「病院」最新記事一覧

病院に関するアンケートや病院との付き合い方に関する記事を掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

接着剤はNG! 旅行中に歯の詰め物が取れたときの正しい対処法

旅行中に体調を崩してしまうと、すぐにかかりつけの病院に行くのは難しい。歯の場合も同じだ。もし銀歯などの歯の詰め物が取れてしまったら、どのような対処をすればいいのだろうか。今回は、旅行中に歯の詰め物が取れてしまったときの対処法について、一般歯科・小児歯科・口腔外科の小川惠医師にお聞きした。

[07:00 3/28]

生理期間が長い人も短い人も要注意! 生理不順が体に及ぼす影響とは

生理の期間や周期が長すぎる、短すぎる、周期が毎回バラバラで安定しない……。こうした症状を「生理不順(月経不順)」といいます。安定していた生理が乱れると不安になるものですが、なぜ生理不順がよくないのかと聞かれたら、ちゃんと答えられる人は少ないのではないでしょうか?

[16:43 3/27]

歯並びが悪くなることも! 乳歯のむし歯が永久歯に及ぼす影響とは

生後8カ月頃から順番に生え始め、計20本がそろう子供の「乳歯」。一般に、中学生くらいまでには大人の歯である「永久歯」に生え変わる。いずれ生え変わるのなら、乳歯にむし歯があっても関係ないのでは? と思う人はいないだろうか。実は、乳歯のむし歯が永久歯にも影響する可能性があるというのだ。

[16:30 3/24]

彼との行為でなることも!? 女性が急性膀胱炎になりやすい理由

働く女性の皆さん、仕事中になかなかトイレに行けないことはありませんか? 女性は体の構造上、トイレを我慢しすぎると「急性膀胱炎」を引き起こす可能性があります。他にもさまざまな原因が考えられますが、女性の場合、性行為が原因となることも少なくありません。今回は、急性膀胱炎とは何かを詳しく解説します。

[16:00 3/23]

女性のカラダのことをもっと知ろう! 「生理検定」がオープン

マイナビニュースのヘルスケアチャンネルにこのほど、生理に関する理解が深まる「生理検定」がオープンしました。監修は、女性のデリケートな悩みに沿った医療を提供する喜田直江医師。生理と女性の体の仕組みについて、これまで疑問に思っていたことが解消されるはずです。

[09:00 3/23]

女性が「閉経」を迎えるのはいつ? 閉経前に起こる兆候とは

12歳前後で始まって以降、毎月やってくる生理。しかし女性が年齢を重ねると、やがては「閉経」し、生理が来ることはなくなります。閉経の前後には、さまざまな症状や体の変化が起こるといわれています。それらは、いつ頃、どのように起こるのでしょうか。今回は、どんな女性にも訪れる閉経の基礎知識をお伝えします。

[16:00 3/22]

訪問看護のサービスや、医療・介護保険制度別に利用できる人の条件を紹介

自身の最期を病院のベッドではなく、住み慣れた自宅で迎えたいと願う人は少なくない。そのような在宅でのターミナルケアや、通院をするのが難しい人の身の回りの世話をしてもらう際に便利なのが訪問看護サービスだ。サービスの名称は聞いたことはあっても、その詳細な内容やサービスの対象者までをきちんと理解している人は少ないだろう。

[10:09 3/22]

避妊のために男性ができること、女性ができること

あなたは、パートナーと性行為をするとき、正しい方法で避妊をしていますか? 「毎回ちゃんとしているから大丈夫」と思うかもしれませんが、もしかしたらその避妊法は確実ではないかもしれません。今回は、さまざまな避妊の選択肢を、男性主導で行うものと、女性が主導権を握れるものに分けて紹介します。

[16:00 3/17]

