コインパーキング経営方法を比較!おすすめの運営会社や選び方も解説

土地活用

コインパーキング経営は、アパートやテナントの経営などと比べて初期費用があまりかからず、管理の手間が少ないとして人気な土地活用方法の一つとなっています。難易度が低い割に、場合によっては月極駐車場よりも高い収益を見込めるためウェブや情報誌などでもよく紹介されています。

しかしそれらを読んで調べてみても、コインパーキングには経営方法がいくつかあり、運営会社もたくさんあって一体どれを選んだらいいのか分からないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。本記事ではコインパーキングの経営方法や運営会社を比較し、選びやすいように整理して紹介します。コインパーキング経営を始めようと考えている人はぜひ参考にしてください。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

コインパーキング経営の基礎知識

そもそもコインパーキング経営とは、どのようなものなのでしょうか。具体的な比較を紹介する前に、土地活用でコインパーキング経営を始めるメリット・デメリットや、月極駐車場との違いを解説していきます。

コインパーキングの運営方法

コインパーキングの運営方法は、自営方式と一括借上げ方式の2種類があります。自営方式は、準備や管理運営の仕事をほぼ全て自分でこなさなければなりません。ただし、仕事の一部を業者に委託できます。

一括借り上げ方式は、コインパーキング運営会社に準備や管理運営を委託する方法です。運営会社がオーナーから土地を借り上げて一括して事業の委託を受けるため、一括借り上げ方式という呼び方をします。

オーナーは運営会社と駐車場用地賃貸借契約を結んで、オーナーは土地を運営会社に貸し付けするだけです。オープンの準備や日々の管理運営の仕事は運営会社にほぼ全て任せる形になります。ただし、確定申告や契約条件などによりオーナーがする仕事もあります。

コインパーキング経営で土地活用をするメリット

無数にある土地活用の中で、コインパーキング経営を始めるメリットは、次のようなものがあります。

  • 建物が不要のため初期費用が安い
  • 短期間で事業を始められる
  • 土地の狭さや形の悪さに制限されにくい
  • 災害が起きても再開が容易
  • 他の土地活用への転用が容易

賃貸経営のような建物を必要とする土地活用では、1,000万円単位の初期費用が必要になってきます。しかしコインパーキングならば土地を舗装し設備を設置するだけのため、多くても数百万円で済み、1ヶ月程度で事業を開始できるでしょう。

また、土地が狭く形が悪くても、車を停めることさえ可能であれば、コインパーキングとして成立してくれます。災害が起きても設備さえ無事ならばすぐに営業を再開でき、設備を撤去するだけで他の土地活用が可能です。

コインパーキング経営で土地活用をするデメリット

メリットだけを見るとコインパーキング経営を始めたくなりますが、当然デメリットも存在します。後悔を避けるためには次のデメリットも把握しておきましょう。

  • 建物があるときより土地にかかる税金が高い
  • 収益の期待値には限界がある

土地にかかる固定資産税には軽減措置があり、建物がないとあるときより最大で6倍になってしまいます。また土地を子供に相続する際も、コインパーキング経営では税の優遇はありません。

利益については、土地を平面でしか活用できないことがネックとなります。アパートやマンションなどであれば高さを生かして利用者を増やせますが、コインパーキング経営では平面しか使えず高額な利益は望めません。

コインパーキング経営のメリットデメリットについては、こちらの記事でも紹介をしていますので併せてご覧ください。

コインパーキングで土地活用するメリットとは|向いている土地も解説
土地活用に興味はあるものの、具体的にどのような活用方法があるのか分からずに、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。土地活用にはさまざまな方法がありますが、中でもコインパーキング経営は土地を効率的に活用できる方法の一つです。コインパーキング

月極駐車場経営との違い

駐車場の経営形態はコインパーキングだけでなく月極駐車場もあります。両者の違いは次のようになっています。

比較項目 コインパーキング経営 月極駐車場
利益の相場 1台当たり24時間稼働で数千円 1台当たり4,000~3万円
利益の安定性
設備機器 不要
土地の舗装 不要

利用者が常にいる前提であれば、コインパーキング経営の方が利益を期待できます。しかし利用率の低い土地では利益の安定性も欠け、月極駐車場より稼げないとこがあるでしょう。

月極駐車場であれば土地は砂利のままでも問題なく、枠線さえ引いてしまえば設備機器は不要です。初期費用はかからず、運営開始までの期間もコインパーキングより短くなります。

