駐車場経営で起きる14のトラブルを総ざらい!有効対処法も徹底解説

土地活用

「駐車場経営を始めるが、トラブル対応が大変と聞いて不安」「経営するパーキングでトラブルが起こってしまったらどうしたらいいの?」など、お悩みではありませんか?

駐車場経営は、比較的面積の狭い土地や、初期投資額の少ない人でも始めることができ、注目度の高い土地活用法のひとつです。ただ、管理会社に委託せず自分で経営から管理まで全ての業務を行う場合、駐車場で起こったトラブルの解決は自分で行わなければなりません。

本記事では、駐車場経営においてよくあるトラブルと対処法をまとめました。どのようなトラブルがあるか知っておくことで、あらかじめ対策を取れたり、柔軟に対応できたりといったメリットがあります。駐車場経営成功のマニュアルとしてご活用ください。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

駐車場で起きやすいトラブルと対処法一覧

はじめに、駐車場経営で起こりやすいトラブルを種類別にまとめました。主な要因、対処法についても一覧で確認できますので、参考にしてください。

トラブルの種類 トラブル事例 主な要因 有効な対処法
料金に関するトラブル 料金の未払い
  • 料金ルールが適格でない
  • 悪質な客と契約してしまった
  • 管理ができていない
  • シンプルな料金、前払い制の導入
  • 保証人を立てて契約する
  • 防犯カメラの設置
料金表示についての苦情
  • 料金の区切り目が細かすぎる
  • 看板が劣化している
  • 料金表示をシンプルにする
  • 料金設定の見直し
  • 設備の補修
誤精算トラブル
  • 利用者の不注意
  • 駐車スペースの数字が消えかかっている
  • 看板や貼り紙の設置
  • 設備の補修
利用者の駐車券紛失
  • 利用者の不注意
  • 看板や貼り紙の設置
  • 紛失時のルールを決めておく
近隣住民とのトラブル 駐車場内の騒音問題
  • 管理不足
  • 周辺環境のリサーチ不足
  • 防犯カメラの設置
  • 定期的な見回り
  • コールセンターの設置
照明によるトラブル
  • 周辺環境のリサーチ不足
  • 周辺環境を確認する
  • 競合駐車場の状態を確認する
利用者に関するトラブル 駐車場内の事故
  • とめづらい形状
  • 見通しの悪い配置
  • 場内のレイアウト変更
  • 防犯カメラの設置
  • 責任の所在をはっきりさせる
歩行者との事故
  • 出入りしづらい形状
  • 見通しの悪い配置
  • 場内のレイアウト変更
  • 防犯カメラの設置
  • 責任の所在をはっきりさせる
土地を入手する際のトラブル 借地に関するトラブル
  • 明確なルールを設けず契約した
  • 管理不足
  • 契約内容をよく把握する
  • 管理体制を整える
土地購入時のトラブル
  • 契約内容の食い違い
  • 個人売買
  • 契約内容をよく把握する
  • 不動産会社を介す
その他のトラブル 不正利用
  • 管理不足
  • 定期的な見回り
  • 防犯カメラの設置
ゴミの不法投棄
  • 管理不足
  • 定期的な見回り
  • 定期的な清掃
  • ゴミ箱の設置
機器の故障
  • 管理不足
  • 定期的な見回り
  • 防犯カメラの設置
犯罪に巻き込まれる
  • 管理不足
  • 定期的な見回り
  • 防犯カメラの設置
  • 責任の所在をはっきりさせる

では次の章から、それぞれのトラブルと対処法を具体的に解説しましょう。

駐車所経営の基本知識について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

初心者向け|これさえ押さえれば儲かる!?駐車場経営の成功のいろは
駐車場経営は、不動産投資のなかでも比較的簡単で初心者向きといわれています。この記事では、駐車場経営のハウツーを経営初心者向けにわかりやすくご紹介しています。さらに、体験談の紹介や駐車場経営成功のポイントなども余すことなく解説します。

