初心者向け|これさえ押さえれば儲かる!?駐車場経営の成功のいろは

土地活用

駐車場経営に興味があるものの、「どのような手順で行えばいいのかわからない」「本当に利益が出るのか不安」とお悩みではないですか?

土地の運用や不動産投資に興味があるなら、駐車場経営はぜひ一度検討してほしい活用方法です。駐車場経営は、他の不動産投資と比べ始めやすく初心者におすすめの投資方法といわれています。

この記事では、駐車場経営のハウツーを経営初心者向けにわかりやすくご紹介しています。さらに、体験談の紹介や駐車場経営成功のポイントなども解説しますので、本記事を読めば駐車場経営に関する知識を余すことなく身に付けることができるでしょう。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

まずはここから!駐車場経営の基礎知識

はじめに、駐車場経営について基本的な知識を身に付けましょう。ここでご紹介するのは、駐車場経営の業態経営方式についてです。

駐車場経営の2つの業態

駐車場経営には月極駐車場コインパーキングの2つの業態があります。長期的な利用は月極駐車場、一時的な利用がコインパーキングと覚えておきましょう。

それぞれの特徴を表にまとめましたのでご覧ください。

業態 特徴 メリット デメリット 向いている土地のタイプ
月極駐車場 特定の利用者と月単位で契約し駐車スペースの賃料を得る
  • 安定した収入が得られる
  • 初期費用が安い
  • 収益が少ない
  • 契約者がいないと収入がゼロになる
  • 比較的広い土地
  • 住宅地の近く
  • オフィス街や工場の近く
コインパーキング 時間制で発生する使用料金で収入を得る
  • 高収益が期待できる
  • 利用者が幅広い
  • 初期費用が高い
  • 断続的な市場調査が必要
  • 商業施設の近く
  • 駐車場がない商業施設の近く

それでは、各業態について詳しく見てみましょう。

月極駐車場

月極駐車場は、契約者と月単位で契約し収入を得る運営方法です。メリットとしては、月額を決めて契約するので安定した収入が見込まれる点が挙げられます。

また、月極駐車場はロック板や精算機といった機材を要さず、大掛かりな舗装がなくても営業が可能です。土地を持っていればその土地を活かして高い初期費用をかけずに経営を始めることができます。

しかし、月極駐車場として営業を始めても、契約者が見つからなければ収入を得られません。駐車スペースが空いていると不正利用のトラブルも起りやすいです。さらに、広告活動の手間や費用もかかる点はデメリットと言えるでしょう。

コインパーキング

コインパーキングは車を持つ不特定多数の人を対象としています。料金設定の工夫や立地条件によっては大きな収益を期待できる点がコインパーキング最大のメリットです。その収益性は月極駐車場よりも高いといわれています。

月極駐車場は自動車の所有が少なくなれば収益化が難しくなりますが、多くの人に短期間で利用してもらうコインパーキングであれば収入を見込むことができます。このように、利用者の幅広さも魅力のひとつでしょう。

対するデメリットは、月極駐車場に比べて初期費用がかかりやすい点です。精算機やロック板、防犯カメラなどさまざまな機材の設置が必要で、舗装を施す必要もあります。また、料金設定や経営戦略思案のため、断続的な市場調査で周辺エリアの料金相場や需要状況を把握しなければならない点にも注意しておきましょう。

3つの経営方式

駐車場経営の運営方式は、個人経営・管理委託・一括借上の3つに分類できます。それぞれの違いは次の通りです。

経営方式 特徴 メリット デメリット
個人経営 すべての業務をオーナーが担当する
  • 収益がすべて自分のもの
  • 経営の自由度が高い
  • 管理に手間や時間がかかる
  • 損益やトラブルも自己責任
管理委託 管理業務を管理会社に委託して経営する
  • 経営に集中できる
  • トラブル対応も任せられる
  • 管理手数料がかかる
  • 管理会社によって経営に制限がかかる
一括借上 土地を駐車場業者に貸し出し借地料を得る
  • 一切知識がなくても経営できる
  • 安定した収入が得られる
  • 収入は低い
  • 賃貸契約中は解約が難しい

