を利用すると、人間がいなくともさまざまな現象をデジタル化できるようになります。今回は、IoTの活用の幅を広げるセンサーについて考えていきましょう。

Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(7)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [18] Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(7)

前回は、Cognitoへユーザー登録し、サインアップステータスを変更するLambdaファンクションを実装しました。今回は引き続き、作成したLambdaファンクションをカスタムリソースとして登録し、実行するCloudFormationの実装方法を解説していきます。

記事ランキング

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

【特別企画】Java開発の効率を飛躍的に高める、Azul Platform Primeの実力を探る

【特別企画】Java開発の効率を飛躍的に高める、Azul Platform Primeの実力を探る

多くのITエンジニアがJavaを利用している。それだけに、同言語を用いた開発で発生する悩みは尽きることがない。ことパフォーマンスの維持やそのためのレイテンシー問題への対応というのは、ITエンジニアのほとんどが頭を悩ませているはずだ。本稿で紹介するAzul Platform Primeは、これまでコーディングテクニックやサーバー増強などを駆使してきた対応の在り方を劇的に変えてくれる。

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [33] SSH接続を利用する

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [33] SSH接続を利用する

WSLやAzureサービスだけでなく、通常のSSH接続での作業にWindows Terminalを使うケースも少なくないだろう。日常的に利用するサーバへSSH接続するのに、わざわざPowerShellやWSL環境のLinuxからsshコマンドを入力するのはちょっと煩わしい。そんなときは、対象にサーバへのSSH接続用のプロファイルを作ってしまえばよい。

4
【連載】Kubernetes入門 [23] NoOps時代到来! システム運用の自動化~Kubernetes Operator~

【連載】Kubernetes入門 [23] NoOps時代到来! システム運用の自動化~Kubernetes Operator~

近年、クラウドやコンテナなどの技術が進展してきています。特にIaC(Infrastructure as Code)と呼ばれる分野では、インフラをコード化することが可能となりました。こうしたことから、システム運用を自動化する動きが活発になってきました。今回は、Kubernetesにおけるシステム運用の自動化について解説します。

近年、クラウドやコンテナなどの技術が進展してきています。特にIaC(Infrastructure as Code)と呼ばれる分野では、インフラをコード化することが可能となりました。こうしたことから、システム運用を自動化する動きが活発になってきました。今回は、Kubernetesにおけるシステム運用の自動化について解説します。

5
【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [1] 「Windows Terminal」とは何か

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [1] 「Windows Terminal」とは何か

Windows環境からLinuxなどのUNIX環境を扱う場合、ターミナルアプリケーションを利用して作業することが多い。これまでWindows環境向けにさまざまなターミナルアプリケーションが登場してきた。本連載で取り上げる「Windows Terminal」もその1つだ。Windows TerminalはMicrosoftが開発を進めているオープンソースのアプリケーションで、これからターミナルアプリケーションの利用を考えているWindowsユーザーにとって良い選択肢の1つとなり得る。

Windows環境からLinuxなどのUNIX環境を扱う場合、ターミナルアプリケーションを利用して作業することが多い。これまでWindows環境向けにさまざまなターミナルアプリケーションが登場してきた。本連載で取り上げる「Windows Terminal」もその1つだ。Windows TerminalはMicrosoftが開発を進めているオープンソースのアプリケーションで、これからターミナルアプリケーションの利用を考えているWindowsユーザーにとって良い選択肢の1つとなり得る。

記事ランキング

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [1] Swaggerとは

今、API仕様を管理するOSSフレームワーク「Swagger」(スワッガー)が大きな注目を浴びています。Microfsoft、Googleらが推進する同フレームワークはどういったものなのか。その概要や基本的な使い方を解説していきます。

【特別企画】Java開発の効率を飛躍的に高める、Azul Platform Primeの実力を探る

多くのITエンジニアがJavaを利用している。それだけに、同言語を用いた開発で発生する悩みは尽きることがない。ことパフォーマンスの維持やそのためのレイテンシー問題への対応というのは、ITエンジニアのほとんどが頭を悩ませているはずだ。本稿で紹介するAzul Platform Primeは、これまでコーディングテクニックやサーバー増強などを駆使してきた対応の在り方を劇的に変えてくれる。

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [33] SSH接続を利用する

WSLやAzureサービスだけでなく、通常のSSH接続での作業にWindows Terminalを使うケースも少なくないだろう。日常的に利用するサーバへSSH接続するのに、わざわざPowerShellやWSL環境のLinuxからsshコマンドを入力するのはちょっと煩わしい。そんなときは、対象にサーバへのSSH接続用のプロファイルを作ってしまえばよい。

【連載】Kubernetes入門 [23] NoOps時代到来! システム運用の自動化~Kubernetes Operator~

近年、クラウドやコンテナなどの技術が進展してきています。特にIaC(Infrastructure as Code)と呼ばれる分野では、インフラをコード化することが可能となりました。こうしたことから、システム運用を自動化する動きが活発になってきました。今回は、Kubernetesにおけるシステム運用の自動化について解説します。

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [1] 「Windows Terminal」とは何か

Windows環境からLinuxなどのUNIX環境を扱う場合、ターミナルアプリケーションを利用して作業することが多い。これまでWindows環境向けにさまざまなターミナルアプリケーションが登場してきた。本連載で取り上げる「Windows Terminal」もその1つだ。Windows TerminalはMicrosoftが開発を進めているオープンソースのアプリケーションで、これからターミナルアプリケーションの利用を考えているWindowsユーザーにとって良い選択肢の1つとなり得る。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る