引越し業者のおすすめランキング10選!選び方や注意点など徹底解説

おすすめ

「引越しをどの業者に任せたらよいかわからない」「どんな業者が合っているかわからず選べない」など、お悩みではありませんか?数多くある引越し業者の中から、予算やサービスなど自分に合った業者を選ぶことは難しいものです。

そこで本記事は、引越し業者を利用したことがある人を対象に行なったアンケートをもとに、おすすめの引越し業者を口コミや評価を含めてランキング形式にまとめました。詳しいサービス紹介や業者の選び方、引越し業者を利用する際の注意点など、包括的な内容になっているのでぜひお役立てください。

引越しを検討しているなら『引越し侍』で一括無料見積もりすることがおすすめ!
  • 大手から地域密着型まで全国329社から最大10社見積もり可能
  • 料金だけでなくサービス内容や口コミも比較できる!
  • 24時間いつでも無料で引越し業者を比較できる
  • 最大10万円キャッシュバックなど特典が豊富

引越しの具体的なイメージを持った上で、効率的に準備を進めましょう。

公式サイトはこちら

おすすめ引越し業者ランキング10選

では、アンケート結果に基づいた引越し業者ランキングTOP10を紹介します。ランキングを一覧でまとめた以下の表をご覧ください。

紹介するランキングは単身パックで引越しをした経験のある方へのアンケート調査を元に編集部にて作成。クラウドワークス調べ(2021/8/6~2021/8/14実施 回答数697人)
ランキング 業者名 対応エリア 価格への満足度(※1) 安心マーク(※2)取得の有無 非対面見積もり・予約 満足度 補償
1位 サカイ引越センター 全国 ★★★☆☆(3.8) 単身者のみ可
2位 アート引越センター 全国 ★★★☆☆(3.7)
  • 引越し業界売上No.2
3位 日本通運 全国 ★★★☆☆(3.8) 公式HP「お客様の声 公式HP「荷物が破損した場合の保証はどうなっていますか?
4位 アップル引越センター 北海道、関東、東海、関西、九州 ★★★★☆(4.8)
5位 アーク引越センター 全国 ★★★★☆(4.2) 不可 公式HP「お客さまの声
6位 赤帽引越し 全国(エリアによって単身のみ) ★★★★☆(4.4) 赤帽ライジング・カーゴ「赤帽の貨物賠償保険について
7位 アリさんマークの引越社 北海道、関東、中部、近畿、中国、九州 ★★★☆☆(3.7) 不可 万一の場合は総額1,200万円、1梱包30万円まで補償
8位 クロネコヤマトの引越サービス 全国 ★★★☆☆(3.8) 公式サイトには記載なし 公式サイト「定型の容器を用いた運送に関する利用規約
9位 ファミリー引越センター 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、関西、九州、北海道 ★★★★☆(4.0) 不可 2019年日本マーケティングリサーチで3部門のNo.1を獲得 家財の損害に対して1,000万円、建物の損害に対して500万円まで補償
10位 人力引越社 関東、関西、中部圏、九州 ★★★★☆(4.7) 公式サイト「お客さまの声 万一破損した場合の保証あり

各業者のサービス内容や特徴については、以下で詳しく解説します。

※1:独自で実施したアンケート結果に基づく(クラウドワークス調べ:2021/8/6~2021/8/14 実施)

※2:全日本トラック協会が安全・安心な引越サービスを提供すると認めた引越事業者に交付されるマーク

1位:サカイ引越センター

※画像出典元:サカイ引越センター公式サイト

サカイ引越センターはこんな人におすすめ

  • 歴史ある引越し専門業者ならではの安心感の高いサービスを利用したい人
  • 教育の行き届いたスタッフによる「まごころサービス」を受けたい人
  • 梱包や新居の掃除、不用品回収、各種手続きなど1から10まで任せたい人

サカイ引越センターの特徴

サカイ引越センターは昭和46年創業の歴史ある引越し業者で、「まごころこめておつきあい」をモットーに品質の高いサービスを提供しています。

全国に190社の支社を展開し対応エリアは全国各地で、海外への引越しにも対応しています。拠点が広く、幅広いプラン展開で融通がききやすいことや、すべて自社便システムという安心感も魅力です。

