マイナビニュースマイナビ

TIS、ペルソナの管理会計システムにオラクルの予算管理クラウドを導入 [事例]

[2016/11/30 14:30] ブックマーク ブックマーク

TISと日本オラクルは11月30日、H2Oリテイリンググループでクレジットカード決済業務を担うペルソナに、オラクルの予算管理クラウドサービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を導入したと発表した。

ペルソナでは、グループの事業改変により組織や事業構造が大きく変化した。これに伴い、カード会員数や収入が急増したため、カードブランドごとの収益情報の正確な把握が難しくなり、部門ごとの予実管理や集計作業が煩雑になっていた。

そこでペルソナでは2015年末、PwCコンサルティングとともに既存の会計システムを保管する管理会計システムの構築を検討。Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceを採用し、その導入支援パートナーとしてTISを選定した。

2016年6月に導入が完了した後は、カードブランドごとの収支情報を把握し、経営会議用のレポート作成や各事業部門への収支情報のフィードバックに活用できるようになった。また、従来、予実分析報告書の作成には約1日かかっていたが、その作業時間を約10分に短縮することができたとしている。

Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceを導入したペルソナの管理会計システムイメージ

製品選定にあたっては、業務要件の変更にも柔軟に対応できることや拡張性の高さ、幅広い分析力、操作性などが評価された。また今回、要件定義と導入支援、利用トレーニングを担当したTISについては、オラクル製品の導入実績やクレジットカード業界における知見、会計業務を熟知している点などが決め手になったとしている。

今後、ペルソナでは、新しい管理会計システムを「カード事業の健全性を測るための経営指標の管理」や「家賃や人件費を部門に割り振る配賦処理」といった領域で活用していくという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ソラコム、米国でのサービス提供開始と新サービス「SORACOM Harvest」を発表

ソラコム、米国でのサービス提供開始と新サービス「SORACOM Harvest」を発表

ソラコムは11月30日、米国においてIoT通信プラットフォーム「SORACOM」のサービス提供を開始するとともに、同プラットフォームの新サービス「SORACOM Harvest」を日米同時に提供開始すると発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る