クラウドの解説/事例記事

クラウドの解説/事例記事

ピックアップ記事

情報漏えいによる賠償額は"億"単位?重要機密を預かる監査法⼈がAWSを選んだ理由

【特別企画】情報漏えいによる賠償額は"億"単位?重要機密を預かる監査法⼈がAWSを選んだ理由

財務など企業経営の妥当性を第三者の眼から判断するのが、監査法人の仕事だ。その判断を行うためには、監査対象となる企業から重要機密を含む多くの情報を預かる必要がある。IT化が進んだ現在、監査業務はシステム化され、預かる情報も電子データとなっている。この情報をPCに保存して持ち歩くことによる情報漏えいリスクに対応するため、「仰星監査法人」ではデスクトップ仮想化(VDI)を含むクラウド化の道を選んだ。

クラウド 新着情報

情報漏えいによる賠償額は"億"単位?重要機密を預かる監査法⼈がAWSを選んだ理由

【特別企画】情報漏えいによる賠償額は"億"単位?重要機密を預かる監査法⼈がAWSを選んだ理由

財務など企業経営の妥当性を第三者の眼から判断するのが、監査法人の仕事だ。その判断を行うためには、監査対象となる企業から重要機密を含む多くの情報を預かる必要がある。IT化が進んだ現在、監査業務はシステム化され、預かる情報も電子データとなっている。この情報をPCに保存して持ち歩くことによる情報漏えいリスクに対応するため、「仰星監査法人」ではデスクトップ仮想化(VDI)を含むクラウド化の道を選んだ。

電力中央研究所、オラクルのクラウドサービスで基幹業務システムを刷新 [事例]

電力中央研究所、オラクルのクラウドサービスで基幹業務システムを刷新 [事例]

日本オラクルは1月31日、電力中央研究所がオラクルのパブリッククラウドを採用すると発表した。

Microsoft Azure 導入、成功と失敗の分かれ目は?500社以上の実績から紐解く

【特別企画】Microsoft Azure 導入、成功と失敗の分かれ目は?500社以上の実績から紐解く

総務省が発行している「情報通信白書 平成28年度版」によると、日本国内でクラウドサービスを一部でも利用している、と回答した企業の割合は44.6%にものぼる。現在では企業規模や業務内容にかかわらず、なんらかのシステムを導入する際に、明確な理由を持ってクラウドが第一の候補に挙げられることも少なくない。しかし、クラウドは非常に便利な技術であり上手に運用すれば数多くのメリットを生み出せる一方で、思ったような成果を得られない状況にもなり得るので注意が必要だ。ここではクラウドサービス「 Microsoft Azure 」について、上手にクラウドを活用するためのポイントを解説しよう。

プレッシャーと戦うワンオペ情シスの負担を軽減するクラウド運用支援サービスとは

【特別企画】プレッシャーと戦うワンオペ情シスの負担を軽減するクラウド運用支援サービスとは

アマゾン ウェブ サービス(AWS)に代表されるクラウドサービスは、簡便性やスケーラビリティ対応などから利用が広まっている。しかし一方でクラウドサービスを使っていると、必ずいつかどこかで「落ちる」ことも。それは今日かもしれないし、数カ月後かもしれない。これはAWSのAmazon EC2(EC2)でも同様だ。EC2ではインフラに関しては非常に高いサービスレベルアグリーメント(SLA)によって、安定した運用環境を提供している。しかし、「顧客が利用しているアプリケーションやOSに関しては完全に顧客の責任」と切り分けがはっきりしているため、落ちては困るサービスをEC2で提供しているときに、管理の担当者はビクビクしながら運用していることが多い。

なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】実例から確認する、モバイル&クラウドを活用した企業課題の解決方法

【特別企画】実例から確認する、モバイル&クラウドを活用した企業課題の解決方法

モバイルデバイスやクラウドをはじめとしたITの急速な進化は、ビジネスの世界にも大きな変化をもたらした。現代社会が抱える労働人口減少による人員不足を解消するための手段としても、ITはすでに欠かせない存在といえ、官民一体となって推進されている"働き方改革"においても重要な要素となっている。実際、ここ数年でスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイスを導入した企業は着実に増えており、特に従来の業務用携帯電話のリプレースとしてスマートフォンが導入されるケースは多い。

