コストパフォーマンスの高いイヤホンで定評ある日本のオーディオブランド・AVIOT(アビオット)から、2つの新しいワイヤレスイヤホンが発表されました。新製品は「ハイブリッド・トリプルドライバー」を搭載したことが共通の特徴。6月7日に実施された発表会の様子とともに、各製品を紹介します。

  • コンパクトなハウジングに3つのドライバーを搭載した、AVIOTの新ワイヤレスイヤホンが発売されます

ワイヤレスイヤホン=左右独立筐体の完全ワイヤレスイヤホン、といわんばかりに、今はケーブルレスを徹底的に追求した製品が注目を集めています。AVIOTのラインナップでも、最近ではクアルコムの最新オーディオ用SoC「QCC3026」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01d」や、入門機の「TE-D01g」などがヒットを飛ばしています。そしてまた、AVIOTからワイヤレスイヤホンの常識を打ち破る製品が発表されました。

ハイブリッド構成の完全ワイヤレスイヤホン

新製品の「TE-BD21f」は、7月下旬に発売を予定する完全ワイヤレスイヤホン。価格は17,500円(税別)で、カラバリはブラック、シルバー、バイオレットの3色です。バイオレット(すみれ色)のイヤホンなんてあまり見たことがない、という意味でも存在感があるのですが、本機が打ち破った常識はこれだけではありません。

驚きなのはTE-BD21fが搭載する「ハイブリッド・トリプルドライバー」です。音の解像感と切れ味、繊細な中高域の表現力に長けたBA(バランスド・アーマチュア)型のドライバー×2基と、スムーズで力強い低音再生に優れる9mm口径のダイナミック型ドライバー×1基を組み合わせた、計3基のトリプルドライバー構成によるドライバーシステムを採用。低域から高域まで、クリアで力強い音を鳴らします。

  • 完全ワイヤレスタイプの「TE-BD21f」。写真はブラック

  • TE-BD21fのシルバー。光沢があり、高級な質感です

  • 完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しく、バイオレットをラインナップしました

今回発表された3つのイヤホンには共通で、AVIOT専用に開発されたツインBAドライバーが搭載されています。ドライバーの開発から手がけたことで、音響設計や小型化が難しく、消費電力の観点からもワイヤレスイヤホンには不向きとされていたハイブリッド方式を実現できたそうです。

  • ハイブリッド・トリプルドライバーの基幹パーツで、AVIOT専用に開発されたツインBAドライバー

7月下旬に発売が予定されているTE-BD21fですが、発表会に展示されていたサンプルがまだ完成前段階だったため、サウンドをチェックできませんでした。左右本体をケーブルでつないだワイヤレスイヤホン「WE-BD21d」(6月8日発売)が、同じくハイブリッド・トリプルドライバー構成なので、こちらの音質をあとでレポートしたいと思います。

TE-BD21fには、クアルコムのオーディオ用SoCである「QCC3020」が搭載されています。先述のQCC3026と同世代ファミリーに位置付けられるICチップで、Bluetooth信号の受信感度が高く、クアルコムが独自開発した完全ワイヤレスイヤホンの接続安定性を高める技術「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応しています。

Snapdragon 855を搭載するスマートフォンのうち、日本国内で発売されるソニーの「Xperia 1」、シャープの「AQUOS R3」は、Qualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応するスマホなので、これらのスマホとペアリングすると、音途切れやノイズの発生を抑えられるメリットを実感できるでしょう。

TE-BD21fは、イヤホンのハウジング(本体ボディ)にアルミ合金を採用。凹凸の付いたローレット加工部分には、無垢のジュラルミンから削り出したパーツを用いて質感を高めています。タル型のデザインですが、シリコン製のイヤーチップによって、安定した装着感を得られます。本体はIPX5相当の防滴設計。イヤホンの左右間をつなぐシリコン製ストラップも付属するので、イヤホンを耳から外して、首にかけておきたいとき便利に使えます。

Bluetoothのオーディオコーデックは、aptX、AAC、SBCをサポート。イヤホン単体での連続再生は約7時間ですが、aptX接続の場合は連続再生時間が2割~3割ほど短くなります。付属の充電ケースは500mAhのバッテリーを内蔵し、約3回イヤホンをフル充電できます。ケースの端子には、USB Type-Cを搭載しました。

ピエール中野カスタム、ボイスガイドの主はあの人気声優

完全ワイヤレスイヤホンのTE-BD21fをベースにした、バンド「凛として時雨」のドラマーであるピエール中野氏のカスタムモデル「TE-BD21f-pnk Special Edition」も発表されました。7月下旬の発売を予定します。価格はオープンで、予約開始時期は決まり次第アナウンスされます。

  • ピエール中野氏のカスタムモデル「TE-BD21f-pnk Special Edition」

  • 通常モデルと異なり、TE-BD21f-pnkはパネルカラーがゴールドになります

TE-BD21f-pnk Special Editionは、ピエール中野氏がAVIOTのユーザーであったことからコラボレーションが実現。ピエール中野氏がサウンドチューニングに携わり、外観やパッケージデザインなどもピエール中野氏が全面的に監修しています。なんと、スマホとのペアリング時などに聞けるボイスガイドには、声優の花澤香菜氏が起用されています。コイツは売り切れ必至です!

ハイブリッド型のワイヤレスイヤホン、驚きの価格

BA型とダイナミック型のドライバーは、それぞれ奏でる音に特徴があります。当然ながらBA型、ダイナミック型のどちらかだけを搭載したイヤホンも数え切れないほどありますが、ハイブリッド方式としてBA型とダイナミック型を組み合わせることによって、相乗効果を上手に引き出しているイヤホンにも注目が集まっています。

ハイブリッド方式のイヤホンは、これまで有線接続タイプの中高級モデルに多くの名機がラインナップされてきました。ワイヤレスであり、価格が13,000円(税別)の「WE-BD21d」は、驚きのコスパといえそうです。カラバリはブラックとシルバーの2色で、6月8日に発売となりました。

  • 左右の本体がケーブルでつながっているワイヤレスイヤホン「WE-BD21d」

  • WE-BD21dも採用する「ハイブリッド・トリプルドライバー」の構造図

ダイナミック型のドライバーは8.6mm口径。歪みのないしなやかな低音が音楽の足場を支え、さらに2つのBA型ドライバーによる中低音が広々とした音場を描き出します。

WE-BD21dは、最大48kHz/24bitのハイレゾに迫る高品位なBluetoothオーディオリスニングを実現する、クアルコムの上位オーディオコーデック・aptX HDに対応。aptX HDをサポートするスマホ「Xperia 1」に接続して、その実力を確かめてみました。

  • WE-BD21dのサウンドをXperia 1で試聴しました

上原ひろみのピアノトリオでは、躍動するピアノのメロディを太くパワフルなベースラインが支えます。その安定感は堂々たるもので、まるでスピーカーで音楽を聴いているような鳴りっぷりのよさでした。熱量も圧倒的。ドラムスのハイハットやシンバルのきめ細かな余韻が、ゆったりと空間を満たしていくような手応えも絶品です。aikoの名曲「カブトムシ」は再生を始めた途端、耳の奥をくすぐるような甘く繊細なボーカルにノックダウンされてしまいました。

イヤホンのハウジング素材は、TE-BD21fと同じく剛性の高いアルミニウム。シリコン製イヤーチップのほか、付属のスタビライザーを装着するとさらに安定感が増してきます。音楽を聴かないときは耳から外して、ペンダントのようにハウジング側面に設けたマグネットを背中合わせに付けられるので便利。本体はIPX5相当の防滴設計で、スポーツシーンでも使えるイヤホンです。

  • WE-BD21dのパッケージには、ポーチや2種類のイヤーチップ、シリコン製のスタビライザーなどが付属します

  • WE-BD21dのインラインリモコン。インタフェースはmicroUSB

  • ハウジング側面に搭載されているマグネットを背中合わせに吸着させます

内蔵バッテリーにより、約13時間の音楽再生が可能。aptXコーデックによる接続時には、やはり連続再生時間が2割~3割ほど短くなります。

発表会に登壇したバリュートレードの代表取締役 土山裕和氏は、「これまでAVIOTはワイヤレスイヤホンの幅広いライナップをそろえてきた。今回の新製品はいずれも、日本人のオーディオエキスパートたちが音質にこだわって設計してきたAVIOTの"Japan Tuned"のなかでハイエンドなモデル。ぜひ、耳の肥えたオーディオファンのみなさまに楽しんでほしい」として、完成度の高さをアピールしていました。

  • 新製品への期待を語るバリュートレードの土山裕和氏

かゆいところに手が届く音楽プレーヤーアプリも登場

6月7日、AVIOTからもうひとつ大事な発表がありました。2019年7月のリリースに向けて開発が進む、ブランド初の音楽プレーヤーアプリ「AVIOT Player」です。

AVIOT Playerは、AVIOTユーザーから「オリジナルの音楽プレーヤーアプリがほしい」という声が多く寄せられていたことを受けて誕生しました。オトトイが先行して提供する音楽プレーヤー「OTOTOYアプリ」をベースにしていますが、AVIOT Playerならではのスパイスもきかせています。対応するモバイルプラットフォームは、iOSとAndroidです。

  • AVIOTとOTOTOYのパートナーシップによる新しい音楽プレーヤーアプリ「AVIOT Player」。2019年7月のリリースを予定しています

  • AVIOTのワイヤレスイヤホン専用アプリが登場します

OS標準の音楽プレーヤーアプリにまとわりつく制約を取り払い、すべてのスマホユーザーがより自由に音楽を楽しめるよう、オリジナルの機能を設けています。アプリを通じて、OTOTOYで配信されている楽曲のダウンロード購入ができるのはもちろん、ハイレゾ音源の多くが採用するFLAC形式の音楽ファイルをiPhoneでも再生可能。Android版は、aptX HDによる48kHz/24bit音源のワイヤレス再生ができるところにも要注目です。aptX HD対応のワイヤレスイヤホン「WE-BD21d」との好マッチングにも期待が高まります。

AVIOT Playerアプリは、AVIOTのワイヤレスイヤホンをペアリングすると自動的に検出して、アプリの画面上にステータスを表示します。ローンチ後はアップデートにより、さまざまな機能も加わるそう。たとえば、音質のカスタマイズを深掘りできる10バンド対応のイコライザーや、カスタムメイドされたパラメータを端末にダウンロードして追加できるサービスなどが予定されています。

楽曲リストには、ハイレゾ音源であることがひと目でわかるアイコンが表示され、ユーザーインタフェースも使いやすく洗練されそうです。完全ワイヤレスイヤホンとともに、7月の登場を期待して待ちましょう。

  • AVIOT Playerの楽曲リスト。ハイレゾ音源にはアイコン表示が加わるので、ハイレゾ音源を簡単に見分けられます

  • ハイレゾ音源には「Hi-Res」のマークがつきます

  • AVIOT Playerで音楽を流している画面。こちらもハイレゾ楽曲にはアイコンが表示されます

  • リッチなEQ機能など、秋に向けてのアップデートも計画されています