「編集長セレクト」最新記事一覧

    マイナビニュース編集部がオススメする独自視点に基づいた選りすぐりのコンテンツです。

    関連キーワード

    ヘッドライン

    福田雄一監督に「山崎賢人しかいない」と思わせた、『斉木楠雄のΨ難』の新たな姿 - 監督は語る

    映画監督に、出演役者の印象を伺っていく「監督は語る」シリーズ。今回は『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)主演の山崎賢人(23)について、福田雄一監督に話を聞いていく。

    [15:08 10/20]

    いよいよ発売のレクサス新型「LS」は高級車のイメージを変えられるか

    フルモデルチェンジを経ていよいよ発売となったレクサスの旗艦セダン「LS」。開発担当の旭利夫チーフエンジニアは「高級車の概念を再定義すべく、全てを根本から見直した」と語る。それでは、新型LSは既存の高級セダンと何が違うのだろうか。

    [12:23 10/20]

    『アウトレイジ』音楽・鈴木慶一、北野武の"引き算"を恐れる興奮「なんだ、これは」

    映画『アウトレイジ 最終章』(公開中)のスタッフたちの言葉を記録し、「アウトレイジ」シリーズ、及び北野武監督率いる北野組の魅力を探る短期集中連載「暴走の黒幕」。第3回は『座頭市』(03)以降、北野映画の"音"を担う音楽家・鈴木慶一に迫る。

    [10:00 10/20]

    スマホでしか音楽を聴かない男がウォークマン「A40」を使ってみて思うこと

    「山田井さん、ウォークマンのレビュー書きませんか?」マイナビニュース編集部からそう言われたときは、何かの間違いかなと思った。筆者は音楽こそ日常的に聴くものの、特に音楽系のガジェットに詳しいわけでもなく、そもそも音質の良し悪しもあまりわからないからだ。そして、ウォークマンはもうかれこれ10年以上使っていない。最近、音楽はすべてスマホで聴いている。

    [08:00 10/20]

    ソニーのウォークマン「ZX300」を「ZX100」と徹底的に聴き比べてみた

    ソニーからハイレゾ対応音楽プレーヤー「ZX100」の後継となる「ZX300」が登場した。ZX100は、コンパクト性と高音質を両立したモデルとして人気のあったモデルだが、ZX300は一から設計を見直すことで音質に磨きをかけるとともに、新たにタッチパネルを搭載するなど操作性を大幅に向上させている。ZX300はハイレゾ対応音楽プレーヤーの決定版となるのか。前モデルのZX100と比較しながら、その実力に迫ってみた。

    [08:00 10/20]

    ドコモが2画面スマホを復活させた理由

    NTTドコモが18日に都内で開催した2017―2018冬春新商品発表会で、一際目を引いたのは、2画面スマホの「M」だった。姿形はかつてドコモが販売していた「MEDIAS W」と瓜二つ。なぜ今になって復活するのか。

    [15:56 10/19]

    Surface Proロードテスト・第2回 - SurfaceペンとSurface Arc Mouseは必須か?

    Surface Pro 4にはSurfaceペンが付属していたが、絵心もなく長年のキーボード生活に慣れきっているため、ほとんど使ってこなかった。新Surface ProはSurfaceペンが別売りになった一方、筆圧レベルが4,096段階に向上、傾き検知機能も備えるなど、大きく進化している。今回は新旧のSurfaceペンを用意し、使い勝手を比べてみた。

    [12:36 10/18]

    Mate 10シリーズをじっくりチェック - ファーウェイ最新最上位のSIMフリースマホ

    HUAWEIは、フラッグシップスマートフォン「Mate 10」シリーズ2機種3モデル、「HUAWEI Mate 10」、「HUAWEI Mate 10 Pro」、「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10」を発表した。ドイツ・ミュンヘンで行われた発表会の内容は、別記事をご覧いただくとして、ここでは各モデルの外観を中心にハンズオンレポートをお届け。合わせて、主なスペックもまとめて紹介する。

    [23:04 10/17]

    NECPCの新シリーズ「LAVIE Note NEXT」は次世代ホームノートPCを再定義する

    NECパーソナルコンピュータは10月17日、「LAVIE」2017年秋冬モデルの発表会を開催した。13モデルを追加し、全46モデルでの展開となる。発表会はA4ノート、特に新シリーズである15.6型の「LAVIE Note NEXT」(以下、NEXTシリーズ)の紹介にフォーカスした内容となっていた。

    [21:33 10/17]

    IIJmioが格安SIMの疑問に答えまくる - 「IIJmio meeting 17」に行ってきた

    インターネットイニシアティブ(IIJ)は10月7日(大阪)と14日(東京)、MVNOや格安スマホについてのトークイベント「IIJmio meeting 17」を開催した。日本のインターネットの礎であり、MVNOの中でも特に「濃い」ことで知られる同社のイベントではどのようなことが語られるのか、レポートしよう。

    [20:02 10/17]