また、不用品買取や引越しに伴う手続きなど、引越しに関する煩わしい手続きもサカイ引越センターならまとめて依頼できます。他社では運搬できないことも多い新型家電も、高い技術力で安全に運ぶことができるなど、確かな技術で引越し業界を牽引しています。

  • 会社名:株式会社サカイ引越センター
  • 設立年:1971年11月
  • 資本金:47億31百万円
  • 対象エリア:全国
  • 価格帯:高い
  • 安心マークの取得:有
  • 非対面見積もり・予約:単身者のみ可(「ササッと予約」など)
  • 公式サイト:https://www.hikkoshi-sakai.co.jp
  • 予約・見積もりTEL:0120-00-1141

公式サイトで詳細を見る

2位:アート引越センター

アート引越センターはこんな人におすすめ

  • 大手引越し業者による高品質なサービスを利用したい人
  • ニーズに合わせた幅広いプランやきめ細かいサービスを受けたい人
  • インターネットを使った非対面の見積もりを利用したい人

アート引越センターの特徴

アート引越センターの魅力は、利用者のニーズを追求したサービスの幅広さ・きめ細やかさでしょう。荷造りを任せることができるコースの用意があることはもちろん、学生や女性、60歳以上の人に向けたオリジナルパックの提供があり、より自分に合ったプランを選択できます。

梱包が簡単になるエコ楽ボックスや、配線に便利なAV配線コードシール、用途で分けられる3色のガムテープなど、利用者や環境に配慮した独自のサービスも魅力的です。

また、アート引越センターならZoomを利用した非対面のオンライン見積もりも利用でき、コロナ禍で対面での見積もりが心配な人にもおすすめといえます。

  • 会社名:アートコーポレーション株式会社
  • 設立年:1977年6月14日
  • 資本金:1億円
  • 対象エリア:全国
  • 価格帯:高い
  • 安心マークの取得:有
  • 非対面見積もり・予約:可(オンライン見積「ミライ」)
  • 公式サイト:https://www.the0123.com
  • 予約・見積もりTEL:0120-0123-33

3位:日本通運

※画像出典元:日本通運公式サイト

日本通運はこんな人におすすめ

  • 業界最大規模の店舗数と総合物流企業のノウハウで実現できるスピーディな引越しをしたい人
  • 見積もり依頼の連絡をする時間がなかなか取れない人
  • LINEでの非対面見積もりや除菌サービスで安心の新生活をスタートしたい人

日本通運の特徴

日本通運は引越し以外にも精通した総合物流企業です。総合物流企業ならではの全国ネットワークと運送ノウハウで、スピーディかつ安全なサービスを展開しています。トラックはもちろん、海上コンテナや鉄道コンテナでの輸送も行なっており、顧客一人一人に合わせた運送方法が利用可能です。

見積もりの依頼もWEBで24時間どこでも行うことができ、時間が取れない人や電話の応対が苦手な人にもおすすめです。また単身者向けプランも充実しており、パック制の料金で見積もりなしで利用できます。

日通ではリモート見積もりサービス「リモミ」の提供が始まりました。LINE公式アカウントを利用するため、新たにアプリをインストールする必要がなく簡単です。さらに新居の除菌・抗菌サービスなど、安心の新生活を実現するサービスも充実しています。

公式サイトで詳細を見る

4位:アップル引越センター

※画像出典元:アップル引越センター公式サイト

アップル引越センターはこんな人におすすめ

  • コストパフォーマンスの高さを重視している人
  • 電話や訪問対応をしないで引越しをしたい人
  • 体調に不安がある、仕事が突然入ることがあるなど引越し日の急な変更が考えられる人

アップル引越センターの特徴

アップル引越センターは、2006年創業の比較的新しい引越し業者です。新しい業者であるものの、引越し実績は20万件以上(2021年8月時点)にも上り、2019年にはゼネラルリサーチのアンケート調査にて3部門で1位を獲得しています。

中でも、コストパフォーマンスの高さは魅力的です。ITを活用することで予約受付や見積もりを効率化し、都市部に集中した店舗展開で高い品質と安い価格を実現しています。

また、電話や訪問をせずにWEBで予約まで完結する引越し予約システム「ラクニコス」も、多くのユーザーに支持されています。ユーザー登録は必要ですが、電話や訪問対応が必要なく、効率的に引越し日や料金が確定するサービスは大変便利です。さらに、大阪・名古屋・福岡圏ではLINEによる見積もりも利用できます。