コインパーキング経営でオーナーがするべき仕事

コインパーキングを自営方式で始める場合、オーナーはどのような仕事をしなければならないのでしょうか。準備段階から運営開始後のトラブル対応まで紹介しますので、全体像をつかみながらどこまで自分でできそうかをイメージしてみましょう。

コインパーキングのオープン準備の仕事

コインパーキングがオープンするまでオーナーがするべき準備の仕事を紹介します。

オーナーの仕事 説明
規制・手続き等の確認
  • 市区町村の役所にコインパーキング設置について規制がないかを確認
  • 周辺に障害物がある場合は所有者・管理者に対する移設依頼の手続きを確認
駐車ニーズの調査
  • 周辺に駐車ニーズがある駅、オフィス、商業施設、公共施設等があるかを調査
  • 土地周辺の既存駐車場の有無、ある場合は料金設定や舗装・設備等の状況を調査
工事前の準備
  • 施工業者の選定・契約
  • 運営会社に委託する場合は委託する業務内容の決定、運営会社の選定・契約
  • 駐車場のレイアウト
  • 設計
  • 必要機材・材料の選定・準備
  • 役所や関係先への申請・届出
  • 近隣住民への挨拶まわり
工事
  • 駐車場の整地・舗装・ライン引き
  • 駐車機器・精算機・看板・満室灯等の設置
  • 側壁・外構工事
  • 電気・通信工事
  • 歩道の切り下げ工事
  • 障害物の撤去・移設

時系列に紹介しましたが、大まかに見てもこれだけのことをする必要があります。時間・労力や専門性・安全性を考えると、少なくとも設計・工事はプロの手を借りるのがおすすめです。

コインパーキングオープン後の管理運営の仕事

続いて、コインパーキングがオープンしてからオーナーが日常的にする管理運営の仕事を紹介します。

オーナーの仕事 活動頻度 説明
経営 随時
  • 料金設定
  • 利用ルールの決定
  • 駐車機器・看板等の更新
  • 運営会社・警備会社等との交渉・契約
PR活動 随時
  • チラシの作成・配布
  • 看板・のぼりの製作・設置
  • 電柱広告
  • 駐車場探しアプリへの登録
駐車場内の点検・清掃 毎日
  • 舗装・ラインの劣化チェック
  • 看板の汚損・破損チェック
  • 駐車機器の故障・破損チェック
  • レシート用紙の補充
  • 清掃・草刈り
  • 必要に応じて修理手配
集金 毎日
  • 集金
  • 釣銭の補充
トラブル対応 随時
  • 駐車機器の故障・破損によるトラブル
  • 利用者の操作ミスによるトラブル
  • 近隣住民からのクレーム
会計 毎日

※確定申告を除く

  • 売上金の集計
  • 帳簿付け
  • 確定申告(毎年2~3月の間)

これだけのことをコインパーキングのオーナーは日々こなしていく必要があります。

オーナーを悩ますトラブル対応の仕事

コインパーキングは24時間365日営業のため、中でもオーナー1人でトラブルに対応するという事は大きな負荷がかかります。そこで、具体的にどのようなトラブルが起こりうるのかを見ていきましょう。

駐車機器の故障・破損によるトラブル

精算機にお金が入らない、精算機から釣り銭やレシートが出ない、フラップが上がらないなど駐車機器の故障が発生すると、すぐに駆けつけて対応しなければいけません。

また料金を払いたくないため無理に出庫しようとして、ゲートを破壊してしまう悪質利用者もいます。そのような場合は警察に通報しなければいけません。

利用者のミスによるトラブル

駐車券の紛失、別番号での精算誤り、放置車両や長期駐車などさまざまなトラブルが起こるため、その都度対応を求められます。

なかには対車両・対物事故など緊急性のあるトラブルもあります。私有地での事故は道路交通法の適用がなく、コインパーキング内の事故は交通事故の扱いにならないため警察は対応しないケースが多く、対応する際に法律の知識が求められるときもあります。

近隣住民からのクレーム

近隣住民から騒音、照明の明るさ、排気ガスなどについて苦情を出されることがあります。そのような場合、看板を作って注意喚起をしたり、定期的にパトロールしたりして、利用者に声がけするなどの対応が必要です。

コインパーキングの経営方法を比較

コインパーキング経営は、自営方式と一括借り上げ方式の2種類があると紹介しましたが、具体的に何が違うのでしょうか。次の5つの経営内容で比較をしていきます。

経営内容 自営方式 一括借り上げ方式
準備・管理業務 オーナーが行う 運営会社が行う
初期費用・管理費用 オーナーが負担する 運営会社が負担する
収益 稼働率に比例 稼働率が高くてもそこまで期待できない
収入の安定度 安定していない 安定している
経営の自由度 高い 低い

