「GPU」最新記事一覧

ゲーム向けからクリエイター向け、スーパーコンピューター向けまで、NVIDIAやAMDのGPUの詳細な解説記事やレビューを掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

AMDのGPU部門元トップRaja Koduri氏がIntelに入社

Intelは11月8日(米国時間)、Core and Visual Computing Groupの上級副社長にRaja Koduri氏が就任したと発表した。Koduri氏は、AMDのGPU部門であるRadeon Technologies Groupのトップを務め、GPUビジネスを率いていた。Intelでは広範な領域にわたって、グラフィックスのIP基盤を構築するという。

[11:15 11/9]

GPUが変える仮想化の世界 - 新たなものづくり環境をどう構築するのか

いまやGPUチップを提供する半導体ベンダではなく、AIコンピューティングカンパニーへと変貌を遂げつつあるNVIDIA。ディープラーニング分野での存在感が日々、増しつつある同社だが、実はデータセンターのサーバに搭載されるGPUにも注力している。

[15:21 11/8]

Intel CPUにAMD入ってる

米Intelは11月6日(米国時間)、Intel製CPUコアとAMD製のカスタムディスクリートGPUを1パッケージに収めたノートPC向けのCoreプロセッサを発表した。グラフィックスメモリに第2世代の広帯域メモリ「HBM2」を採用する。2018年第1四半期に搭載製品が投入される予定だという。

[09:28 11/7]

TensorFlowの7倍のパフォーマンスを実現 - MathWorks、最新リリースでディープラーニング機能を強化

MathWorksは10月31日、同社のフェローであるJim Tung氏を招き、2017年9月21日に発表したMATLAB/Simulinkの最新リリース「Release 2017b」の報道陣向け説明会を実施した。

[17:10 11/2]

働き方改革に寄与するVDIの新常識 第1回 VDIとは? - そのメリットとデメリット

これから仮想GPU技術について連載して参りますので、最後までお付き合い頂けますと幸いです。VDIは、サーバ仮想化技術によりサーバ上に作成したVMにクライアントOSを導入し、ネットワークを通じてその画面をリモートから操作することを表します。

[10:00 11/1]

NVIDIA、深層学習開発を高速化するAIクラウドコンテナレジストリー

米NVIDIAは10月25日(現地時間)、グローバルのAI開発者に対し「NVIDIA GPU Cloud(NGC) コンテナレジストリー」の提供を開始したと発表した。

[16:52 10/30]

NVIDIA、GeForce GTX 1070 Tiを発表 - 11月2日の発売で価格は449ドル

米NVIDIAは10月26日(現地時間)、デスクトップ向けGPUの新モデル「GeForce GTX 1070 Ti」を発表した。Pascalアーキテクチャベースで、2,432基のCUDAコアと8GBのGDDR5メモリを搭載する。各カードベンダから製品が投入される予定で、11月2日に発売。NVIDIAのWebサイトにおける価格は449ドル。

[23:23 10/26]

NTTデータ、深層学習活用したビジネス拡大に向けてLeapMindと資本提携

NTTデータは10月23日、LeapMindの第三者割当による株式を取得し、ディープラーニングを活用したビジネスの拡大に向けた資本業務提携を行うことで同20日に合意したと発表した。

[15:01 10/23]

ネットワールド、AIセンターを開設 - NVIDIA GPUに最適なデータベース提供

ネットワールドは10月23日、米KineticaとVAD(Value-Add Distributor)契約を締結し、同社と協力して「Networld AI センター」を開設することを発表した。「Networld AI センター」は、NVIDIA GPUを搭載したサーバープラットフォーム上で、Kinetica社のデータベースソリューションのデモンストレーション、POC環境、機械学習やディープラーニングのトレーニングを提供する。

[14:00 10/23]

MathWorks、MATLAB/Simulinkの最新版「Release 2017b」を発表

MathWorksは、エンジニアや研究者が簡単にモデルの設計・学習・配布を行えるようになるディープラーニングの新機能を追加した、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新リリース「Release 2017b(R2017b)」を発表した。

[12:02 10/20]

HPE、中小企業の拠点向けサーバ「HPE ProLiant ML110 Gen10」など6機種

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は10月19日、中堅・中小企業向けサーバ「HPE Generation10(以下、Gen10)」に「HPE ProLiant ML110 Gen10」「HPE ProLiant ML350 Gen10」「HPE ProLiant DL580 Gen10」「HPE Apollo 2000 Gen10 System」「HPE Apollo 4500 Gen10 System」「HPE SimpliVity 380 Gen10」の6機種を追加し、発売を開始した。

[09:33 10/20]

レノボ、ハイパーコンバージド製品「ThinkAgile HXシリーズ」を発表

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは10月10日、ハイパーコンバージド・アプライアンス「Lenovo Converged System HX Series」の後継モデルとして第3世代となる「ThinkAgile HXシリーズ」を発表した。同17日より順次発売を予定している。

[14:00 10/10]

【連載特別企画】今さら聞けないパソコンのコト 第4回 グラフィックスの違いを見てみよう!(応用編・その2)

知ってるようで知らない、パソコンのスペック表の読み方。スペック表に書かれたPCパーツの意味と役割を知れば、PC選びがより楽しくお買い得になります。今回は、第二回「グラフィックスってなに?」で触れた「グラフィックス」の応用編です。グラフィックスの違いで実際にどのような変化が起こるのか、マウスコンピューターのノートPC、3機種を使って学んでいきましょう。

[12:54 9/27]

建築設計/施工図がスマホで利用可能に - PLSやNVIDIAなど、BIM/CIM専用クラウドサービスを提供開始

建築分野で浸透・拡大を続けるBIMとCIM。ペーパレススタジオジャパン(PLS)は、この2つをコラボレーションする専用クラウドサービスの提供を開始した。同サービスは、NVIDIAの仮想GPUソリューションによって、iPhoneやandroidといった端末からも使用可能となる。これにより、コスト面での導入にあたる、障壁が下がることが期待される。

[12:05 9/15]

CTC、NVIDIAのAIスーパーコンピュータ「DGX-1」を販売開始

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月12日、米NVIDIAのAIスーパーコンピューター「DGX-1」の販売を開始した。画像や音声などのデータを機械的に認識し、分析するディープラーニング技術を利用して、業務の自動化や予測の高度化を図る製造業や情報サービス業、流通業の企業を中心に展開する。CTCは、同製品を含むAIシステムの構築や運用サービスと合わせ、3年間で20億円の売り上げを目指す。

[10:12 9/13]

CTC、NVIDIAのAIスパコンを発売 - 3年間で20億の売上を目指す

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月12日、NVIDIAのAIスーパーコンピュータ「DGX-1」の販売を開始すると発表した。画像や音声などのデータを機械的に認識し、分析するディープラーニング技術を活用して業務の自動化や予測の高度化を図りたいと考える、製造業や情報サービス業、流通業の企業を中心に展開していくとしている。

[15:58 9/12]

【連載特別企画】今さら聞けないパソコンのコト 第3回 グラフィックスの違いを見てみよう!(応用編・その1)

知ってるようで知らない、パソコンのスペック表の読み方。スペック表に書かれたPCパーツの意味と役割を知れば、PC選びがより楽しくお買い得になります。今回は、第二回「グラフィックスってなに?」で触れた「グラフィックス」の応用編です。グラフィックスの違いで実際にどのような変化が起こるのか、マウスコンピューターのノートPC、3機種を使って学んでいきましょう。

[10:25 9/8]

デル、Horizzon AppsによるオプションなどVDIの消費モデルオプションを拡充

デルは9月5日、「Dell EMC VDI Complete Solutions」を拡充するHorizon Appsによるオプション「VDI Complete with Horizon Apps」と、NVIDIA Tesla M10およびM60 GPUグラフィックスアクセラレータによるグラフィックスの強化を発表した。これにより、企業・組織のIT環境におけるVDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)およびアプリケーション仮想化の容易な計画と導入を実現するという。

[13:00 9/6]

今週の秋葉原情報 - 待望のAM4向けAPUが発売に、グラボ8枚刺し対応のマイニング用フレームも

AMDから、第7世代APUこと「Bristol Ridge」が登場、Socket AM4向けの「A12-9800E」と「A10-9700E」が発売された。これまで、AM4はRyzenシリーズが対応していたが、APUのリテール製品はこれが初めて。価格自体が安い上、GPUも内蔵しているので、安価にAM4のシステムを構築できる。価格はそれぞれ、14,000円前後と11,000円前後。

[17:21 9/5]

今週の秋葉原情報 - AMDの新世代GPU「Vega」が発売開始、マイニング特化のRX 470カードも

AMDから新型のハイエンド向けGPU「Radeon RX Vega 64」が登場、各社から搭載グラフィックスカードが発売となっている。従来の「Polaris」をさらに進化させた「Vega」アーキテクチャを採用しており、ストリームプロセッサは4096基搭載。2048bitバス幅のHBM2メモリを8GB搭載している。価格は78,000円前後から。

[15:27 8/30]

SAPPHIRE、税別66,800円前後のRadeon Vega 56搭載グラフィックスカード

アスクはこのほど、AMDの最新GPU「Radeon Vega 56」を搭載したSapphire Technology製グラフィックスカード「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発売した。56基のCompute Unitsに加えて、8GBの広帯域メモリHBM2(HIgh Bandwidth Memory 2)を採用する。店頭予想価格は税別66,800円前後。

