「老後」最新記事一覧

公的年金、退職金、貯蓄など老後資金についての情報を集約しました。

関連キーワード

ヘッドライン

サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第87回 2018年スタート! 「つみたてNISA」の始め方

連載コラム『サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック』では、会社員が身につけておきたいマネーに関する知識やスキル・テクニック・ノウハウを、ファイナンシャルプランナーの中村宏氏が、独断も交えながらお伝えします。

[12:00 10/20]

老後の不安を減らすライフプランを考える 第2回 定年制度とは何か?

なぜ寿命の延長に併せて、定年退職年齢は延長できなかったのでしょう? それは、定年制度が、日本的雇用制度の要である終身雇用と大きく関わっているからだと考えます。

[12:00 10/20]

老後の不平等のリスク、若い世代ほど大きく - OECD報告書

経済開発協力機構(OECD)は10月18日、報告書「高齢者の不平等を避けるには(Preventing Ageing Unequally)」を発表した。それによると、高齢になってからの不平等のリスクは、現在既に退職している人より若い世代の方が大きくなると指摘している。

[15:55 10/19]

個人型 確定拠出年金「iDeCo」特集 第1回 そもそもiDeCoって何? - まずは確定拠出年金の仕組みを知ろう

公的年金にじぶん年金を上乗せできる仕組みとして、注目を集めている確定拠出年金。この特集では「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について、ひとつずつ解説していきます。

[07:30 10/19]

老後資金、老齢年金以外で「対策している」は58.2% - 内容は?

アイリックコーポレーションは10月18日、「年金制度」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は10月2日~4日、20~60歳の男女600名(男性300名、女性300名)を対象として、「保険クリニック」によるwebアンケートで実施されたもの。

[13:11 10/18]

長生きを喜べるライフプランを考える - 年金支給繰り下げのススメ

平成28年度国民生活に関する世論調査によると、老後の生活設計についての悩みや不安がある人は約35%で、国民の3人に1人に上ります。その具体的な内容までは調査項目となっていないのですが、「老後資金が十分に準備できない」という不安である可能性は高いものと思われます。

[10:49 9/15]

生命保険会社の健康管理アプリってどんなの? - 加入者以外でも使えることも

生命保険協会や生命保険会社が、様々な健康管理アプリを提供しています。歩数計やカロリー計算など単体ならば無料アプリはいろいろありますが、生命保険会社が提供するだけあって健康管理に役立つメニューや情報などもそろっていて、一歩進んだ内容となっています。

[13:00 9/13]

変額保険って何? - 仕組みや加入時の注意点を紹介

予定利率が低くなる中、「保険で貯蓄」は今や非常識になりつつあります。一方で、注目を集めているのが変額保険です。払った保険料の一部を運用にまわすことで解約返戻金や保険金が運用状況によって増減するこの保険。どんな仕組みでどんな人に向いているのかチェックしてみましょう。

[07:30 9/8]

週1日以上働くシニアの月収、平均29.2万円

メイテックが運営する「fabcross for エンジニア」は9月5日、「シニアの労働観・労働実態」に関する調査から、「働きたい」と考えて週1日以上は働いているシニアに尋ねたアンケート結果を発表した。

[14:55 9/5]

年収300万円からでも貯まる貯蓄1,000万円への道 第62回 自営業の老後のお金って、けっこうヤバイかも!? - 対策編

家計のやりくりの取材をしていて、以前から感じたいたことは、お金がたまらない残念な人は、とにかく言い訳が多いこと。そう感じているのは私だけではなく、他の人からも同じような話を聞くことがしばしばあります。

[13:00 9/5]

健康寿命からライフプランを考える(後編)~健康寿命の使い方~

前回の記事では、日本の健康寿命には3つあり、それぞれの健康寿命がどのような指標を基に計算されているかを紹介しました。今回は、3種類の健康寿命の使い方と、ライフプランへの活用方法を提案します。

[17:20 9/1]

3分で納得! 社会人のためのマネー力UP講座 第3回 "ヤンチャ"な親が亡くなったら絶対やるべきただ一つのこと

親に借金があることを知らなかった場合、放棄の手続きをしそびれてしまいます。3カ月を過ぎてから借金が発覚しても放棄はできません。そんな事態を防ぐには、ただ一つのことをするだけです。

[13:54 8/31]

iDeCoの金融機関はどう選ぶ? - 3つの注目ポイントを紹介

SBI証券はこのほど、確定拠出年金(以下iDeCo)をテーマにしたセミナー「知ってトクする! プロが教えるiDeCo活用方法! ~iDeCoを使って賢く節税&将来の準備~」を開催した。

[07:00 8/24]

健康寿命からライフプランを考える(前編) ~健康寿命とは何か~

健康寿命、当然のことながら平均寿命よりも早くにやってきますが、日本では、現在、この健康寿命と平均寿命の差を短くすることが課題となっています。なぜでしょうか?

