緊急事態宣言が解除されたとはいえ、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、まだまだ大手を振って外で遊べる状況にないこのごろ。しばらくは巣ごもりの生活が続きそうです。オンライン飲み会やオンラインゲームをする機会が増えた人もいるでしょう。

オンラインで音声のコミュニケーションをとる場合、ヘッドセットがあると便利。この数カ月で急遽ヘッドセットの購入に迫られた人も多いのではないでしょうか。

今回、ゼンハイザーゲーミングの歴史を持つオーディオの新ブランド「EPOS」から7月にリリース予定のワイヤレスヘッドセット「GSP370」をお借りできたので、約3週間にわたり、オンラインでの飲み会や打ち合わせ、インタビュー、そしてゲーム配信など、さまざまなシーンで使ってみました。

  • GSP370

    新ブランド「EPOS」のワイヤレスヘッドセット「GSP370」。市場想定価格は26,000円前後

285gの柔らかいフィット感が長時間使用でも安心

まずは装着感から。私はオーバーヘッドのヘッドセットの相性が悪いとすぐに耳が熱くなったり、痛くなったりしてしまいます。

しかしGSP370は、4時間を超えるオンライン飲み会で連続装着しても、耳が熱くなったり痛くなったりしませんでした。かといって緩めに装着したわけではありません。しっかりとフィットしていた印象です。また、重さ285gと軽量なため、首に負荷を感じることもありませんでした。

  • GSP370

    ヘッドバンドクッションは柔らかめ。いろいろな頭の形にフィットしそうです

次にPCやPS4との接続です。GSP370は専用のUSBドングルが付属しているので、接続機器ごとに難しいペアリング操作が必要ありません。PCやPS4にドングルを差し込んで、機器とGSP370の電源を入れるだけで簡単に接続できます。

その一方で、ワイヤレス接続はこのドングルによる接続のみ(有線接続にも対応していません)。いわゆるBluetooth接続はできないので、ドングルが使えないスマホやタブレット、ミュージックプレーヤーなどでは基本的に使用できません。GSP370はそもそもゲーミングヘッドセットなので、音楽や動画など視聴などを含めた汎用性は追及していないのでしょう。

上位モデルの「GSP670」はBluetoothにも対応していますが、重さは349gで、価格も高くなります(掲載時点で、ヨドバシ.comでは32,450円の10%ポイント還元でした)。さらにGSP670の駆動時間は約20時間と、GSP370の100時間と比べてだいぶ短め。コンシューマゲーム機やPCでのゲームプレイなら、GSP370のほうがオススメです。

しかも、専用ドングルは、低遅延のワイヤレス通信を実現させているので、音ズレがあるとプレイしにくいゲームタイトルでも安心して使えます。

  • GSP370

    PS4やPCに挿してヘッドフォン本体と無線接続するドングル。ドングル以外に接続手段がないので、スマホやタブレットでの使用は難しい分、遅延のなさや難しいペアリング操作が不要な点などメリットも大きい

充電を忘れるほど頼もしい「最長100時間駆動」

GSP370の魅力のひとつに、「最長100時間駆動」が挙げられます。実際に使ってみると、まさに充電いらず。使い始めたばかりのころは、こまめに「1度使ったら充電」をしていましたが、そのうちだんだん充電しなくなりました。直近1週間は充電した覚えすらありません。これだけバッテリーが長持ちする「充電いらず」だと、かえって充電することを忘れてしまいそうなくらいです。

もちろん無限に使えるわけではないので、毎週月曜日に充電するなど、自分でルールを決めておかないと、いざというときに充電が切れてしまうこともあるかもしれません。

PCで使用する場合は、専用ソフトの「Sennheiser Gaming Suite」を使うと、バッテリー残量を確認できるので、充電時期を視認できます。

「Sennheiser Gaming Suite」は、GSP370のヘッドフォン、マイク、設定などを行えるソフト。Sennheiserのヘッドフォンの項目では、「ESPORTS」や「MUSIC」、「MOVIE」などの項目から、どの周波数帯を強化して再生するかがプリセットされています。また、サラウンドはステレオと7.1chを切り替えられます。

  • GSP370

    専用ソフト「Sennheiser Gaming Suite」の画面。左上にバッテリー残量表示があり、バッテリーの残量がわかります

  • GSP370

    右上の囲みをクリックするとプルダウンメニューで「ESPORTS」「MOVIE」「FLAT」「MUSIC」から好みの波形を選べます。プリセットされたものだけでなく、80、300、1K、3.5K、12KHzの5カ所を調整して、好みの音質に変更できます

  • GSP370

    再生モードの切り替え。2.0(ステレオ)と7.1Chサラウンドの切り替えができます

マイクの項目では、音声強化機能により、「オフ」「ウォーム」「クリア」から音質を変更できます。ゲーム中のチャットであったり、ゲーム配信のコメント録りであったり、用途に合わせて聞きやすい音質に変更します。マイクオプションでは、ノイズをカットするノイズゲート機能もあります。

  • GSP370

    音声強化機能。柔らかみのある音声の「ウォーム」やハッキリクッキリの「クリア」、無加工の「オフ」の3種類を用意

  • GSP370

    マイクオプション。「ゲイン」はマイクの音量の調整。「ノイズゲート」は余計な音声をカットします。ノイズゲートを強めすぎると音声も拾いにくくなるので、騒音と音声の押さえどころを調整します

  • GSP370

    本体のマイクは折りたたむとミュート状態になります

そのほか、設定では、GSP370の現在のバージョン情報が表示されるので、最新のファームウェアとバージョンが違う場合は、アップデートしておきましょう。その場合は、GSP370の電源を切り、USBケーブルでPCと接続する必要があります。ドングルのファームウェアとバージョンの確認とアップデートも同様に行えます。

PS4のみで使っているユーザーは、アップデートやマイク、ヘッドセットの設定などを行えないのがやや残念。PS4でも対応してくれるとより使いやすくなるのではないでしょうか。

  • GSP370

    設定項目です。ソフトウェアと本体、ドングルのバージョンが最新でなかった場合、ワンクリックでアップデートできます

  • GSP370

    左のハウジングにあるマイクロUSB端子。アップデートをするときは、USB接続でPCとつなげます。また、充電もこのマイクロUSBで行います。マイクロUSB端子の隣にあるのが電源スイッチ

  • GSP370

    右のハウジングにある音量ダイアル。物理的なダイアルなうえ、大きめなので、ヘッドフォンをしながらでも操作しやすい

無線でも遅延ほぼなし! 『ストV』もストレスなくプレイ

さて、ここからは実際に使ってみての印象です。まず、PS4でゲームをプレイしてみました。先述したとおり、接続に関してはドングルをPS4のUSB端子に接続するだけ。ほかに設定がないのは、かなり使い勝手がいいです。

『ストリートファイターV CE』をプレイしてみました。対戦格闘ゲームは、フレーム単位でのレスポンスが必要なので、映像も音声も遅延があるとプレイに支障が出てしまいます。

ですが、GSP370でプレイした感覚は、有線ヘッドフォンと同じレベル。遅延があるかどうか判別するのも難しく、ゲームに支障が出ることはまったくありませんでした。もちろん、プロ選手やプロ並みのハイアマチュアプレイヤーレベルではどうかわかりませんが、一般プレイヤーレベルではほぼ遅延がない印象です。

PC版の『ストリートファイターV CE』でも試してみましたが、こちらも同様の印象。遅延を感じることなくプレイできました。

音質に関しても、技を出すときのセリフやゲージが溜まったときの効果音などを明瞭に聞き取れるので、ディスプレイで音を聞いてプレイするよりも、多くの情報をしっかりと得られるでしょう。

オンライン会議で普段使っている専用マイクと比較

また、PCでマイクをチェック。筆者はボイスチャットを使うオンラインゲームをやっていないので、「Zoom」や「Google meet」などのオンライン会議でマイクの性能を試してみました。

これまで、オンライン会議では、いつもインナーイヤーのイヤホンと専用のマイクを使用していました。専用のマイクは指向性も良く、音も明瞭なので、スマホのマイクやマイク付きのイヤホンとは格段の聞きやすさです。

そこで、会議中に専用マイクとGSP370のマイクと切り替えながら話をしてみましたが、会議相手からは違いがわからないほどの差しかなかったとご意見をいただきました。

複数人数が話す機会のあるオンライン会議において、声が被ったとしても誰の発言であるか、何をしゃべったのが聞き分けることができるでしょう。

  • GSP370

    ZoomでGSP370を使用。いつもは専用マイクを使用していますが、参加したメンバーからは専用マイクの音質と遜色ないとの評価でした

Sennheiser Gaming Suiteで、ノイズゲートの確認もしてみました。ノイズゲートのレベルを上げると、周囲の音が小さくなるのがわかります。ただし、レベルを上げすぎると、肝心の声自体もかき消されてしまう場面があるので、あまり強めにしないほうがよさそうです。

マイクは単一指向性で元々周囲の音を拾いにくいので、相当周囲がうるさくない限り、ノイズゲートは切っておいても問題ないでしょう。

音声強化もしてみましたが、音質が変化するのははっきりとわかります。ウォームは柔らかい印象で、クリアはハッキリとした印象。ただ、強化をしなくても十分明瞭に聞こえるので、好みで味付けする程度と考えてよさそうです。

最後に7.1chサラウンドにトライ。残念ながら7.1chは疑似サラウンドのうえ、PCにしか対応していません。PS4で使用する場合は、ステレオをサラウンドっぽく再生しているわけです。とはいえ、音場のひろがりは感じられるので、映画などの映像作品を観る場合でも効果があるでしょう。そういう点では、ゲーミングだけでなく、映像鑑賞や音楽鑑賞用途としても使えるヘッドセットだと言えます。

総括として、想定価格26,000円であっても「コスパがいいヘッドセット」だと思いました。特に、100時間駆動と遅延をほとんど感じないスペックはかなりの実用的。深夜のゲームプレイやオンライン会議にも役に立ってくれるでしょう。