トラブル事例1:料金の未払い

駐車場経営の主な収入は利用者からの使用料です。しかし、料金を滞納・延滞する利用者が現れ、トラブルに発展するケースも珍しく張りません。料金が正しく支払われなければ、経営にも大きな影響が出ます。経営の失敗を避けるためにも、トラブルの実情を把握しましょう。

よくある事例

料金の未払いは、月極駐車場で特に起こりやすいトラブルです。月極駐車場は設備が整っていないことが多く、料金を払わずとも利用できてしまう場合があります。

具体的には次のような行為に頭を悩ませる経営者が多いです。

  • 支払期日を過ぎても支払わない
  • 滞納を続ける
  • 引き落とし口座にお金を入れない
  • 正規の料金を支払わない
  • フラップ板やゲートを壊して出庫する

料金の未払いが多発したり長期間になったりすると、見込まれた収入が得られないことになります。最悪の場合経営が立ちゆかなくなる可能性もあるでしょう。

主な要因

料金未払いの原因として、料金ルールが適していない可能性が考えられます。支払期日や料金設定がわかりづらいと、払い忘れや残高不足で引き落としできないといった事態になりかねません。

また、はなから支払わないつもりで契約してくる悪質な客も存在します。理由をつけて料金を支払わない、車をとめてから連絡が取れないといった事例も発生しています。

さらにフラップ板やゲートを破壊して料金を支払わないというようなコインパーキングの未払いトラブルは、管理不足が原因であることが多いです。不潔で適切な管理が行われていないことが明らかな駐車場では、そうした行為がしやすい傾向にあります。

有効な対処法

支払いが期限内に正しく行われるようにするには、シンプルな料金設定や前払い制度の導入がおすすめです。数ヶ月分の料金をまとめて支払うと割安になるシステムを整えると、料金未払いを防ぎながら利用者の満足度も保つことができます。

悪質な客との契約を避けたい場合は、保証人を立てて契約を結ぶとよいでしょう。「支払いが〇日確認できなければ保証人に請求する」といった延滞や滞納に関するルールを明確にすることもおすすめです。

機器を破壊して無理やり入出庫するようなトラブルには、防犯カメラ等を設置して見守りを強化しましょう。定期的に見回りをして清掃するなど、きちんと管理が行われていることをアピールすることも大切です。

トラブル事例2:料金表示についての苦情

料金表示がわかりづらいことで利用者から問い合わせや苦情が頻発するケースもあります。このトラブルはコインパーキングの場合に多いです。

よくある事例

料金表示がわかりづらいと、「思っていた料金と違う」「こんなに高いなら利用しなかった」というような苦情が発生する可能性があります。

苦情や問い合わせの電話が頻発するようでは、経営の妨げにもなりかねません。また、口コミ等で「料金表示がわかりにくく損をした」と悪い評判が伝わる可能性もあります。評判が下がってしまっては、売り上げにも影響します。駐車場経営を行ううえでは料金の表示方法もしっかりと検討しなくてはなりません。

主な要因

細かい時間で区切った料金設定や、車両や駐車場所によって価格を変えるなどすると、料金設定が利用者に伝わりづらくなります。また、料金看板が劣化して見づらいことも原因のひとつです。

有効な対処法

料金表示はシンプルに誰でもわかるようにしましょう。車の中からや夜間でも読むことができ、注意書きなどの細かい文字がないようなシンプルな看板が好ましいでしょう。また、運転中でも理解できるようなわかりやすい言葉を使用するのもよい方法です。

料金の問い合わせが頻繁にくる、精算後のクレームが多いといった場合には、料金設定から見直すことをおすすめします。スペースごとや時間帯ごとに料金を変えたり、数分おきに料金を設定したりすることはトラブルのもとです。料金を一律にし、もう少し長い時間で区切るようにすると利用者からも喜ばれます。

付近のコインパーキングを視察して、料金設定を比較することもおすすめです。

トラブル事例3:誤精算トラブル

続いては、コインパーキングで起こりやすい誤精算トラブルとその対処法を紹介します。

よくある事例

自分の車が駐車されている番号でなく、誤った番号を押して精算してしまう誤精算トラブルも多く見られます。

精算を済ませた後に間違ったことに気が付き、返金を求めてくることがあります。コインパーキングは24時間どの時間に利用されるかわかりません。夜中であっても、返金を求める電話がかかってきて、現地に出向かなければならない可能性もあります。