それぞれについて詳しくみていきましょう。

準備・管理運営業務

準備・管理運営業務は、上記で紹介した規制の確認やニーズ調査から、清掃・トラブル対応といったものです。自営方式はこられをオーナーが自分で行わなければいけませんが、一括借り上げ方式ではオーナーは運営会社に土地を貸すだけで運営会社に任せる形になります。

初期費用・管理費用の負担

費用の負担はコインパーキング経営を始めるために必要な初期費用や、コインパーキングがオープンしてから日々管理・運営するために必要な管理費用をどちらが負担するのかということです。

初期費用の内容 管理費用の内容
(10台分で350万円程度が目安)

  • アスファルト舗装・ライン引き:100万円
  • 精算機:50万円
  • ロック板:100万円
  • 看板:15万円
  • 満室灯:15万円
  • 電源引込み:15万円
  • 施工費:50万円
  • 釣銭(小銭)
  • 駐車機器のメンテナンス・修理代
  • レシート用紙代
  • 電気代・水道代
  • 運営会社・警備会社の対応費など

このような費用を自営方式はオーナーが負担しますが、一括借り上げ方式では運営会社が負担してくれます。ただし、一括借り上げ方式の場合でも契約条件によっては一部オーナー側が費用負担することもあります。

コインパーキング経営の初期費用について、詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

コインパーキング経営の初期費用を徹底解説!収益を上げるコツも紹介
土地はただ所有しているだけでも固定資産税がかかるため、使用していない土地は有効に活用して収入を得ようと考える人も多いと思います。土地活用の方法として、比較的気軽に始められるコインパーキング経営が挙げられますが、コインパーキング経営を始めるに

収益・収入の安定度

自営方式はコインパーキングから得られた収入をオーナーの収益にすることができます。営業成績が良ければそれだけ収入が増えますが、悪ければ赤字になるリスクがあります。稼働率の変動によって収入が変動するので、毎月の収入が安定しているとは言えません。

一方、一括借り上げ方式は得られた収入は直接オーナーの収益にはなりません。駐車場収入は運営会社に入り、運営会社から賃料として支払われる形になります。ただ、賃料の金額は営業成績にかかわらず月固定制なので毎月安定した収入が得られます。

経営の自由度

自営方式は利用料金の金額を自分で設定できるなど経営の自由度が高いです。稼働状況が良ければ、利用料金を高く設定して収益をさらに上げることもオーナーの裁量でできます。一方、一括借り上げ方式は運営会社が決定にかかわるため、オーナーが全てを決めることはできません。

自営方式と一括借り上げ方式のどちらがおすすめ?

自営方式と一括借り上げ方式を比較してきましたが、結局どちらがおすすめなのでしょうか。ここでは比較した内容から、具体的にそれぞれどのような人が向いているのかを紹介していきます。自身はどちらに当てはまるものが多いのかを判断基準の1つとしましょう。

自営方式のコインパーキング経営に向いている人

コインパーキング経営を自営方式で始めるならば、次のような人が向いています。

  • コインパーキングが自宅から近い
  • 管理運営の仕事に時間と労力がかけられる
  • トラブル対応が苦にならない
  • 収入が多少不安定でも高い収益を目指したい
  • 多少失敗してもいいので自分で自由に経営したい

24時間365日いつでも自身で対応しなければならないため、自宅からの近さは重要です。トラブル対応などで労力はかかりますが、収益はそのまま懐に入ってきます。運営を開始したばかりの時は多少失敗するかもしれませんが、知識や経験が身につき高い収益を将来は目指せます。

一括借り上げ方式のコインパーキング経営に向いている人

コインパーキング経営を一括借り上げ方式で始めるならば、次のような人が向いています。

  • コインパーキングが自宅から遠い
  • 管理運営の仕事に時間と労力がかけられない
  • トラブル対応が苦手・不安である
  • 毎月安定した収入を得たい
  • プロに任せて安心して土地活用をしたい

副業で挑戦するコインパーキング経営であまりに労力がかかると、本業にまで支障が出てしまいます。実際のところ管理の手間がネックとなり、運営は一括借り上げ方式を選ぶ人が多いです。自営方式を選んだ場合でも、業務の一部を運営会社に委託する人が多いようです。特に初めてコインパーキング経営をするのであれば、多少収益が減っても一括借り上げ方式をおすすめします。

