説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「バイブレーションの設定画面、どうしてスイッチが2つもあるの?」という質問に答えます。

***

iPhone左側面上にあるサウンド切り替えスイッチを押し下げ、オレンジ色のラインが見える状態にしておくと「サイレントモード」になります。マナーモードと呼ばれることもありますが、意味するところは同じで、内蔵のモーターが高速回転して振動し(バイブレーション)、持ち主に注意喚起を行います。

サイレントモード時は、電話の着信音や各種効果音(メール送受信やロック解除など)がオフになります。内蔵スピーカーから音が出なくなるので、混雑した電車や静かな場所で他人に迷惑をかけずにすみます。ただし、iPhoneの場合、カメラのシャッターとアラーム、タイマーの音をオフにできないため、サイレントモードかどうかに関わらずスピーカーから音が出ます。

ややこしいことに、iPhoneのバイブレーション機能は「サイレントモード時かどうか」で設定が別れています。『設定』→「サウンド」画面のバイブレーション欄には、「着信音あり」と「着信音なし」という2つのスイッチがあり、それぞれ異なる役割を持っています。

上の「着信音あり」スイッチは、サイレントモードがオフのとき(通常時/サウンド切り替えスイッチでオレンジ色のラインが見えない状態)にバイブレーションさせるかどうか決定します。下の「着信音なし」スイッチは、サイレントモードがオンのとき(サウンド切り替えスイッチでオレンジ色のラインが見える状態)にバイブレーションさせるかどうか決定します。

これではわかりにくいので、電話の着信があったときの着信音とバイブレーションの状態をスイッチの組み合わせ別に示します。

写真で解説

サイレントモード・オンのときは、着信音は鳴りませんがバイブレーションします。サイレントモード・オフのときは、着信音は鳴りますがバイブレーションしません

サイレントモード・オンのときは、着信音もバイブレーションもありません。サイレントモード・オフのときは、着信音が鳴りバイブレーションします

サイレントモード・オンのときは、着信音もバイブレーションもありません。サイレントモード・オフのときは、着信音は鳴りますがバイブレーションしません

サイレントモード・オンのときは、着信音は鳴りませんがバイブレーションします。サイレントモード・オフのときは、着信音が鳴りバイブレーションします