コントロールセンターを表示すると現れる矢印が取り囲む南京錠のボタンは、「画面縦向きのロック」をオン/オフするためのものです。iPhoneを横向きに持つと、表示内容も横方向に変わるアプリがありますが、このロックをオンにしておけばそれを防止できます。あくまで縦向き表示で使いたいアプリは、このボタンが役立ちます。

しかし、「画面縦向きのロック」ボタンはアプリの表示を縦方向に固定するためのもので、横方向には固定できません。YouTubeのような動画アプリは、iPhoneを横向きに構えたときか全画面表示を選択したとき、画面が横向きになりますが、向きを変えるか全画面表示を解除すると横方向での表示も終了されてしまいます。

そもそも、iPhoneのアプリには縦/横両方の表示が義務付けられてはいません。対応する表示方向は縦のみ、あるいは横のみというアプリも多く存在します。カレンダーや計算機、向きを変えると表示どころか機能が一変するアプリのほうがむしろ稀です。

とはいえ、横向きに表示できるのであればその状態をキープしたい、「画面横向きのロック」に相当する機能がほしいという場合には、「アクセスガイド」を使う方法があります。

『設定』→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」の順に画面を開き、アクセスガイドを有効にしたうえで目的のアプリ(横方向の表示に対応するもの)を起動しましょう。そしてサイドボタンをトリプルクリック、現れたメニューでアクセスガイドを選び、次の画面で左下の「オプション」をタップ、「動作」スイッチをオフにしたうえで機能を開始すると...アクセスガイドが有効な間は横方向でロックされます。

この方法、操作手順が多いうえに使用中はほかのアプリに切り替えできないという欠点があるため、あまり実用的とはいえません。なにがなんでも画面を横方向で固定したい、姿勢によってくるくる回転するのはどうしてもイヤだ、という場合に使うといいでしょう。

  • iPhoneの画面を横方向にロックするには