主な要因

誤精算トラブルの主な原因は利用者の不注意で起こります。対策をしていても完全には防ぐことができないため、対処の難しいトラブルのひとつでしょう。

ただし、利用者の不注意以外でも起こる可能性はあります。例えば駐車スペースの番号が消えかかっていると、読み違えて別の車の料金を払ってしまったり、フラップ板が下がっていると思い発進してしまうといったトラブルに発展する恐れがあります。

番号が消えかかっているといったオーナーの過失で車を傷つけてしまった場合には、返金以上のトラブルに発展し、経営の失敗を招くことも考えられるでしょう。

有効な対処法

利用者の不注意を完全に防ぐことはできませんが、注意喚起を行うことはできます。具体的には、精算機付近に貼り紙をして番号の確認を促すことなどが有効でしょう。

また、誤って精算したと偽り、返金を迫る悪質なケースも発生しています。そうしたトラブルを避けるため、返金対応を行わないコインパーキングも少なくありません。不用意に返金を求められることがないよう、誤精算時の対応について示した貼り紙や看板を用意しておくこともよい対処法です。

駐車スペースの数字や文字がわかりやすいよう、設備の補修を行うこともおすすめします。駐車場に責任転嫁されないよう適切に管理を行いましょう。

トラブル事例4:利用者の駐車券紛失

駐車券が必要な駐車場も、利用者の不注意によってトラブルに発展する恐れがあります。原因と解決策を見ていきましょう。

よくある事例

コインパーキングのなかでも、ゲート式を採用している駐車場では「駐車券を紛失した」という問い合わせが次々起こる可能性もあります。

ゲート式の駐車場は、入庫時に受け取った駐車券を提示することで駐車時間を計測し、それに応じた料金を支払う仕組みです。つまり、駐車券がなければ正確な時間がわからず、料金を請求することができません。駐車記録を調べて請求する場合が多いですが、なかには紛失した場合に最大料金を請求する駐車場もあります。紛失したのは利用者だとしても、本来の何倍ものお金を支払うことになってはクレームにつながりかねません。

主な要因

駐車券紛失の原因は、そのほとんどが利用者の不注意です。注意を促すことはできても、完全になくすことは難しいでしょう。

駐車券が小型で紛失しやすいことも原因のひとつです。しかし、なくさないようにと大きくし過ぎてしまっても持ち歩きづらいため、対策は困難といえます。

有効な対処法

なくさないよう注意を促す看板や貼り紙の設置をすることが主な対処法です。また、管理人がいるような駐車場であれば、入庫時に声かけを行うのも有効でしょう。

駐車券が紛失すると、料金をいくら請求すればよいかわからないためトラブルになる恐れもあります。あらかじめ「入庫時間がわからない場合は〇円請求」といったルールを定めておくこともおすすめです。その場合、入庫前にわかるような看板や貼り紙を設置しておきましょう。

トラブル事例5:騒音問題

続いては騒音トラブルやそれを未然に防ぐ対処法を解説します。騒音問題は、街に駐車場を構えるうえで大きなデメリットです。騒音を懸念して、地域から開業を反対されるケースもあります。

よくある事例

管理を怠っていると、駐車場の近隣住民から「駐車場の音がうるさい」「駐車場で騒いでいる人がいる」と苦情がくるケースがあります。

駐車場は基本的に24時間稼働し続けるものです。利用者がどの時間に車を出し入れしてもよいように作られています。便利である反面、近隣に住む住民にとっては、昼夜問わずエンジン音や話し声が聞こえるストレスに晒されることでもあります。

限られた人しか利用しない月極駐車場よりも、誰が利用するかわからないコインパーキングのほうが、こうしたトラブルに発展する可能性が高いです。

主な要因

騒音問題は主に管理不足が原因です。管理がされていないことがうかがえる駐車場では、悪質な利用客が集まる恐れがあります。若者のたまり場になったり、さらにゴミの不法投棄といった問題に発展する恐れもあるでしょう。