[14:35 8/30]

今さら聞けないビジネスIT用語集 第9回 通貨の民主化は実現するのか--「ビットコイン」

本来なら通貨は国家などが価値を保証し、経済活動の根幹に位置する存在である。だが、最近は価値を保証する存在がいない「仮想通貨」なるものが世間を騒がすようになった。チケットなどの物品販売に利用され、その価値も約46万円(2017年8月下旬現在)まで急上昇した「bitcoin(ビットコイン)」が代表格ながらも、仮想通貨自体の歴史は古い。

[18:36 8/24]

Radeon RX Vegaレビュー - 久々に登場したハイエンドRadeonの実力を検証

Ryzen Threadripperが発売された直後だが、長らく待ち望まれてきたRadeon RX Vegaがまもなく市場に投入される。土壇場になって発売時期が数日延びた("諸般の事情"とのことだ)が、8月中に発売されることは間違いない。今回このRadeon RX Vegaシリーズ2製品の実力を試す機会に恵まれたので、簡単ではあるがテストを行った結果をお届けしたい。

[22:00 8/14]

Ryzen Threadripper 1950X/1920Xファーストインプレッション - 期待の16コア/12コアCPUのパフォーマンスを検証

既報の通り、AMDはハイエンドデスクトップ向けCPUである「Ryzen Threadripper」を8月10日22時に発売する。既にマザーボードベンダー4社からは、これに合わせてX399チップセット搭載マザーボードを出荷する事を発表している。今回は事前にThreadripper 1920Xと1950Xを試用することが出来たので、ファーストインプレッションということで簡単にアプリケーション性能についてお届けしたい。

[22:00 8/10]

ストーム、最大9枚のGPUカードを増設できるマイイニング向けベアボーン

ストームは8月9日、複数のグラフィックカードを搭載可能な仮想通貨マイニング向けベアボーンキット「Storm Miner BE Plus Kit」を発表した。搭載可能なグラフィックスカードは、長さ250mm・幅2スロットまでのもの。初回生産分は10台と少ないが、8月10日現在、予約を受け付けている。8月下旬からの発送予定で、価格は248,800円(税込)。

[17:09 8/10]

Chrome OSに脆弱性、US-CERTがアップデート呼びかけ

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は8月3日(米国時間)、「Google Releases Security Updates for Chrome OS|US-CERT」において、Chrome OSに複数の脆弱性が存在すると伝えた。脆弱性のうちの1つを悪用されると、影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られるとされており注意が必要。

[17:00 8/5]

さくらインターネットが描く国内クラウドベンダーとしてのあり方

昨年、創業20周年を迎えたさくらインターネット。同社では、ITインフラサービスとして「さくらのクラウド」「さくらの専用サーバ」「さくらのレンタルサーバ」「さくらのVPS」「データセンター事業」などを提供しているほか、IoTプラットフォーム「sakura.io」やGPUを活用した高速計算基盤である「高火力コンピューティング」などを展開している。今回、同社にパブリッククラウドについて取材したので、その模様をお届けする。

[07:00 8/4]

NVIDIA、AIをコンピュータグラフィックに応用する取り組みを説明

NVIDIAは7月31日(米国時間)、「NVIDIA Research Brings AI to Computer Graphics|NVIDIA Blog」において、同社がコンピュータグラフィックの処理においてどのようにして人工知能技術(AI)を取り込んでいるかについて紹介した。AIはコンピュータグラフィック処理の高速化に効果を上げており、今後も技術の進展が期待できる。

[10:03 8/2]

AMD、Radeon RX VegaとRyzen ThreadRipperを正式発表 - どちらも8月中に登場

AMDは米国時間の7月30日、ロサンゼルスで開催中のSIGGRAPH 2017にあわせてプライベートイベント「AMD Capsaicin Siggraph 2017」を開き、ここで正式に最新GPU「Radeon RX Vega」とハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」を発表した。このCapsaicinイベントの内容はまた改めてレポートするとして、ここで発表されるRadeon RX VegaとRyzen Threadripperのスペックなどを取り急ぎお届けしたい。

[11:57 7/31]

AMD、Radeon Software Crimson ReLive Editionに大幅な機能強化

AMDは7月26日(米国時間)、同社のグラフィックスドライバスイート「Radeon Software」の最新バージョン「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」を発表した。バグフィックスに加えて、大幅な機能拡張などが提供される。

[15:36 7/27]

GPU バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>GPU)

GPU トップへ
ゲーム向けからクリエイター向け、スーパーコンピューター向けまで、NVIDIAやAMDのGPUの詳細な解説記事やレビューを掲載。

人気記事

一覧

新着記事