以下で各経営方式を詳しく解説します。

個人経営

個人経営はすべての業務をオーナーが担う経営方式です。他の経営方式と比べ、収益性はかなり高いといえるでしょう。

業者に頼らず自分で土地の確保から舗装、機材の設置といった設備を整え、営業開始後の管理業務や経営判断も自ら行います。経営の自由度が高く、地域のニーズやイベントごとに合わせて料金設定を変えるなど、柔軟に経営できることはメリットです。

ただし、ひとりで経営から管理まで行うにはかなりの時間と労力が要ります。収入についてもそうですが、たとえ損益が出た場合でもすべて自分の責任になります。また、トラブルが発生した場合も自分で対応しなければならないため、それ相応の準備と心構えが必要です。

管理委託

定期的な清掃や料金の回収、トラブル対応といった管理業務だけを業者に委託することも可能です。このような経営方式を管理委託方式といいます。

管理委託方式のメリットは、なんといっても管理の手間や時間が省ける点です。管理会社に任せることで、オーナーは経営に集中して取り組むことができます。また、トラブル対応についても、24時間体制でサポートしてくれるような管理会社であれば安心です。

しかし、管理を委託するには手数料がかかります。得られた収入がすべて自分のものになるわけではないため、収益性は個人経営にはかないません。

また、経営の自由度も下がってしまいます。新たな取り組みに管理会社の許可が必要だったり、撤退したいと思っても管理会社の契約期限を待たなければならなかったりと、経営に制限がかけられる場合があります。

一括借上

経営方式のなかでもっとも簡単に駐車場を経営できるのが一括借上方式です。一括借上方式では、駐車場を経営する業者に所有する土地を丸ごと貸し出し、その借地料を収入とすることができます。

実際の経営や管理業務は業者が行うため、駐車場経営についての知識が一切なくても経営が可能です。もちろん手間や労力は全く必要ありません。そして、一括借上方式の収入は土地の借地料であるため、経営状況によって増減しない一定の収入を毎月得ることができます。

ただし、どの経営方式よりも得られる収入は少ないため注意しましょう。また、賃貸契約を結んでしまうと、契約期間中は土地を転用したり返還してもらったりすることができないこともデメリットです。

土地活用としての駐車場経営について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

ローリスクな土地活用方法の定番!駐車場経営の基礎知識を徹底解説
他の土地活用と比べると、駐車場経営はローリスクです。駐車場経営を始める前には知っておきたい向いている土地の見極め方やメリット・デメリットがあります。失敗しないためには土地のニーズや地域の相場に合わせた料金設定があることを説明していきます。

【体験談紹介】駐車場経営って実際どう?

「駐車場経営は始めやすい?」「本当に儲かる?」など、駐車場経営に疑問を感じている方にイメージしやすいよう、実際の経営体験談をご紹介します。成功体験談はもちろん、失敗して撤退した方の体験談や、トラブル事例も挙げていますのでぜひ参考にしてください。

駐車場経営はここが魅力!成功体験談

まず、駐車場経営の始めてよかった点を語った体験談2つをご紹介します。

月極

安定して一定の収入を得られるのは、心理的に大きなメリットですね。なにより、駐車場会社が全て管理してくださるので、事故やトラブル時の心配が少ない点も、より一層気持ちを楽にしてくれます。(中略)

管理をお願いしているので、自分で対処しなくてよく、大変助かっています。事業地と私が住んでいる場所が離れているので、トラブル等が発生する度に毎回行き来するのは大変です。趣味や生活で、自分のために使える時間が増えるのも嬉しいですね。自宅で野菜を育てる時間も十分持てるようになりました

引用:駐車場経営マガジン『運営を任せられるから、自分の時間が増やせる』 小規模コインパーキングオーナーが語る駐車場経営のポイント」※一部記載を変更

コインパーキング

とても不動産の管理はできないと思ったので、コインパーキング会社に土地の見積もりを依頼し、貸し出すことにしました。こうすると、見積もられた一定額の賃料収入が確実に入ります。(中略)

派手な不動産投資と比べると、リスクが少ない分、得られるリターンも少なくて地味なのかもしれませんが、初期投資がほとんどいらずに安定した賃料も見込めるので、私にとっては十分な活用方法だと思っています。

不動産投資家と呼ばれるような成功とは無縁ですが、仕事もしているので、今の生活に固定賃料がプラスされるだけでも良かったと思っています。

引用:駐車場.jp【ケース紹介】土地を相続した私が、駐車場経営を選んだ4つの理由」※一部記載を変更

以上の2つの体験談からわかった駐車場経営の魅力は次の通りです。

業者に管理を依頼でき、管理の手間や経営失敗のリスクが少ない!
安定した収入が得られるため、精神的にも楽!

