LINEを一日に一回は開く、という人は多いと思います。友人との楽しい会話、家族との連絡、仕事仲間とのスケジュール調整などに使えて、LINEはとても便利です。もしスマートフォンが壊れて過去のトーク履歴が見られなくなってしまったら、とても困りますよね。

今回はLINEのトーク履歴をバックアップする方法を、iOS端末とAndroid端末に分けて説明します。なお、バックアップはデータ通信量がかさむため、Wi-Fi接続時に行うのがおすすめですよ。

iOSでLINEのトーク履歴をバックアップする

iOS端末でLINEのトーク履歴をバックアップする際は、Appleが提供しているクラウドサービス「iCloud」を使いましょう。iCloudならパソコンなしで、LINEのトーク履歴をバックアップできます。

iCloud機能のひとつで、標準アプリ以外のデータも5GBまで無料で保存できる「iCloud Drive」を使います。iPhoneの「設定」で自分のアカウント名をタップし、「iCloud」を選択。その中で「iCloud Drive」を探しましょう。iCloud Driveの初回利用時は「アップグレード」という表示が出るので、それを押します。

「iCloud Drive」ボタンの下にある「LINE」をオンにしましょう。すでにオンになっている場合は、「LINE」の部分だけ選択します。

  • LINE

    iOS端末の「設定」でアカウント名をタップし、「iCloud」の「iCloud Drive」をオンに。初回利用時は「アップグレード」のメニューが表示されます

  • LINE

    「iCloud Drive」のつぎは、「LINE」をオンにしましょう

次にLINEアプリを開き、トーク画面にある「設定」から「トーク」を表示し、「トークのバックアップ」をタップすると、iCloud上へバックアップが行われます。

  • LINE

    LINE「設定」画面の「トーク」から、「トークのバックアップ」を選びます

  • LINE

    「今すぐバックアップ」を選ぶと、バックアップが始まります

  • LINE

    終了すると「バックアップ完了」と表示されます

AndroidでLINEのトークをバックアップする

Android端末でLINEのトーク履歴をバックアップする際は、Googleドライブを使いましょう。Googleドライブは、Googleが提供するクラウドサービスで、無料で15GBのストレージを利用することができます。はじめてバックアップを行う場合、GoogleドライブとLINEアプリの連携が必要です。

LINEアプリで「友だち」画面から設定ボタンをタップし、「トーク」内の「トーク履歴のバックアップ&復元」を選びましょう。そこで「Google アカウント」を押すと、連携するアカウント候補が表示されるので、自分のGoogleアカウントを選択します。

  • LINE

    LINEで「友だち」画面の設定ボタンから、「トーク」画面を開き、「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択します

  • LINE

    「トーク履歴のバックアップ・復元」から「Googleアカウント」をタップ

  • LINE

    Googleアカウントを選びましょう

  • LINE

    連携を許可するか尋ねるダイアログが表示されます

Googleアカウントと一度連携させれば、次回以降は、「トーク」内の「トーク履歴のバックアップ&復元」から、「Googleドライブにバックアップする」をタップするだけでバックアップできます。

  • LINE

    「Googleドライブにバックアップする」でバックアップできます

  • LINE

    「前回のバックアップ」が最新の日時になったら、バックアップ完了です