また、周辺環境のリサーチをきちんと行わず経営を始めてしまうと、近隣住民からの苦情につながります。閑静な住宅地にコインパーキングを構えると、需要がなく稼働率が低いことはもちろん、近隣住民とのトラブルに発展する可能性もあるため注意しましょう。

有効な対処法

騒音問題を未然に防ぐためには、防犯カメラの設置定期的な見回りで管理体制を整えましょう。また、近隣住民の要請にいつでも対応できるよう、コインパーキングには24時間365日対応するコールセンターの設置は必須です。

コインパーキング経営は常時休みなく稼働するため、騒音問題と切り離せない事業です。月極駐車場であっても、夜間に入出庫する契約者があれば関係のない問題ではありません。100%防ぐことはできませんが、きちんと管理していることをアピールできれば、近隣からの理解も得られるでしょう。

トラブル事例6:照明によるトラブル

駐車場は夜間も稼働するため照明が不可欠です。しかし、過度な照明や看板の明るさでトラブルを引き起こす恐れもあるため注意しましょう。

よくある事例

明るくて目立つほうが宣伝効果が得られるからといって、明るくしすぎては近隣住民のストレスにつながってしまいます。夜間の照明の眩しさ派手な看板には注意が必要です。

また、景観の面から考えても、照明の眩しい駐車場はトラブルのタネです。

主な要因

照明に関するトラブルの原因は、周辺環境の調査が足りていないことにあります。経営を始める前に周辺環境を調査していなければ、明るい照明が適している地域かどうか判断することはできません。例えば、商業施設の近くであれば、外観が明るいお店も多いため問題はありませんが、住宅地では目立ちすぎてしまう可能性があります。

夜間利用することを考えると、利用しやすいように明るい照明をつけたくなるものです。しかし、眩しすぎて運転しづらかったり、虫が集まったりするというトラブルにも発展します。

有効な対処法

照明や看板に関するトラブルを避けるためには、照明を設置する前に夜間の現地を訪れ、近隣の暮らしやすさを考慮しましょう。近隣住民の立場に立って、照明を設置した場合にどういった問題があるか想像するとよいです。

駐車場の景観については、競合する付近の駐車場の状態を確認することもおすすめです。

ただし、夜でも明るい駐車場は、近隣の防犯対策として喜ばれることもあります。明るいことが悪いというわけではありません。適度な明るさで、利用者にも近隣住民にも優しい駐車場を目指しましょう。

トラブル事例7:駐車場内の事故

駐車場内では車両が行き来する都合上、車両同士の事故が発生する懸念もあります。自身が経営する駐車場内の事故については、どのように対処すればよいのでしょうか?

よくある事例

駐車場内で事故が起こると、駐車場側に過失がなくてもある程度の対応を求められます。駐車場利用者同士の事故であっても、管理がされていないとして、駐車場オーナーに責任が問われる場合もあるためです。

駐車場内で考えられる事故は次の3種類です。

  • 車の接触事故
  • 車と人の接触事故
  • 機材や壁、フェンスにぶつける物損事故

このように、駐車場利用者同士の事故はもちろん駐車場設備との接触事故もあります。機材や設備破損により修理の間経営ができず、収益に影響が出る恐れもあるでしょう。

主な要因

車両事故の原因は、駐車場の形状や配置にあるかもしれません。例えば、駐車スペースが狭くとめづらい形状をしている駐車場では、車同士の接触機会が増えてしまいます。また、見通しの悪い配置をしていると、入出庫時に車同士がぶつかる恐れが高いでしょう。

有効な対処法

駐車場内の事故を防止するには、場内のレイアウト変更も視野に入れましょう。同じポイントで事故が多発する駐車場は駐車スペースや機材の配置が原因の可能性が高いためです。適したレイアウトを考えるなら、実際に自分で駐車してみたり、付近の駐車場を調査したりするなどをおすすめします。

