マイナビニュース | テクノロジー | カーエレクトロニクス

関連キーワード

イチオシ記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第100回 ADAS/自動運転車の開発・検証するMathWorksのプラットフォーム

モデルベースデザインを可能にするプラットフォームを手掛けるMathWorksはADAS(先進ドライバ支援システム)用のツール「Automated Driving System Toolbox Release 2017a」を発表したが、これはADASや自動運転車の開発を容易にするツールである。

[09:00 3/29]

新着記事

一覧

ZMP、ケーブル固定型のCAN-USB変換インタフェースを発売

ZMPは3月28日、ケーブルを固定した2チャンネル対応のCANポート搭載インタフェースモジュール「CANUSB-Zケーブルタイプ」を発表した。なお、CANUSB-Zケーブルタイプの価格は5万円(税別)。従来のCANUSB-Zコネクタタイプ(3万円、税別)も、販売を継続して行っていくという。

[17:16 3/28]

トヨタとNTT、コネクティッドカーの技術開発・検証に向けて協業

トヨタ自動車とNTTは3月27日、トヨタが保有する「自動車に関する技術」とNTTグループ各社が保有する「ICTに関する技術」を組み合わせ、コネクティッドカー分野での技術開発・技術検証ならびに、それらの標準化を目的とした協業を行っていくことで合意したことを発表した。

[18:09 3/27]

新着記事

一覧

パナソニック、車載モータの回転角度を±0.1で検出できる角度センサを開発

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、高い磁界レンジに対応可能なAMR薄膜と、角度精度±0.1度以下(25℃時)で360度の角度検出が可能なホール素子を内蔵することで、車載用モータの回転角度を高精度に検出する角度センサ「A3MR」を開発したことを発表した。

[17:40 3/27]

Cypress、車載向けタッチスクリーンソリューションの新ファミリを発表

Cypress Semiconductorは3月22日(米国時間)、車載ソリューションポートフォリオとして、ベストインクラスの防水性とグローブタッチ性能に加え、独自のAutoArmorテクノロジで実現されたEMI耐性を提供する最大8.5型のモニタに対応可能な静電容量タッチスクリーンコントローラ「Automotive TrueTouch CYAT8165X」を発表した。

[07:30 3/24]

【特別企画】完全自動運転化にCAEはどう貢献する? アルテアが語る柔軟な解析環境の実現方法

自動運転車の設計において、CAEが大きな役割を担っているという。アルテアエンジニアリングの芝野氏に詳細をきいた。

[08:30 3/23]

NXP、車載ソフトの設計負担を軽減するマイコン「S32K1ファミリ」を発表

NXP Semiconductorsは、ARM Cortex-M4F/M0+コアをベースにした車載グレードマイコン「S32K1ファミリ」を発表した。

[18:13 3/22]

スズキ、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車の公道走行を開始

スズキは3月21日、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」がナンバープレート(車両番号票)を取得したこと、ならびに今後、公道走行を開始する計画であることを明らかにした。今回、同社は18台のバーグマン フューエルセルのナンバープレートを取得。水素の充填については、静岡県と福岡県などに設置させた水素ステーションが活用される予定だという。

[20:24 3/21]

デンソー、植物由来の樹脂を自社製品にカーナビ/排ガスセンサに採用

デンソーは3月21日、環境負荷の低減を目的として、でんぷん由来のバイオポリカーボネート(PC)および、ひまし油由来のウレタン樹脂を、自社製品の一部に採用したと発表した。具体的には、でんぷん由来のバイオPCが、トヨタ自動車向け純正カーナビゲーションの樹脂パネルへ、ひまし油由来ウレタン樹脂が、自動車向け排ガス船さの接続部の保護材へ、それぞれ採用された。

[20:07 3/21]

OKI、車載機器EMC試験受託サービス事業を強化-車載機器専用電波暗室を倍増

OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(OEG)は3月21日、需要が急伸している車載電子機器・装置の電磁波影響を調べるEMC試験サービスに対し、試験施設を倍増させることを目的に、埼玉県本庄市の本庄テクノセンター内に「第三・第四車載電波暗室」を新設し、4月1日より稼働させることを発表した。

[19:54 3/21]

