LINEのメッセージは気軽に送れるため、うっかり相手を間違えて送信したり、タイプミスした文章を送ったりしてしまいますよね。そんなときはメッセージを削除しましょう。メッセージの削除には2種類あります。ひとつは自分のトークルームのメッセージのみを「削除」(この場合、相手のトークルームのメッセージは消えない)、もうひとつはメッセージの「送信取消」です。

メッセージを「削除」する

LINEのメッセージ「削除」は、自分のトークルームを整理したいときに使う機能です。自分のトークルームではメッセージが消えますが、相手のトークルームにはメッセージが残っています。

メッセージを削除するには、削除したいメッセージを長押しして「削除」をタップし、削除したいメッセージにチェックを付け、「削除」を選びましょう。確認メッセージが出るので、もう一度「削除」を押すと、自分のトークルーム上のみメッセージが消えます。

  • LINE

    削除したいメッセージを長押しすると、「削除」などのメニューが表示されます

  • LINE

    削除したいメッセージは、チェックを付ければ一斉に削除可能です

  • LINE

    最後に確認のメッセージが出るので、「削除」を選びましょう

メッセージの「送信」を取り消す

LINEの「送信取消」は、送信して24時間以内であれば、相手のトークルームからメッセージを消せる機能です。既読、未読のどちらでも取り消せます。取り消せるのは、メッセージ、スタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、LINE MUSIC、URL、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴です。

送信を取り消したいメッセージを長押しし、「送信取消」を選択。確認メッセージが出るので、「送信取消」を押しましょう。これでメッセージの取り消しは完了です。

  • LINE

    送信取消したいメッセージを長押しすると、「送信取消」の項目が出てきます

  • LINE

    確認メッセージが登場。送信を取り消したい場合は、そのまま「送信取消」を選びましょう

メッセージの送信を取り消すと、自分と相手のLINEに「メッセージの送信を取り消しました」と表示されるため、相手にはメッセージを取り消したことが伝わります。また、メッセージの送信を取り消す前に、スマホの通知欄でメッセ―ジを読まれる可能性もあります。スマホの通知欄に届いたLINEのメッセージは、OSによっては送信取り消し後も消えないことがあるので注意しましょう。

  • LINE

    メッセージが取り消されました。メッセージを取り消したことは相手に伝わるので、場合によってはトラブルの原因になることも。送信取り消し後、なぜメッセージを取り消したのかを一言伝えるとよいかもしれません

  • LINE

    送信を取り消す前に、スマホの通知欄からメッセージを読まれる可能性はあります