ウィザード画面で簡単にScaffoldを生成

MyEclipse for Spring 8.6のScafflodingはウィザード画面が提供されており簡単な操作でScaffoldを生成することができる※7。また、SpringやHibernateなどのライブラリはすべてMyEclipse for Springが用意してくれるためダウンロードして収集する必要がない。簡単さを読者に実感して頂くために操作の流れ(一部省略)を以下に示す※8

※7 ウィザード画面ではなくコマンドラインでSpringベースのScaffoldingを提供するツールとしてSpring Rooがある。Spring RooとMyEclipse for Springの違いについて以下のURLで言及されている。
  http://www.myeclipseide.com/me4s/faqs/faqstoolcomparison.php

※8 操作の詳細は以下のURLをご参照願う。
  http://www.myeclipseide.com/module-htmlpages-display-pid-7.html#spring

MyEclipseのWebプロジェクト(もしくはEclipseの動的Webプロジェクト)のコンテキストメニューで「Scaffold Spring CRUD Application from...」を選択する(図2)。

図2 : 「Scaffold Spring CRUD Application from...」コンテキストメニュー

Scaffoldの生成元を選択する。本稿ではデータベースのスキーマを選択した例を示す(図3)。

図3 : Scaffoldの生成元を選択

Scaffoldingの対象のテーブルを選択する。MyEclipse for Spring 8.6にはApache Derby※9が同梱されており「CLASSICCARS」というスキーマが用意されている。本稿でも利用している(図4)。

※9 Apache Software Foundationが開発しているJavaで作られたRDBMS。
  http://db.apache.org/derby/

図4 : Scaffoldingの対象のテーブルを選択

パッケージ名を指定する。「Base Package」の枠に入力したパッケージ名を元に各層のパッケージ名が自動的に入力される。本稿では「Base Package」のパッケージ名として「sample」を入力した例を示す(図5)。

図5 : パッケージ名を指定

Web層のタイプを選択する。複数の選択も可能である。本稿では「Adobe Flex」「Google Web Toolkit」「iPhone」を選択した例を示す(図6)。

図6 : Web層のタイプを選択

コードの出力先を指定する。Javaのソースコードはデフォルトでは「/generated」フォルダ配下に出力される(図7)。

図7 : コードの出力先を指定

ウィザード画面の操作の流れは以上である。生成されたScaffoldのデプロイは以下のコンテキストメニューで行うことができる(図8)。

図8 : Scaffoldのデプロイ

デプロイが完了すると、選択したWeb層の画面にアクセスすることができる。本稿で選択した「Adobe Flex」「Google Web Toolkit」「iPhone」の画面をそれぞれ示す(図9~11)。

図9 : Adobe Flexの画面

図10 : Google Web Toolkitの画面

図11 : iPhoneの画面(genuitec社が提供する製品「MobiOne」に含まれるiPhoneのエミュレータを使用)