コインパーキングで土地活用するメリットとは|向いている土地も解説

土地活用

土地活用に興味はあるものの、具体的にどのような活用方法があるのか分からずに、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。土地活用にはさまざまな方法がありますが、中でもコインパーキング経営は土地を効率的に活用できる方法の一つです。コインパーキングで土地活用すると、具体的にどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

本記事では、コインパーキングで土地活用するメリットや具体的な方法、コインパーキング経営に向いている土地などを広く紹介していきます。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!
  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心
初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

\ まずは無料で診断してみる /
公式サイトはこちら

コインパーキングで土地活用するメリット

土地活用法の中には汎用性がなく手間がかかるものや、初期費用が大きくて気軽に始められないものなどがあります。また多額の初期投資が必要なものもあるため、土地活用方法は安易に選択するのではなく慎重に選ぶことが大切です。

しかしコインパーキング経営は、他の活用方法と比較して手間がかかりにくいなど、得られるメリットは多いです。この章では、コインパーキングで土地活用する具体的なメリットを7つ紹介します。

初期費用が少ない

コインパーキングは基本的に建物が必要なく、土地を整備して必要な機器を設置すれば始めることができます。10台程度の駐車スペースのあるコインパーキングであれば、機械やロック板、看板などの設置費用やアスファルト舗装代など、合わせて300万円ほどの費用で始めることも可能です。

マンション経営やアパート経営であれば、数千万〜数億円単位の初期費用がかかるのが通常です。もし土地活用が失敗すると多額の借金を抱えることになるため、リスクも大きいといえるでしょう。それに比べるとかなり少ない費用で始めることができるのは、コインパーキング経営の大きなメリットです。

少ない手間で収入が得られる

コインパーキング経営は他の土地活用に比べて手間が少なく、効率的に収益を得られる点も大きなメリットといえます。

アパート経営であれば建物や土地の管理、賃借人とのやりとりや家賃の回収など、煩雑な作業が必要です。一方コインパーキング経営は専門の業者に委託する場合が多く、土地オーナーの手をほとんど煩わすことなく安定した収益を確保できます。

自らが経営に携わるとしても、コインパーキング経営において必要な作業は機器の準備や料金の回収、清掃など比較的負担の少ない作業がほとんどです。費用対効果の面からみても、コインパーキング経営は魅力的な投資方法の一つといえます。

他の土地活用に転用しやすい

コインパーキングの設備は軽微であるため、一度コインパーキングを始めたあとも撤去しやすいという特徴があります。したがって、その後ほかの土地活用法が見つかった場合は、気軽に転用しやすいといえるでしょう。

コインパーキング経営がうまくいかなかった際に撤退しやすく、新たな活用方法に柔軟に対応できる点は、土地活用の初心者にとっては大きな利点です。また土地価格の相場が高騰した際には、売却することもさほど煩雑でないので将来的な面でも安心できます。

短期間で始められる

コインパーキングの特徴として、建物の建築期間などが必要ないため比較的短期間で始められる点があげられます。普段忙しくて時間が取れない人や素早く事業に取り組みたい人には、適した土地活用法といえるでしょう。

具体的な期間は土地の状態にもよりますが、コインパーキングを始めると決めてから、おおむね1ヶ月程度でスタートすることが可能です。さまざまなタイミングが合えば、最短1週間で始められる場合もあります。

狭小地や変形地でも経営できる

マンションやアパート経営を行う際は、一定の土地の広さが必要になるだけでなく土地の形状も重要なポイントになります。せっかく集客力のある場所に土地を所有していたとしても、土地が狭く変形していたりすると、うまく活用することができないケースも多々あるでしょう。

しかし、コインパーキングは土地の大きさや形などはさほど関係なく、たとえ狭い土地や変形地であっても、気軽に始めることが可能です。さらに、土地の大きさや形に合わせて自動車の収容台数を柔軟に変更できる点も、コインパーキング経営の魅力といえます。

他の土地活用と比べると老朽化や災害時のリスクが少ない

土地に建物を建てると、建物の老朽化や自然災害による被害など、さまざまなリスクが常に付きまといます。しかしコインパーキングでは精算機やロック板、看板や照明など、設置する機器類がそれほど多くないことから、老朽化や災害時のリスクはかなり低減されます。

もちろん、これらの機器も経年劣化や老朽化は避けられません。しかし機器類は比較的簡単に交換できるため、他の土地活用に比べると老朽化や災害時のリスクが格段に少ないメリットがあります。

コインパーキングで土地活用するデメリット

比較的リスクが少ないコインパーキング経営といえども、メリットだけでなくデメリットも複数存在します。ここからは、コインパーキングで土地活用するデメリットを3つ紹介していきます。

