開発ソフトウェアの解説/事例記事

開発ソフトウェアの解説/事例記事

ピックアップ記事

Linuxのパッケージ管理システムを使いこなす(apt編)

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [45] Linuxのパッケージ管理システムを使いこなす(apt編)

WSLでLinux環境を使っている場合、アプリケーションのインストールやアップデートなどにはパッケージマネージャを利用するのが便利だ。今回は、Linux環境のパッケージ管理システムの使い方についてあらためておさらいしておきたい。まずは、UbuntuやDebian Linuxで利用される「APT」について取り上げる。

開発ソフトウェア 新着情報

Linuxのパッケージ管理システムを使いこなす(apt編)

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [45] Linuxのパッケージ管理システムを使いこなす(apt編)

WSLでLinux環境を使っている場合、アプリケーションのインストールやアップデートなどにはパッケージマネージャを利用するのが便利だ。今回は、Linux環境のパッケージ管理システムの使い方についてあらためておさらいしておきたい。まずは、UbuntuやDebian Linuxで利用される「APT」について取り上げる。

AWS X-Rayを用いたマイクロサービスの可視化(3)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [10] AWS X-Rayを用いたマイクロサービスの可視化(3)

前回は、アプリケーションの分析/デバッグサービスである「AWS X-Ray」のセグメント/サブセグメントの概念を解説し、フロントエンドのWebアプリケーションとバックエンドのマイクロサービス双方に共通する設定を実装しました。続く今回は、X-Rayデーモンへトレースデータを送信するためのフロントエンドWebアプリケーションの設定の個別の実装について、解説していきます。

インデックスの管理

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [32] インデックスの管理

Fessで扱うデータはElasticsearchのインデックス内に保持して管理されています。ある時点のデータをバックアップしておき、データを復元できるようにしたい場合は、Elasticsearchスナップショット機能を使ってインデックスのデータをリストアします。今回はインデックスのバックアップやリストアなど、インデックスの管理方法についてご紹介します。

Windows Terminal 1.4の新機能

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [44] Windows Terminal 1.4の新機能

2020年11月11日、Windows Terminalの最新版となるバージョン1.4がリリースされた。Windows Terminalの開発プロジェクトでは、月1回程度のマイナーバージョンアップを繰り返すというリリースサイクルが採用されている。今回は、バージョン1.4で追加された新機能について紹介する。

Tektonを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [18] Tektonを使ってKubernetesでDevOps

「Tekton」は、KubernetesネイティブなCI/CDツールです。元々サーバレスツールである「Knative」のbuild-pipelineとして開発されていましたが、その後CDFのツールの一つとなっりました。OpenshiftのCI/CDツール「OpenShift Pipelines」がTektonをベースとしていることも含め、注目度の高いツールです。

記事ランキング

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [43] WSLを使って手軽に導入できるLinuxディストリビューション

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [43] WSLを使って手軽に導入できるLinuxディストリビューション

本連載では、これまでWindows Terminalから利用するLinux環境として主にWSL上で動作するUbuntuを例に挙げて解説してきた。だが、WSLを使えばUbuntu以外にもさまざまなLinuxディストリビューションを使用することができる。そこで今回は、Windowsで手軽に導入できる主要なLinuxディストリビューションにはどのようなものがあるかを紹介したい。

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [32] インデックスの管理

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [32] インデックスの管理

Fessで扱うデータはElasticsearchのインデックス内に保持して管理されています。ある時点のデータをバックアップしておき、データを復元できるようにしたい場合は、Elasticsearchスナップショット機能を使ってインデックスのデータをリストアします。今回はインデックスのバックアップやリストアなど、インデックスの管理方法についてご紹介します。

【連載】AWSで作るマイクロサービス [10] AWS X-Rayを用いたマイクロサービスの可視化(3)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [10] AWS X-Rayを用いたマイクロサービスの可視化(3)