他にも安心保証サービスで、当日の連絡でもキャンセル料・日時変更料がかからないことも大きな特徴です。繁忙期でないことなどの条件はありますが、急な仕事が入る可能性がある人や体調に不安がある人でも安心して利用できます。

公式サイトで詳細を見る

5位:アーク引越センター

※画像出典元:アーク引越センター公式サイト

アーク引越センターはこんな人におすすめ

  • ギネスにも登録された拠点数で実現できる地域密着型のサービスを受けたい人
  • 多様なプランから自分に合ったものを選びたい人
  • 引越し料金を簡単にシミュレーションしたい人

アーク引越センターの特徴

アーク引越センターの全国拠点は200を超え、1994年版のギネスブックに登録されたほどの幅広さです。全国各地に拠点を構え、外部委託せずに全て自社スタッフが作業します。このように大手引越し業者でありながら、地域密着型のようなきめ細やかなサービスが受けられる点は大きなメリットです。

提供する引越しプランは14個もあり、自分に適したプランを選ぶことでお得に引越しができます。また、電気工事やペット輸送など、オプションサービスも豊富です。

アーク引越センターのホームページでは、引越見積りシミュレーション」という無料で料金を調べることができるサービスを提供しています。引越し先や日時を選択し、運び出す家財をチェックするだけで簡単に概算料金が割り出されます。

予約をオンラインで行うことはできませんが、引越しを迷っている人や他の業者の価格を比較したい人などは、ぜひ利用しましょう。

  • 会社名:アーク引越センター株式会社
  • 設立年:1980年2月
  • 資本金:8,000万円
  • 対象エリア:全国
  • 価格帯:やや高い
  • 安心マークの取得:無
  • 非対面見積もり・予約:不可(無料シミュレーション「引越見積りシミュレーション」)
  • 公式サイト:https://www.0003.co.jp
  • 予約・見積もりTEL:0120-07-0003

公式サイトで詳細を見る

6位:赤帽引越し

※画像出典元:赤帽引越し公式サイト

赤帽引越しはこんな人におすすめ

  • 単身の引越しなど荷物が多くなく、料金を節約したい人
  • 急な引越しや深夜の引越しなど柔軟な対応を求めている人
  • 梱包材の用意が自分でできる人

赤帽引越しの特徴

正確にいえば、赤帽は引越し業者ではありません。正式名称は「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」で、軽トラックなどを利用して運送業を営む個人事業主の連合会です。

基本的に作業員は1人で、荷台2.0×1.4mの軽トラックを貸し切って引越しを行います。つまり、軽トラックに載せ切れる荷物量なら、引越し業者よりも安く運搬できる可能性があります。

また急な引越しや深夜帯の引越しなど、他の業者では難しいようなイレギュラーなケースでも、柔軟に対応してもらえることが多いです。ただし、エリアによっては家族での引越しに対応していなかったり、段ボールなどの梱包材は自分で用意しなければならなかったりといったデメリットもあります。

赤帽の引越しの見積もりは、基本的に電話やメールで行われて訪問対応を行う必要はないので、対面での対応が難しい人にもおすすめです。

  • 組織名:全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会
  • 設立年:1978年8月
  • 出資金:2,136万円
  • 対象エリア:全国(エリアによって単身のみ対応)
  • 価格帯:安い
  • 安心マークの取得:無
  • 非対面見積もり・予約:可
  • 公式サイト:https://www.akabou.jp
  • 予約・見積もりTEL:0120-400-111

公式サイトで詳細を見る

7位:アリさんマークの引越社

※画像出典元:アリさんマークの引越社公式サイト

アリさんマークの引越社はこんな人におすすめ

  • 知名度が高く信頼のおける引越し業者に依頼したい人
  • 豊富なプランから自分に合ったものを選びたい人
  • 長距離の引越しの安全性や自由度、価格に不安がある人

アリさんマークの引越社の特徴

CMなどで知名度の高いアリさんマークの引越社ですが、有名なだけでなくサービスの質の高さも認められています。2020年には、ショッパーズアイ調べのインターネット調査にて、「サービスプランが充実している」「自分に最適なプランを選べる」「コストパフォーマンスが高い」の3部門で1位を獲得しました。

