「病院」最新記事一覧

病院に関するアンケートや病院との付き合い方に関する記事を掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

「シミを消したい」と悩まないよう、原因と予防策を医師に学ぶ

シミと言えば、「女性にとっての天敵」と言ってしまっても差し支えないだろう。シミがなければ実年齢以上に周囲から若々しく見られるだろうし、逆にシミが一つでも顔にできようものならば、一気に「老い」を実感しかねない。加齢に伴いできてしまうのは仕方ないとしても、「一分一秒でもシミができるのを遅らせたい」というのが女性の本音ではないだろうか。

[10:17 11/22]

セルフメディケーション税制の対象品目や仕組みとは?

最近、ドラッグストアや薬局で買った医薬品に「セルフメディケーション税対象」という文字やロゴが記載されているのを見た経験がある人はいないでしょうか。これは2017年1月に創設された「セルフメディケーション税制」の対象になっている医薬品であることを示しているのです。

[10:41 11/21]

絢香も罹患したバセドウ病の症状や原因とは? - 医師に聞いてみた

バセドウ病という病名を聞いたことがあるだろうか。一般的にはあまり聞き慣れない病気かもしれないが、200~400人に1人が罹患するとも言われており、特に女性に発症例が多くみられる。著名人ではシンガーソングライターの絢香さんが同病を理由に活動を休止しており、ピンク・レディーとして一世を風靡した増田恵子さんも長年にわたり、バセドウ病に苦しめられている。

[11:07 11/8]

女性が1カ月にエステやエクササイズに投資する平均金額は?

アライン・テクノロジー・ジャパンはこのほど、「美容にかかる費用の比較調査」の結果を明らかにした。同調査は6月、20~60代の東京在住の女性500名を対象にインターネットで実施したもの。1カ月の美容にかかる費用について尋ね、その平均値を算出したところ、「エクササイズ・ジム」が8,234円、「エステ・マッサージ」が8,027円、「美容院」が6,063円、「歯科矯正」が4,166円だった。

[14:50 11/7]

子どもにインフルエンザ予防接種を受けさせる病院選びの基準は?

ベビカムはこのほど、「子どものインフルエンザの予防接種」についての調査結果を明らかにした。同調査は9月13日~20日、子どもを持つ686名を対象にインターネットで実施したもの。今シーズン(2017年~2018年)、一番上の子どもはインフルエンザの予防接種を受ける予定があるか尋ねたところ、62.7%が「受ける予定がある」、37.3%が「受ける予定がない」と回答した。

[10:08 11/6]

研ナオコらも患った橋本病の症状を医師が解説

タレントの研ナオコさんに歌手の岩崎宏美さん、元プロ野球選手の今浪隆博さん……。一見すると関連性が全くなさそうにみえる3人だが、実はある共通点がある。それは「橋本病」の罹患を公表していることだ。

[10:17 11/2]

乳がん検診におけるマンモグラフィのメリット・デメリットを知る

日本人女性に多くみられる乳がんを予防するため、日本では40歳以上の女性に対して2年に1度の乳がん検診が推奨されている。だが、毎日の仕事や家事・育児に追われて行く機会を逸したり、「痛そう」などの不安から検診を自粛したりする女性も少なくないだろう。

[10:50 10/26]

口は命の入り口です 第14回 「口」から服用している薬に潜む危険性とは

日常、「口」から服用している薬などで、じんましんやポツポツとした赤い斑点、同じ場所に繰り返しあらわれる赤いシミなどの症状が出たことがある方はいませんか。症状が軽いからといって放っておくと、重症化して日常生活に大きな影響が出てしまうことがあるだけでなく、場合によっては命に関わります。

[10:19 10/25]

日本の医療費は母国と比べて高いのか安いのか、在日外国人に聞いてみた

10月に入って朝夕の冷え込みが厳しくなってきており、秋の空気どころか、一気に冬めいた日もみられるようになってきた。気温が低い季節になると風邪やインフルエンザに罹り、病院やクリニックのお世話になる人が増える。そしてそれは日本人だけではなく、外国人も一緒だ。

[10:13 10/20]

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第6回 薬の使用期限の調べ方や期限が切れた薬の服用について薬剤師に聞いた

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は薬の使用期限に関するお話です。

[10:50 10/17]

乳がん検診を受けない理由は? - 「検査が痛そう」「費用が不安」の声も

エムティーアイはこのほど、「経験者の声から知る乳がん」の結果を明らかにした。同調査は9月11日~13日、20代~50代以上の1万1,418人を対象にインターネットで実施したもの。乳がんを経験したことがあると回答した91人を対象に、乳がんが発覚したきっかけについて尋ねたところ、「セルフチェックで違和感を覚えて自ら行った検診」(46.0%)が最も多かった。

[09:30 10/1]

耳垢の掃除をさぼると耳垢栓塞の恐れアリ! 医師お勧めの取り除き方とは?