土地の収益率が低い

コインパーキングなどの駐車場経営における面積あたりの収益率は、アパートなどの土地活用法と比べて低い特徴があります。特に自営ではなく、コインパーキング経営を専門業者に依頼するのであれば、契約内容に応じた管理費や利益を支払う必要があるので注意が必要です。

収益率は周辺の環境や運用方式によっても変わるため、実際にコインパーキング経営を始める前にシミュレーションを行い、実質利回りを算出するとよいでしょう。

減税対象にならない

通常住宅用地であれば、優遇措置である課税標準額の引下げが適用されます。具体的には一般用住宅用地であれば3分の1、小規模住宅用地であれば6分の1まで減額されるため、減税することが可能です。

一方駐車場は更地扱いで非住宅用地になることから、上記のような課税標準額の引下げ措置は適用されません。そのため減税対象にはならず、収益に応じて多額の税金を支払うケースもあります。

将来的には需要が落ち込む可能性がある

コインパーキング経営を行えば、必ずしも安定した収益を得られるとは限りません。近年は高齢化が進んで自家用車の保有率が低下傾向にあり、さらにカーシェアリングやレンタカーの需要も増えています。

また都市開発などの周辺環境の変化の影響により、急激に需要が低下する懸念もあります。そのため恒久的に安定した収益を期待できず、程度の差こそあれコインパーキング経営を行う多くの人が、経営リスクを抱えることになるでしょう。

コインパーキングに向いている土地の特徴

どのような土地であってもコインパーキングに適しているとはいえず、コインパーキングに向いている土地と向いていない土地があります。コインパーキング経営を検討する際は、所有する土地がコインパーキングに向いていて、十分な収益を見込める可能性があるのかを冷静に判断することが大切です。

ここからは、コインパーキングに向いている土地の特徴を具体的に3つお伝えします。

近くに車や人の往来が多い施設がある

コインパーキング経営を成功させるためには、所有する土地が集客力のある場所にあることが重要です。どんなに広く平坦な土地であっても、利便性が悪ければ利用者はあまりいないことが予想されます。

具体的には駅や繁華街、病院や大型商業施設など、頻繁に人の出入りがある施設に近い土地が理想的です。一定の交通量があり人が集まる場所であれば、集客も安定することからコインパーキング経営に向いているといえるでしょう。

接している道路幅が5m以上ある

コインパーキングを予定している土地に接している道路幅は、広いほうが利便性が高くコインパーキング経営に向いています。車の大きさは車種によってさまざまで、大型トラックやバスなど大きな車もあることから、道路幅に配慮することが大切です。

接している道路幅が5m以上あれば、大半の車の出し入れがしやすいため運転手も安心して利用できます。

利用者が見つけやすい場所である

コインパーキング経営を成功させるためには、そもそも利用者が見つけやすい場所にあることが重要です。ネットやカーナビでも検索できない住宅街や入り組んだ場所などは、利用者が見つけにくいためあまりおすすめできません。

主要道路沿いやその周辺などであれば、多くの人の目に入りやすい場所であるためおすすめです。

コインパーキングで土地活用するのがおすすめの人

コインパーキング経営にもメリットとデメリットがありますが、果たして自分がコインパーキング経営に向いているのか分からず、実際に取り組むべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

次は、コインパーキングでの土地活用をおすすめする人の具体的なケースを紹介していきます。

立地は悪くないが狭い土地の活用方法に悩んでいる人

集客が見込まれる商業施設の近くなどに土地を所有しており、決して立地は悪くないものの面積が狭いことから今一歩踏み出せないケースがあります。

しかし車2~3台分程度の狭い土地でも、立地が良ければ一定の需要を見込めます。商業施設の駐車場が満車状態であれば、その近辺で駐車場を探す人は一定数いることが予想されるからです。たとえ狭い土地であっても、環境次第では十分に成功する可能性もあります。

また、次の記事では狭い土地でできるさまざまな活用法を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

狭い土地の活用で悩んでる?試してほしい方法10選と活用ポイント
土地が狭いからといって、活用をあきらめることはありません。面積が小さいからこそできることや、期待できる効果も多くあります。本記事では、狭い土地におすすめの活用方法を10種類紹介します。定番の方法から最近注目の活用方法まで幅広く解説します。

初期費用を抑えて土地活用したい人

マンション経営やアパート経営など、土地活用の方法の中には多額の初期費用が発生するケースがあります。いきなり数千万円単位の融資を受けてマンションを建設することに対し、不安を感じる人も少なくないでしょう。

一方コインパーキング経営の場合は大きな建物を立てる必要がなく、車止めや精算機など比較的少ない初期費用で始めることができます。最初に大きな予算をかけずに土地活用をしたいのであれば、コインパーキング経営がおすすめです。