アリさんマークの引越社では、家族・単身・長距離の3つの引越しタイプを取り扱っています。家族プランは梱包・荷解きまで依頼できるフルパックも用意され、自分に合ったプランを選ぶことができます。

特徴的なのが、長距離タイプの引越しにも3つのプランが設けられていることです。全て自社便で行う長距離スペシャル便では、完全チャーター便で自由度の高さが魅力です。エコ便は、一部をJR貨物コンテナに任せることで自由度とコスト削減を実現しています。さらにエコリーズナブルパックでは、JRコンテナを載せ替えながら運搬するため、自由度は限られるもののかなりの低予算が期待できます。また環境に優しいこともメリットです。

  • 会社名:株式会社引越社
  • 設立年:1971年6月
  • 資本金:1,200万円
  • 対象エリア:北海道、関東、中部、近畿、中国、九州
  • 価格帯:やや高い
  • 安心マークの取得:有
  • 非対面見積もり・予約:不可
  • 公式サイト:https://www.2626.co.jp/
  • 予約・見積もりTEL:0120-77-2626

公式サイトで詳細を見る

8位:クロネコヤマトの引越サービス

※画像出典元:クロネコヤマトの引越サービス公式サイト

クロネコヤマトの引越サービスはこんな人におすすめ

  • 大切な荷物を宅配業トップの安心感のあるサービスに任せたい人
  • 単身者など荷物が少ない引越しを予定している人
  • 一度帰省したい、新居の掃除をしておきたいなど、荷物が届くまでに時間が欲しい人

クロネコヤマトの引越サービスの特徴

クロネコヤマトは言わずも知れた宅配業者ですが、引越しサービスがあることを初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。今まで荷物が少ない単身者向け引越しと、ファミリー向けの引越しサービスがありましたが、現在は家族向けサービスは申し込みを休止しています(2021年8月時点)。

クロネコヤマトの単身者向け引越しサービス「わたしの引越では、専用ボックスを使用してトラックの他の荷物と共に運ぶため、コストが抑えられる仕組みです。借りる専用ボックスの数と移動距離で料金が決まり、予約がWEBで完結することもメリットでしょう。

また、荷物の集荷から届け日までに最大7日間の猶予が持てることも、宅配業者の引越しならではのサービスです。「荷物がない状態で新居や旧居の掃除を済ませておきたい」など、通常の引越しよりも自由度の高い予定が立てられます。

  • 会社名:ヤマトホームコンビニエンス株式会社
  • 設立年:1985年9月
  • 資本金:4億8,000万円
  • 対象エリア:全国
  • 価格帯:標準
  • 安心マークの取得:無
  • 非対面見積もり・予約:可(単身向けサービスWeb申し込み「集荷先・お届け先・予定日」)
  • 公式サイト:https://www.008008.jp/moving/
  • 予約・見積もりTEL:単身向けサービスはWeb申し込みのみ

公式サイトで詳細を見る

9位:ファミリー引越センター

※画像出典元:ファミリー引越センター公式サイト

ファミリー引越センターはこんな人におすすめ

  • 首都圏からの引越しを予定している人
  • コストパフォーマンスの高い業者を探している人
  • 環境に配慮した引越し業者を利用したい人

ファミリー引越センターの特徴

ファミリー引越センターは、「ファミリーの絆」を大切にプランニングやサービス提供を行なっています。家族向けの引越しだけでなく、シングルプラン・カップルプラン・ファミリープラン・ファミリーオリジナルプランといったさまざまなプランを展開しています。

主な営業エリアは東京・埼玉・神奈川・千葉の首都4県です。首都圏にお住まいで引越しを検討しているなら、ぜひ見積もりを依頼してみましょう。現在は関西圏や九州、東北、北海道にまで展開しており、さらなるエリア拡大が期待されます。

2019年の日本マーケティングリサーチの調査では、価格満足度・リピート満足度・スタッフ対応満足度の3部門で1位を獲得しました。サービスだけでなくコストパフォーマンスの高さも評価されています。

また、全国へのクリーンエネルギー発電スポットの設置やディーゼル車の使用、段ボールの回収といったSDGsへの取り組みも活発です。環境問題に関心のある人にもおすすめできる引越し業者といえるでしょう。