駐車場経営のここが大変…失敗体験談

一方、さまざまな理由で駐車場経営を撤退を余儀なくされた、トラブルに巻き込まれたといった例もあります。そんな駐車場経営に関する失敗体験談を2つ見てみましょう。

コインパーキング

オープンして半年が過ぎたころ、300メートルほど離れた12、13台規模の大手コインパーキングが突如値下げを敢行。(中略)

結局、鈴木(仮名)さんは大手運営会社の「兵糧攻め」に耐え切れず、オープン3年を前に撤退した。利回りとしては悪くないが、当初の見込みが外れて売り上げが右肩下がりになったことに加え、常に競争にさらされるという心理的圧迫に耐えきれなかったからだ。(中略)

「一括借り上げにして、何もせずお金が入るようにしておけばよかったと後悔しています。(中略)もう少し小規模なパーキングであれば、大手もお目こぼししてくれたかもしれません」

引用:楽待不動産投資新聞安易なコインパーキング投資が『失敗』する理由」(2021年6月時点)※一部記載を変更

月極

仲介業者に頼まず1人でやったほうが利益が上がると思い、両親から受け継いだ余っている土地で月極駐車場をはじめました。最初こそ順調にいっていたのですが、数カ月後から料金未納が多発するようになりました。料金も払わないのに車は駐車しつづけ、大変面倒なことになりました。

お金を回収しようにも「いまはお金がない」の一点張りで、車は遠慮なく停めるのです。本当に頭を悩ませました。

結局、問題解消までに1年ほど時間を使い、全額回収できませんでしたがなんとか出ていってもらうことができました。

ただ、その後も似たようなことが何度か起こったので、いまは仲介業者に入ってもらっています。

引用:空き地のヒカリちゃん駐車場経営なんてしなきゃよかった・・・。経営失敗の4人の体験談

以上2つの失敗体験談からわかる駐車場経営の懸念点は次の通りです。

値下げのタイミングなど、経営初心者には経営の判断が難しい…
管理をしていても、トラブルが発生する恐れがある…

駐車場経営の失敗について、詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

駐車場経営で失敗しやすい9つのケースとは?解決策を詳しく紹介
駐車場経営を失敗する事態を避けるには、失敗しやすい事例について事前に把握することが重要です。この記事では、駐車場経営の9つの失敗事例とその要因、解決策を一覧化してわかりやすく紹介します。各ケースや解決策についてはさらに深掘りしています。

駐車場経営のメリット/デメリット

それでは、前章の体験談を踏まえ、駐車場経営を行うメリットとデメリットについて確認しましょう。

駐車場経営のメリット・デメリットの一覧は次の通りです。

メリット デメリット
  • 初期費用が少ない
  • 短期間の収益化
  • 管理が楽
  • 減税措置がない
  • 平面しか活用できない
  • トラブル対応に追われる

以下で詳しく解説します。

駐車場経営のメリット

駐車場経営は、土地を持っていれば舗装のみで経営を始めることができるため、他の投資方法よりも初期投資額を抑えられる可能性が高いのが大きな魅力です。具体的には、自己経営の場合200万~500万円程度が相場です。さらに、経営方式によっては初期費用を一切かけずに始めることもできます。

また、構えるエリアによって差がありますが、駐車場は一定数のニーズを持ち、比較的早く収益化できる活用方法です。早ければ1週間程度で収益につながるともいわれています。

そして、他の土地活用法と比べて管理が楽な点もメリットです。駐車場経営の主な業務は、駐車場の定期的清掃設備点検トラブル対応収支確認(確定申告)です。実際に駐車場に赴く頻度は、週に1度程度で済ませることができます。

駐車場経営のメリットについて、詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

土地活用で駐車場経営をするメリットとは|始める手順も解説
駐車場経営は他の方法と比べて初期費用があまりかからず、低リスクで転用もしやすいことから、土地活用の初心者や暫定的に土地活用したい方に向いています。本記事では駐車場経営のメリット・デメリット、駐車場経営を始める手順等について解説します。

駐車場経営のデメリット

駐車場は事業用の更地という扱いのため減税の優遇措置がなく、他の土地活用よりも税金を多く納めなくてはなりません。すでに住居が建っている土地を駐車場に作り替えた場合、固定資産税が6倍に増加する可能性もあります。節税効果を期待している方には向かない活用法です。

また、一般的な駐車場は平面しか活用できず活用効率が悪いという特徴があります。立体的な活用ができるアパートやマンション経営と比べると収益力も見劣りしてしまいます。

さらに、トラブル対応に追われる可能性があることもデメリットのひとつです。特に機器を採用していない駐車場は違法駐車が起こりやすく、トラブルが発生しやすいといわれています。トラブルに対処できるよう、常に電話に出られるようにしておいたり、現場に駆けつけられるようにしておいたりといった工夫が必要です。

駐車場経営のデメリットについて、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営で起きる14のトラブルを総ざらい!有効対処法も徹底解説
駐車場経営を自身で行う個人経営の場合、駐車場で起こったトラブルの解決も自分で行わなければなりません。本記事では、駐車場経営でよくあるトラブルと対処法をまとめました。要因や対処法を押さえられます。駐車場経営のマニュアルとしてもご活用ください。
駐車場経営で税金対策が難しい理由とは?それでもできる節税方法も
駐車場を経営すると様々な税金が課されます。特に固定資産税はその中でも多くの割合を占める出費であるため、税金についてしっかりと理解したうえで経営することが大切です。この記事では、駐車場経営にかかる税金やその節税方法について紹介しています。

駐車場経営の始め方

では、駐車場経営を始めるにはどのような手順を踏まなければならないでしょうか?土地を持っている場合と持っていない場合に分け、その手順を解説します。

自分の土地で駐車場経営を始める方法

土地をすでに持っている場合の手順は上記の通りです。

まずは土地やその周辺のリサーチを行いましょう。駐車場のニーズがあるか、月極とコインパーキングのどちらの業態が向いているか用途地域の制限がかけられていないかなど、総合的に調査することが大切です。

続いて、個人経営・管理委託・一括借上のなかから経営方式を選びます。利益を追求するだけでなく、定期的な管理ができるかなど自身の状況も含めて判断しましょう。

経営方式を決めたら、契約する業者を選択しましょう。管理会社や借上を依頼する業者などを決める際は、複数社のサービスを比較することをおすすめします。

経営体制が整ったら、実際に舗装工事や機材導入を済ませ、駐車場経営をスタートさせます。看板を設置したり、Web広告を出したりして宣伝活動も行いましょう。

駐車場経営の始め方について取り上げたこちらの記事もおすすめです。

駐車場経営の始め方完全版!基礎知識から成功する秘訣まで解説
駐車場経営は、ある程度の費用があれば誰でも挑戦することができる土地活用方法です。この記事では、駐車場経営に関する基礎知識や始め方、かかる費用や税金、駐車場経営を成功させる秘訣、駐車場経営のメリット・デメリットについて解説しています。

土地なしで駐車場経営を始める方法

土地を所有していない状態から駐車場経営を始める場合、以上のような流れで土地を購入したり借りたりして経営を始めます。step4以降は前述の土地を所有している場合と同様ですので説明を省略します。

まず、駐車場を経営する土地を探しましょう。ある程度土地勘のある地域のほうが見つけやすいのでおすすめです。駐車場として使われていた土地を見つけるのは難しいので、「更地」や「古家付き土地」を探すとよいでしょう。

よい土地が見つかったら、土地の所有者を調べます。不動産会社やポータルサイトで売りや賃貸に出されている土地はそのまま問い合わせましょう。所有者がわからない場合は、法務局で取得できる登記事項証明書で確認できます。以前は市町村の土地台帳で調べることができましたが、個人情報保護の観点から多くの自治体で閲覧が廃止されています。

所有者がわかったら、賃貸交渉や購入交渉を行いましょう。直接個人で交渉すると身構えられてしまう可能性もあるので、不動産会社を介したり、事前に価格相場を調べておいたりするとスムーズです。

土地なしの駐車場経営について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

土地なしでも駐車場経営は可能?所有してない場合の経営の手順やコツを解説
安定した収益を得ることができる投資方法として、駐車場経営が注目を集め、投資初心者にも挑戦しやすいことでも知られています。たとえ土地なしでも駐車場経営は可能です。この記事では、土地を所有していない場合の駐車場経営の手順やコツを解説します。

土地の相場の調べ方について詳しく知りたい方はこちらもおすすめです。

土地価格の相場を調べて賢く取引しよう!土地価格の調べ方を徹底解説
土地の取引をするならその土地の価格相場を知っておくべきです。それは不利益な価格での取引を避けることにつながります。土地の価格の調べ方は非常にさまざまで、多数の指標から調べることができます。本記事では土地価格の相場の調べ方を多数ご紹介します。

買うか借りるかの選択は慎重に

土地を所有していない人が駐車場経営を始めようとすると、土地を購入するか借りるかの選択を迫られます。駐車場経営の良さは初期費用の低さであり、その収益は決して大きくありません。場合によっては、無理に土地を購入しても収益で費用を回収できないことも多いです。買うか借りるかの選択は慎重に行いましょう。

もちろん土地を購入して高い収益を上げている経営者もいます。しかし、かなり立地条件がよく、繁盛することが前提です。コインパーキングのほうが高収益が期待できるので、比較的購入にも向いています。

一方借地であれば、初期費用は最小限に抑えられ、仮に利益が見込まれない事態に陥っても撤退がしやすいというメリットがあります。しかし、借地には期限がある場合や、購入よりも賃料が割高になることもあるので注意しましょう。

駐車場経営目的の土地購入についてより詳しく解説したこちらの記事も参考にしてください。

駐車場経営のための土地購入は合理的?メリットとデメリットを比較
駐車場経営は経営負担が少なく、不労収入となるため人気な土地活用法ですが、土地購入してまで行うメリットがあるのかは疑問かもしれません。そこで本記事では、駐車場経営と土地購入についてや、経営する上でのメリデメ、成功させるコツなどを紹介します。

駐車場経営を成功させる6つのポイント

駐車場経営についてのイメージはつかめてきましたでしょうか。続いては、駐車場経営を成功させるために押さえたい大事なポイントを紹介します。初めての駐車場経営では、最低限チェックしておきたい6つのポイントをご紹介します。

  • 駐車場業態は土地の特徴で選ぶ
  • 経営方式は状況や目的に合わせる
  • 実質利回りを重視する
  • 料金設定は慎重に行う
  • 車の停めやすい配置を意識する
  • 土地活用のプロに相談する

土地やエリアの特徴の捉えちがえや資産計画を見誤りは、思ったような利益が得られない、利用者が現れず収益が見込まれないといった失敗につながります。コツを押さえて経営の成功を目指しましょう。

駐車場業態は土地の特徴で選ぶ

月極駐車場かコインパーキングか、どちらの運営形態にするかはその後の収益に大きく関わります。業態の選択は土地の形状や立地条件をもとに考えるとよいでしょう。

例えば住宅地の中心地であれば、自動車を所有していて、自宅に駐車場がない場合の利用が見込まれるため月極の契約のほうが安定した収入を期待できます。反対に商業地の近くであれば、商業施設に赴く際の利用が見込まれるため、コインパーキングのニーズが高いでしょう。

形状に関していえば、住宅地の月極利用を見込みたいならある程度広い土地が必要になります。商業地といった駐車場が必要とされるエリアであれば、少々狭い土地であっても利用を見込むことができるでしょう。

このように、土地の形状や立地条件を考え、より適した運営方法を選択することが顧客獲得につながります。

経営方式は状況や目的に合わせる

経営方式をどうするかは、自身の状況や活用目的に合わせて選択することをおすすめします。前述したように個人経営、管理委託、一括借上にはそれぞれメリットデメリットがあり、人によって必要性が異なるためです。

例えば、より多くの収益を得たいと考えているなら、個人経営がおすすめです。駐車場経営は管理が容易である代わりに収益性が低く、多くの利益は期待できないため、個人経営で維持コストを少しでも抑えることが求められるでしょう。

また、「管理を極力したくない」「遠方にあって管理は難しい」という方は管理委託や一括借上がおすすめです。専門家のサポートを受けながら経営にチャレンジしたいか、少額でも安定した収入が得たいかで選択しましょう。

駐車場経営の儲ける方法について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営はホントに儲かる?初期費用節約で儲けるコツを徹底解説!
駐車場経営は初期投資額が比較的かからないなどの理由から、気軽に始めやすいことが魅力ですが、実際に儲かるのか不安に感じている方も多いはずです。本記事では駐車場経営の儲けの疑問にお答えし、初期投資の節約法や儲けるコツについても紹介します。

実質利回りを重視する

駐車場経営を行うなら、実質利回りを重視した経営計画を立てましょう

そもそも利回りとは、投資額に対する収益の割合のことです。不動産投資では、収入を投資額で割った表面利回りと、経費を含めて計算する実質利回りの2種類がよく利用されます。実質利回りのほうがより実際の経営に近い数字を得ることができるため、経営計画を立てるなら実質利回りを重視するのが基本です。

実質利回りを求める計算式は以下の通りです。

実質利回り={年間売上金額-(管理費+税金)}÷初期費用×100

実質利回りを考える際は、「満車になったらこんなに儲けることができる」と考えるのではなく、8割程度の利用率の場合で考えておくと安心です。

駐車場経営の利回りについて、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営を始める前に「利回り」を知る!月極・コインそれぞれを解説
駐車場経営なら利回りの計算が不可欠です。利回りを知ることは、経営成功のアドバンテージでしょう。本記事では、駐車場経営の利回りを基礎知識や相場、計算方法も解説します。駐車場経営の基本的なところから、利回りを高くするコツまで説明しています。

料金設定は慎重に行う

駐車場経営の成功に適切な料金設定は欠かせません。コインパーキングの場合は競合の料金相場に収入が左右されやすいため、特に注意が必要です。

価格設定は利回りを把握して行いましょう。利用者の獲得のために値下げを繰り返す経営者も少なくありません。しかし、競合する駐車場と価格競争が起こったり、値下げしすぎてコストの回収ができなくなったりといった事態に陥る可能性もあります。実質利回りを意識し、収支計算を行うことで無理な値下げを防ぐことができます。

値下げだけで顧客の獲得を促すのではなく、管理体制の充実や料金の発生時間の調節を行うなどの工夫も有効です。

車の停めやすい配置を意識する

立地条件だけでなく、車の停めやすさも利用者の獲得に大きく影響します。利用者が駐車しづらい配置や土地だと、立地が条件がよく利便性が高くてもリピーターがつかず、利用者が増えることはないでしょう。

駐車場をつくるなら、利用者が車を停めとやすい配置を意識しましょう。具体的には、歩道縁石の切り下げ工事で出入りしやすくしたり、駐車スペースや精算機を利用者がとめやすいようにしたりなどの工夫が考えられます。

また、稼働率がよい駐車場を調査することも大切です。似た形状の土地であれば、どのように駐車スペースを配置するかイメージする助けになります。また、利用者の目線に立つために自身で駐車を試してみるのもよいでしょう。

土地活用のプロに相談する

駐車場経営を始め、土地活用のことで迷ったら、土地活用のプロに相談するのも手です。

「駐車場経営が本当に向いているかわからない」「どの業者に任せたらよいのか迷ってしまう」など、不安に思っている方も多いのではないでしょうか?不安な状態のまま経営を始めてしまっては、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れもあります。

具体的な相談先としては次の通りです。

  • 駐車場経営について:駐車場経営業者、管理会社
  • 土地の購入や賃貸について:不動産会社
  • 収支について:ファイナンシャルプランナー
  • 税金について:税理士
  • 融資について:金融機関

ひとりで悩まず、専門家の意見を聞きながら行動することが経営成功につながるでしょう。

また、土地活用をスタートさせる前にはHOME4U土地活用のプラン一括請求サービスがおすすめです。複数の土地活用業者に一括でプラン資料の請求ができるため、「手間をかけたくない」「土地の管理に不安がある」といった方はぜひお試しください。

土地活用の方法に迷っているなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

駐車場経営にかかる費用や税金

最後に、駐車場経営にかかる費用や税金をご紹介します。駐車場経営にはさまざまな費用がかかりますが、大きく分けて以下の3つに分類できます。

  • 整備費用:舗装費、設備費など
  • 管理手数料:管理を業者に委託する場合の手数料
  • 税金:固定資産税・都市計画税、所得税・住民税など

それぞれの費用について以下で詳しく解説します。自分がどのように駐車場を経営するかイメージしながらご覧ください。

整備費用

整備費用は主に初期費用としてかかる費用ですが、何年も経営を続けている間に修繕費として繰り返しかかる可能性もあります。

かかる可能性のある整備費用の相場を以下にまとめました。

種類 費用相場
砂利敷 1㎡あたり3,000円
アスファルト舗装 1㎡あたり5,000円
コンクリート敷 1㎡あたり8,000円
区画用ロープ 1mあたり40円
ライン引き 5台一式60,000円
車止めブロック設置 1個3,500円
歩道縁石の切り下げ工事費 50万円~
コインパーキング設備費 10台300万円

整備費に関しては、土地の広さによって金額が増減するため注意しましょう。設備費がかからないため、月極駐車場のほうが安く経営を開始できます。

なお、一括借上方式の場合は業者が整備を行うため、こうした初期費用はかからないことがほとんどです。

駐車場経営の初期費用について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営の初期費用はいくら必要?失敗しないための基礎知識
使わない土地を放置することは、固定資産税が高くなるなどマイナス面が目立ちます。駐車場経営は、土地を持っていれば、初期費用なしでできる活用法です。この記事では駐車場経営の初期費用や追加費用の相場など、それぞれを詳しく解説していきます。

管理手数料

管理委託方式は管理を業者に任せることができるため、副業で経営を行う場合や遠方に土地がある場合などに大変便利です。

しかし、そのサービスを利用するには収入に基づいた費用を支払う必要があります。管理手数料の相場は収入の5~10%程度が一般的です。手数料のことを考慮せず経営したり、手数料の高い業者を選んでたりしてしまうと、思ったような収益を得られない事態になりかねません。

確かに費用はかかりますが、24時間体制の電話対応や定期的な料金回収など、自分では難しい業務も安心して任せられる点は大きなメリットです。任せたいサービスだけ選択できる管理会社もあるので、複数社の料金や内容を比較して検討しましょう。

固定資産税など各種税金

駐車場経営にかかる可能性のある税金は次の通りです。

  • 土地にかかる固定資産税
  • 設備にかかる固定資産税(償却資産税)
  • 都市計画税
  • 所得税、住民税
  • 個人事業税

固定資産税は所有する資産に対する税金です。駐車場の場合、土地の部分と駐車場設備の部分にそれぞれ課せられます。設備部分などの消費する資産に課せられる税金を償却資産税とよぶこともあります。駐車場には税の優遇制度が適用されないため、どちらも本則税率の1.4%で計算します。

都市計画税は、都市計画事業を行う市街化区域内等に限って課せられる税金です。対象地域かどうかは自治体のホームページなどで確認できます。

所得税と住民税は、駐車場経営で得た収益に応じて課せられます。個人事業税も同様ですが、290万円の基礎控除がある関係で小規模な駐車場は課せられないことがほとんどです。課税対象になるかどうかは、所轄の都道府県に確認しましょう。

駐車場経営で税金について詳しく解説したこちらの記事もおすすめです。

駐車場の固定資産税は更地よりも高い?計算方法と節税方法を徹底解説
駐車場経営は比較的手軽に利益が期待できるとして注目の投資方法ですが、土地の活用を考えると維持コストが気になります。固定資産税は特に大きな費用で、駐車場にも課せられます。本記事では駐車場の固定資産税の計算方法と節税方法をご紹介しています。

まとめ

数ある土地活用のなかでも、駐車場として活用する方法は比較的容易で、初心者に向いているといわれています。初期コストが低く、利用者も得やすいため扱いやすい投資ですが、その一方で収益率が低いというデメリットも併せ持っています。

しかし、土地の形状やそのエリアの特徴、利回りや競合の有無を鑑みて、適した形で経営することで大きな利益も期待できる活用法です。

本記事では、駐車場経営の基礎知識や体験談、始め方、成功のコツまで解説しました。ここで得た知識と正しい分析で駐車場経営を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました