NaITO、オラクルのクラウド型予算管理アプリケーションを採用 [事例]

[2016/07/04 18:15] ブックマーク ブックマーク

日本オラクルは7月4日、NaITOが、管理会計・経営管理システム構築にオラクルのクラウド型予算管理アプリケーション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」の採用を決定したと発表した。

NaITOは、国内外に31拠点を展開し、連結で約300名の従業員を擁する機械工具の専門商社。従来、全社・地域・拠点レベルで利益管理を行うための経営管理システムを自社内で運用管理していたが、既存のシステムでは、マスターデータの変更によるレポート改修や複数層に渡る承認フローが実施できないなど、機能面で課題があったという。

折しも同社では全社的にクラウドへの移行を推進しており、今回、サーバの更新時期に合わせてシステムを見直した結果、Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceの採用が決定された。

同社は、Oracle Planning and Budgeting Cloud Serviceの評価ポイントとして、マスターデータの変更で発生するレポート修正工数が軽減できることや、年間10万件以上発生する明細レベルの予算・実績情報の一括管理が可能なこと、経理部門の担当者でもレポート画面やマスターなどを作成・変更できる操作性の高さなどを挙げている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る