解説/事例記事

解説/事例記事

ピックアップ記事

WSL新機能: WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [131] WSL新機能: WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う

2018年春のアップデートで、Windows側のファイルパーミッションの範囲内で、WSL側からLinux向けのパーミッションを設定できるようになった。WSL側からWindows側のファイルのパーミッションを変更することはできないが、それがWindows側のパーミッションの許可範囲内であれば、WSL側でのパーミッションが保持できるようになった。説明してもわかりにくいので、具体的に操作しながら、どのように動作するのかを見ていこう。

サーバ/ストレージ

IT Search+ 新着情報

WSL新機能: WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [131] WSL新機能: WSLからWindowsファイルのパーミッションを扱う

2018年春のアップデートで、Windows側のファイルパーミッションの範囲内で、WSL側からLinux向けのパーミッションを設定できるようになった。WSL側からWindows側のファイルのパーミッションを変更することはできないが、それがWindows側のパーミッションの許可範囲内であれば、WSL側でのパーミッションが保持できるようになった。説明してもわかりにくいので、具体的に操作しながら、どのように動作するのかを見ていこう。

サーバ/ストレージ

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

データ分析

清水建設、国産のクラウド型WAFサービス「攻撃遮断くん」を導入 [事例]

清水建設、国産のクラウド型WAFサービス「攻撃遮断くん」を導入 [事例]

サイバーセキュリティクラウド(以下、CSC)と丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は6月18日、清水建設がCSCの国産クラウド型WAF(Web Application Firewall)「攻撃遮断くん」を導入したと発表した。

セキュリティ

集客チャネルの用語と、URLパラメータの設定方法

【連載】Googleアナリティクス基本用語解説 [2] 集客チャネルの用語と、URLパラメータの設定方法

Webサイトの分析には欠かすことのできないGoogleアナリティクスを見る上で必要な基本用語を、サイトを分析するにあたってみるべき画面ごとに分かりやすく解説します。今回は「集客 チャネル」について。

マーケティング

ソラコムとテラデータが考えるIoTビジネス価値とは?

ソラコムとテラデータが考えるIoTビジネス価値とは?

日本テラデータは5月23日、都内で「TERADATA UNIVERSE TOKYO 2018」を開催した。ここでは日本テラデータとソラコムによる講演「ソラコムの最新事例にみるIoTのベストプラクティスとアナリティクスによるビジネス価値獲得の可能性」の内容をレポートする。

ソリューション

記事ランキング

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIが、男性用ビジネスウェアをサブスクリプションモデルで提供するサービスを2018年4月末より開始した。その名も「suitsbox」。アイデア出しからわずか1年でサービス開始までに至った背景について、責任者らに伺った。

Webサイト構築

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

セキュリティ

迫られるサイバーセキュリティ対策の

迫られるサイバーセキュリティ対策の"アップデート"- 東芝の取り組み

東陽テクニカが5月31日、都内にて開催した「産業セキュリティセミナー」では、2年前にサイバーセキュリティセンターを設立し、対策に乗り出した東芝から同センター長の天野隆氏が登壇。国内外のセキュリティ事情や東芝としての取り組みなどについて語った。

セキュリティ

4
脳科学とAIは切っても切れない間柄!? 両者が融合する未来に広がる可能性

脳科学とAIは切っても切れない間柄!? 両者が融合する未来に広がる可能性

「AI(人工知能)」という言葉がそこかしこで聞かれるようになったが、この世界にはずっと以前からもう1つの「知能」が存在している。我々、人間の「脳」だ。実はAIと脳科学は切っても切れない間柄にあり、AIが台頭してきた今、その関係性はお互いの進化を促進するかたちに発展しつつある。では今後、AIと脳科学はどのようなかたちで融合し、世界に新たなイノベーションをもたらしていくのだろうか。ここでは、1月27日に開催された「NTT DATA Innovation Conference 2017」内のセッションで語られた、AIと脳科学が融合する未来についてレポートする。

マーケティング

「AI(人工知能)」という言葉がそこかしこで聞かれるようになったが、この世界にはずっと以前からもう1つの「知能」が存在している。我々、人間の「脳」だ。実はAIと脳科学は切っても切れない間柄にあり、AIが台頭してきた今、その関係性はお互いの進化を促進するかたちに発展しつつある。では今後、AIと脳科学はどのようなかたちで融合し、世界に新たなイノベーションをもたらしていくのだろうか。ここでは、1月27日に開催された「NTT DATA Innovation Conference 2017」内のセッションで語られた、AIと脳科学が融合する未来についてレポートする。

5
債権回収にAIを導入! データ主導で取り組んだ業務の効率化と自動化

債権回収にAIを導入! データ主導で取り組んだ業務の効率化と自動化

SAS Institute Japanは5月18日、都内にて年次カンファレンス「SAS Forum Japan 2018」を開催した。ここでは、イオンフィナンシャルグループ エー・シー・エス債権管理回収 代表取締役社長 木村信之氏が登壇した講演「AI・機械学習技術を活用した新たな債権回収ソリューション構築へ向けて」の模様をレポートする。

ソリューション

SAS Institute Japanは5月18日、都内にて年次カンファレンス「SAS Forum Japan 2018」を開催した。ここでは、イオンフィナンシャルグループ エー・シー・エス債権管理回収 代表取締役社長 木村信之氏が登壇した講演「AI・機械学習技術を活用した新たな債権回収ソリューション構築へ向けて」の模様をレポートする。

記事ランキング

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIが、男性用ビジネスウェアをサブスクリプションモデルで提供するサービスを2018年4月末より開始した。その名も「suitsbox」。アイデア出しからわずか1年でサービス開始までに至った背景について、責任者らに伺った。

Webサイト構築

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [7] サイバー攻撃は「流れ」を捉えろ - Azure Security Centerによる可視化

第1回で機能の概要を紹介したAzure Security Centerですが、これはIT管理者やセキュリティ管理者が行っていたセキュリティ監視・分析・対応といった基本的なセキュリティ監視を自動化します。今回は、第6回で紹介したような実際の攻撃が発生している場合に、Azure Security Centerを利用してどのような対応ができるのか、検出&分析(Detection & Analytics)の機能を中心にご紹介します。

セキュリティ

迫られるサイバーセキュリティ対策の

東陽テクニカが5月31日、都内にて開催した「産業セキュリティセミナー」では、2年前にサイバーセキュリティセンターを設立し、対策に乗り出した東芝から同センター長の天野隆氏が登壇。国内外のセキュリティ事情や東芝としての取り組みなどについて語った。

セキュリティ

脳科学とAIは切っても切れない間柄!? 両者が融合する未来に広がる可能性

「AI(人工知能)」という言葉がそこかしこで聞かれるようになったが、この世界にはずっと以前からもう1つの「知能」が存在している。我々、人間の「脳」だ。実はAIと脳科学は切っても切れない間柄にあり、AIが台頭してきた今、その関係性はお互いの進化を促進するかたちに発展しつつある。では今後、AIと脳科学はどのようなかたちで融合し、世界に新たなイノベーションをもたらしていくのだろうか。ここでは、1月27日に開催された「NTT DATA Innovation Conference 2017」内のセッションで語られた、AIと脳科学が融合する未来についてレポートする。

マーケティング

債権回収にAIを導入! データ主導で取り組んだ業務の効率化と自動化

SAS Institute Japanは5月18日、都内にて年次カンファレンス「SAS Forum Japan 2018」を開催した。ここでは、イオンフィナンシャルグループ エー・シー・エス債権管理回収 代表取締役社長 木村信之氏が登壇した講演「AI・機械学習技術を活用した新たな債権回収ソリューション構築へ向けて」の模様をレポートする。

ソリューション

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る