メタウォーター、WBCに蓄積されたデータの利活用に関するPoCを開始 [事例]

[2018/03/02 14:55] ブックマーク ブックマーク

データ分析

日本オラクルは3月1日、メタウォーターがビジネスアナリティクス製品「Oracle Analytics Cloud」などを採用し、上下水道事業者向けに水処理施設の運営・管理を行う「ウォータービジネスクラウド(以下、WBC)」に蓄積されたデータの利活用に関する実証実験(PoC)を開始したと発表した。

2011年に開始されたWBCでは、上下水道施設における機器の広域監視や保守点検などに関するさまざまなサービスを提供している。メタウォーターでは、さらなる付加価値創出を目的に、WBCに蓄積されたデータから、複数機場や過去の発生事象との比較などをより柔軟に行い、サービス間を横断的に連携できる仕組みとリアルタイムデータを活用できるサービス基盤の構築を計画。

このPoCにOracle Analytics Cloudをはじめとするオラクルのクラウドサービスを採用し、蓄積された点検・監視・設備データと天候や降水量などの気象オープンデータとの相関関係を可視化・分析するとしている。

採用に際しては、WBCの蓄積データをデータベースクラウド「Oracle Database Cloud」にセキュアに集約し、Oracle Analytics Cloudで可視化するプロセスを速やかに実行できることや、ビジュアル表示機能による外部地図連携画面を迅速に作成できることなどが決め手になったという。

メタウォーターは、2018年3月中にPoCを完了する予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3511
2
メタウォーター、WBCに蓄積されたデータの利活用に関するPoCを開始 [事例]
日本オラクルは3月1日、メタウォーターがビジネスアナリティクス製品「Oracle Analytics Cloud」などを採用し、上下水道事業者向けに水処理施設の運営・管理を行う「ウォータービジネスクラウド(以下、WBC)」に蓄積されたデータの利活用に関する実証実験(PoC)を開始したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本オラクルは3月1日、メタウォーターがビジネスアナリティクス製品「Oracle Analytics Cloud」などを採用し、上下水道事業者向けに水処理施設の運営・管理を行う「ウォータービジネスクラウド(以下、WBC)」に蓄積されたデータの利活用に関する実証実験(PoC)を開始したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る