まだ知らないの? 花粉症歴15年の患者が語る花粉対策5つ

こんにちは、トイアンナです。花粉症のみなさん、元気ですか? 私はヒノキとブタクサの花粉症にかかって早15年、毎年春と秋はくしゃみと涙に覆われています。そして昨年、イギリスへ移住。花粉ともおさらばよと思っていたら、なんとこの国にもシラカバの花粉が飛び交っており、1月から鼻水が止まりません。

[12:00 3/17]

高齢出産は何歳から? - 女子大生の正答率は38%

ドコモ・ヘルスケアはこのほど、女子大生を対象とした「性に関する意識・実態の調査」の結果を発表した。同調査は1月17日~18日、全国の短期大学・大学・大学院に通う女子学生309人を対象に、インターネットで実施したもの。最初に、自分の体について不安に思っていることを聞くと、1位は生理痛(34%)、2位は乳がん(31%)という結果になった。

[07:00 3/17]

避妊率99.9%! ピルを飲むと避妊できる理由

日本ではまだ普及率が低いものの、海外では多くの女性に使われているピル。「生理の初日から毎日1錠ずつ、できる限り決まった時間帯に飲む」という基本ルールを守ることで、約99.9%という高い確率で避妊できるといわれています。でも、なぜピルを飲むだけで、妊娠しなくなるのでしょうか?

[16:00 3/16]

緊張するとお腹がグルグル…! 過敏性腸症候群の原因と内科的アプローチ

ビジネスシーンでは、緊張を強いられたりプレッシャーを感じたりする場面も多い。皆さんには、通勤中や大事なプレゼンの前などに、急にお腹を壊してトイレに駆け込んだ経験はないだろうか

[09:00 3/15]

口は命の入り口です 第6回 ペットとのキスは大丈夫? ペットからうつる感染症リスクとは

ペットフード協会の平成28年の調査によると、国内で飼育されているイヌの数は約1,000万頭(匹)、ネコの数もまた約1,000万匹だそうです。ペットとの触れ合いは、仕事の疲れを吹き飛ばしてくれますよね。

[07:00 3/15]

花粉症は2位! 冬から春にかけての不調で最も多い症状は?

保険ショップ「保険クリニック」はこのほど、「冬~春の体の困りごと」についてのアンケート結果を発表した。同調査は2月28日~3月3日、20~60歳の男女各300人を対象にインターネットで実施したもの。冬から春にかけて 体の困りごとはあるか尋ねたところ、男性の66.7%、女性の84.7%が何かしらの体調不良を感じていることがわかった。

[06:00 3/15]

ノロウイルスの症状が出たら病院に行くべき? - 正しい対処法を医師に聞いた

ノロウイルス、ロタウイスルなど、主にウイルスなどの微生物を原因とする胃腸炎を総称して「ウイルス性胃腸炎(感染性胃腸炎)」と呼ぶ。発症すると、嘔吐(おうと)や下痢などの症状に苦しめられるため、一度でも感染したことがある人はそのつらさを忘れないはずだ。

[16:00 3/14]

石原さとみが3位! - 実際に看護されたい看護師役経験済み女優の1位は?

今クールのドラマでは『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)が放送中だが、医療をテーマに扱った作品は過去にも数多く製作されている人気コンテンツ。シリアスなものからコミカルなものまで、さまざまなスタイルの作品が世に出されてきた。

[10:24 3/9]

肉から食べる「肉ファースト」がもたらす健康効果とは

マキノ出版は3月15日、『疲労も肥満も「隠れ低血糖」が原因だった~「肉から食べる」と超健康になる~』を発売する。

[15:29 3/8]

2017年、花粉症の人に出ている症状1位は?

アイスタットはこのほど、「花粉症に関するアンケート調査」の結果を発表した。同調査は2月24日、花粉症の症状があり、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・茨城県・栃木県・山梨県に住む20歳以上の300人を対象にインターネットで実施したもの。

[14:04 3/8]

持病があっても入りやすい限定告知型保険って何?