  • 会社名:ファミリー引越センター株式会社
  • 設立年:2001年8月
  • 資本金:1億2,000万円
  • 対象エリア:東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、関西、九州、東北、北海道
  • 価格帯:やや安い
  • 安心マークの取得:無
  • 非対面見積もり・予約:不可
  • 公式サイト:http://www.505555.jp
  • 予約・見積もりTEL:0120-50-5555

公式サイトで詳細を見る

10位:人力引越社

※画像出典元:人力引越社公式サイト

人力引越社はこんな人におすすめ

  • WEB上で簡単に見積もり・予約を済ませたい人
  • 西日本・東日本間の長距離引越しをお得にしたい人
  • 配線や家電の取り付けなどに苦手意識がある人

人力引越社の特徴

人力引越社は京都に本社を持つ引越し業者です。西日本だけでなく九州や東日本、北海道にも支社を持ち、幅広いエリアに対応しています。

対応エリア内であれば訪問対応することなく、公式ホームページのお見積り」から住所や荷物リストなどを入力するだけで簡単に見積もりできます。単身者であれば、引越し日の決定まで全てWEB上で行う「スマート予約」が利用できて大変便利です。

また西日本と東日本に拠点を構えていることで、距離引越しも他社よりお得にできる可能性があります。京都・関東を結ぶルートが確立しており、輸送の早さ・安さ・安心感を実現しています。

さらに人力引越社では「女性の単身引越しも安心」として、女性の支持も集めてきました。訪問見積もりがないことだけでなく、配線や家電の設置などのサービスが充実していることも理由のひとつです。もちろん、女性だけでなく配線などに苦手意識のある男性にも支持されています。また、おしゃれなデザインの段ボールも女性人気の高さを支えていましたが、現在は一時的に利用を中止しています(2021年8月時点)。

  • 会社名:株式会社キョウトプラス
  • 設立年:2005年6月
  • 資本金:記載なし
  • 対象エリア:関東、関西、中部圏、九州
  • 価格帯:やや安い
  • 安心マークの取得:無
  • 非対面見積もり・予約:可(「お見積り」「スマート予約」)
  • 公式サイト:https://www.j-h-kyoto.com
  • 予約・見積もりTEL:西日本0120-73-1818/東日本0120-11-4477

公式サイトで詳細を見る

失敗しない引越し業者の選び方

続いて「自分に合う業者がわからない」「業者選びを失敗しそうで不安」といった人向けに、引越し業者選びで失敗しないコツを紹介します。押さえておきたいポイントは以下の5つです。

  • 目的地への引越しに対応しているか
  • 引越しにかかる費用が予算内か
  • 利用したいオプションがあるか
  • 予定する日付や時間で引越しができるか
  • 引越し業者の口コミ・評判をチェック

それぞれについて詳しく見てみましょう。

目的地への引越しに対応しているか

中小の引越し業者など、エリアを限定して活躍している業者も多くあります。目的地への引越しに対応しているかどうかは重要な判断基準なので必ず確認しましょう。

エリアを確認する際は、単身者プランに限定して対応していることもあるため、対応するプランの確認も必要です。また対応していてもメインの営業エリアでない場合は、追加料金が取られることも珍しくありません。

引越し業者を選ぶ際は、対応エリアと対応プランを詳しく確認しましょう。

引越しにかかる費用が予算内か

新たに家を購入したり賃貸契約を結んだりなど、引越しには多くの出費がつきものですが、引越し費用は少しでも安く抑えたいものです。「今まで使っていた家具が引越し先に合わない」など予定外の出費も考えられますが、引越し業者だけでも予算内に抑えることで、その他の出費に充てることができます。

費用を節約したいなら、複数業者の見積もりを取って比較することをおすすめします。引越し業者のホームページなどから1社ずつ連絡して、予算内かどうかを判断することもできますが、効率的に行うなら一括見積もりサイトを利用すると便利です。引越し先や荷物量を一度入力するだけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼できます。

引越し費用を知りたいなら、「引越し侍」の一括見積サービスがおすすめ!

