「病院」最新記事一覧

病院に関するアンケートや病院との付き合い方に関する記事を掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

乳がんの早期発見者は、乳がん検診をどれくらいの頻度で受けていた?

ドコモ・ヘルスケアはこのほど、乳がん罹患者を対象にした「乳がん」に関するアンケートの結果を明らかにした。同調査は8月21日~9月4日、乳がん患者160人を対象にインターネットで実施したもの。乳がんに気づいたきっかけを尋ねたところ、40%が「セルフチェック」、37%が医療機関での「マンモグラフィ検査」と回答した。

[16:24 9/22]

目の周りのアトピーは危険! 注意すべき合併症や治療法を眼科医が解説

我慢できないほどのかゆさが特徴である皮膚疾患・アトピー性皮膚炎。顔に炎症ができると眼球にもかゆみを覚えるため、かいたりこすったりしているうちに眼球が傷つき、何らかの疾患を併発する可能性も少なくない。

[10:17 9/22]

過去10年以内に病気やケガで手術をしたビジネスパーソンの割合は?

アクサ生命保険はこのほど、『ビジネスパーソンの「治療と仕事」に関する調査2017』の結果を明らかにした。同調査は7月27日~8月1日、30歳~59歳のビジネスパーソン1,000人を対象にインターネットで実施したもの。昨年1年間で、何日くらい病院にかかったか聞いたところ、「1~5日」(36.7%)が最も多く、「0日」(34.8%)、「11~20日」(11.7%)、「6~10日」(11.5%)が続いた。

[09:48 9/22]

日本の医療保険制度は母国と比較してどうですか? - 外国人に聞いてみた

日本の「国民皆保険制度」は国民全員を公的医療保険で保障しており、保険証を提示すれば医療費の負担金額は1~3割ですむ。景気問題による加入者の減少や超高齢社会に伴う収支バランスなどが問題視されているが、有事の際にその恩恵にあずかった人は数知れない。

[10:50 9/21]

失明のリスクもあり! アトピー性皮膚炎が招く眼合併症を眼科医が解説

皮膚にアレルギー性の炎症を起こすアトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う慢性的な疾患であることが知られている。小児がなるイメージが強いかもしれないが、成人以降もその症状に苦しむ人は少なくない。そしてこのアトピー性皮膚炎は、実は重篤な目の病気を引き起こすリスクを伴う疾患でもあるのだ。

[10:16 9/21]

吉澤ひとみらも罹患した大腸憩室炎の症状や治療法を内科医に聞く

ちょっと汚い話かもしれないが、自身の体調を知る有効な手段の一つに「便」がある。一般的にバナナ型なら良好とされており、水っぽいような便が続くとおなかの調子が悪いことがわかる。では血便や排便時の出血が確認されたとしたら――。体が何らかの不調に陥っていることは明らかだろう。

[11:20 9/20]

病院に行く必要がある腰痛の特徴とは? - 整形外科医に聞いてみた

日本整形外科学会の「腰痛に関する全国調査 -報告書 2003年-」によると、過去および現在において、治療を必要とするほどの腰痛を経験したことがある男性は57.1%、同じく女性は51.1%にものぼるという。「治療まではいかない程度」の腰の痛みを抱えている人を含めると、腰痛に悩まされている日本人は相当数いることがうかがえる。

[11:13 9/19]

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第4回 「服薬アドヒアランス」が意味することと今後の課題

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は薬のコンプライアンスに関するお話です。

[10:17 9/19]

腰痛の原因は日常生活にあり! 痛み解消のためにできることを医師に聞いた

多くの人が一度は腰痛を経験したことがあるのではないだろうか。かくいう筆者も、数年前に急性腰痛で年末の深夜に救急搬送された苦い記憶を持つ。当時はあまりの痛みに寝返りを打つことさえできず、ただただつらい日々を過ごした。

[10:49 9/15]

死に至る症例も! 便秘が招く病気の恐怖と自分でできる対策を医師に聞く

便秘に悩む日本人は多い。厚生労働省が発表している「平成25年国民生活基礎調査の概況」によると、日本人の人口1,000人あたりの患者数は男性が26人、女性が48・7人となっており、女性の場合は20人に1人が便秘で悩んでいる計算になる。「何日も便が出ない」「お腹が痛い」などの症状に悩まされつつも、仕事や家事・育児が忙しくて便秘をそのまま放置している人も少なくないだろう。

