2013年9月より、LINEで友だち削除ができるようになりました。これで、「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」をオンにしておいたら、知らない人と友だちになっていた……という場合でも、削除できるので安心です。

しかし、削除できるようになったことで、削除を早まってしまったということも起きてきます。喧嘩した勢いで友だちから削除してしまったけれど、仲直りしたから友だちに復活させたい……というようなときは、このような方法があります。

ブロック・非表示から「削除」可能

LINEの友だち削除は、自分の友だちリストからの削除にすぎません。相手の友だちリストから自分が消えるわけではないので、友だち削除したことは相手に気づかれません。

まずは、友だち削除のやり方を復習しましょう。LINEアプリを起動して、「友だち」画面で「編集」をタップ。次に削除したい相手のアイコン前の丸印をタップ、「ブロック」をタップしてブロック(あるいは「非表示」をタップで非表示)にします。

1.友だち画面で「編集」をタップ、削除したいアイコンの前の丸をタップして「ブロック」をタップ

2.「その他」→「設定」をタップ

次に、「設定」→「友だち」から、ブロックした場合は「ブロックリスト」を(非表示にした場合は「非表示リスト」を)開きます。友だちから削除したい相手の右の「編集」をタップし、「削除」で削除可能です。

3.「友だち」をタップ

4.「ブロックリスト」をタップ

5.削除したい友だちの右側にある「編集」をタップ

6.「削除」で友だち削除できる