[12:00 8/18]

年収300万円からでも貯まる貯蓄1,000万円への道 第61回 自営業の老後のお金って、けっこうヤバイかも!? - 現状把握編

家計のやりくりの取材をしていて、以前から感じたいたことは、お金がたまらない残念な人は、とにかく言い訳が多いこと。そう感じているのは私だけではなく、他の人からも同じような話を聞くことがしばしばあります。

[11:00 8/14]

「お盆玉」って知ってる? - あげる人の予定金額は平均5,900円

あおぞら銀行はこのほど、「シニアのリアル調査」の結果を発表した。同調査では、「お盆玉」の認知度や予定金額などを尋ねた。

[15:55 8/7]

私たちは何歳まで生きるか - 「生命表」からライフプランを考える

皆さんはライフプランを作るとき、何歳までの計画を立てる予定でしょうか? あまり意識されないかもしれませんが、これはライフプランの要となる問いだと思います。

[19:00 8/4]

保険業界に大激震!? - 「プロ100人が選ぶ保険ランキング」発表

半年に一度公表されている、「プロ100人が選ぶ保険ランキング」が6月22日発表され、6月27日には都内で表彰式が催されました。保険ランキングのカテゴリは全部で12分野があり、そのうち半数の6分野をオリックス生命が占める結果となりました。

[07:00 7/12]

産休に入ったら確定拠出年金はどうなる? - 制度の落とし穴を解説

2017年1月に制度の見直しがあり、今注目を集めている「確定拠出年金」には、個人的に加入する個人型確定拠出年金と会社である企業が制度として取り入れている企業型確定拠出年金があります。今回は企業型の見落としがちな落とし穴を紹介します。

[13:14 7/3]

「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策 第40回 お金ときちんと向き合って老後破産を回避しよう

連載『「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのように回避すればよいのか、アラサーのうちからできる対策法をご紹介します。

[08:00 6/9]

大卒総合職の退職金、平均2,374万円 - 経団連調べ

日本経済団体連合会はこのほど、「2016年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」を発表した。それによると、学校卒業後直ちに入社し、その後標準的に昇進・昇格した人(標準者)の退職金額は、「管理・事務・技術労働者(総合職)」の60歳・大学卒で2,374万2,000円となった。

[18:53 6/5]

企業型確定拠出年金の落とし穴

確定拠出年金には個人が個人的に加入する個人型確定拠出年金と会社である企業が制度として取り入れている企業型確定拠出年金があります。概要はどちらも同じですが、仕組みやルールなど細かい部分は違ってきます。今回は企業型の見落としがちな落とし穴を紹介します。

[08:00 6/2]

高齢化で介護人材不足、2025年度の需給ギャップ14万人 - 首都圏白書

政府は5月26日、2017年版首都圏白書(2016年度首都圏整備に関する年次報告)を閣議決定した。白書では、首都圏で高齢化の進展に伴い介護人材が不足すると指摘されている。

[19:21 5/26]

「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策 第39回 "よい習慣"で老後破産を回避する

連載『「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのように回避すればよいのか、アラサーのうちからできる対策法をご紹介します。

[08:00 5/26]

成年後見制度、認知症の親族を持つ人の利用率はわずか6.4%に

みずほ情報総研はこのほど、「認知症の人に対する家族等による預貯金・財産の管理支援に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2016年10月6日~12日、調査対象は認知症の家族・親族がいる40歳以上の個人で、かつ過去3年以内にその認知症の家族・親族の預貯金・財産の管理を支援したことがある人、有効回答は2,000人。

[16:43 5/22]

遺産相続手続きを専門家に依頼しなかった理由は?

日本法規情報は5月18日、「相続に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査期間は4月7日~30日、対象は相続経験者で有効回答数は885人。

[18:37 5/19]

「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策 第38回 シングル男子とシングル女子、老後破産リスクが高いのはどっち?

連載『「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのように回避すればよいのか、アラサーのうちからできる対策法をご紹介します。

[07:30 5/12]

老後にかかる医療費はいくら?

仕事をリタイアした老後生活には、お金の心配事がつきもの。特に、老後は現役時代に比べて病気やケガが多くなり、医療費もかさむ傾向にあります。今のうちからしっかりと考えておきたいですね。そこで今回は、老後にかかる医療費はどのくらいなのか、また、その負担を軽減させる制度や医療費に備える方法についてまとめてみました。

[07:30 5/10]

高齢者のくらし向き、3年前より「悪くなった」が35% - 理由は?

ジー・エフはこのほど、「シニア・高齢者のくらし向きと長寿社会に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2月23日~24日、有効回答は65歳以上の個人2,000人。

[06:30 5/1]

将来の年金受給、85.8%が「不安」

マイボイスコムは4月26日、第8回「個人年金に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査期間は3月1日~5日、有効回答は10代以上の個人1万1,182人。

[15:05 4/26]

老後 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (マネー>家計>老後)

老後 トップへ
公的年金、退職金、貯蓄など老後資金についての情報を集約しました。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事