TI、車載用デュアルバッテリシステムの電力効率を高めるコントローラを発表

Texas Instruments(TI)の日本法人である日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、車載の48Vと12Vのデュアル・バッテリ・システム間で一相あたり500Wを超える電力を高効率で変換・伝送する高集積マルチフェーズ双方向DC/DC電流コントローラ製品「LM5170-Q1」を発表した。

[18:58 3/21]

NXPのAVBスタックソフトウェア、AVnu Allianceの認証を取得

NXP Semiconductorsは、産業、車載、プロフェッショナル機器向けのAVBネットワーキング製品の開発期間を短縮するAudio Video Bridging(AVB)スタック・ソフトウェアのAVnu認証を取得したことを発表した。また、同社はAVBスタック搭載のオーディオ/ビデオ・アプリケーションをサポートするAPIも提供していくとしている。

[18:45 3/21]

NXP、産業機器/車載向けECC付きDDR3Lメモリ対応「i.MX 8X」ファミリを発表

NXP Semiconductorsは、FD-SOI技術によるARM Cortex-A35コアとCortex-M4Fコアの最適化により、電力効率の向上、動作温度の低減、バッテリ駆動時間の延長を可能にする「i.MX 8X」ファミリを発表した。

[18:26 3/21]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第32回 見えないものを観る(2) - 絵画の下書きを観る

今回は、絵画の下に隠された下書きを観ることができる技術をご紹介します。この技術を使うと、図1のように油絵の下に隠された下書き、古代文書の文字の読み取りに利用することができます。これらは、実際に表面を削ることができないので、物を壊さずして内側の層を観る技術が必要になります。

[11:30 3/21]

JDI、車載用液晶ディスプレイ事業を拡充 - 鳥取工場の能力を増強

ジャパンディスプレイ(JDI)は3月17日、同社の車載用液晶ディスプレイの最大生産拠点である鳥取工場における液晶パネル生産能力を2017年11月に増強する予定であること、ならびに先進的液晶モジュールの試作・開発を目的とした自動組み立てラインを2018年4月に設置する予定であることを明らかにした。

[19:11 3/17]

日産、超小型EVによるラウンドトリップ型カーシェアリングを横浜市と開始

日産自動車は3月17日、横浜市と超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」を活用したラウンドトリップ型カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を開始したことを明らかにした。車両は、利用開始予定時間の30分前から予約可能で、利用料金は、基本料金200円のほか、15分ごとに250円が課金されていくが1日あたり最大利用料金は3000円となっている。

[19:01 3/17]

NVIDIAとBosch、XavierベースAI自動運転システム用コンピュータ開発で提携

BoschとNVIDIAは、量産車向け人工知能(AI)自動運転システムの開発に向けて、NVIDIAと協業することを発表した。具体的には、NVIDIAの次世代SoC「Xavier」をベースとした自律走行車開発プラットフォーム「DRIVE PX」を用いて、自律走行車の量産に向けた車載グレードのシステムの開発を進めていくことになるという。

[18:30 3/17]

トヨタ、英国バーンストン工場への2億4000万ポンドの新規投資を決定

トヨタ自動車の欧州統括会社であるトヨタ・モーター・ヨーロッパ(Toyota Motor Europe:TME)は、英国生産拠点であるToyota Motor Manufacturing(UK)(TMUK)のバーナストン工場に、2億4000万ポンド以上の新規投資を行うことを決定したことを明らかにした。また、工場の競争力を高めることと併せて、英国におけるサプライチェーンの効率化も同時に進めていくとしている。

[13:31 3/17]

Mentorの機能検証PF「Questa」のツール認定レポート、ISO 26262準拠を確認

Mentor Graphicsは、同社の機能検証プラットフォーム「Questa Advanced Simulator」、「Questa Verification Management」、「Questa Clock-Domain Crossing(CDC)」のそれぞれに対するツール認定レポートがISO 26262に準拠していることを独立系認証機関であるSGS-TUV Saar(GS-TUV)が認定したと発表した。

[18:04 3/16]

日立など、自動運転の誤作動を予防するセンサを開発

日立製作所と金沢大学は3月16日、自動運転機器の誤作動の原因となる電磁ノイズの発生源を、ポインティングベクトルの手法を応用し、同一地点で、3次元の電界と磁界を同時計測することで特定可能な小型センサを開発したと発表した。同成果の一部は、2017年3月22日~25日に名城大学で開催される「2017年電子情報通信学会総合大会」で発表される予定。

[15:17 3/16]