前回は、アプリケーションの分析/デバッグサービスである「AWS X-Ray」のセグメント/サブセグメントの概念を解説し、フロントエンドのWebアプリケーションとバックエンドのマイクロサービス双方に共通する設定を実装しました。続く今回は、X-Rayデーモンへトレースデータを送信するためのフロントエンドWebアプリケーションの設定の個別の実装について、解説していきます。

4
【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [44] Windows Terminal 1.4の新機能

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [44] Windows Terminal 1.4の新機能

2020年11月11日、Windows Terminalの最新版となるバージョン1.4がリリースされた。Windows Terminalの開発プロジェクトでは、月1回程度のマイナーバージョンアップを繰り返すというリリースサイクルが採用されている。今回は、バージョン1.4で追加された新機能について紹介する。

2020年11月11日、Windows Terminalの最新版となるバージョン1.4がリリースされた。Windows Terminalの開発プロジェクトでは、月1回程度のマイナーバージョンアップを繰り返すというリリースサイクルが採用されている。今回は、バージョン1.4で追加された新機能について紹介する。

5
【連載】Kubernetes入門 [18] Tektonを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [18] Tektonを使ってKubernetesでDevOps

「Tekton」は、KubernetesネイティブなCI/CDツールです。元々サーバレスツールである「Knative」のbuild-pipelineとして開発されていましたが、その後CDFのツールの一つとなっりました。OpenshiftのCI/CDツール「OpenShift Pipelines」がTektonをベースとしていることも含め、注目度の高いツールです。

「Tekton」は、KubernetesネイティブなCI/CDツールです。元々サーバレスツールである「Knative」のbuild-pipelineとして開発されていましたが、その後CDFのツールの一つとなっりました。OpenshiftのCI/CDツール「OpenShift Pipelines」がTektonをベースとしていることも含め、注目度の高いツールです。

記事ランキング

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [43] WSLを使って手軽に導入できるLinuxディストリビューション

本連載では、これまでWindows Terminalから利用するLinux環境として主にWSL上で動作するUbuntuを例に挙げて解説してきた。だが、WSLを使えばUbuntu以外にもさまざまなLinuxディストリビューションを使用することができる。そこで今回は、Windowsで手軽に導入できる主要なLinuxディストリビューションにはどのようなものがあるかを紹介したい。

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [32] インデックスの管理

Fessで扱うデータはElasticsearchのインデックス内に保持して管理されています。ある時点のデータをバックアップしておき、データを復元できるようにしたい場合は、Elasticsearchスナップショット機能を使ってインデックスのデータをリストアします。今回はインデックスのバックアップやリストアなど、インデックスの管理方法についてご紹介します。

【連載】AWSで作るマイクロサービス [10] AWS X-Rayを用いたマイクロサービスの可視化(3)

前回は、アプリケーションの分析/デバッグサービスである「AWS X-Ray」のセグメント/サブセグメントの概念を解説し、フロントエンドのWebアプリケーションとバックエンドのマイクロサービス双方に共通する設定を実装しました。続く今回は、X-Rayデーモンへトレースデータを送信するためのフロントエンドWebアプリケーションの設定の個別の実装について、解説していきます。

【連載】1からマスター! Windows Terminal入門 [44] Windows Terminal 1.4の新機能

2020年11月11日、Windows Terminalの最新版となるバージョン1.4がリリースされた。Windows Terminalの開発プロジェクトでは、月1回程度のマイナーバージョンアップを繰り返すというリリースサイクルが採用されている。今回は、バージョン1.4で追加された新機能について紹介する。

【連載】Kubernetes入門 [18] Tektonを使ってKubernetesでDevOps

「Tekton」は、KubernetesネイティブなCI/CDツールです。元々サーバレスツールである「Knative」のbuild-pipelineとして開発されていましたが、その後CDFのツールの一つとなっりました。OpenshiftのCI/CDツール「OpenShift Pipelines」がTektonをベースとしていることも含め、注目度の高いツールです。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る