マイナビニュースマイナビ

統合管理を実現する「Azure Arc」と更新管理機能「Azure Update Management」

【連載】

徹底研究! ハイブリッドクラウド

【第22回】統合管理を実現する「Azure Arc」と更新管理機能「Azure Update Management」

[2021/02/08 11:00]津久井 智浩 ブックマーク ブックマーク

今回は、昨年12月に開催した勉強会の様子をお伝えします。

12月は、ハイブリッドクラウド環境下での統合管理を実現する「Azure Arc」、そしてクラウドシフト後の運用において重要な更新管理機能を提供する「Azure Update Management」にフォーカスしました。

Azure Arc対応データサービスとは

最初のセッションには、日本ビジネスシステムズ コーポレート戦略本部 コーポレート戦略企画部 CoE 胡田昌彦氏が登壇。昨秋開催された「Microsoft Ignite」から以下のセッションの内容をベースに、Azure Arcおよび「Azure Arc対応データサービス(Azure Arc enabled data services)」について解説しました。

Azure Arcは、「Azure Arc対応サーバ(Azure Arc enabled Servers)」をはじめ、あらゆる環境のKubernetesクラスタ管理や、データサービス管理の領域を含めたハイブリッドな統合管理を可能にするツールとして進化しました。

データサービス管理の領域では、現在、以下のサービスがプレビュー版として提供されています。

  • Azure SQL Managed Instance
  • Azure SQL Azure Database for HyperScale PostgreSQL

これらのAzure Arc対応データサービスは、Azure Arcが管理するKubernetesクラスタ上に展開可能です。

また、Azure Arc対応データサービスは、以下のコンセプトを掲げています。

  • Always current(常に最新)
  • Elastic scale(柔軟な拡張性)
  • Unified management(統合された管理)
  • Unmatched security(比類ないセキュリティ)
  • Cloud billing(クラウド課金)

上記に加えて、顧客のさまざまなシナリオに対応するためCI/CDを意識したセルフサービスプロビジョニング機能や、Azureへの直接接続、切断されたシナリオにも対応する間接接続など、異なるモードを柔軟に選択できます。

胡田氏は、クロスプラットフォームに対応したデータベースツール「Azure Data Studio」を使い、プレビュー機能である「セルフサービスプロビジョニング」について、デモを交えて紹介しました。

Azure Arcによってあるゆる場所に存在するサーバ、Kubernetes、データサービスを統合的に管理可能となる未来がまた一歩近づいたと言えるでしょう。

Azure Update Managementとは

クラウドに展開された仮想マシン管理やセキュリティの担保は、システムを運用管理していく上で非常に重要な要素です。

続くセッションでは、デル・テクノロジーズ プロフェッショナルサービス事業本部 コンサルティング・サービス本部 テクノロジー・コンサルティング部 指崎則夫氏が登壇し、Azure Update Managementの機能概要、そして展開方法について解説しました。

Azure Update Managementは、ログ収集/分析サービス「Azure Log Analytics」とクラウドオートメーションサービス「Azure Automation」を組み合わせた仮想マシンの更新管理機能です。

Azure Log Analyticsでは、エージェントを利用して仮想マシン内のログやインベントリといった情報を取得します。Log Analyticsで収集された情報を基に仮想マシンの状態を評価し、「Azure Automation Hybrid Runbook Worker」という仕組みを利用して更新プログラム適用を行います。

HC

セッションでは、指崎氏が前提となる「Log Analyticsエージェント」の展開方法から、Update Managementの展開スケジュール構成に至るまでの一連のステップを説明。さらに、Log Analyticsエージェントを多数の仮想マシンに展開する際の便利なTipsなども紹介されました。

* * *

クラウド移行におけるAzure VMware Solution、Azure Stack HCIの進化。そして、あらゆる場所のインフラ管理の実現を目指すAzure Arc、IaaS更新管理のAzure Update Management。これらのサービスに共通するのは、ハイブリッドクラウド/マルチクラウドの双方をAzureによって完結できる点です。

今回分も含め、実際の勉強会の様子はYoutubeのハイブリッドクラウド研究会のチャンネルで公開されています。ぜひご覧になってみてください。

次回勉強会について

次回、第17回勉強会は2月12日(金)に開催します。業界初のクラウドネイティブ専用ベアメタルコンテナプラットフォーム「DIAMANTI(ディアマンティ)」を取り上げる予定です。
ライトニングトーク枠も準備中ですので、「我こそは! 」という方はぜひ手を挙げてください。

著者紹介

株式会社ネットワールド
Microsoft ソリューション プリセールスエンジニア
津久井 智浩(つくい ともひろ)

ソリューションディストリビューターであるネットワールドの一員として、お客様に付加価値を提供するというミッションの下、Microsoft製品を中心にオンプレミスからクラウドまで幅広く提案~導入を担当。
趣味はバイク。昼散歩が日課。最近は自分よりもカミさんの働き方改革を何とかしたいと苦悩し、マインクラフトを通して子供と一緒にプログラミングを学びたいと願う40代。3児(2女、1男)の父。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

クラウド移行を成功させるには? アンチパターンを回避する「5つの鉄則」

クラウド移行を成功させるには? アンチパターンを回避する「5つの鉄則」

9月8日に行われたマイナビニューススペシャルセミナー「クラウド移行、成功と失敗の分岐点」では、ZOZOテクノロジーズ 技術開発本部 アーキテクト岡大勝氏が基調講演に登壇。クラウド移行において「やってはいけないアンチパターン」を紹介すると共に、自らの経験から学んだクラウド移行の「5つの鉄則」を共有した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る