LINEのトーク画面で「メンバーがいません」、または「メンバーなし」と表示されたトークルームが見つかることがありますが、これはいったいなぜでしょう。自分か友だちのミスなのでしょうか。今回は、LINEで「メンバーがいません」と表示される理由を解説します。

相手がLINEアカウントを削除した

LINEで「メンバーがいません」と表示されたトークルームは、相手のアイコンが初期設定のイラストで、名前も「unknown」になっていることがあり、少し不気味です。トークルームのメッセージは残っているため、「相手にブロックされたのでは!?」と焦るかもしれませんが、安心してください。これは相手のアカウントが削除されたとき、もしくは相手がアカウントを削除したときに起こる現象です。

  • LINE

    相手がLINEアカウントを削除すると、LINEのトークルームが「メンバーがいません」または「メンバーなし」となります

削除の理由は相手にしかわかりませんが、よくある原因はスマホの機種変更で、LINEの引き継ぎに失敗したときです。また、LINEの友だちを整理するためいったんアカウントを削除し、新しく作り直す人もいます。とにかく、トークルームの表示が「メンバーがいません」となるのは、自分がブロックされたり、非表示にされたりしたからではありません。

もしLINEで友だちにブロックされたり、非表示設定にされたりしても、相手のアイコンや名前はトークルームに表示されます。

■『LINEで友だちに「ブロック」されたらどうなる?』
■『LINEで友だちを「ブロック」するとどうなる?』

このほかLINEのグループを解散する目的などで、グループを退会させられた場合も、トークルームには「メンバーがいません」と表示されます。この場合、相手のアカウントが存在していれば、相手のアイコンや名前はトークルームに表示されます。

  • LINE

    LINEのグループを自分以外の全員が退会すると、トークルームの表示が「メンバーがいません」「メンバーなし」となります

不要ならトークルームは削除しよう

LINEのトークルームが「メンバーがいません」となっている場合、相手はすでにアカウントを削除しており、そのトークルームが機能することはありません。思い出として残したいという場合を除いて、そういったトークルームは削除するとスッキリします。削除したいトークルームをiOSでは左にスライド、Androidでは長押しし、「削除」を選びましょう。

  • LINE

    「メンバーがいません」というトークルームは、相手のアイコンも初期設定のものになります

  • LINE

    「メンバーがいません」と表示されているトークルームは削除するのがオススメです

「メンバーがいません」と表示されているトークルームを削除せず「非表示」にして、万が一のときは戻そうと考える人もいるかもしれませんが、「削除」するのがオススメ。というのも、非表示にしたトークルームを再び表示させるには、友だち画面から相手のアカウントをタップして設定する必要があるのですが、削除されたアカウントは友だち画面に現れません。なので、再表示設定ができないのです。