歓迎会、酔っぱらって上司に介抱された経験がある人は出世する?

 

ぐるなびは3月15日、歓迎会・花見宴会(以下、花見)に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は2017年3月2日~6日、有効回答は20代~60代のぐるなび会員2,649人。

上司に介抱された経験のある人は出世する?

歓迎会は好きか尋ねたところ、64.8%が「好き」、35.2%が「嫌い」と回答。また歓迎会での新入社員の自己紹介について、毎年楽しみにしていると答えた割合は60代が54.2%と最も多く、次いで20代が40.9%、50代が36.4%と続いた。

新入社員の自己紹介が楽しみ

歓迎会での経験について調べると、同世代の中で出世していると実感している人は、「無礼講という言葉を信じて失敗した経験がある」割合(20.7%)が出世していない人(10.4%)の約2倍。また「新入社員歓迎会で酔っ払い、上司に解放してもらった経験がある」割合は、出世している人(25.6%)の方がそうでない人(13.4%)より2倍近く多かった。

上:無礼講という言葉を信じて失敗した経験がある
下:新入社員歓迎会で酔っ払い、上司に介抱してもらった経験がある

社内結婚している人で、独身時代の歓迎会は恋の予感を期待して参加していた人は27.5%。また独身者に現状を聞いたところ、恋の予感を期待して参加するのは「企画・マーケティング」部署が23.8%と最も多く、次いで営業が14.7%という結果になった

上:歓迎会に恋の予感を期待して参加した
下:歓迎会に恋の予感を期待して参加する(独身者)

花見についてみると、「好き」と答えた人は58.2%、「嫌い」は41.8%。仕事関係の花見とプライベートの花見が重なった場合、どちらを優先するかとの問いに対しては、56.0%がプライベートを優先すると回答した。

花見中に「酔っ払って、知らない人と飲んだ経験がある」人は31.9%。また同世代の中で出世していると実感している人で同様の経験がある人は約2人に1人の50.5%で、出世していない人の26.4%と比べて倍近い差があった。

酔っ払って、知らない人と飲んだ経験

合コンと花見を比べたところ、「花見の方が好き」と回答した人は全体の60.3%、女性では69.9%と約7割となった。

合コンと花見、どちらが好きか

平均予算については、歓迎会が4,616.0円、職場の花見が4,467.5円、プライベートの花見が4,031.0円だった。

関連キーワード

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事