クラウドの解説/事例記事

クラウドの解説/事例記事

ピックアップ記事

情報漏えいから企業を守る最適ソリューション「SSO」を深く理解する

【特別企画】情報漏えいから企業を守る最適ソリューション「SSO」を深く理解する

各企業ではクラウド環境に対応したセキュリティ管理が喫緊(きっきん)の課題となっている。そんな中、注目されているのが「シングルサインオン(以下、SSO)」だ。本稿では、Evidianが提供するSSOに関する資料を紹介したい。SSOがどのようなソリューションなのか、企業が導入する際のポイントなどをチェックできる。

クラウド 新着情報

情報漏えいから企業を守る最適ソリューション「SSO」を深く理解する

【特別企画】情報漏えいから企業を守る最適ソリューション「SSO」を深く理解する

各企業ではクラウド環境に対応したセキュリティ管理が喫緊(きっきん)の課題となっている。そんな中、注目されているのが「シングルサインオン(以下、SSO)」だ。本稿では、Evidianが提供するSSOに関する資料を紹介したい。SSOがどのようなソリューションなのか、企業が導入する際のポイントなどをチェックできる。

IDO、医療・介護向けシステムに情報資産管理基盤「スパイラル」を採用 [事例]

IDO、医療・介護向けシステムに情報資産管理基盤「スパイラル」を採用 [事例]

パイプドビッツは3月21日、IDOが開発した医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」のシステム基盤に、情報資産管理プラットフォーム「スパイラル」を提供・支援したと発表した。

クラウド対応「奉行シリーズ」の導入に最適なベンダーの条件とは

【特別企画】クラウド対応「奉行シリーズ」の導入に最適なベンダーの条件とは

かつて基幹システムは、企業における最重要データを扱うため、オンプレミス環境で目の届く範囲に置きたいという考えが一般的だった。しかし、それが一変したのが2011年に発生した東日本大震災である。当時、自社内に設置したサーバなどが停止し、復旧にも時間がかかり、業務が継続できず大きな損失を出す企業が続出。そのためBCPの観点からも、データをインターネットを通じて強固なデータセンターに保管する、クラウド環境が注目されることとなった。

Azure Stack TP2の仮想マシンを作成する

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [16] Azure Stack TP2の仮想マシンを作成する

前回は、「Azure Stack Technical Preview 2(TP2)」のサービスメニューおよびその内容について紹介しました。Azure Stack TP2には、「Microsoft Azure」にはない、サービスプロバイダー向けのメニューがあることをご理解いただけたと思います。今回は、Azure Stack TP2で仮想マシンを実際に作成していく流れを見ていきたいと思います。

AWSのメリット - 最大限活用するための、SIer選びのポイントと導入事例

【特別企画】AWSのメリット - 最大限活用するための、SIer選びのポイントと導入事例

総務省が公表している「平成28年版 情報通信白書」によると、日本国内におけるクラウドサービスの利用状況は、2015年末の時点で44.6%。これは、同白書に「クラウドサービスの利用動向」の値が初めて紹介された2010年(平成22年)末と比較すると、30.5ポイントと大幅に上昇している。また、資本金が50億円以上の企業では79.2%が、1億円以上の企業では53.0%が、なんらかのクラウドサービスを利用しているとされている。このような流れから見ても、今後、クラウドがITインフラの中心になっていくことは確実だ。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

IDO、医療・介護向けシステムに情報資産管理基盤「スパイラル」を採用 [事例]

IDO、医療・介護向けシステムに情報資産管理基盤「スパイラル」を採用 [事例]

パイプドビッツは3月21日、IDOが開発した医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」のシステム基盤に、情報資産管理プラットフォーム「スパイラル」を提供・支援したと発表した。

【特別企画】クラウド対応「奉行シリーズ」の導入に最適なベンダーの条件とは

【特別企画】クラウド対応「奉行シリーズ」の導入に最適なベンダーの条件とは

かつて基幹システムは、企業における最重要データを扱うため、オンプレミス環境で目の届く範囲に置きたいという考えが一般的だった。しかし、それが一変したのが2011年に発生した東日本大震災である。当時、自社内に設置したサーバなどが停止し、復旧にも時間がかかり、業務が継続できず大きな損失を出す企業が続出。そのためBCPの観点からも、データをインターネットを通じて強固なデータセンターに保管する、クラウド環境が注目されることとなった。

【特別企画】情報漏えいから企業を守る最適ソリューション「SSO」を深く理解する

【特別企画】情報漏えいから企業を守る最適ソリューション「SSO」を深く理解する

各企業ではクラウド環境に対応したセキュリティ管理が喫緊(きっきん)の課題となっている。そんな中、注目されているのが「シングルサインオン(以下、SSO)」だ。本稿では、Evidianが提供するSSOに関する資料を紹介したい。SSOがどのようなソリューションなのか、企業が導入する際のポイントなどをチェックできる。

