マイナビニュースマイナビ

「Google Meet」を使ってビデオ会議を始めてみよう

【連載】

Google Workspaceをビジネスで活用する

【第8回】「Google Meet」を使ってビデオ会議を始めてみよう

[2021/05/14 13:00]佐野正弘 ブックマーク ブックマーク

Google Workspaceではビデオ会議ツールの「Google Meet」を使い、オンラインで直接相手の顔を見て話すことが可能です。ビデオ会議ツールは他にも色々なものが存在しますが、Google Meetはパソコンに別途アプリをインストールする必要なく、Webブラウザさえあれば手軽に始められる点が大きな違いといえます。

しかもGoogle Workspaceでは、Google MeetをGmail上で利用することができ、メールやチャットとのスムーズな連携が可能。それぞれのツールの特徴を生かしてビジネスコミュニケーションをより効率的にこなすことが可能となっています。

Google Meetでビデオ会議

Google Meetでビデオ会議を始めるには、アプリ一覧から「Meet」を選んで呼び出してもいいのですが、より手軽に始めるにはGmailの左下のタブにある「会議」から「会議を新規作成」を選ぶのがよいでしょう。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

Google Meetでビデオ会議を始めるには、Gmailの左側のタブから「会議を新規作成」をクリックすればよい

すると、下のようなダイアログが現れます。ここでURLの右側にある四角のマークをクリックするとURLをコピーできるので、まずは参加者にそのURLを送ってから「今すぐ参加」をクリックすれば、ビデオ会議を始めることができます。なお、メールでURLを共有したい場合は「招待状を送付」をクリックしてから「メールで共有」をクリックしてください。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

ダイアログが開いたら、URLの隣にある四角のマーク(1)を押してURLをコピーし、招待したい相手に送った後「今すぐ参加」(2)をクリックする。メールでURLを送りたいなら、「招待状を送付」(3)→「メールで共有」(4)とクリックする

そうすると、メールの送信画面が開くので、参加者の宛先を入力してメールを送信すれば相手を招待することができます。ちなみに招待された人は、送られたURLをクリックするだけでビデオ会議に参加することができます。

会議に参加しようとすると、まず下のような画面が現れ、参加前に映像と音声の状態を確認できます。問題ないようでしたら「今すぐ参加」をクリックして会議に参加することができますし、もし問題がある場合は画面上部のメニューボタンを押した後に「設定」をクリックして下さい。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

会議に参加するとまずこのような画面が現れて映像や音声の確認ができるので、問題なければ「今すぐ参加」(1)、問題がある場合はメニューボタン(2)をクリックする

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

メニューボタンを押すとこのようなメニューが現れるので、「設定」をクリックする

ここで「音声」の設定からは使用するマイクとスピーカー、「動画」で使用するカメラと画質の設定を変更可能です。この設定は、会議参加後にも画面右下のメニューから同様の操作をすることで呼び出せるので、トラブル発生時に備えて覚えておくとよいでしょう。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

音声と動画の設定画面が現れるので、マイクやカメラ、画質などを適宜変更すればよい

会議に参加すると次のような画面となり、後は基本的に参加者同士で話し合うだけ。話し合いが終わったら、中央下部の「通話から退出」ボタンをクリックすれば終了できます。

プレゼンテーションを聞く時など、自分が発言する必要がない場合は、退出ボタンの左側にあるマイクのオン・オフボタンでマイクをオフにするといいでしょう。また退出ボタンの右側にあるカメラのオン・オフボタンを押すことで、自身の映像を一時的にオフにすることも可能です。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

ビデオ会議中の画面。「通話から退出」ボタン(1)で会議から退出できるほか、マイク(2)とカメラ(3)のオン・オフを切り替えること可能だ

レイアウト変更、全員に表示、ユーザー追加の方法

なお、標準では参加者や発言者などに応じて自動で画面のレイアウトが変わる仕様となっていますが、レイアウトを固定することも可能です。画面右下のメニューボタンを押した後に「レイアウトを変更」をクリックしてください。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

画面のレイアウトを変えるには、メニューボタン(1)を押してから「レイアウトを変更」(2)をクリックする

すると下のダイアログが現れ、レイアウトを変更することが可能です。参加者全員の様子を同時に確認したいなら「タイル表示」、発言者にフォーカスを当てるなら「スポットライト」、発言者と参加者を同時にチェックしたい場合は「サイドバー」を選ぶとよいでしょう。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

ダイアログが現れたら、「タイル表示」「スポットライト」など好みのレイアウトを選んで変更することが可能だ

ちなみに会議に参加している人の正確な人数と名前を確認するには、左上の「全員を表示」ボタンをクリックします。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

会議に参加しているメンバーを確認するには、画面上部の「全員を表示」ボタンを押す

参加者の一覧が表示されるので、まだ会議に参加していない人に連絡をしたり、「ユーザーを追加」をクリックして不足しているメンバーを追加したりすることも可能です。

Google Workspaceをビジネスで活用する 第8回

参加メンバーが一覧で表示される(1)。メンバーを追加したい場合は「ユーザーを追加」を押してメールを送ることも可能だ

これら基本的な操作だけでも簡単なミーティング用途には十分対応できますが、他の機能を活用すればより高度なビデオ会議が可能になります。次回はGoogle Meetをより幅広い用途に活用するための機能について紹介していきます。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る