    注目はデザイン、軽さ、MR - 富士通2017年秋冬PCまとめ

    富士通クライアントコンピューティングは17日、同社製PC「LIFEBOOK」「ESPRIMO」2017年秋冬モデルの新製品発表会を実施した。同日都内で開催された発表会では実機が展示され、同社代表取締役社長の斎藤邦彰氏は、特に注目したい新製品として15.6型ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズ、「LIFEBOOK UH」シリーズ、Windows Mixed Reality対応ヘッドセットの3製品を紹介した。

    [19:12 10/17]

    成田へA380再導入に続くエミレーツの一手--ニック・リース支社長×武藤康史

    エミレーツ航空(本社: アラブ首長国連邦・ドバイ)はこの10月で日本就航15周年を迎えた。今回、日本市場を中心に、これまでの15年間とこれからのエミレーツについて、日本支社長のリース・リース氏に航空会社創業経験もある航空ビジネスアドバイザーの武藤康史氏が戦略に迫った。

    [11:00 10/17]

    綾鷹が「+10円」で実現したプレミアムな緑茶は成功するのか?

    サントリー提供の緑茶「伊右衛門」が切り開いたとされるプレミアム緑茶セグメント。その成功を受けて日本コカ・コーラが上林春松本店の監修を受けて開発した「綾鷹」もまた、その地位を確かなものにしている。綾鷹が2007年に誕生してからこの10月で10周年。その節目のタイミングに、コカ・コーラは通常の綾鷹の一段上を行く「綾鷹 珠玉の深み」をリリースした。

    [08:00 10/17]

    朝ドラ"ナレ死"話題集中の千葉雄大、異質な存在感で絶好のチャンス期に

    国民的番組・朝ドラこと連続テレビ小説の最新作『わろてんか』、開始2週めにして、名誉のナレ死を遂げ、ネットを沸かせた千葉雄大。

    [08:00 10/17]

    ソニーの新しい「1000X」ヘッドホンは逸品、と認めざるを得ない

    ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング機能を搭載するBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」が、約1年のときを経てリニューアルされた。リニューアル後の新機種は「WH-1000XM2」。早速、旧モデル・MDR-1000Xのユーザーである筆者がチェックしてみた。今回は1000Xシリーズの象徴とも言える"明るい方"のカラーをお借りした。現行モデルでは「グレーベージュ」と呼ばれているが、最新モデルでは「シャンパンゴールド」に名前が変わっている。

    [07:30 10/17]

    Surface Proロードテスト・第1回 - どれだけ使える? 気になるバッテリーの持ち具合

    Surface Proが日本で発売されたのは2017年6月15日。かれこれ4カ月ほど経つ。筆者は発売日の当日に購入し、記者会見でのテキスト入力や、喫茶店での原稿執筆・フォトレタッチなどに使ってきた。そこで今回から、Surface Proを使ってきて気になっている点や、改めて感心した点をお伝えしていきたい。

    [20:01 10/16]

    フジ椿原慶子&松村未央アナ『THE NEWS α』大事件に地震で緊迫のスタート - 顔のどアップは「恥ずかしい」

    フジテレビ平日夜の新ニュース番組『THE NEWS α』が10月からスタート。報道番組のメインキャスター初挑戦となる椿原慶子アナウンサー(月~木曜担当)と松村未央アナウンサー(金曜担当)に、スタート前の心境から実際に始まってからの感想、さらには今後の目標や互いのプライベートな関係まで、たっぷりと話を聞いた――。

    [11:00 10/16]

    マックで今日からコーヒー無料! 1.3億杯の大盤振る舞いは何が目的?

    マクドナルドでは本日午後3時からプレミアムローストコーヒー(S)を無料配布する。5日間の期間限定キャンペーンだが、配るコーヒーの量はなんと1.3億杯だ。普通に売れば130億円のものをタダにする大盤振る舞いで、マックは何を目指すのか。

    [11:00 10/16]

    日本のルータ4割に脆弱性、のっとりも容易 - IoTセキュリティのいま

    コーヒーメーカーが音を立ててコーヒーを入れ始める。スピーカーがいきなりAmazon Echoに話しかけ、「Hey Alexa, Add Tesla Model X to my shopping list(Alexa、TeslaのモデルXをショッピングリストに追加して)」と言い始める……。ホームネットワークが感染するとどのようなことが可能になるのか、セキュリティ大手のAvastが解説した。

    [07:00 10/15]

    なぜルノーの台数は増え続けるのか、新型「メガーヌ」に見る独自戦略

    ドイツ車が約6割という日本の輸入車マーケットで着実に伸びつつあるルノー。数字でアピールしにくいと言われるフランス車をどう売っているのか。新型「メガーヌ」の発表会でルノー・ジャポンの社長が口にしたのは「FTS」の3文字だった。

    [08:00 10/14]

    和歌山市駅、駅ビル解体進む - 南海線・JR線の改札口も分離、便利になった?