また、防犯カメラの設置は事故の実態を確認するために有効な手段です。適切な管理を行い、見守りやメンテナンスを強化しましょう。

ただし、事故は防ぎきれないものです。事故が起こってしまうことを見越して、「場内の事故に関して責任は負わない」といった旨を看板や貼り紙で提示しておきましょう。このように責任の所在をはっきりさせることで防げるトラブルが多くあります。

トラブル事例8:駐車場付近の事故

fudousan55672

駐車場内だけでなく、駐車場付近で利用者と歩行者などとの事故が起こる可能性もあります。経営する駐車場の周りで起こるトラブルに関しても、対処法を把握しておきましょう。

よくある事例

駐車場付近で利用者が事故を起こした場合でも、駐車場オーナーが対応を迫られる恐れがあります。例えば、駐車場の入庫時や出庫時に歩行者と接触した場合、料金の支払いのシステムに問題がなかったか責任を問われるかもしれません。

こうした事故のトラブル対応は、人命だけでなく費用も大きくかかります。被害者や加害者、警察とのやり取りには非常に多くの労力を使うでしょう。事前に事故が起こった場合の対処方法を明確にしておくと安心です。

主な要因

駐車場外での事故は、主に入出庫時に起こることが多いです。つまり、出入りしづらい形状の駐車場では事故の可能性が高くなってしまうでしょう。

また、精算機などの機器が影響して歩行者が見えづらいような構造では事故が起こりやすいです。駐車場の配置を考える際は、出庫時など見通しのよさも考慮すべきでしょう。

有効な対処法

駐車場外の事故であっても、場内のレイアウト変更は有効な対策です。経営する駐車場で事故を起こさないためには、入りやすく出しやすい形状と配置を意識しましょう。

また、防犯カメラの設置責任の所在を示す貼り紙は、駐車場外の事故の対策としてもおすすめです。すべての事故を防ぐことはできませんが、オーナーとしてできる対策はぜひ行いましょう。

近隣で起こった事故や事件に関して、駐車場の防犯カメラが証拠となる事例も多く、地域の安全性向上にも役立つ可能性があります。

トラブル事例9:借地に関するトラブル

続いては、土地を借りて駐車場を経営する場合のトラブルです。借地を使って経営するため、土地の所有者とのトラブルに注意しましょう。

よくある事例

借地での駐車場経営は、土地を購入するよりも安く始めることができ、撤退しやすいというメリットがあります。しかし、土地の所有者といざこざが起こる可能性もあるため注意しましょう。

具体的には次のようなトラブルが考えられます。

  • 所有者によって駐車場づくりを制限される
  • 所有者から借地契約の更新を断られた
  • 借りている期間中に土地の返還を求められた

借地は所有者によってその期間や契約内容が異なるため、トラブルも多岐にわたる場合があります。

主な要因

借地に関する所有者とのトラブルは、契約内容の食い違い管理不足によって発生します。

特に契約内容の食い違いは大きなトラブルにもなりかねないため注意が必要です。明確なルールを設けずに契約を結んでしまうと、「こんな風に使われるとは聞いていない」「更地にして返してもらう約束だった」など、契約の解除や損害賠償を求められる恐れもあります。

また、管理不足が原因して近隣住民から地主に苦情が入る可能性もあります。迷惑をかけるだけでなく、強制退去や経営の失敗にもなりかねないため注意しましょう。

有効な対処法

土地の所有者とのトラブルを防ぐには、契約時の慎重さが大切です。契約内容をよく確認して契約を結びましょう。契約を結ぶ前に貸主と読み合わせを行うと、契約内容の認識違いを防ぐことができます。

また、契約時に土地の用途を伝えておくことも大切です。事業計画をまとめた資料があればより伝わりやすいでしょう。

個人間で賃借契約を結ぶと、認識違いが起こりやすいです。不動産会社など、専門業者を介すことも視野に入れましょう。

また、管理体制を整えることも忘れてはなりません。経営に関する苦情が土地の所有者に知られてしまっては、契約が解除され、経営できなくなる恐れもあります。防犯カメラの設置や定期的な見回りで適切な管理を目指しましょう。