4
【特別企画】AWSのメリット - 最大限活用するための、SIer選びのポイントと導入事例

【特別企画】AWSのメリット - 最大限活用するための、SIer選びのポイントと導入事例

総務省が公表している「平成28年版 情報通信白書」によると、日本国内におけるクラウドサービスの利用状況は、2015年末の時点で44.6%。これは、同白書に「クラウドサービスの利用動向」の値が初めて紹介された2010年(平成22年)末と比較すると、30.5ポイントと大幅に上昇している。また、資本金が50億円以上の企業では79.2%が、1億円以上の企業では53.0%が、なんらかのクラウドサービスを利用しているとされている。このような流れから見ても、今後、クラウドがITインフラの中心になっていくことは確実だ。

総務省が公表している「平成28年版 情報通信白書」によると、日本国内におけるクラウドサービスの利用状況は、2015年末の時点で44.6%。これは、同白書に「クラウドサービスの利用動向」の値が初めて紹介された2010年(平成22年)末と比較すると、30.5ポイントと大幅に上昇している。また、資本金が50億円以上の企業では79.2%が、1億円以上の企業では53.0%が、なんらかのクラウドサービスを利用しているとされている。このような流れから見ても、今後、クラウドがITインフラの中心になっていくことは確実だ。

5
【特別企画】ハイブリッドクラウド時代が本格到来 最適なデータ管理の手法とは?

【特別企画】ハイブリッドクラウド時代が本格到来 最適なデータ管理の手法とは?

企業のITインフラとして、クラウドという選択肢がもはや一般的となった。多くの企業がクラウドを当たり前のように活用し、プライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを柔軟に使い分けて、ハイブリッドクラウド環境を整えつつある。本稿では、ハイブリッドクラウド導入時に活用できるホワイトペーパーを紹介したい。

企業のITインフラとして、クラウドという選択肢がもはや一般的となった。多くの企業がクラウドを当たり前のように活用し、プライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを柔軟に使い分けて、ハイブリッドクラウド環境を整えつつある。本稿では、ハイブリッドクラウド導入時に活用できるホワイトペーパーを紹介したい。

記事ランキング

IDO、医療・介護向けシステムに情報資産管理基盤「スパイラル」を採用 [事例]

パイプドビッツは3月21日、IDOが開発した医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」のシステム基盤に、情報資産管理プラットフォーム「スパイラル」を提供・支援したと発表した。

【特別企画】クラウド対応「奉行シリーズ」の導入に最適なベンダーの条件とは

かつて基幹システムは、企業における最重要データを扱うため、オンプレミス環境で目の届く範囲に置きたいという考えが一般的だった。しかし、それが一変したのが2011年に発生した東日本大震災である。当時、自社内に設置したサーバなどが停止し、復旧にも時間がかかり、業務が継続できず大きな損失を出す企業が続出。そのためBCPの観点からも、データをインターネットを通じて強固なデータセンターに保管する、クラウド環境が注目されることとなった。

【特別企画】情報漏えいから企業を守る最適ソリューション「SSO」を深く理解する

各企業ではクラウド環境に対応したセキュリティ管理が喫緊(きっきん)の課題となっている。そんな中、注目されているのが「シングルサインオン(以下、SSO)」だ。本稿では、Evidianが提供するSSOに関する資料を紹介したい。SSOがどのようなソリューションなのか、企業が導入する際のポイントなどをチェックできる。

【特別企画】AWSのメリット - 最大限活用するための、SIer選びのポイントと導入事例

総務省が公表している「平成28年版 情報通信白書」によると、日本国内におけるクラウドサービスの利用状況は、2015年末の時点で44.6%。これは、同白書に「クラウドサービスの利用動向」の値が初めて紹介された2010年(平成22年)末と比較すると、30.5ポイントと大幅に上昇している。また、資本金が50億円以上の企業では79.2%が、1億円以上の企業では53.0%が、なんらかのクラウドサービスを利用しているとされている。このような流れから見ても、今後、クラウドがITインフラの中心になっていくことは確実だ。

【特別企画】ハイブリッドクラウド時代が本格到来 最適なデータ管理の手法とは?

企業のITインフラとして、クラウドという選択肢がもはや一般的となった。多くの企業がクラウドを当たり前のように活用し、プライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを柔軟に使い分けて、ハイブリッドクラウド環境を整えつつある。本稿では、ハイブリッドクラウド導入時に活用できるホワイトペーパーを紹介したい。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る