日発販売、ウイングアーク1stのBI製品群でデータ分析・活用を推進 [事例]

[2017/11/08 13:05] ブックマーク ブックマーク

データ分析

ウイングアーク1stは11月8日、日発販売がBI基盤として集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」および情報活用ダッシュボード「MotionBoard」、帳票基盤ソリューション「SVF」を導入し、データ分析・活用を推進していることを発表した。

データドリブンでビジネスを進める日発販売では、2000年初頭にデータウェアハウスを導入し、売上実績や各商品の在庫量などのデータをほぼリアルタイムで把握できる体制を整えいた。だが、取り扱うデータ量の増大によってレスポンスが低下するなど、運用に限界が見え始めたため、2014年にDr.Sum、その後、MotionBoardの採用を決定。2016年後半には、かねてより使用していたSVFとも連携し、経営層から現場まで一貫したデータ活用・分析を行うことで、ビジネスを包括的にサポートするBI基盤を構築した。

これにより、高速にデータを抽出・集計できるようになり、従来レスポンスに十数分かかっていたものが約4秒に短縮されたという。日報の作成・配布に費やしていた担当者の工数をゼロにできたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

そのデータ活用は有意義か? IT部門に求められる「変化の実現」へのシフト

そのデータ活用は有意義か? IT部門に求められる「変化の実現」へのシフト

デジタル変革を成し遂げるため、企業は、必要なプロセス、スキル、組織体制をどう整備していけばよいのだろうか。本稿では、10月31日~11月2日にかけて開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2017」で登壇したガートナー ジャパン リサーチ マネージング バイスプレジデント 堀内秀明氏の講演「デジタル・ビジネスに成功をもたらすデータ/アナリ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る