土地なしの駐車場経営を予定している方はこちらの記事を参考にしてください。

土地なしでも駐車場経営は可能?所有してない場合の経営の手順やコツを解説
安定した収益を得ることができる投資方法として、駐車場経営が注目を集め、投資初心者にも挑戦しやすいことでも知られています。たとえ土地なしでも駐車場経営は可能です。この記事では、土地を所有していない場合の駐車場経営の手順やコツを解説します。

トラブル事例10:土地購入時のトラブル

土地を新たに購入して駐車場経営をする方は、売買契約時のトラブルに注意しましょう。土地の購入には多額の費用がかかります。せっかく費用をかけても、トラブルが起きてしまっては元も子もありません。トラブル例や対策を把握しておきましょう。

よくある事例

土地を購入する際、売主と買主とで売買契約を結びます。具体的なトラブル事例は次の通りです。

  • 不備や問題点を知らされなかった
  • 近隣との境界が未確定だった

土地に不備や問題点があった場合、売主は必ず買主に通知しなければならないという決まりがあります。しかし、個人間の売買や悪質な売主との売買では、不告知で契約が締結されるケースがあり、注意が必要です。

また、隣地との境界が確定しているかどうかについても気をつけましょう。境界が確定していないと、駐車場経営開始後に隣地から「自分の土地にはみ出している」と苦情が入るケースもあります。

主な要因

売買契約時のトラブルの原因は契約内容の食い違いです。売主と話し合いを行わず、意見のすり合わせや内容確認をしなければ、争いが発生する恐れもあります。

また、個人間の売買も避けたほうがよいでしょう。駐車場経営を行う場合、自身で土地を探して売主に直接問い合わせることできます。しかし、不動産の売買に慣れていない状態で個人売買を行うのはさまざまなトラブルのもとです。

有効な対処法

借地と同様に、土地を購入する場合も内容をよく確認して契約を結びましょう。価格や土地の状態に目がいきがちですが、土地になにかデメリットがないかも忘れずに確認することをおすすめします。

トラブルを避けたいなら、個人間取引ではなく、不動産会社を介した取引を行いましょう。仲介手数料が必要になりますが、書類や契約の不備が防げるため大変有用です。

売買契約は慎重かつできるかぎり不動産会社を介して行いましょう。

土地の売買で起こりやすいトラブルと対策を詳しく解説したこちらの記事もおすすめです。

土地売買で起こりやすいトラブルとは?防ぐための対策を解説!
土地売買で起こりやすいトラブルの事例を始め、トラブルが発生した場合の相談窓口、対処法について解説しています。後半ではトラブルを未然に防ぐ方法と、土地売買に関するよくある質問も独自にピックアップし、解決方法と併せて記載しています。

駐車場経営の土地購入について、詳細に知りたい人はこちらをご覧ください。

駐車場経営のための土地購入は合理的?メリットとデメリットを比較
駐車場経営は経営負担が少なく、不労収入となるため人気な土地活用法ですが、土地購入してまで行うメリットがあるのかは疑問かもしれません。そこで本記事では、駐車場経営と土地購入についてや、経営する上でのメリデメ、成功させるコツなどを紹介します。

トラブル事例11:不正利用

月極駐車場で多いトラブルに不正利用があります。月極駐車場は稼働率ではなく契約率で収入を得るため、こうしたトラブルで経営が立ちゆかなくなるケースもあります。対処法を確認しておきましょう。

よくある事例

不正利用は、月極駐車場のデメリットとして挙げられることも多いトラブルです。具体的には次のようなトラブルがよく見られます。

  • 未契約の駐車スペースに無断で車をとめる
  • 契約者が不在の間に勝手に駐車する
  • スペースからはみ出して駐車する
  • 一時利用の駐車場と勘違いして駐車する