引越しで、希望に合う引越し業者を効率よく探すなら、引越し業者の一括見積サービスが便利です。中立的な立場から、あなたの状況に合うおすすめの引越し業者を紹介し、契約までサポートしてくれます。

とくに、編集部がおすすめしたいサービスが引越し侍です。引越し侍がおすすめな理由を以下にまとめています。

  • 大手から地域密着型まで全国329社から最大10社見積もり可能
  • 料金だけでなくサービス内容や口コミも比較できる!
  • 24時間いつでも無料で引越し業者を比較できる
  • 最大10万円キャッシュバックなど特典が豊富

利用したいオプションがあるか

オプション内容は引越し業者によって大きく異なるので、利用したいオプションサービスがあるかどうかで選ぶのもよいでしょう。

例えば次のようなオプションサービスがあります。

  • 不用品の処分:買取・処分を行なってもらえる、荷物量を減らして節約できる
  • 荷造りや荷解き:プランとして組み込まれているものも多い
  • 荷物の一時預かり:貸倉庫やトランクルームを利用して一定期間荷物を預けられる
  • 家電の取り付け・取り外し:エアコンや洗濯機、食洗機など
  • 家電の配線:テレビやパソコンなどAV機器の配線
  • 特殊なものの輸送:ペットや車・バイク、絵画、ピアノなどの輸送
  • 作業員の指名:女性作業員の指定やリピート指名など
  • 害虫駆除:提携している害虫駆除業者に依頼できる、割引価格で利用できることも多い
  • 盗聴器発見:新居に盗聴器がないかどうか確認する、無料で行う業者もある
  • ハウスクリーニング:水回りなど依頼する場所で料金が異なる、専門員が行う場合と提携業者に委託する場合がある

業者によって用意されているオプションが異なり、料金も違います。引越し後に業者に依頼する予定があるなら、引越し業者にまとめて依頼したほうが安くなる可能性もあります。

予定する日付や時間で引越しができるか

予定する日付や時間で引越しの予約ができるかどうかも重要な判断基準です。引越しには繁忙期があり、3〜4月などは引越しが集中するため、料金が高くなったり予約が取れなかったりする可能性があります。引越しの時期が決まったら、その1ヶ月前を目安に予約を入れておいたほうがよいでしょう。

また、引越しの開始時間にこだわりがある人は注意が必要です。時間によって料金が異なることがありだけでなく、予約が埋まっていることもあります。「仕事のあとに作業したい」「早朝から作業して夕方には落ち着いていたい」など、希望がある場合は早めに予約しましょう。

引越し業者の口コミ・評判をチェック

引越し業者を選ぶ上で、口コミや評判も非常に参考になります。今回紹介した業者と比べて、かなり価格の安い引越し業者も多くあります。しかし、いくら安かったとしても荷物を雑に扱われたり、対応が悪かったりしては本末転倒です。

安心して引越しを任せられる引越し業者を利用したいなら、実際に利用した人の口コミや評判を見てみるとよいでしょう。引越し業者の一括見積もりサイトには口コミがまとめられていることも多いので、閲覧することもおすすめです。また、全日本トラック協会の引越安心マークを取得しているかどうかも、よい業者を見極めるポイントです。

引越し業者を利用するときの基礎知識

実際に引越し業者を利用する前に、ある程度の知識を得ておくと安心です。この章では、引越しの料金相場や業者利用の流れを解説します。

単身や家族の引越し費用の相場

引越し業者に提示された価格が適正かどうかを判断するためには、ある程度の相場価格を把握しておく必要があります。引越し費用の相場を、家族の人数や距離別でまとめた下記の図をご覧ください。

人数 価格(繁忙期) 価格(通常期)
単身(荷物少) 55,000円 35,205円
単身(荷物多) 75,600円 44,200円
2、3人家族 10万5,000〜12万円 70,000〜80,000円
4、5人家族 14万〜15万円 80,000〜86,400円

”出典:引越し侍引越し費用相場と料金目安 – 平均見積もり金額はだいたいいくら?」(2021年8月時点)”

引越し先との距離によっても価格が異なりますが、上記は全距離の平均です。長距離の引越しは上記の数字よりも高くなることも多いため注意しましょう。

引越し業者以外でかかる費用

引越し業者への費用以外にも、引越しにはさまざまな費用がかかることが考えられます。どの程度の費用がかかるのか、ある程度見極めておくと安心です。

賃貸への引越しを想定し、引越し業者以外にかかる費用を以下にまとめました。

費用 相場
敷金 家賃の1〜2ヶ月程度
礼金 家賃の1〜2ヶ月程度
日割り家賃 入居日によって家賃を日割りして計算
前家賃 前の物件の家賃
仲介手数料 家賃の0.5〜1ヶ月分+消費税
火災保険料 15,000〜20,000円程度
鍵の交換費用 10,000〜20,000円程度
保証会社の保証料 10,000〜30,000円程度
ハウスクリーニング代 30,000〜40,000円程度
消毒代 15,000〜20,000円程度
サポートサービス代 15,000〜20,000円程度
家具や家電などの購入費 購入するものによって異なる
家具家電をレンタルしたい方は、「CLAS」の家具家電サブスクリプションがおすすめ!

