解説/事例記事

解説/事例記事

ピックアップ記事

IT Search+ 新着情報

強みは「エンジニア主導」- モバオクの成長・グラブル大ヒットの舞台裏

強みは「エンジニア主導」- モバオクの成長・グラブル大ヒットの舞台裏

2月7日、「DeNA Technology Conference 2018(TechCon)」が渋谷にて開催された。本稿では、代表取締役社長兼CEOの守安功氏による基調講演「エンジニアが引っ張るDeNAの"モノづくり"」の模様をレポートする。

開発ソフトウェア

ソリューション連携により数々の新しい働き方を創造――「LINE WORKS DAY」レポート

ソリューション連携により数々の新しい働き方を創造――「LINE WORKS DAY」レポート

ワークスモバイルジャパンは2018年2月2日、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」の1周年記念カンファレンス「LINE WORKS DAY」を開催した。 今回はその中から、野村證券 国内IT戦略部 部長の酒井克臣氏と、ミズノ 情報システム部 情報システム課 課長の南英孝氏が登壇した講演の様子をレポートする。

ソリューション

AI活用のヒントはアスリートの脳内にあり?! - 為末氏、AIと人間の関係を語る

AI活用のヒントはアスリートの脳内にあり?! - 為末氏、AIと人間の関係を語る

AIがビジネスをどう進化させるのかをテーマとしたイベント「THE AI 2018」が六本木アカデミヒルズで1月31日に開催された。 この基調講演に登壇したのは、スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者であり、男子400メートルハードルの日本記録保持者でもあるDEPORTARE PARTNERSの代表、為末大氏だ。

ソリューション

琉球銀行、RPA業務自動化ツールとSMS送信システムを導入 [事例]

琉球銀行、RPA業務自動化ツールとSMS送信システムを導入 [事例]

アイティフォーは2月16日、琉球銀行がRPA業務自動化ソリューション「ナイス・アドバンストプロセスオートメーション(NICE APA)」およびSMS送信システム「e-SMS(イー・エスエムエス)」を導入したことを発表した。

ソリューション

Be&Do、MAツール「SATORI」を導入 - 資料請求数が月平均で2.4倍に増加 [事例]

Be&Do、MAツール「SATORI」を導入 - 資料請求数が月平均で2.4倍に増加 [事例]

SATORIは2月14日、Be&Doがマーケティングオートメーション(MA)ツール「SATORI」を導入した事例を公開した。

マーケティング

記事ランキング

AI人材に必要なもの [4] ビズリーチ 竹内氏、菅谷氏 - 「今は感情も考慮」

AI人材に必要なもの [4] ビズリーチ 竹内氏、菅谷氏 - 「今は感情も考慮」

AI専門チームを立ち上げ、最新論文を日々チェックしながら技術力を磨いているビズリーチ。求職者と求人企業のマッチング精度を高めたり、バックオフィス業務の負担を減らしたりと、さまざまなシーンでディープラーニングを活用している。

ソリューション

N高起業部スタート! プレゼンを審査した川上氏、夏野氏、堀江氏の評価は?

N高起業部スタート! プレゼンを審査した川上氏、夏野氏、堀江氏の評価は?

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)が2月5日、「N高起業部」を設立することを発表したのは既報の通りだ。N高起業部はN高通学コースで行われているプロジェクト型学習「プロジェクトN」に取り組んできた生徒が起業を目指す部活動。本稿では発表会に続いて行われたN高生徒たちによるプレゼンテーション特別審査会の模様をレポートする。

ソリューション

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [5] 深層学習とRPA - TensorFlowを使ってみる

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [5] 深層学習とRPA - TensorFlowを使ってみる

前回までに紹介したRPAは、決められた手順に従って同じ処理を繰り返し実行するルールベースのAIを活用していましたが、今後は与えられた情報を元に判断/学習し動作する機械学習や深層学習を元にした、いわばRPA2.0が増えてくると期待されています。

開発ソフトウェア

4
【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

セキュリティ

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

5
【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [18] 自由対話の難しさとは?

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [18] 自由対話の難しさとは?

前回、自由対話を実現するための方法をいくつかご紹介しました。しかし、実用に耐える自由対話を実現するには、解決しなければいけない難題がまだ多数存在しています。今回は、この自由対話の「難しさ」について、もう少し説明しておきたいと思います。

ソリューション

前回、自由対話を実現するための方法をいくつかご紹介しました。しかし、実用に耐える自由対話を実現するには、解決しなければいけない難題がまだ多数存在しています。今回は、この自由対話の「難しさ」について、もう少し説明しておきたいと思います。

記事ランキング

AI人材に必要なもの [4] ビズリーチ 竹内氏、菅谷氏 - 「今は感情も考慮」

AI専門チームを立ち上げ、最新論文を日々チェックしながら技術力を磨いているビズリーチ。求職者と求人企業のマッチング精度を高めたり、バックオフィス業務の負担を減らしたりと、さまざまなシーンでディープラーニングを活用している。

ソリューション

N高起業部スタート! プレゼンを審査した川上氏、夏野氏、堀江氏の評価は?

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)が2月5日、「N高起業部」を設立することを発表したのは既報の通りだ。N高起業部はN高通学コースで行われているプロジェクト型学習「プロジェクトN」に取り組んできた生徒が起業を目指す部活動。本稿では発表会に続いて行われたN高生徒たちによるプレゼンテーション特別審査会の模様をレポートする。

ソリューション

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [5] 深層学習とRPA - TensorFlowを使ってみる

前回までに紹介したRPAは、決められた手順に従って同じ処理を繰り返し実行するルールベースのAIを活用していましたが、今後は与えられた情報を元に判断/学習し動作する機械学習や深層学習を元にした、いわばRPA2.0が増えてくると期待されています。

開発ソフトウェア

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

セキュリティ

【連載】教えてカナコさん! これならわかるAI入門 [18] 自由対話の難しさとは?

前回、自由対話を実現するための方法をいくつかご紹介しました。しかし、実用に耐える自由対話を実現するには、解決しなければいけない難題がまだ多数存在しています。今回は、この自由対話の「難しさ」について、もう少し説明しておきたいと思います。

ソリューション

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
国家主導型サイバー攻撃
情報セキュリティ事故対応アワード2017
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る