日本郵便は10月26日、NTTコミュニケーションズが提供するAIによる自宅宛て再配達電話自動受け付けサービスを採用 し 利用者からの「自宅宛て再配達のお申し込み」に、AI が自動的に音声対応する電話受け付けを11月1日から開始すると発表した。

現在、再配達の申し込みは、オペレーターによる電話受け付け、インターネット受け付け、ダイヤルプッシュ入力による受け付け、LINEアプリでの受け付けなど、複数の受け付け方法が用意されている。

一方で、インターネット受け付けやダイヤルプッシュ入力による受け付けの操作が難しいという意見も一定程度寄せられているほか、オペレーターにつなぐまでの間、混雑状況により待たなければならない事象が生じているという。

こうした背景より、入電が集中した際の利用者の待機時間の解消を図り、安定してつながりやすいコールセンターの実現を目指すという。

AIによる再配達電話自動受け付けの電話番号は、「不在連絡票」に記載されているコールセンターの電話番号となる。ガイダンスにより、追跡番号、届け希望日・時間帯、連絡先電話番号が尋ねられる。

言い間違いなどにより、発話内容をシステムが聞き取れなかった場合は、もう一度、質問を繰り返すという。

  • AIによる再配達電話自動受け付けの会話の例