ネット依存は要介護につながる!? オーラル・フレイルが招く寝たきりの恐怖 (1) 30代からでも見え始めている"兆候" | マイナビニュース

【レポート】

ネット依存は要介護につながる!? オーラル・フレイルが招く寝たきりの恐怖

1 30代からでも見え始めている"兆候"

 
  • <<
  • <

1/2

しっかりと自分の歯で食事をできることは幸せなのだ

咀嚼(そしゃく)機能などが衰退して食事ができなくなり、結果として筋肉減少や寝たきりといった生活機能障害に至る現象を意味する「オーラル・フレイル」。日本歯科医師会が啓発に注力しているこの現象を回避するためには、若いうちからのきちんとした食生活と社会とのつながりを持つことが大切となる。

今回は、M.I.H.O.矯正歯科クリニック院長の今村美穂医師にオーラル・フレイルの予防策などについて伺った。

オーラル・フレイルは一気に進行する場合も

加齢に伴い物をかむ機能が低下すると、筋力も衰えて転倒・骨折のリスクが増大する。特に太ももの骨である大腿(だいたい)骨が折れると歩行が困難となり、寝たきりの状態が続くようならば要介護状態に発展する可能性もある。すなわち、「オーラル・フレイルの予防が全身の健康に寄与する」というわけだ。

オーラル・フレイルは一般的に、「(1)歯の喪失」⇒「(2)滑舌の低下・食べこぼしやむせの発生」⇒「(3)咀嚼する力の低下・食事量の低下」⇒「(4)飲み込み障害発生」という段階を経る。その進行スピードは、年齢や健康状態、精神状態などによって個人差がある。(1)の「予備軍」の人でも、何らかの病気で肺炎などを併発すればすぐ(4)まで進行して死に至るケースも。

本来、オーラル・フレイルの概念は高齢者を対象としているが、30代や40代といった働き盛りの間でもその"兆候"が見え始めていると今村医師は警鐘を鳴らす。

「オーラル・フレイルには本人の活動量や精神・心理状態、歯・口の機能、食・栄養状態、身体機能のすべてが関係してきます。喫煙・飲酒の習慣があり、ストレスの多さから甘いものを日常的に摂取し、忙しくて食事もクチャクチャ音をたてながら早食いする30~40代の人はたくさんいると思います。そのような人は、虫歯や歯肉炎があり、歯周病も始まっている可能性が高いと思うので、『オーラル・フレイルがすでに始まっているな』と感じます」。

このほか、「軟らかいものばかり食べる」「濃い味のものを好む食生活」「頻繁な間食」などもオーラル・フレイルのリスクを高めるという。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 30代からでも見え始めている"兆候"
(2) 社会とのつながりも大切な予防策
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

脱臭・脱煙で燻製を作れるコンベクション式スモークトースター - 小泉成器
[15:43 9/30] スマホとデジタル家電
【特別企画】疲れた体を癒すには「食生活」の変化から! 今日から始めるフルーツLife
[15:29 9/30] 趣味
黒島結菜、リクルートスーツでドラえもんとコラボ! マイナビ広告キャラに
[15:27 9/30] エンタメ
[テラスハウス アロハ ステート]ハワイ版新メンバー6人発表 YOU&トリンドルを射止めたメンバーとは?
[15:23 9/30] エンタメ
東大とキュア・アップ、非アルコール性脂肪肝専用治療アプリの臨床研究開始
[15:20 9/30] テクノロジー