一般的に保険に加入する際は、医師の診査や健康状態の告知をしなければなりません。しかし、既往歴や持病などで身体に不安がある人にとっては、健康上のデリケートな質問に保険加入への"壁"を感じることがあるかもしれません。

[11:26 3/8]

乳がん治療中は妊娠できない…! 治療前の「卵子凍結保存」という選択肢

日本人女性にとって最もかかりやすいがんである「乳がん」。早期発見ができれば根治も期待できるといわれているが、再発・転移を防ぐためには、治療に長い年月を要することも多い。

[07:00 3/6]

乳がんはどの部位に転移しやすいのか? - 皮膚転移・骨転移の症状とは

厚生労働省の発表(2012年)によると、乳がんは日本人女性の11人に1人が罹患(りかん)する病気だ。乳がんの根治を目指すには、検診による早期発見のほか、全身治療で再発・転移を防ぐことも重要となる。

[12:30 3/3]

白内障や緑内障が原因の場合も! 目がかすむ時に疑われる病気とは

忙しい日々を過ごしていたらある日突然、視界が不明瞭になり目の前がかすんだ経験はないだろうか。このいわゆる「かすみ目」の状態が一時的であればそんなに心配はいらないが、恒常的に続くようだと要注意だ。

[10:23 3/3]

職場に婦人科検診を受けられる制度はありますか?

エムティーアイ運営の健康情報サービス「ルナルナ」はこのほど、シンクパールと共同で実施した「職場での婦人科検診制度について」の調査結果を発表した。同調査は2月18・19日、20~50代以上の女性1万1,676名を対象にインターネットで実施したもの。

[19:50 3/2]

近視の原因はバイオレットライト不足? 子どもを近視から防ぐ方法とは

ディスカヴァー・トゥエンティワンはこのほど、『あなたのこども、そのままだと近視になります。』を発売した。

[15:32 3/1]

不妊治療病院が不足している地域は?

F Treatmentが運営する不妊症・不妊治療専門の情報サイト「不妊治療net」はこのほど、「不妊治療患者数及び病院数の調査」の結果を発表した。

[12:20 3/1]

宇多田ヒカルがツイートした「豊胸してるとマンモできない」 - 本当なの?

乳がん検診では、視・触診、超音波検査のほかに、乳房をX線で撮影する「マンモグラフィー」という検査が行われる。このマンモグラフィーについて、先日、歌手の宇多田ヒカルさんがツイートして話題となった。

[11:30 3/1]

目がかゆい原因は花粉以外にもあり - 目のかきすぎは白内障につながる恐れ

今年もまた花粉の季節がやってきた。例年3月はスギ花粉が原因の花粉症に悩む人が爆発的に増える。花粉症を発症すると、強烈な目のかゆみやあふれ出る涙などに悩まされる。

[10:25 3/1]

認知症の疑いがある祖母が唐突に回復した体験談

あなたの周りに、認知症の方はいますか? いらしても私は驚きません。厚生労働省の発表によれば、認知症の人口は2025年に700万人を超えると言われます。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人は認知症という時代がもうすぐそこまで迫っているのです。

[07:00 2/23]

口臭や感染症罹患の原因にもなる口呼吸のデメリットを歯科医が解説

呼吸は生物が生きていくうえで必須の行為だ。私たちも毎日、当然のように呼吸をしている。通常であれば、鼻から通じて呼吸をする「鼻呼吸」が自然な形であるが、さまざまな原因によって口呼吸を行う人が増えてきているという。

[10:14 2/20]

がん治療中もキレイを諦めない! 女性がん患者を支えるアピアランスケアとは

メディカルメイクアップアソシエーションはこのほど、メディアセミナー「患者さんの外見の悩みに寄り添う『アピアランスケア』」を開催した。

[12:00 2/17]

病院 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>病院)

病院 トップへ
病院に関するアンケートや病院との付き合い方に関する記事を掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事