毎日の生活を送っているうちにいつの間にかたまっている不思議な存在・耳垢。私たちの多くは、子どもの頃に親に耳垢を取り除いてもらい、成人してからは自分の手で耳の掃除をしているのではないだろうか。たまっていた耳垢がごっそりと取れたときに何とも言えない気持ちよさを感じた経験を持つ人もいるだろう。

[10:17 9/29]

2位は虫歯治療! 妊娠中に受けた歯科治療の内容で最も多かったものとは?

ベビカムはこのほど、「妊娠中の歯科治療についてのアンケート」の結果を明らかにした。同調査は8月10日~24日、 出産経験がある765名を対象にインターネットで実施したもの。妊娠してから、虫歯になったり、歯周病になったりしたか尋ねたところ、38.2%が「はい」と回答した。妊産婦歯科健診について聞くと、66.7%が「受けた」と答えている。

[10:16 9/28]

医者はインフルエンザなどの感染症に罹患しない? - 真相を聞いてみた

私たちは体の不調を感じたら病院やクリニックで診察をしてもらう。特にこれからの季節は、気温が下がって空気が乾燥してくるため風邪やインフルエンザなどの感染症が流行しやすくなる。ますますドクターのお世話になる機会が増えそうなわけだが、医師自身は体調不良にならないのだろうか。

[10:24 9/27]

日本の医療機関のサービスは母国と比べて優れているか、外国人に聞いてみた

誰しも一度は病院や医院などで受診した経験はあるはずだ。個々の医療機関によって多少の差こそあれ、院内は清潔さが保たれており、医師や医療スタッフらも診察に訪れた人たちに対して丁寧な対応をしてくれるだろう。自身の健康に不安があるときは、日本人あるいは日本企業に特有のきめ細やかなケアのありがたみをいつも以上に実感するというものだ。

[10:30 9/26]

乳がんの早期発見者は、乳がん検診をどれくらいの頻度で受けていた?

ドコモ・ヘルスケアはこのほど、乳がん罹患者を対象にした「乳がん」に関するアンケートの結果を明らかにした。同調査は8月21日~9月4日、乳がん患者160人を対象にインターネットで実施したもの。乳がんに気づいたきっかけを尋ねたところ、40%が「セルフチェック」、37%が医療機関での「マンモグラフィ検査」と回答した。

[16:24 9/22]

目の周りのアトピーは危険! 注意すべき合併症や治療法を眼科医が解説

我慢できないほどのかゆさが特徴である皮膚疾患・アトピー性皮膚炎。顔に炎症ができると眼球にもかゆみを覚えるため、かいたりこすったりしているうちに眼球が傷つき、何らかの疾患を併発する可能性も少なくない。

[10:17 9/22]

過去10年以内に病気やケガで手術をしたビジネスパーソンの割合は?

アクサ生命保険はこのほど、『ビジネスパーソンの「治療と仕事」に関する調査2017』の結果を明らかにした。同調査は7月27日~8月1日、30歳~59歳のビジネスパーソン1,000人を対象にインターネットで実施したもの。昨年1年間で、何日くらい病院にかかったか聞いたところ、「1~5日」(36.7%)が最も多く、「0日」(34.8%)、「11~20日」(11.7%)、「6~10日」(11.5%)が続いた。

[09:48 9/22]

日本の医療保険制度は母国と比較してどうですか? - 外国人に聞いてみた

日本の「国民皆保険制度」は国民全員を公的医療保険で保障しており、保険証を提示すれば医療費の負担金額は1~3割ですむ。景気問題による加入者の減少や超高齢社会に伴う収支バランスなどが問題視されているが、有事の際にその恩恵にあずかった人は数知れない。

[10:50 9/21]