一人暮らしや新生活を安く始めるために、家具家電をレンタルできる、家具家電のサブスクリプションサービスが便利です。初期費用を抑えて、お財布に優しく新生活を始められます。

とくに、編集部がおすすめしたいサービスがCLASです。CLASがおすすめな理由を以下にまとめています。

  • 月々440円~の手頃な価格で好きな期間だけ家具を利用可能
  • 注文から返却までスマホから申し込み可能!
  • 家具にある程度の傷・汚れがついても追加料金なし
  • 無料の組み立て設置、返却のサービスも含有
  • サブスクなので家具家電をいつでも交換可能

引越し業者を利用する流れ

引越し業者を利用する流れを一通り確認しておきましょう。

  1. 引越し予定日や処分するものを決める
  2. 複数の引越し業者に見積もりを依頼する
  3. 荷物の梱包や事前の手続きなどを行う
  4. 不用品の処分や掃除を済ませる
  5. 引越し当日、作業員が積み込み作業を行う
  6. 新居に移動し荷下ろし作業
  7. 最終確認と支払い

特に役所への転居・転入届や、水道やガスといったライフラインの開通連絡などは忘れずに行いましょう。

引越し業者を利用する注意点

最後に引越し業者を利用する上での注意点を紹介します。事前に把握しておき、トラブルを避けて円滑な引越しを実現しましょう。

直前の引越しキャンセルで違約金

引越しを直前にキャンセルしたり延期したりする場合には、違約金が発生するため気をつけましょう。違約金は、標準引越運送約款で次のように定められています。

  • 前々日までのキャンセル・変更:引越し料金の20%以内
  • 前日までのキャンセル・変更:引越し料金の30%以内
  • 当日のキャンセル・変更:引越し料金の50%以内

違約金はいずれも上限のみが決められているだけで、今回紹介したアップル引越センターのように、キャンセル料や変更料がかからない場合もあります。

引越し業者のトラブル補償は限定的

引越しの作業をする中で、家財や家に傷がついてしまうようなトラブルが発生する可能性もあります。引越し業者の不手際で、そうしたことが起きた場合には補償されますが、補償範囲は限定的であるため注意しましょう。

業者の基準に合わない梱包をしていたり、作業中に業者側に過失のないもらい事故が発生したりした場合は、保証が適用されません。

引越し業者が利用している保険は、運送業者貨物賠償責任保険というものです。上限は通常1,000万円で、引越し業者が作業中に偶然起きた事故に対して補償額が発生します。引越し作業中のもらい事故や盗難といったものは補償されないため、要に応じて個人で保険への加入が必要です。

契約内容によって積み残しが発生

契約内容によっては、トラックに荷物を積み切ることができない事態が起こりかねません。積み残しが発生すると、あとは自身で運ばなければならなかったり、追加料金を支払って別のトラックを手配したりしなければならないため注意しましょう。

特に単身者の引越しなど、ネットや電話のみで見積もりを行う場合は、家財の伝え忘れなどで予定よりも荷物が多くなり、当日に積み切れないことが多いです。荷物が少ないと料金は安くなりますが、家財の量や数は偽りなく報告するようにしましょう。

まとめ

引越しをトラブルなく成功させるなら業者選びはかなり重要です。相性の悪い業者と契約して、想定したよりも費用がかかったりトラブルに発展したりするケースも珍しくありません。

とはいえ数多くの引越し業者の中から、自身に適した業者を選ぶことは困難です。引越し料金の相場や注意点を把握して、合わない業者を避けることも大切でしょう。また、本記事で紹介した「引越し侍」や「Smyb(スマイブ)引越し見積もり」などの一括見積もりサービスなどを利用するのもおすすめです。本記事で紹介したランキングを参考に、優良な引越し業者に依頼しましょう。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました