楽天モバイルは1月23日、最大2万名を対象とした「無料サポータープログラム」の2次募集を開始した。当選者は、無制限の国内・国際通話、無制限の国内・海外データ通信を無料で使える。合わせて、手のひらサイズの新型SIMフリースマホ「Rakuten Mini」も投入する。

前回(5,000名)の1次募集で抽選に外れた人には、契約に必要なクーポンコードを記載したメールを優先的に送信。新たに申し込む必要はない。今回の2次募集で新規に申し込む場合、応募できるのは、東京23区、名古屋市、大阪市、神戸市のいずれかに居住し、満18歳以上の人だ。無料サポータープログラムの参加条件は以下の3つ。

  • 品質テスト、アンケート(複数回)に協力すること
  • 無料サポータープログラム対象の楽天回線対応製品を利用すること
  • 「楽天Link」アプリを利用すること

楽天Linkアプリは、楽天モバイルが自社開発したというダイヤルアプリ。このアプリだけで、固定電話を含む国内・国際通話、国内外におけるSMS・メッセージングが可能だ。1月23日から、Gppgle Playにてβ版を配布している。

  • 楽天Linkアプリ

無料サポータープログラムの参加者は、アンケートに回答して一定の条件を満たすと、1,000ポイントの楽天スーパーポイントが毎月もらえる。また、契約情報の登録時に対象製品を購入したユーザーには、18,000ポイントの楽天スーパーポイントを進呈(1回のみ)。対象製品と端末価格(一括支払時、税別)は以下の通り。

  • Rakuten Mini(後述) : 19,819円
  • AQUOS Sense3 lite : 29,819円
  • Xperia Ace : 49,819円
  • Galaxy A7 : 38,000円
  • OPPO Reno A 128GB : 35,273円
  • arrows RX : 29,819円
  • Galaxy S10 : 90,728円
  • Galaxy Note10+ : 115,273円
  • OPPO A5 2020 : 26,182円
  • AQUOS sense3 plus : 44,364円

申し込みの詳細については、楽天モバイルのWebサイトで確認のこと。

楽天モバイル初のオリジナルスマホ「Rakuten Mini」

  • Rakuten Mini

約3.6インチ画面という、世界最小・最軽量のFeliCa搭載およびeSIM仕様のSIMフリースマートフォン(楽天モバイル調べ)。おサイフケータイや顔認証が使える。最近は小さなスマホがほとんどないため、小型の端末が好きな人は要チェックだ。本体カラーはナイトブラックとクールホワイトで、4月以降にクリムゾンレッドが加わる予定。主な仕様は以下の通り。

  • OS:Android 9 Pi
  • 本体サイズ:約106.2×53.4×8.6mm
  • 重さ:約79g
  • 画面:約3.6インチ液晶、1,280×720ドット
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 439(オクタコア 2GHz + 1.45GHz)
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:32GB
  • 外部メモリ:非対応
  • バッテリー容量:約1,250mAh
  • ワイヤレス充電:非対応
  • 連続待受時間(LTE):約160時間
  • 連続通話時間(LTE):約5.4時間
  • 通信速度(LTE):下り150Mbps、上り50Mbps
  • SIM:eSIM
  • ワンセグ・フルセグ:いずれも非対応
  • おサイフケータイ:対応
  • NFC:対応
  • 防水・防塵:IPX2、IP5X
  • VoLTE:対応(楽天モバイルのみ)
  • Wi-Fi:IEEE802.11ac/a/b/g/n
  • Bluetooth:5.0
  • メインカメラ:約1,600万画素、f/2
  • フロントカメラ:約500万画素、f/2.2
  • インタフェース:USB Type-C(USB 2.0)
  • 対応周波数
  • LTE(FD):Band 1 (2.1GHz) / Band 3 (1.8GHz) / Band 18 (800MHz) / Band 19 (800MHz) / Band 26 (800MHz) / Band 28 (700MHz APT)
  • TD-LTE:Band 41 (2.5GHz)
  • WCDMA:Band I (2.1GHz) / Band VI (800MHz) / Band X IX (800MHz)
  • GSM:非対応