[10:18 9/12]

大腸がんや過敏性腸症候群……注意すべき便秘の原因を消化器外科医が解説

最近お通じの調子がよくないと感じたら、多くの人が「あれ、便秘かな? 」と疑うはずだ。便秘の特徴の一つとして「排便の回数の少なさ」があることは広く知られているが、具体的に何日出なかったら便秘と呼ぶのかを知っている人となると、一気にその数が減るだろう。

[10:20 9/11]

三叉神経痛の治療に使われる薬や手術の内容を脳外科医に聞く

洗顔や食事など、日常生活のふとしたシーンに電撃が走ったかのような痛みに襲われる病気・三叉(さんさ)神経痛。その原因の多くは、蛇行した血管が神経を圧迫していることによるものだ。耐え難いほどの痛みが一日に数十回も襲ってくるだけに、可及的速やかに治療にあたったほうがよい。

[10:19 9/8]

「電撃痛」とも評される三叉神経痛の原因や症状とは

物を食べていたり、歯を磨いていたりするときにふと耐え難いほどの激しい痛みに襲われる――。このような状況下に陥ったとき、多くの人は虫歯を疑うのではないだろうか。ところが、実はその痛みの裏側には、虫歯とは全く関係ない神経の病気が潜んでいるのかもしれない。

[10:18 9/7]

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第3回 コーヒーや牛乳はOK? 薬を水以外で飲んでも大丈夫なのかを薬剤師が解説

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は服薬する際の飲み物に関するお話です。

[10:17 9/5]

口は命の入り口です 第12回 歯の痛みが原因で死ぬ可能性も? 歯痛に間違われる病気を専門家に聞く

あなたは歯や顎(あご)に違和感を覚えたとき、「何かおかしい」と思えるでしょうか? 突然、歯や顎が痛くなったときに「あれっ、何かおかしいな」と感じていますか? それとも「どうせ、むし歯の痛みだろう」などと思ってしまうような方でしょうか。

[10:49 9/4]

突然声を失う機能性発声障害の原因や治療法を専門医に聞く

声は私たちが他人と意思疎通を図るうえで重要な役割を果たしている。もしも声を発することができなかったら、自分の考えや意見を主張するのに苦労し、いざというときに周囲にSOSを求めるのも難しくなってしまうだろう。そんな大切な声がある日突然、失われるかもしれないとしたらどうだろうか――。

[10:54 9/1]

六本木EDクリニック、スマホで診察を行う遠隔診療開始

六本木EDクリニックはこのほど、新サービス「スマホ遠隔診療」を導入した。「遠隔診療」とは、医療機関に直接来院できない人のために、スマートフォンを利用して医師の診察を行う厚生労働省に認可された診察法のこと。専用アプリをダウンロードすれば、スマホ1つで診察の申し込み、診察ができる。

[17:00 8/31]

大人が罹る中耳炎の症状や原因、なりやすい人の特徴を医師に聞く

生後半年~5歳くらいまでに発生することが多いと言われている中耳炎。5歳を過ぎて徐々に抵抗力がついてくると、菌への感染リスクが減少して中耳炎になるリスクも低下するが、大人でも中耳炎が発症するケースはある。自分で中耳炎が発症していることに気づかず放置して、重篤化してしまう成人もいるので注意が必要だ。

[10:17 8/25]

スマホでOK! - 赤坂にクラウドを活用し遠隔診療を行うクリニック誕生

東京都港区にこのほど、クラウド上での遠隔診療を軸とした新しいタイプのクリニック「赤坂クラウドクリニック」がオープンした。患者はパソコンやスマートフォンから、ビデオ通話を通して遠隔受診することが可能だという。診療時間が20時~22時なので、日中は忙しいビジネスパーソンも仕事が終わった後に診療を受けられるとのこと。

[11:42 8/24]

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第2回 危険な薬の飲み合わせを回避するための方法とは

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっている薬に関する正しい知識を伝える連載「薬を飲む知恵・飲まぬ知恵」。今回は薬の「飲み合わせ」に関するお話です。

[10:17 8/22]

糖尿病や肥満でリスク増! 急性大動脈解離の原因や症状を専門医に聞く

血管は私たちの体の至るところに張り巡らされ、生きるうえで大切な血液を循環させる役割を担っている。そのため、血管に何らかの異常が見つかった場合、重篤な疾患につながりかねないことは容易に想像できるだろう。例えば、血管が詰まることで起きる脳梗塞や心筋梗塞などがその一例だ。

[10:30 8/10]

「健康意識が高い都道府県」の1位は宮城県 - 最も病院が嫌いな地域は?

アンファーはこのほど、「ニッポン健康意識大調査」の結果を明らかにした。同調査は7月27日~29日、全国の20~69歳の男女4,700名を対象にインターネットで実施したもの。「病気の予防に対する意識」「予防として行っている事柄」「そのきっかけ」「体調が悪いときの対応」「かかりつけ医がいるか」など、自身の考えや県民性を含めた「予防医学に対する考え方」を調査するために実施した。

[15:41 8/9]

オペ室より愛をこめて 第23回 わざわざ海へけがをしに来るという悲劇

外科医であり、母であり、漫画家でもあるさーたりさんが、ドクターとしての日常を描きながら健康に役立つ情報などをお届けする4コマ漫画連載「オペ室より愛をこめて」。今回は海でのトラブルにまつわるお話です。

[12:02 8/9]

中村獅童が経験した肺腺がんの原因や肺がんとの違いを専門医に聞く

今年5月に初期の肺腺(はいせん)がんを患っていることを明らかにした歌舞伎俳優・中村獅童さんがこのほど、11月に全国を巡演する松竹大歌舞伎で舞台に復帰する予定だと発表した。体調も順調に回復しているそうで、元気そうな姿を見てほっと胸をなでおろしたファンも少なくないはずだ。

[10:18 8/1]

髄膜炎は早期に治療をしないと危険な理由

継続的な頭痛や発熱、項部(こうぶ)硬直などの症状を呈し、脳炎まで移行するとけいれんや意識障害が起きて後遺症をもたらすケースもある髄膜炎。夏風邪の原因ウイルスで発病することもあり、これから夏にかけての時期はウイルス性髄膜炎に注意が必要となる。本稿では高島平中央総合病院脳神経外科部長の福島崇夫医師の解説をもとに、髄膜炎の予防と治療法を紹介する。

[10:42 6/28]

後遺症が出る場合も! 髄膜炎の症状と原因を脳外科医に聞く

髄膜炎という病気をご存じだろうか。元モーニング娘。のメンバーで現在はママタレントとして活躍する辻希美さんが2013年、無菌性髄膜炎症候群と診断されて入院したが、この無菌性髄膜炎症候群も髄膜炎の一種だ。主に小児がなる病気ではあるが、成人でも罹患するケースがある。

[10:13 6/20]

口は命の入り口です 第10回 「口を開けるときに顎がカクッとなる」人に知ってほしいこと

先日、「食事をするときに顎(あご)がズレるんです」という30代女性のビジネスパーソンからご相談を受けました。口が指1本分しか開かず、開けようとすると左の耳の前(関節部)に痛みがありました。黙っていても痛みがなく、レントゲン写真でも骨に変形がありませんでした。他の病気がなかったので、「顎関節症」と診断しました。

[07:00 6/20]

歯が痛いときにしてはいけない行為を歯科医師が解説

体に何らかの痛みが生じたら、医療機関を受診するのが普通だろう。ただ、もしも抜き差しならない状況に置かれていれば、すぐに医師のもとを訪れることはかなわない。そのような際は自分で痛みを何とかしようと対処しがちだが、時にはかえって逆効果となってしまうこともある。

[10:52 6/16]

オペ室より愛をこめて 第22回 胃もたれを全力で気遣ってくれるありがたい職場

外科医であり、母であり、漫画家でもあるさーたりさんが、ドクターとしての日常を描きながら健康に役立つ情報などをお届けする4コマ漫画連載「オペ室より愛をこめて」。今回は胃痛にまつわるお話です。

[10:53 6/15]

梅雨の時期特有の不調"梅雨だる"を6割が経験 - 対策は?

「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」はこのほど、「梅雨時期の身体や精神面の不調に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は3月10日~13日、首都圏在住の20~50代の男女892人を対象にインターネットで実施したもの。

[16:28 6/14]

病院 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>病院)

病院 トップへ
病院に関するアンケートや病院との付き合い方に関する記事を掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事