「自分の好きなアーティストについて語り合いたい」「地元のグルメをもっと知りたい」――。そんなとき、LINEの「OpenChat(オープンチャット)」機能がオススメです。

オープンチャットは、自分のLINEアカウントとは別の名前とプロフィール画像を使って、「友だち」ではない人と広く交流できる機能。すでに作成されているオープンチャットのトークルームに参加するだけでなく、自分でテーマを決めてトークルームを作成することもできます。入りたいオープンチャットが見つからないとき、または内輪の小さなグループで利用したいときなどに便利ですよ。

オープンチャットを作成する

オープンチャットは、トークルームの作成者が管理人になって運営します。公開範囲は、誰でも参加できる「全体公開」と、参加コードによる制限、そして管理者による承認制の3タイプ。最初に全体公開でオープンチャットを作ってから、必要に応じて範囲を設定します。

広く交流するオープンチャットにしたいときは、全体公開、検索OK、5,000人(最大)まで参加できるように設定しましょう。承認制にして検索されないように設定し、人数を制限すれば、内輪でコミュニケーションを楽しむこともできますが、参加コードや承認制は「年齢認証が完了している18才以上の管理者」のみ設定可能です。これらの場合、参加したい人が「参加」を押すと、参加コード入力画面または管理者からの質問が表示されます。参加コードは入力すればすぐに参加できますが、質問が送られてくるタイプは管理者の許可を待つ必要があります。

ここでは、公開オープンチャットを人数制限なしで作る手順を中心に説明します。

  • 「ホーム」画面で「オープンチャット」をタップします

  • オープンチャット画面を開いたら、右下の作成ボタンをタップします

  • オープンチャットの名前、説明文(200文字以内)を入力し、カテゴリーを選択します。「検索を許可」をオンにすると、誰でもこのオープンチャットを探せます

  • すべて入力したら、「次へ」をタップします

  • このオープンチャットで使いたい自分のプロフィール画像とニックネームを設定し、「完了」をタップ

  • オープンチャットの作成が完了しました。公開範囲などの設定は右上のメニューボタンから行います

  • メニュー画面で、右上の設定ボタンをタップ

  • このオープンチャットの定員数や公開範囲を設定します。招待制にしたい場合は「公開設定」をタップし、「参加コードの入力」もしくは「参加の承認」に切り替えましょう

  • 設定の画面で「メンバー管理」をタップすると、このオープンチャットの共同管理者や管理者権限を設定できます

  • 設定の画面で「権限」をタップすると、オープンチャットに参加するユーザー、共同管理者、管理者の権限を細かく設定できます

オープンチャットに招待する

オープンチャットのメンバーを増やすには、「招待」が効果的。招待は「友だちを招待」「リンクをコピー」「リンクをシェア」「QRコードをシェア」の4種類があります。

LINEでつながっている友だちを招待したい場合は、「友だちを招待」で友だちのトークルームにオープンチャットのリンクを送ります。メールやほかのSNSなどで知らせる場合には、「リンクをコピー」「リンクをシェア」「QRコードをシェア」を使って宣伝しましょう。もし、招待したい人が近くにいる場合は、その場でQRコードを読み取ってもらう方法もあります。

  • オープンチャットのトークルームを開き、右上のメニューボタンをタップします

  • 「招待」をタップします

  • 下記のメニューから招待の方法を選びます

鈴木朋子

著者プロフィール
鈴木朋子

ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しく、女子高生とプリクラにも出かける。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親子で学ぶスマホとネットを安心に使う本」(技術評論社)など20冊を超える。