マイナビニュースマイナビ

力の源HD、オラクルの予算管理クラウドを採用 - 経営情報を一元管理 [事例]

[2016/11/01 17:10] ブックマーク ブックマーク

日本オラクルは11月1日、ラーメン専門店「一風堂」などを運営する力の源ホールディングスが、予算管理クラウドサービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。

力の源ホールディングスは、国内外の飲食店舗の運営のほかに、飲食事業のコンサルティング、食品工場の運営、農作物の生産、子どもたちに食の楽しさを伝える粉食体験型施設運営など、食全般に関わる事業の事業戦略を担っている。

近年、事業が拡大したことで、国内外のグループ会社や店舗などの損益・予算などのデータを表計算ソフトで収集する業務が増加。また、予算策定者が店舗・セグメント別や連結ベースの損益情報を集計するための作業負荷も増大していた。

今回、Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceの導入により、月次の損益・予実管理の強化を狙う。具体的には、クラウド上で予算・見込みデータを一元管理することによる業務効率化や、担当部門を越えた情報連携の強化、予実分析レベルの向上を目指すとしている。

なお、導入プロジェクトでは経営管理システムのコンサルティング事業を手がけるジールがテンプレートを提供し、業務サポートと全体のプロジェクト管理支援を行うという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

アテナ、オラクルのクラウド製品群でデジタルマーケティングを推進 [事例]

アテナ、オラクルのクラウド製品群でデジタルマーケティングを推進 [事例]

日本オラクルは10月21日、アテナがクラウドベースの顧客管理・営業支援クラウド「Oracle Sales Cloud」と、マーケティングオートメーション(MA)製品「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る