コインパーキング運営会社を選ぶ6つのポイント

一括借り上げ方式を選択した場合は運営会社を介した経営になることを解説しましたが、ここではコインパーキング運営会社の選び方について次の6つのポイントを紹介していきます。

  • 実績
  • 清掃・メンテナンスの体制
  • トラブル対応
  • 近隣との関係作り
  • 担当者との相性
  • 業界団体への加盟

賃料や委託料の見積金額はもちろん、自分の資産を預けるわけですから信頼できる会社を選ぶことが大切です。

10年以上の実績があり受注数も多い

開業してから10年以上経過しており、受注数が多い運営会社はノウハウを相当蓄積しているので、レアケースのトラブル対応や難しい経営判断を迫られたときでも、経験・実績を活かしてしっかりサポートしてくれるでしょう。

清掃・メンテナンス体制が組まれている

清掃・メンテナンスはコインパーキングの管理運営の基本です。特にリピーターの利用が見込めるコインパーキングであれば、きれいで使いやすい駐車場でなければ、また利用しようという気持ちになりません。清掃やメンテナンスのマニュアルを見せてもらい、定期的な清掃・メンテナンス体制が組まれているか、駐車機器などが故障・破損したり、不法投棄をされてしまったりした場合の対応などを確認しましょう。

迅速にトラブル対応ができる

トラブル対応もコインパーキングの管理運営の要です。前に紹介したようなトラブルやクレームだけではなく、想定外のトラブルも起こる可能性があります。迅速に対応できる体制が組まれているか、警察も対応できないケースの場合にどのような対応を図るのかを確認しましょう。

近隣との良好な関係をつくれる

近隣との良好な関係をつくれないと、コインパーキングの経営中はもちろん、他の土地活用方法に転用した後も悪影響を与えてしまいます。商店街組合の加入や地域の催しへの参加・資金援助を依頼された場合にどのような対応をしているのかを聞いておくと良いでしょう。

スキルが高く相性が良い担当者がいる

スキルが高く、相性の良い人が担当してくれると安心です。そのような良い担当者を見定めるポイントは次の通りです。

  • 気軽に話しやすい
  • 分かりやすく、裏づけを示して説明してくれる
  • 不利なことやリスクについても説明してくれる
  • 管理運営だけでなく、経営方針についてもアドバイスしてくれる

社員を大切に育てる会社は、預かった土地も大切に扱ってくれます。来てくれた担当者に勤続年数や担当者は何年くらいで交代するのかを聞いてみましょう。頻繁に交代させたり、逆にあまりに長期間異動をさせない会社だったりする場合は要注意です。

業界団体に加盟している

コインパーキングの業界団体である一般財団法人日本パーキングビジネス協会の加盟社であるかも運営会社選びのポイントのひとつです。

自分の会社だけでなく業界全体を盛り上げようと横の連携を取っている会社は、業界内の新しい情報がたくさん入ってくるため、オーナーに対しても良い提案をしてくれる可能性が高いでしょう。

おすすめコインパーキング運営会社5社を比較

続いて数あるコインパーキング運営会社の中からおすすめの5社を紹介します。比較していただき、気になる会社があったらぜひ公式サイトもアクセスしてみてください。

社名(サービス名) 営業圏 特徴
タイムズ24 全国 日本で初めてコインパーキングを設立した老舗
アパルトマンイクシーズ 関東・関西が中心 スタッフが親しみやすく、話がわかりやすい
ユアーズ・コーポレーション 首都圏・東北が中心 独自に開発した予約システムで稼働率アップに貢献
NTTル・パルク 全国 最新のICTシステムを導入し、使いやすい設計
アップルパーク 首都圏、関西、沖縄 幅広いサービスを8つのプランに体系化

タイムズ24

黄色地に黒文字の看板でおなじみのタイムズパーキングはタイムズ24が運営しています。タイムズ24は、1991年に日本で初めてコインパーキングを設立した老舗で、全都道府県の約2万件の駐車場を管理運営しており、実績は業界トップクラスです。

間口約5m、奥行き約6mの土地からコインパーキングにすることができます。契約期間は2年で、その後1年ごとに自動更新されます。契約期間経過後は3ヶ月前の予告で解約できます。

管理メンテナンスとコールセンターによる一貫した管理体制を組んでおり、突発的なトラブル対応はグループ会社のタイムズサービスが24時間対応しています。知名度が高く、管理体制もしっかりしていて、老舗ならではの安定感が強みです。