短期間だけ土地活用したい人

長期間同じ方法で土地活用するのではなく、売却を含めて将来的に他の地活用法も視野に入れている人は、コインパーキング経営がおすすめです。

コインパーキングを始める際は特別大掛かりな装置は必要なく、比較的簡単に辞めることもできます。したがって、周辺環境の変化に応じて柔軟に対応することが可能です。短期間だけ土地活用をするのであれば、コインパーキングを視野に入れてもよいでしょう。

土地活用の方法に迷っているなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

\まずは無料で診断してみる/
公式サイトはこちら

コインパーキング運営方式は3つ

コインパーキング経営には3つの運営方式があります。実際にコインパーキング経営を始める際は、それぞれの運営方式の中身を把握した上で、いずれの運営方式にするのか決めなければなりません。

ここからは、コインパーキングの3つの運営方式の具体的な中身について解説します。

自主管理方式

自主管理方式は、精算機などの必要な機器を専門業者から購入し、コインパーキングの管理や運営を土地所有者が自分で行う方法です。自主管理方式の場合は、コインパーキング経営による売り上げが自らの利益にそのまま直結し、経営努力次第で収入を増やすことができるため、やりがいにつながることが予想されます。

しかしコインパーキングに必要な精算機や看板の用意、土地の整地などは土地所有者が自分自身で行わなければなりません。うまく集客できなければ売り上げが安定しない場合もあり、経営面のリスクを受け入れる必要があるでしょう。

管理委託方式

管理委託方式とは、専門業者から精算機などの機器を購入し、コインパーキングの管理や運営業務を自ら行わずに業者に委託する方法です。コインパーキング経営では、売り上げの管理や集客、周辺環境の整備、トラブル対応などさまざまな作業が伴います。

管理委託方式では、これらの管理・運営業務を専門の業者に委託することで、自らの労力を大幅に削減できます。

一括借り上げ方式

一括借り上げ方式とは、専門業者に自らの土地を貸して賃料を得る方法です。土地の賃貸借契約を交わすため、売り上げに左右されることなく毎月安定した収益を確保できます。

一括借り上げ方式では、精算機などコインパーキング経営に必要な機器類は全て専門業者が購入します。運営や管理業務も専門業者が行うので、時間がない人やできるだけ労力をかけたくない人などはおすすめです。

コインパーキングのおすすめ会社3選

コインパーキングの経営や管理を専門業者に委託するのであれば、安心して任せられる優良な業者を選ぶことが大切です。ここでは、コインパーキングのおすすめパートナー会社として、複数のサイトで紹介されている運営会社を3社紹介します。それぞれの会社の特徴をつかみ、ぜひ今後の運営会社選びの参考にしてください。

ユアーズ・コーポレーション

ユアーズ・コーポレーションは、本社が東京で仙台に支社がある運営会社で、一括借り上げ方式と管理委託方式を採用しています。一括借り上げ方式では、機械の設置からメンテナンス、清掃、料金の回収、緊急時の対応、クレーム対応など、全ての業務をユアーズ・コーポレーションが行います。土地所有者は毎月安定した賃料収入を受け取ることができます。

管理委託方式では、ユアーズ・コーポレーションが土地の適性を綿密に調査し、適切な事業計画を提案します。コインパーキングの設備一式は土地所有者が購入し、全ての売り上げを所有者が取得します。

タイムズ24

北海道から沖縄まで日本全国に事業所を持つタイムズ24では、一括借り上げ方式と管理委託方式のサービスを提供しています。一括借り上げ方式では、駐車場の開設に必要な機器類は全てタイムズ24が負担します。毎月決まった額の賃料が支払われるため、安定した収入が見込めます。

管理委託方式では、タイムズ24が駐車場の緊急対応や機器のメンテナンス、売上金の回収や清掃、巡回業務を行います。

タイムパーキング

タイムパーキングは大阪に本社があり、東京に支社がある駐車場管理会社です。タイムパーキングでは、主に一括借り上げ方式のサービスを提供しており、土地所有者と賃貸借契約を交わし、駐車場の運営や管理に関する全ての業務をタイムパーキングが行います。

賃貸借契約は一時使用形式で、借地権や営業権は一切発生しません。通常は2〜3年の賃貸借契約を交わしますが、1年間の契約も可能で契約をさらに延長することもできます。

まとめ

今回の記事では、土地活用の手段であるコインパーキングのメリットについて深掘りして解説しました。コインパーキング経営には、いくつものメリットがあります。

しかしうまく経営を成功に導くためには、土地の特性を見極めた上で適切な方式を選択することが重要です。ぜひ今回の記事を参考にしていただき、コインパーキングで土地活用することを検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました