iPhoneで表示されている画面を保存したいと思ったことはないだろうか。ホーム画面やウェブページ、アプリの画面など、iPhoneのディスプレイに表示されるものであれば、何でも保存できるのがスクリーンショット機能だ。しかし、iPhone 6/6 Plusからボタンの位置が変わったことで、撮りづらくなったという声も聞く。ここではiPhone 6を例にiPhone 6/6 Plusユーザー向けに確実に撮れる簡単なスクリーンショットの撮り方を紹介しよう。

iPhone 6/6 Plusのスクリーンショットで失敗する理由

まず、スクリーンショットの撮り方の基本を確認しよう。iPhone 5sまでは、「ホームボタン」と端末右上の「スリープ/スリープ解除ボタン」を同時に押すことで、スクリーンショットを撮ることができた。

iPhone 6でも撮り方は基本的には同じなのだが、iPhone 5sまでのやり方を試みると、ひとつの問題にぶち当たる。それは、スクリーンショットの撮影に失敗してしまうことだ。

こんなことはないだろうか。「ホームボタン」と「スリープ/スリープ解除ボタン」の同時押しを心がけても、スリープボタンが先に認識され、スリープ状態になってしまう、もしくはホームボタンが先に認識され、ホームに戻ってしまうといったことだ。

「ホームボタン」と「スリープ/スリープ解除ボタン」の同時押しを意識するとスクリーンショットの撮影に失敗しがち

スクリーンショットの撮影がうまくいかないのは、「スリープ/スリープ解除ボタン」が端末の側面に移動したからだろう。ボタンの位置が変わったことで、力の入れ方が変化し、正しく操作できていないからだ。

iPhone 6の正しいスクリーンショットの撮り方

では、この問題を解決するにはどうしたらいいのか。その解決法について記したい。 先ほど、スクリーンショットの撮影法について、「ホームボタン」と「スリープ/スリープ解除ボタン」の同時押しと書いたが、厳密には違う。

「スリープ/スリープ解除ボタン」を押ししてから「ホームボタン」を押してもスクリーンショットは撮影できるのだ。

「スリープ/スリープ解除ボタン」を押しっぱなしにして、約3秒以内であれば、「ホームボタン」を押すことでスクリーンショットが撮影できる。それ以上「スリープ/スリープ解除ボタン」を押しっぱなしにすると、「スライドで電源をオフ」が表示されてしまうので注意だ。

「スリープ/スリープ解除ボタン」を押して(画像左)から「ホームボタン」を押す(画像右)

もうひとつの方法として、「ホームボタン」を押しっぱなしにしてから「「スリープ/スリープ解除ボタン」を押すことでも撮影できる。ただし、音声アシスタント機能の「Siri」を利用する設定にしておくと、「ホームボタン」の長押しで、スクリーンショットを撮る前にSiriが起動してしまうので注意したい。

「ホームボタン」を先に押して(画像左)から「スリープ/スリープ解除ボタン」を押す(画像右)