・本社所在地:東京都品川区
・設立年:1971年
・資本金:2,400百万円
・従業員数:単独755人、連結5,211人
・営業拠点:東京都、北海道、宮城、岩手、埼玉、栃木、千葉、神奈川、静岡、愛知、石川、富山、京都府、大阪府、奈良、兵庫、広島、岡山、愛媛、福岡、長崎、熊本、大分、鹿児島、沖縄
・URL:http://www.times24.co.jp/

公式HPはこちら

アパルトマンイクシーズ

アパルトマンイクシーズは、タイムパーキングのブランド名でコインパーキング事業を展開しています。不動産売買・管理会社のアパルトマンのグループ会社のひとつです。

関東・関西を中心に事業を展開しています。幅2.5m×奥行き5mの車室が2台以上から、幅・奥行き共に50cm以上の精算機が置けるスペースがあればコインパーキングが作れます。契約期間は通常2~3年(延長可)ですが、暫定的な土地活用のため最短1年の短期契約も可能です。

日本一フレンドリーなコインパーキングがキャッチフレーズで、契約しているオーナーから「スタッフの人柄を見て決めた」「話は分かりやすい上に強引さが無い」などの高評価を得ています。

・本社所在地:大阪府吹田市
・設立年:2010年
・資本金:900万円
・従業員数:59人
・営業拠点:大阪府、東京都
・URL:http://www.coin-p.com/

公式HPはこちら

ユアーズ・コーポレーション

ユアーズ・コーポレーションは、1974年の創業から首都圏を中心に月極駐車場事業を展開してきた業界の中でも草分け的な存在です。コインパーキング事業はユアーズ・パーキングシステムのブランド名で首都圏と東北を中心に展開しています。

駐車場事業で長年蓄積したノウハウを活かして、月極駐車場とコインパーキングの中間的なニーズに応えるため、駐車場予約システム・リザーブパーキングを開発するなど独自のサービスで稼働率アップに貢献してくれます。

契約期間は通常2年でその後2年ごとの更新ですが、柔軟な対応も可能です。

・本社所在地:東京都世田谷区
・設立年:1974年
・資本金:41,984万円
・従業員数:92人
・営業拠点:東京都、宮城
・URL:http://www.coin-parking.com/

公式HPはこちら

NTTル・パルク

NTTル・パルクはNTTのグループ会社で、駐車場や住宅仲介を中心に土地活用のコンサルティング事業を展開しています。コインパーキング事業は安心・安全・快適をコンセプトにサービスを提供しています。

  • 安心:フラップ板がない、広い車室
  • 安全:安全第一の駐車場設計、運営
  • 快適:ICTによる利便性の向上(全コインパーキングにフレッツ光配備)

特にNTTグループならではの最新のICTシステムを導入し、ロックレスで車が停めやすく、キャッシュレス決済や監視カメラの設置も可能です。そのため利用者が使いやすく、オーナーも管理がしやすいコインパーキングであると評判です。

・本社所在地:東京都台東区
・設立年:1985年
・資本金:2,000万円
・従業員数:47人
・営業拠点:東京都
・URL:https://www.le-perc.co.jp/

公式HPはこちら

アップルパーク

アップルパークは首都圏を中心に展開している駐車場・駐輪場運営会社です。アップルパークの特徴は幅広いサービスを8つのプランにわかりやすく体系化していることです。オープニングから管理運営を基本的に全て任せたいオーナーから、自分自身で運営したいけれど足りないところをサポートしてほしいオーナーまで選びやすいように工夫されています。

一括借り上げプランの契約期間は最短3ヶ月から可能で、解約したい場合は1ヶ月前に通知すれば1週間程度で機器等を撤去し、土地を返還してくれます。

「親身に話しを聞いてくれて満足のいく結果となった」「一番親切で丁寧な説明をしてくれた」など、担当者の対応についてもオーナーからの評価が高い会社です。

・本社所在地:東京都北区
・設立年:1991年
・資本金:8,960万円
・従業員数:67人
・営業拠点:東京都、神奈川、大阪府、沖縄
・URL:https://www.applepark.jp/

公式HPはこちら

コインパーキング経営の5つの注意点

最後に、コインパーキング経営について次の注意点を紹介していきます。

  • 駐車場のニーズ調査
  • 需要の将来性
  • 周辺の相場チェック
  • 収益の想定
  • 運営の任せきり

運営会社に準備や管理運営を任せる場合でも経営者としての視点を欠かさず、自分の大切な資産を守り育てる気持ちを持つことが大切です。

駐車ニーズについて調査する

所有地の半径1km圏内がどのような地域であるか、またどのような駐車場があるかを調べましょう。駐車場にはコインパーキングの他に月極(つきぎめ)駐車場があります。その違いは次の通りです。

