日経BPコンサルティングは3月22日、ブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2019」の結果をリリースした。同調査は2018年11月から12月にかけて実施されたもので、回答者数は約6万人。

企業ブランドと製品・サービスブランド合わせて1000ブランドを対象とし、一般消費者が評価した「消費者編(BtoC編)では、「フレンドリー」「コンビニエント」「アウトスタンディング」「イノベーティブ」という4指標から総合力が算出されている。

消費者編では、94.4ポイント(偏差値)を獲得したAmazonが3年ぶりに首位を獲得した。Amazonはイノベーティブ(革新性)とコンビニエント(利便性)への評価が高く、イノベーティブランキングで1000ブランド中第1位、コンビニエントランキングで第4位となったという。

第2位以降は、YouTube、日清食品、MUJI 無印良品、Googleと続いている。

今回新たにトップ10入りしたのは、YouTubeをはじめ、無印良品(第4位)、トヨタ自動車(第6位)、ニトリ(第7位)、ダイソー(第8位)、楽天市場(第10位)の6社。前回結果と比較するとトップ10の10ブランド中、6ブランドが入れ替わったという。

  • 「ブランド・ジャパン 2019」の「総合力」ランキング 上位50ブランド消費者編(BtoC編) 資料:日経BPコンサルティング

一方、500の企業ブランドを対象とし、ビジネス・パーソンが評価した有職者編(BtoB編)では、「先見力」「人材力」「信用力」「親和力」「活力」という5指標に加え、5つの「企業評価項目」から総合力が算出されている。

有職者編では、前回に続き、TOYOTA トヨタ自動車が第1位となった。今回、新たにHONDA 本田技研工業、楽天、ソニー、スタジオジブリの4企業がトップ10にランクインした。

  • ブランド・ジャパン2019の「総合力」ランキング 有職者編上位50ブランド(BtoB編) 資料:日経BPコンサルティング