本来の利益が得られないことももちろんですが、契約者の不信感をあおることにもつながるため注意しなくてはなりません。

主な要因

不正利用が発生する原因は管理不足に尽きます。

コインパーキングと比べ、月極駐車場で不正利用が起こりやすいのは、設備の違いによるものが大きいです。コインパーキングが機械を導入し、24時間明るく人の出入りがあるのに比べ、月極駐車場では車止めブロックやロープの設置だけで営業でき、決まった時間にしか人の出入りはありません。

このように、月極駐車場はコインパーキングに比べ安全性が低いため、不正利用の温床になっているのです。

有効な対処法

駐車場を不正に利用されることを避けるには、定期的な見回り防犯カメラの設置をおすすめします。

不正利用は、管理者の目が行き届かないことを理由に行われます。見つかることがなければ、お金をかけずに車をとめておくことができるためです。つまり、定期的に見回りで不正利用にすぐに気づくことができれば、不正利用を摘発でき、大きな損失にはつながりません。

また、防犯カメラが設置してあるだけでも抑止力になります。「不正利用を認めない」という旨の貼り紙等も有効ですが、他の利用者の不信感につながる恐れがあるため、文言は慎重に選びましょう。

トラブル事例12:不法投棄

駐車場は誰でも入りやすいため、不法投棄の被害にあう恐れがあります。そうした被害にはどう対処すればよいのでしょうか?

よくある事例

年中無休で24時間営業をしている駐車場は、ゴミが捨てられやすい傾向にあります。

特に、自動販売機を設置しているような駐車場では、ゴミ箱に家庭ごみが捨てられる、入りきらないゴミが投げ捨てられるといったトラブルに発展しやすいです。ゴミが多く、清潔感のない駐車場には利用者が集まりません。また、近隣住民から苦情がくる恐れもあります。

不法投棄されたゴミを捨てるためにも、費用がかかります。ゴミを捨てられないようにする工夫が必要です。

主な要因

ゴミの不法投棄の原因も管理不足によるものが大きいです。というのも、ゴミの投棄はすでに捨てられているところに集中する傾向があります。駐車場は開けたスペースであるため、もともとゴミが捨てられやすいです。そして、その捨てられたゴミが放置されることが問題なのです。

駐車場に放置されたゴミを見て、そこに新たなゴミが捨てられます。そうこうしているうちに、不潔で利用者に敬遠される駐車場になってしまうのです。

有効な対処法

不法投棄の対策としても、定期的な見回りは有効です。見回りをするたびにゴミを拾っておけば、ゴミが増えることはないでしょう。

また、定期的に清掃して清潔感のある駐車場にすることも大切です。ゴミが落ちていなくても、あちこちに雑草が生えていたり土埃がたまっていたりするようでは、不法投棄が増えるだけでなく利用者も減少してしまいます。

思い切ってゴミ箱を設置してしまうのも手です。ゴミ箱があれば地面に捨てられたゴミを集める手間を省くことができます。しかし、近隣から臭いなどの苦情が来る可能性があるため、家庭ごみが入らないよう小さめのゴミ箱にするなどの工夫が必要です。

トラブル事例13:機器の故障

機器の故障は非常に致命的なトラブルです。特にコインパーキングでは、入出庫や精算を機械で管理しているため、利用者に多大な迷惑をかけてしまうことになります。対策を考えておきましょう。

よくある事例

コインパーキングは機械で管理されており、月極駐車場よりも管理が楽だといわれています。しかし、その機械が故障してしまっては元も子もありません。具体的には以下のような機械トラブルが見られます。

  • 精算機が故障して精算できない
  • ゲートが壊れて入出庫できない
  • フラップ板が壊れて出庫できない
  • フラップ板が上がったままで駐車できない

単に故障している場合もあれば、利用者によって故意に壊されるケースもあります。料金を支払わず、フラップ板を無理やり乗り越えて出庫した利用者がいると、次の人が駐車しようと思ってもフラップ板は上がったままで利用できないのです。

主な要因

機器の故障は、定期的な機器の点検やメンテナンスが行われていれば最小限に防ぐことができます。やはりこれも管理不足が原因のトラブルです。

機器のメンテナンスは業者に依頼することがほとんどでしょう。個人経営の場合、業者のメンテナンスを避けて費用を削減するひとも少なくありません。しかし、定期的に管理していない機械は復旧に時間がかかったり、機材を好感しなければならなかったりする可能性が高くなります。