比較項目 コインパーキング 月極駐車場
利用期間 時間単位 1ヶ月単位
利用目的・対象 不特定多数
  • 自宅に駐車スペースがない人
  • 通勤車両の駐車場
  • 来客用の専用駐車場
立地条件
  • 近くに商業施設、医療機関、学校、駅がある
  • オフィス街
  • 観光地
  • 住宅地
  • オフィス街

このうち、オフィス街は所有している土地がコインパーキングに向いているのか、それとも月極駐車場に向いているのか判断がつきにくいです。マイカー通勤よりも電車通勤が多い地域であれば、コインパーキングのほうが向いています。判断を素人がするのは難しいため、プロである運営会社に相談してみましょう。

コインパーキング需要の将来性を見極める

長期でコインパーキング経営を続けたいのならば、現状のニーズだけでなく将来性の見極めもポイントです。自動車検査登録情報協会のデータによると、車の保有台数の増加幅は前年比で1%未満となったおります。人口減少もあり、数十年後は地方では都市部でも経営が厳しくなる可能性があります。

また、2021年現在ではコロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛が続き、終息の見通しは立っていません。商業施設に近い立地でも、利用者を十分に確保できるとは言い難いでしょう。オフィス街であっても、リモートワークの普及で需要に影響がでてきます。赤字になり将来回復する見込みが持てないならば、早期の撤退を決断しないといけません。

周辺相場は定期的にチェックする

自分の利用料金が適切であるか、運営会社が提示する利用料金が妥当か、運営会社に管理運営を任せている場合でも自分でも確認するよう心がけましょう。

コインパーキングは競争の激しい地域に開設されることが多いため、小さな金額の差が稼働率に影響を及ぼします。周辺の利用料金もしばしば調整される可能性は高いため、定期的なチェックは欠かせません。

収益は低めに想定する

例えば10台分のスペースでコインパーキング経営を始めても、24時間ずっと全てのスペースに利用者がいることは考えにくいです。収益の見込みは満車の8割以下で試算しておくのがおすすめです。

実利回りは4%程度といわれており、10台分の初期費用が350万円で、年の純利益は14万円となります。いくら転用が簡単とはいっても、撤去費用がかかる一括借り上げの契約であったり、土地の購入から始めたコインパーキング経営であったりするならば、現実的な数字でシミュレーションをしてから経営を始めた方がよいでしょう。

運営会社に任せきりにしない

一括借り上げ方式を選んだ場合は、プロに任せられるので安心というメリットがある反面、任せきり・丸投げにすると思わぬ結果を招きかねません

現場を定期的に訪れて清掃がきちんと行われているか、舗装・白線・設備が劣化・破損していないか、周辺の駐車場事情の変化などをチェックし、意見や希望を伝えましょう。

駐車場経営を成功させる方法や注意点については、こちらの記事でも紹介をしています。

初心者向け|これさえ押さえれば儲かる!?駐車場経営の成功のいろは
駐車場経営は、不動産投資のなかでも比較的簡単で初心者向きといわれています。この記事では、駐車場経営のハウツーを経営初心者向けにわかりやすくご紹介しています。さらに、体験談の紹介や駐車場経営成功のポイントなども余すことなく解説します。
コインパーキング経営を成功させる4つのコツ!おすすめの運営会社も紹介
「コインパーキングの経営に興味があるけれど知識がなく不安」「コインパーキング経営は儲からないって本当?」など、お悩みではありませんか?コインパーキング経営はメリットの大きい土地活用といわれています。たとえば、マンションやアパートといった賃貸

まとめ

本記事ではコインパーキングの経営方法や運営会社を比較して解説してきました。コインパーキングの経営方法は、オーナーが自ら準備や管理運営を行う自営方式と、管理会社に任せる一括借り上げ方式がありますが、初めてコインパーキング経営をするのであれば一括借り上げ方式がおすすめです。自営方式を選ぶ場合でも緊急対応などは運営会社に委託して、少しでも心身が休まる時間を確保するように心がけましょう。

本記事を参考にしてオーナーの仕事全体のイメージをつかんでいただき、ぜひご自分のニーズにあった運営方法や運営会社を選んでください。

土地活用の方法に迷っているなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方
タイトルとURLをコピーしました