クラウドの解説/事例記事

クラウドの解説/事例記事

ピックアップ記事

ハイブリッドクラウドスタイルの具体例

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [4] ハイブリッドクラウドスタイルの具体例

前回は研究会の活動として、ハイブリッドクラウドガイドライン策定を目指す理由・目的をご説明しました。それを踏まえて今回は、作成中のガイドラインから「データセンター拡張(システム単位で配置/移動、クラウド重視)」するスタイルを一例として取り上げたいと思います。

クラウド 新着情報

ハイブリッドクラウドスタイルの具体例

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [4] ハイブリッドクラウドスタイルの具体例

前回は研究会の活動として、ハイブリッドクラウドガイドライン策定を目指す理由・目的をご説明しました。それを踏まえて今回は、作成中のガイドラインから「データセンター拡張(システム単位で配置/移動、クラウド重視)」するスタイルを一例として取り上げたいと思います。

「IT成熟度診断調査」で浮かび上がった中堅企業のリアル

【特別企画】「IT成熟度診断調査」で浮かび上がった中堅企業のリアル

モバイルやクラウドをはじめとしたITの急速な普及は、ビジネスを取り巻く環境を大きく変化させている。少子高齢化による労働人口の減少は、あらゆる規模の企業において人材不足という課題を生じさせており、ITを活用した業務効率の改善や生産性向上はもはや必須。大企業はもちろん、従業員100~499名の中堅企業や、10~99名の中小企業においてもITの活用は重要なミッションとなっている。

OpenStack Days、8月2日に開幕! Cloud Native Days併催で、AI/コンテナなど講演拡充

OpenStack Days、8月2日に開幕! Cloud Native Days併催で、AI/コンテナなど講演拡充

OpenStack Days Tokyo 2018が8月2日、東京都中央区のベルサール東京日本橋にて、いよいよ開幕する。

「ハイブリッドクラウドガイドライン」とは?

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [3] 「ハイブリッドクラウドガイドライン」とは?

ハイブリッドクラウド研究会では、クラウド導入事例のユースケースを集めて議論するなかで、「ハイブリッドクラウドガイドラインの策定」を当面の目標に据えて活動しています。今回からは数回にわたって、このガイドラインについて説明していきたいと思います。

吉野家HD、グループ経営基盤にSAPの各種クラウドサービスを採用 [事例]

吉野家HD、グループ経営基盤にSAPの各種クラウドサービスを採用 [事例]

SAPジャパンは7月3日、吉野家ホールディングスがグループ経営基盤としてクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」、クラウド連携基盤「SAP Cloud Platform」、人事・タレント管理基盤「SAP SuccessFactors」を採用したと発表した。導入プロジェクトは、2018年7月より開始を予定する。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [4] ハイブリッドクラウドスタイルの具体例

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [4] ハイブリッドクラウドスタイルの具体例

前回は研究会の活動として、ハイブリッドクラウドガイドライン策定を目指す理由・目的をご説明しました。それを踏まえて今回は、作成中のガイドラインから「データセンター拡張(システム単位で配置/移動、クラウド重視)」するスタイルを一例として取り上げたいと思います。

【AWS Summit Tokyo 2017】なぜ三菱東京UFJ銀行はAWSに舵を切ったのか

【AWS Summit Tokyo 2017】なぜ三菱東京UFJ銀行はAWSに舵を切ったのか

東京・品川で5月30日~6月2日の4日間、AWSの日本向けイベント「AWS Summit Tokyo 2017」が開催されている。Day 2の基調講演にはアマゾンウェブサービスジャパン 代表取締役社長の長崎 忠雄氏らが登壇、AWSのモメンタムの持続と、今後のクラウドの在り方について語った。

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [1] ハイブリッドクラウド研究会が目指す世界とは?

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [1] ハイブリッドクラウド研究会が目指す世界とは?

パブリッククラウドばかりがもてはやされるなか、多くの企業が中長期的IT戦略に欠かせないと考えているのが「ハイブリッドクラウド」です。このハイブリッドクラウドについて一貫性のある認識を共有し、国内での導入を促進するために、今年2月20日、志を同じくする複数の企業によって「ハイブリッドクラウド研究会」が創設されました。本連載では、同研究会のメンバーが中心となり、ビジネスに役立つハイブリッドクラウドに関する情報を発信していきます。

4
【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

5
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [1] Azure Stackとは何か? - パブリッククラウドAzureとの違い

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [1] Azure Stackとは何か? - パブリッククラウドAzureとの違い

「Azure Stack」とは、マイクロソフトが現在開発中の、「Microsoft Azure」を自社内に展開できるクラウド基盤のことです。企業内のプライベートクラウドとして、もしくは国内のクラウド事業者が提供するクラウド基盤として注目されています。第1回目となる今回は、Azure Stackの概要とAzureとの違いについて解説します。

「Azure Stack」とは、マイクロソフトが現在開発中の、「Microsoft Azure」を自社内に展開できるクラウド基盤のことです。企業内のプライベートクラウドとして、もしくは国内のクラウド事業者が提供するクラウド基盤として注目されています。第1回目となる今回は、Azure Stackの概要とAzureとの違いについて解説します。

記事ランキング

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [4] ハイブリッドクラウドスタイルの具体例

前回は研究会の活動として、ハイブリッドクラウドガイドライン策定を目指す理由・目的をご説明しました。それを踏まえて今回は、作成中のガイドラインから「データセンター拡張(システム単位で配置/移動、クラウド重視)」するスタイルを一例として取り上げたいと思います。

【AWS Summit Tokyo 2017】なぜ三菱東京UFJ銀行はAWSに舵を切ったのか

東京・品川で5月30日~6月2日の4日間、AWSの日本向けイベント「AWS Summit Tokyo 2017」が開催されている。Day 2の基調講演にはアマゾンウェブサービスジャパン 代表取締役社長の長崎 忠雄氏らが登壇、AWSのモメンタムの持続と、今後のクラウドの在り方について語った。

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [1] ハイブリッドクラウド研究会が目指す世界とは?

パブリッククラウドばかりがもてはやされるなか、多くの企業が中長期的IT戦略に欠かせないと考えているのが「ハイブリッドクラウド」です。このハイブリッドクラウドについて一貫性のある認識を共有し、国内での導入を促進するために、今年2月20日、志を同じくする複数の企業によって「ハイブリッドクラウド研究会」が創設されました。本連載では、同研究会のメンバーが中心となり、ビジネスに役立つハイブリッドクラウドに関する情報を発信していきます。

【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [1] Azure Stackとは何か? - パブリッククラウドAzureとの違い

「Azure Stack」とは、マイクロソフトが現在開発中の、「Microsoft Azure」を自社内に展開できるクラウド基盤のことです。企業内のプライベートクラウドとして、もしくは国内のクラウド事業者が提供するクラウド基盤として注目されています。第1回目となる今回は、Azure Stackの概要とAzureとの違いについて解説します。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る