失明のリスクもあり! アトピー性皮膚炎が招く眼合併症を眼科医が解説

皮膚にアレルギー性の炎症を起こすアトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う慢性的な疾患であることが知られている。小児がなるイメージが強いかもしれないが、成人以降もその症状に苦しむ人は少なくない。そしてこのアトピー性皮膚炎は、実は重篤な目の病気を引き起こすリスクを伴う疾患でもあるのだ。

[10:16 9/21]

大腸憩室炎の原因と治療法 - 腹痛や発熱、排便異常の症状にも注意

ちょっと汚い話かもしれないが、自身の体調を知る有効な手段の一つに「便」がある。一般的にバナナ型なら良好とされており、水っぽいような便が続くとおなかの調子が悪いことがわかる。では血便や排便時の出血が確認されたとしたら――。体が何らかの不調に陥っていることは明らかだろう。

[11:20 9/20]

病院に行く必要がある腰痛の特徴とは? - 整形外科医に聞いてみた

日本整形外科学会の「腰痛に関する全国調査 -報告書 2003年-」によると、過去および現在において、治療を必要とするほどの腰痛を経験したことがある男性は57.1%、同じく女性は51.1%にものぼるという。「治療まではいかない程度」の腰の痛みを抱えている人を含めると、腰痛に悩まされている日本人は相当数いることがうかがえる。

[11:13 9/19]

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第4回 「服薬アドヒアランス」が意味することと今後の課題

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は薬のコンプライアンスに関するお話です。

[10:17 9/19]

腰痛の原因は日常生活にあり! 痛み解消のためにできることを医師に聞いた

多くの人が一度は腰痛を経験したことがあるのではないだろうか。かくいう筆者も、数年前に急性腰痛で年末の深夜に救急搬送された苦い記憶を持つ。当時はあまりの痛みに寝返りを打つことさえできず、ただただつらい日々を過ごした。

[10:49 9/15]

死に至る症例も! 便秘が招く病気の恐怖と自分でできる対策を医師に聞く

便秘に悩む日本人は多い。厚生労働省が発表している「平成25年国民生活基礎調査の概況」によると、日本人の人口1,000人あたりの患者数は男性が26人、女性が48・7人となっており、女性の場合は20人に1人が便秘で悩んでいる計算になる。「何日も便が出ない」「お腹が痛い」などの症状に悩まされつつも、仕事や家事・育児が忙しくて便秘をそのまま放置している人も少なくないだろう。

[10:18 9/12]

大腸がんや過敏性腸症候群……注意すべき便秘の原因を消化器外科医が解説

最近お通じの調子がよくないと感じたら、多くの人が「あれ、便秘かな? 」と疑うはずだ。便秘の特徴の一つとして「排便の回数の少なさ」があることは広く知られているが、具体的に何日出なかったら便秘と呼ぶのかを知っている人となると、一気にその数が減るだろう。

[10:20 9/11]

三叉神経痛の治療に使われる薬や手術の内容を脳外科医に聞く

洗顔や食事など、日常生活のふとしたシーンに電撃が走ったかのような痛みに襲われる病気・三叉(さんさ)神経痛。その原因の多くは、蛇行した血管が神経を圧迫していることによるものだ。耐え難いほどの痛みが一日に数十回も襲ってくるだけに、可及的速やかに治療にあたったほうがよい。

[10:19 9/8]

「電撃痛」とも評される三叉神経痛の原因や症状とは

物を食べていたり、歯を磨いていたりするときにふと耐え難いほどの激しい痛みに襲われる――。このような状況下に陥ったとき、多くの人は虫歯を疑うのではないだろうか。ところが、実はその痛みの裏側には、虫歯とは全く関係ない神経の病気が潜んでいるのかもしれない。

[10:18 9/7]

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第3回 コーヒーや牛乳はOK? 薬を水以外で飲んでも大丈夫なのかを薬剤師が解説

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は服薬する際の飲み物に関するお話です。

[10:17 9/5]

口は命の入り口です 第12回 歯の痛みが原因で死ぬ可能性も? 歯痛に間違われる病気を専門家に聞く

あなたは歯や顎(あご)に違和感を覚えたとき、「何かおかしい」と思えるでしょうか? 突然、歯や顎が痛くなったときに「あれっ、何かおかしいな」と感じていますか? それとも「どうせ、むし歯の痛みだろう」などと思ってしまうような方でしょうか。

[10:49 9/4]

病院 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>病院)

病院 トップへ
病院に関するアンケートや病院との付き合い方に関する記事を掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事