マイナビニュースマイナビ

効果の高いインフラ構築/運用の自動化を実現するには? クラウドネイティブ・トランスフォーメーションのススメ

[2021/08/23 09:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

本当に効果が得られるインフラ構築/運用の自動化を実現するには、クラウドやコンテナ技術を導入するだけでは不十分だ。プログラムの方式から運用管理ツールまで全体を見通した設計力がなければ部分的な自働化に終わり、結局は人手の作業が必要になってしまう。

ZOZOテクノロジーズ ソフトウェアアーキテクト 岡大勝氏は、6月9日に開催されたTECH+スペシャルセミナー「先進企業から学ぶクラウド活用事例 - DXを加速! 今始める攻めと守りの自動化2.0」にて、「クラウドネイティブ」の考え方をもとに大きな効果を発揮する自動化の手順について解説した。

岡大勝氏

ZOZOテクノロジーズ ソフトウェアアーキテクト 岡大勝氏

人間にとって”嬉しくない”システム運用をなくす

クラウドネイティブと言うと、Kubernetesに代表されるインフラ技術をイメージしがちだが、岡氏は「Cloud Native Computing Foundation (CNCF)によるクラウドネイティブの定義」(https://github.com/cncf/toc/blob/main/DEFINITION.md)をもとに、「Kubernetesなどのクラウドプラットフォームをはじめとするモダンで動的な環境にスケーラブルなアプリケーションを組み合わせることで疎結合システムを構成する。さらにこのシステムを自動化技術と組み合わせることにより、影響が大きな変更でも最小限の労力で頻繁かつ予測どおりに行えるようにすること」と噛み砕いて説明する。

「コンテナ、サービスメッシュ、宣言的API、イミュータブルインフラストラクチャなどのクラウドネイティブの要素は、安全な運用/更改のための疎結合性/高凝集性パターンと言えます。これは、ソフトウエア設計で有効だったパターンをインフラにも適用しようという思想がベースにあります」(岡氏)

図

CNCFには世界の大手クラウドベンダーやソフトウエアベンダーも参画しており、今後ITのトレンドはクラウドネイティブの方向へシフトしていくものと見られる。岡氏によると、クラウドネイティブの目指す姿は、「何が起こっても人が落ち着いて対応できる状態」だという。そしてこの考え方は、夜間待機や監視、障害対応などといった、人間にとって”嬉しくない”システム運用をなくすという「NoOps(No Uncomfortable Ops)」の発想に近い。

実は岡氏は、NoOpsの実現に向けて、プラットフォームや技術を超えて知見と経験を共有するコミュニティ「NoOps Japan Community」の発起人でもある。同氏は、これまでの活動の経験も踏まえ、以下の3つをNoOpsのポイントに挙げた。

  1. ユーザーの体験を妨げないシステム運用保守の実現:障害時のダウン、計画停止、負荷集中時の性能低下などを避ける。
  2. システム運用保守で発生する「トイル」の最小化:リリース手続き、パッチの適用、リソース監視、待機などを自動化する。
  3. システム運用保守コストの最適化:余剰資源を持たない、適正品質の保持、時間外勤務の削減、人材活用。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

 [講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る