    南海電鉄の和歌山側のターミナル、和歌山市駅は南海線(南海本線・加太線・和歌山港線)とJR線(紀勢本線)の列車が乗り入れる。「市駅」の愛称で親しまれ、JR和歌山駅とともに和歌山市の表玄関として機能してきた。現在は「和歌山市駅活性化計画」にもとづく改修工事が始まり、JR和歌山駅をしのぐ規模だった駅ビルの解体も進んでいた。

    [06:00 10/14]

    子育て世代にとって理想の住まいとは? 先進エコタウンに見る育児住宅の今

    マイホームの購入を考えるタイミングとして、新しい家族の誕生がきっかけになることも多いだろう。今回は「子育て世代にとって理想の住まいとは?」をテーマに、リストグループが今年6月から販売している横浜市最大級のエコタウン「リストガーデンnococo-town(ノココタウン)」を訪ね、育児住宅の最新事情を取材してきた。

    [17:00 10/13]

    「岡村隆史オファーシリーズ」20周年! 戸渡和孝CPが語る人気の秘密と歴史、そして『めちゃイケ』の今後

    フジテレビ系バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』の名物企画「岡村隆史のオファーが来ましたシリーズ」の最新作となる第15弾が、あす14日(18:30~20:54)に放送される。今回は"日本音楽界の宝"とも称されるアーティスト・三浦大知のライブに挑戦。そこで、20年にわたって同シリーズを見てきた演出・チーフプロデューサーの戸渡和孝氏に、その歴史や裏話、そして『めちゃイケ』の今後についても聞いた――。

    [07:00 10/13]

    新型「リーフ」は使いやすい電気自動車になった? 日産担当者に聞く

    EVへの注目が集まる中で登場した日産の二代目「リーフ」。気になるのは、2010年に登場した初代に比べて買いやすく、使いやすいEVになっているかどうかだ。その辺りを含め、リーフのマーケティング担当に販売戦略を聞いた。

    [07:30 10/12]

    知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第7回 なぜ、MVNOはそこまでしてシェア拡大を目指すのか

    「FREETEL」ブランドのプラスワン・マーケティングの通信事業が、楽天に買収され話題となった。多額のPR費用をかけて市場シェア拡大をめざし、資金不足となり買収につながったと見られる。なぜMVNOはシェア拡大を急ぐのか。

    [07:00 10/12]

    もはや営業妨害レベル!? Amazon激安10.1インチタブレット「Fire HD 10」自腹レビュー

    10月11日、Amazonから10.1インチディスプレイを搭載したタブレット端末「Fire HD 10」が発売されました。最大の特徴はその価格。32GBモデルが18,980円、64GBモデルが22,980円ですが、Amazonプライム会員ならそれぞれ4000円引きで購入可能です。こんな激安価格でタブレット端末が発売されちゃったら、Amazonで販売されているすべてのタブレットが不良在庫になってしまうのではと本気で心配です。

    [06:00 10/12]

    パパとママに聞く「子どものPC選び」第2回 - 「親の想像を超える」子どもとPCの付き合い方

    スマートフォンやタブレットの影響で「若者のPC離れ」なんていわれるPC。しかし、学校教育でもPCが活用され、ますます子どもにとって切っても切れないデバイスになる。子どもにPCを選ぶときにどんなことがポイントになるだろうか。デジタル機器に詳しいライターの方々に「もし自分の子どもにPCを選ぶなら」ということでいろいろと考えてもらった。第2回は「Windows Weekly Report」や「Windows 10ミニTip」でおなじみの阿久津良和さん。

    [21:37 10/11]

    電機から全業種へ、CEATECがV字回復できたウラ事情

    「CEATEC JAPAN 2017」が10月6日、幕を閉じた。長期間に渡り来場者数が減少していたCEATECだが、昨年から「CPS/IoTの総合展示会」へと舵を切ったことで上昇に転じ、今年の来場者数は15万人を超えた。ただ、この数字の改善以上に評価すべきポイントは、かつての「電機業界の見本市」という立て付けから、幅広い業種が参加する総合展示会へのステップアップという点だ。

    [13:08 10/11]

    「Siriのことどう思う?」Google Homeに聞いてみた

    10月5日に発表、6日に発売したGoogleのスマートスピーカー「Google Home」。本稿ではさっそくセットアップの様子を紹介していこう。セットアップ終了後、すでに対応スマートフォンなどでお馴染みとなっているGoogleの音声認識AI「Google アシスタント」に他のAIについて聞いてみたので、その結果が気になる方は先に最終ページをどうぞ。

    [22:45 10/10]

    松本潤、眼光40%で挑んだ『ナラタージュ』 有村架純・坂口健太郎ら「奇跡的キャスト」に行定勲監督が感じた魅力

    松本潤、有村架純、坂口健太郎という、トップクラスの俳優陣が集まり映画化された『ナラタージュ』(10月7日公開)。島本理生原作のベストセラー恋愛小説が、満を持して実写化された。

    [11:30 10/8]

    編集長セレクト バックナンバー

    2017年

    このキーワードについて (編集長セレクト)

    編集長セレクト トップへ
    マイナビニュース編集部がオススメする独自視点に基づいた選りすぐりのコンテンツです。

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事