【特別企画】理想のハイブリッドクラウドを探せ! 一歩先を見たビジネスプラットフォーム

【特別企画】理想のハイブリッドクラウドを探せ! 一歩先を見たビジネスプラットフォーム

日本企業の間にもすっかり定着した、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを柔軟に組み合わせて連携させる「ハイブリッドクラウド」は、もはや当たり前になったといって過言ではない。本稿ではその使い方の一つを紹介する。

【特別企画】ハイブリッドクラウド時代が本格到来 最適なデータ管理の手法とは?

【特別企画】ハイブリッドクラウド時代が本格到来 最適なデータ管理の手法とは?

企業のITインフラとして、クラウドという選択肢がもはや一般的となった。多くの企業がクラウドを当たり前のように活用し、プライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを柔軟に使い分けて、ハイブリッドクラウド環境を整えつつある。本稿では、ハイブリッドクラウド導入時に活用できるホワイトペーパーを紹介したい。

4
【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

5
【AWS Summit Tokyo 2017】なぜ三菱東京UFJ銀行はAWSに舵を切ったのか

【AWS Summit Tokyo 2017】なぜ三菱東京UFJ銀行はAWSに舵を切ったのか

東京・品川で5月30日~6月2日の4日間、AWSの日本向けイベント「AWS Summit Tokyo 2017」が開催されている。Day 2の基調講演にはアマゾンウェブサービスジャパン 代表取締役社長の長崎 忠雄氏らが登壇、AWSのモメンタムの持続と、今後のクラウドの在り方について語った。

東京・品川で5月30日~6月2日の4日間、AWSの日本向けイベント「AWS Summit Tokyo 2017」が開催されている。Day 2の基調講演にはアマゾンウェブサービスジャパン 代表取締役社長の長崎 忠雄氏らが登壇、AWSのモメンタムの持続と、今後のクラウドの在り方について語った。

記事ランキング

【特別企画】実例から確認する、モバイル&クラウドを活用した企業課題の解決方法

モバイルデバイスやクラウドをはじめとしたITの急速な進化は、ビジネスの世界にも大きな変化をもたらした。現代社会が抱える労働人口減少による人員不足を解消するための手段としても、ITはすでに欠かせない存在といえ、官民一体となって推進されている"働き方改革"においても重要な要素となっている。実際、ここ数年でスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイスを導入した企業は着実に増えており、特に従来の業務用携帯電話のリプレースとしてスマートフォンが導入されるケースは多い。

【特別企画】理想のハイブリッドクラウドを探せ! 一歩先を見たビジネスプラットフォーム

日本企業の間にもすっかり定着した、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを柔軟に組み合わせて連携させる「ハイブリッドクラウド」は、もはや当たり前になったといって過言ではない。本稿ではその使い方の一つを紹介する。

【特別企画】ハイブリッドクラウド時代が本格到来 最適なデータ管理の手法とは?

企業のITインフラとして、クラウドという選択肢がもはや一般的となった。多くの企業がクラウドを当たり前のように活用し、プライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを柔軟に使い分けて、ハイブリッドクラウド環境を整えつつある。本稿では、ハイブリッドクラウド導入時に活用できるホワイトペーパーを紹介したい。

【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

【AWS Summit Tokyo 2017】なぜ三菱東京UFJ銀行はAWSに舵を切ったのか

東京・品川で5月30日~6月2日の4日間、AWSの日本向けイベント「AWS Summit Tokyo 2017」が開催されている。Day 2の基調講演にはアマゾンウェブサービスジャパン 代表取締役社長の長崎 忠雄氏らが登壇、AWSのモメンタムの持続と、今後のクラウドの在り方について語った。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
国家主導型サイバー攻撃
情報セキュリティ事故対応アワード2017
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る