羽田空港の飲食店で「行列を進むイス」を1日限定で稼働 - 誰でも体験可能

日産自動車は、同社の自動運転技術から着想を得た、行列を進むイス「プロパイロットチェア」について、1日限定で羽田空港に貸与する。同日には一般来場者がチェアに座って体験することが可能だ。日時は3月23日 11:00~14:00まで。

[19:47 3/15]

なぜIntelはMobileyeを買収したのか? - TrendForceが背景を分析

世界最大の半導体メーカーである米Intelは3月13日(米国時間)、先進運転支援システム(ADAS)のグローバルプロバイダであるイスラエルMobileyeを153億ドルで買収すると発表したが、台湾の市場動向調査企業TrendForceは、この買収の背後にある事情を分析した記事を3月14日に発表した。

[14:34 3/15]

Intel、Mobileyeを153億ドルで買収 - 自動運転分野を強化

Intelは3月13日(米国時間)、自動車向けカメラセンサとコンピュータビジョンを組み合わせた自動運転アルゴリズムなどを手がけるイスラエルMobileyeの発行済み全株式を総額153億ドルで買収することで合意したと発表した。

[17:44 3/14]

イーソル、POSIX仕様準拠スケーラブルRTOS「eMCOS POSIX」を発表

イーソルは3月14日、シングルコアプロセッサからマルチ/メニーコアプロセッサまでをスケーラブルにサポートする商用リアルタイムOS(RTOS)「eMCOS」のPOSIX仕様準拠プロファイル「eMCOS POSIX」をリリースしたことを発表した。

[13:12 3/14]

ON Semi、自動走行の実現の向けたセンサデザインセンターを英国に設置

ON Semiconductorは3月7日(米国時間)、英国ブラックネルに新たなセンサフュージョン・デザインセンターを設置することを明らかにした。

[16:16 3/13]

マツダ、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の標準装備化を発表

マツダは3月13日、2017年度中に同社が日本で販売するほぼすべての新世代商品に対し、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備化することを発表した。

[14:37 3/13]

先進モビリティとSBドライブ、沖縄でのバス自動運転実証実験を受託

先進モビリティとソフトバンクグループのSBドライブは3月10日、「沖縄自動運転コンソーシアム」を組成し、内閣府が推進する戦略的イノベーション創造プログラムの「自動走行システム」において、2017年3月20日から沖縄県南城市で行われるバス自動運転実証実験を受託したと発表した。

[19:29 3/10]

ZMP、完全無人走行の研究に向けた遠隔操作パッケージを発売

ZMPは3月10日、自動車の1/10スケールの実験車両「RoboCar 1/10」に、無線通信環境下でのコントローラを用いた遠隔操作を可能とする「RoboCar 1/10 2016 遠隔操作パッケージ」を製品ラインアップに追加したことを発表した。

[19:05 3/10]

高齢ドライバーの認知症対策を強化した改正道路交通法が3月12日に施行 - オリックスが高齢ドライバー見守りサービスを開始

オリックス自動車は2月24日、2017年3月12日に認知症対策強化を盛り込んだ「改正道路交通法」が施行されることを受けて、2月1日より提供を開始した同社の法人向けテレマティクスサービス「e-テレマ」を個人ドライバーに応用した高齢ドライバー見守りサービス「あんしん運転 Ever Drive」に関して、高齢ドライバーの現状と課題を交える形で説明を行った。

[08:00 3/10]

帝人、自動車用樹脂窓に耐摩耗性/耐候性を付与するハードコート技術を開発

帝人は、実車サイズの大型の樹脂窓や曲面が複雑な樹脂窓に、ガラス並みの高い耐摩耗性と、従来品比で2倍となる耐候性を付与できるハードコート技術を開発したと発表した。

[15:09 3/9]

AI技術をクルマで活用するために必要なものとは? - Nuanceが語った音声認識の未来

最近のビジネスシーンにおいて、聞かない日はないというほどの勢いを持つ「人工知能(AI)」という言葉。すでにさまざまなサービスに活用されており、クルマも例外ではない。そうしたクルマの音声入力を支援しているのがNuance Communicationsが提供する音声認識プラットフォーム「Nuance Automotive Assistant」であり、クルマに特化した音声アシスタントとなる。

[10:00 3/9]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>カーエレクトロニクス)

 トップへ
エレクトロニクス化が進む自動車産業の話題をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事