このように、必要な経費を削減するような過度な利益追求はおすすめできません。

有効な対処法

こうしたトラブルを起こさないためには、定期的な機器の管理・メンテナンスが必要です。経費を削減したいのであれば、メーカーのアフターサポートや、管理を一括で業者に頼むといった工夫をおすすめします。

また、利用者に機材を破壊されるなどトラブルは防犯カメラの設置といった見守りの強化が有効です。破損が確認されたあとでも、防犯カメラの映像があれば状況の確認がすぐに行えます。

トラブル事例14:犯罪に巻き込まれる

経営する駐車場で犯罪が行われた場合、オーナーにも責任が問われる恐れがあります。また、評判の低下から利用客の減退にもつながるでしょう。犯罪の温床とならないために工夫が必要です。

よくある事例

駐車場は管理人が常駐するような施設ではありません。人目がないため、車上荒らしや盗難といった犯罪が行われることもあります。

また、車に傷をつける、タイヤをパンクさせるといったイタズラも発生しやすいです。トラブルが続くと、契約者や利用者が減少するだけでなく、管理不足として損害賠償を請求される恐れもあります。

主な要因

車上荒らしや盗難といった犯罪の原因は、人の出入りが少なく、管理体制が整っていないことにあります。

ゴミが多く清潔感がないような管理を怠っている駐車場が犯罪の温床となります。つまり、前述したゴミの不法投棄と車上荒らしや盗難は同時に起こることも多いため、一層の注意が必要なのです。

有効な対処法

定期的な見回りは、犯罪防止に欠かせません。定期的に人の出入りがあり、通報される恐れがあると感じる場所では窃盗は行われにくいでしょう。

また、防犯カメラの設置ももちろん有効です。防犯というだけあり、遠方にいても、何時であっても見守ることができるため、さまざまな犯罪を防ぐことができます。

しかし、これらの対策ですべての犯罪が防げるわけではありません。駐車場内で起こる事故と同様に、責任の所在をはっきりさせる看板や貼り紙の設置もおすすめします。

駐車場経営の失敗事例を紹介したこちらの記事もご覧ください。

駐車場経営で失敗しやすい9つのケースとは?解決策を詳しく紹介
駐車場経営を失敗する事態を避けるには、失敗しやすい事例について事前に把握することが重要です。この記事では、駐車場経営の9つの失敗事例とその要因、解決策を一覧化してわかりやすく紹介します。各ケースや解決策についてはさらに深掘りしています。

管理体制を整えるなら業者に委託

管理体制を充実させるなら、管理業務を管理会社に委託することもおすすめです。

ここまで解説したように、駐車場経営のトラブルを避けるために重要なのは管理体制の充実です。管理不足の駐車場では、近隣問題や不正利用、不法投棄、犯罪といったトラブルが起こりやすいです。

管理業務を委託することで、オーナーは管理の手間や労力から解放され経営に集中することができます。手数料はかかりますが、トラブルを避けるための必要経費として支払うのも選択肢のひとつでしょう。

ただし、管理会社によって料金やサービス内容は異なります。管理会社は複数社のサービスを比較して選びましょう。HOME4U土地活用なら、一括で資料請求できて大変便利です。

土地活用の方法に迷っているなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

まとめ

駐車場経営では、料金関連や機材不良、事故、近隣住民とのいざこざといったさまざまなトラブルが生じ得ます。しかし、トラブルの発生が怖いからといって駐車場の経営を諦めてしまうのはもったいないです。適切な対応ができれば、問題を大きくせず解決することができます。

トラブルに適切に対応するためには、冷静になることが大切です。駐車場を経営する上でどういったトラブルが考えられるのか知っておくことで、実際に何か起こった場合にもある程度冷静に対応することができます。本記事で紹介した対処法で可能な限り揉め事の発生を防ぎ、トラブルが起きた場合は冷静に誠意をもって対応しましょう。

タイトルとURLをコピーしました