ふと気がつくとiPhoneが反応しない……持ち上げてもダメ、画面に触れてもダメ、振っても叩いても反応なし。外出間際の忙しいときにこれが起こると困りますよね。ボタンを押しまくるうちに再起動するなど、いつの間にか元どおりになっていたりしますが、きちんとした対策を知っておきたいものです。

iPhoneが反応しなくなったときは、強制再起動の操作を行います。その手順はiPhoneのモデルによって異なりますから、自分が利用しているiPhoneに応じた方法を選択しましょう。

iPhone 8以降(iPhone 8/8 Plus/X/XS/XS Max/XR)の場合、2つある音量ボタンのうち上側をクリック(押してすぐ離す)し、すぐあとに下側をクリック、そのあとAppleロゴが画面に現れるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhone 7/7 Plusの場合は、サイドボタンと下側の音量ボタンを同時に10秒以上押し続けます。ホームボタンを搭載するモデル(iPhone 6s以前)は、サイドボタンとホームボタンを同時に10秒以上押し続けます。Appleロゴが表示されたら手を離し、システムの起動完了を待ちます。

以上の手順で何も起こらない場合は、iPhoneのバッテリーが完全に尽きている可能性があります。iPhoneにケーブルをつなぎ充電態勢にして、数分放置してみましょう。画面に充電中であることを示すインジケータが表示されたら、iPhoneの電源をオンにすることができます。

このような状態に陥る原因はいくつか考えられますが、システムの動作に異常が生じてユーザの操作を受け付けなくなる、いわゆる「フリーズ」状態に陥った可能性があります。システムを再起動すれば元どおり動作することがほとんどですが、あまり頻繁にフリーズする場合はハードウェアの故障を疑ってみましょう。

  • iPhoneの画面が真っ暗になり、何をやっても反応しません!?

    操作をまったく受け付けなくなった場合、iPhoneを強制再起動します