【レポート】

今週の秋葉原情報 - CeleronブランドのSkylakeが発売に、Lian Liからは奇抜なヨット型ケースも

1 CeleronでSkylakeがさらに安く / 安価なAMD向けUSB3.1対応マザー

 
  • <<
  • <

1/4

CeleronでSkylakeがさらに安く

Intelから、Skylake世代の新CPUとして、「Celeron G3920」と「同 G3900」が発売された。CeleronブランドのSkylakeが登場するのはこれが初めて。すでに7,000円台後半からPentiumが販売されているものの、安価なマザーボードと組み合わせて、とにかくコストを抑えたい向きには良いだろう。価格はそれぞれ、7,000円前後と5,500円前後。

CeleronブランドでもSkylakeが登場。5,000円台から購入が可能に

上位モデル「Celeron G3920」のsSpecナンバーは「SR2HX」だった

また同じくSkylake世代のCPUとして、「Core i5-6402P」と「同 i3-6098P」も発売となっている。末尾に「P」という見慣れない文字が付いているが、P付きモデルの特徴は、内蔵グラフィックスに「HD Graphics 530」ではなく、より下位の「HD Graphics 510」が採用されていることだ。価格は23,500円~24,500円前後と15,000円前後。

ただ、i5-6402Pは、ほぼ同価格のi5-6400と比べた場合、GPUはダウングレードされている一方で、CPUのコアクロックは2.7GHz→2.8GHzへと、100MHz向上している。グラフィックスカードを増設し、内蔵GPUを使わない場合などでは、面白い選択になるだろう。

SkylakeにP付きモデル「Core i5-6402P」「同 i3-6098P」が新登場

i5-6402Pはi5-6400よりやや安いが、クロックは上(BUY MORE秋葉原本店)

安価なAMD向けUSB3.1対応マザー

MSIの「970A-G43 PLUS」は、USB3.1に対応したSocket AM3+向けマザーボード。ASMedia製の「ASM1143」コントローラを搭載しており、バックパネルにUSB3.1タイプAを2ポート備えた。USB3.1対応のAMD向けモデルは、先日GIGABYTEからも発売となっているが、この製品の価格は10,778円(TSUKUMO eX.)と、安価であることが特徴。

MSIの「970A-G43 PLUS」。チップセットはAMD 970+SB950という構成だ

通常のPCI Express x16スロットの4倍の強度を持つ「Steel Armor」も搭載

また同社からは、LGA1151向けのゲーミングマザーボード「B150M MORTAR」も新発売となっている。B150チップセットを搭載したマイクロATXモデル。小型ケースで安価にゲーミングPCを自作するのに良いだろう。基板背面に赤色LEDを搭載しており、ゲーミングらしい派手な演出も可能。TSUKUMO eX.での価格は12,744円だ。

MSIの「B150M MORTAR」。同社独自のGAMING LANやAudio Boostなどを搭載

このモデルも「Steel Armor」を搭載。SATA ExpressやM.2にも対応する

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) CeleronでSkylakeがさらに安く / 安価なAMD向けUSB3.1対応マザー
(2) GeForce 700番台にローエンドモデル / 乗り物PCシリーズ第2弾はヨット!
(3) NUCにも待望のSkylake搭載バージョン / USBタイプCポートをホコリから保護
(4) 動画の撮影も可能な暗視ゴーグル / 激安のフル装備アクションカメラ
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア