「GPU」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

CES 2017 - NVIDIAがGoogle Assistant対応の新「SHIELD」などAIを活用した新製品を披露

CES 2017開幕前日となる1月4日、CESのオープニングキーノートにNVIDIAのジェンスン・ファンCEOが登壇し、深層学習やAIに対する取り組みと、それを利用した新製品やサービス、オートモーティブ向け技術などを披露した。

[16:53 1/6]

AMD、次世代フラグシップGPU"Vega"の概要を公開 - アーキテクチャを大きく変更し、性能向上を図る

米AMDは5日(現地時間)、開発コードネーム"Vega"で知られる次世代フラグシップGPUを公開するとともに、その概要を明らかにした。同社は、Vegaを2017年前半に市場投入する計画だ。

[07:54 1/6]

NVIDIA、GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050をノートPC向けに提供

NVIDIAは3日(現地時間)、"Pascal"アーキテクチャをベースとしたエントリーGPU「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」をノートPC向けに提供すると発表した。現在、アメリカ・ラスベガスで開催中のCES 2017にて搭載製品が披露されるという。

[18:12 1/4]

PCテクノロジートレンド 2017 - 次世代CPU/GPU、メモリはどうなる?

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。ちなみにこれが掲載されているであろう元旦現在、筆者はまだ元旦を迎えておりません(泣)。2016年はやっとプロセスの刷新があった時期で、Intel/TSMC/GLOBALFOUNDRIESというPCに関連するファウンダリがまともに14/16nm世代の製品を量産できるようになったことで、それぞれの製品が刷新されたわけだが、2017年もいろいろありそうということで、今回も解説していきたい。

[00:00 1/1]

注目記事で振り返るPC/ITの2016年 - 4月~6月編

読者の皆様、今年も大変お世話になりました。2016年の年末ということで、マイナビニュース「パソコン」チャンネルに掲載された注目記事を振り返ります。今回は、4月~6月までをチェックしていきましょう。

[06:48 12/27]

GALAX、OC仕様で低価格なGeForce GTX 1050グラフィックスカード

アユートは27日、GALAX製のミドルレンジグラフィックスカード「GALAX GeForce GTX 1050 OC」を発表した。12月27日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は16,800円前後(税込)。

[17:03 12/26]

今週の秋葉原情報 - 待望の超高速SSD「960 PRO」が発売に、VR向けのバックパック型PCも

Samsungの「960 PRO」「960 EVO」は、NVMeに対応したM.2タイプのSSD新モデル。5コアの新型コントローラ「Polaris」とV-NANDフラッシュを搭載し、リード最大3,500MB/秒という超高速なデータ転送を実現している。価格は、PROの512GBモデルが40,000円~43,000円前後、EVOの500GBモデルが30,000円前後、1TBモデルが60,000円前後。

[11:50 12/19]

【追記】AMD、次世代GPU"Vega"の実働デモを公開 - 4KのDOOMで60fps超え

AMDは、次世代GPUである開発コードネーム"Vega"の実働デモを公開した。詳細な設定こそ明らかにされていないものの、4K解像度/Ultra IQ設定のDOOMで60fps以上を実現した。

[05:30 12/14]

AMD、機械学習向け新GPU「Radeon Instinct」を発表 - 最上位は"Vega"採用

AMDは、米国時間の12月12日、機械学習に最適化したGPUの新シリーズ「Radeon Instinct」を発表した。2017年より順次市場に投入される予定で、Vegaアーキテクチャを採用した最上位モデルも計画されているという。

[23:33 12/12]

Radeon Software Crimson ReLive Editionを試す - 性能改善と省電力機能「Radeon Chill」の効果を検証

AMDは8日、同社のグラフィックスドライバ「Radeon Software」の最新版「Crimson ReLive Edition」を公開した。これに先立ち、AMD本社より製品担当者が来日し、説明を行ったので、こちらの紹介と実際に試してみたレビューをお届けしたい。

[23:00 12/8]

米IBM、ディープラーニングエンタープライズソリューションでNVIDIAと提携

米IBMはこのほど、NVIDIAの最新テクノロジーに最適化された新ディープ・ラーニング・ツールで提携したことを発表した。このツールは、コンピューターをより高速化し、かつ人間のように思考し学習できるように訓練することに役立つという。

[17:41 12/1]

これは買い!? 1万円以下のMacBook風LinuxノートPC「PineBook」登場

fossBytesに11月26日(米国時間)に掲載された記事「Meet Pinebook, A Low Cost Linux Laptop That Looks Like A MacBook」が、複数のLinuxディストリビューションとAndroidバージョンをサポートしたノートPC「PineBook」について伝えた。見た目はMacBook Airに似ており、廉価なLinuxマシンを探しているのならPineBookは一考の価値があるとのことだ。

[17:30 11/28]

IDCF、東日本地域2カ所目の大規模クラウド拠点を新設 - GPUサーバを提供

IDCフロンティアは11月25日、同社のクラウドサービス「IDCFクラウド」で、東日本地域では2カ所目となる大規模クラウド拠点を新設し、稼働を開始した。

[18:11 11/25]

今週の秋葉原情報 - ファンレスのキューブ型Mini-ITXケースが発売に、激安の超小型ドローンも

Streacomの「DB4」は、ファンレス対応のMini-ITXケースである。本体サイズは260(W)×260(D)×270(H)mmとやや大きめながら、前後左右の4面がヒートシンクに加工されており、CPUからの熱を効率良く排出できる。素材はアルミで、表面はサンドブラスト仕上げ。PCらしからぬデザインはユニークだ。

[15:57 11/15]

【特別企画】GTX 1080/1070/1060(3GB)どれが必要? - ゲームベンチから考えるG-Tuneの選び方

PCゲーマーの頭を悩ませるゲーミングPCのスペック問題。予算が許せば性能が高いほうがよいのはもちろんだが、遊びたいゲームに対してあまりにもオーバースペックなPCを選ぶのは、コストパフォーマンスが良いとは言えない。今回は、マウスコンピューター「G-Tune」ブランドのゲーミングモデル3機種を比較し、スペックごとの性能を比較してみよう。

[11:30 11/10]

今週の秋葉原情報 - 東プレからあのアナログキーボードが発売に、Mini-STXマザーの新モデルも

東プレの「REALFORCE 108UH-ANLG」は、アナログ入力に対応するキーボードである。スイッチは静電容量無接点方式。通常のキーボードモードに加え、マウスモード、MIDIモード、ゲームコントローラモードに切り替えが可能で、キーの押し具合をアナログ情報として取り込める。ドスパラパーツ館での価格は29,800円。

[19:16 11/8]

米AMD、"Polaris"ベースのワークステーション向けGPU「Radeon Pro WX」

米AMDは7日(現地時間)、ワークステーション向けGPUの新製品として「Radeon Pro WX」シリーズを発表した。「Radeon Pro WX 7100」「Radeon Pro WX 5100」「Radeon Pro WX 4100」の3モデルを用意し、11月10日から米国内で順次販売を開始する。

[17:47 11/8]

IDCフロンティア、ディープラーニングに特化したラインアップを拡充

IDCフロンティア(IDCF)は10月31日、ディープラーニングプラットフォームを構成するコンポーネントとして、GPUサーバをクラウドの時間課金からベアメタルサーバ、スーパーコンピューター並みの計算能力を発揮するシステムまでフルラインアップで提供することを発表した。

[17:25 10/31]

Microsoft、ディープラーニングに利用するためのツールキットを公開

Microsoft Researchは10月25日(米国時間)、「Microsoft releases beta of Microsoft Cognitive Toolkit for deep learning advances - Next at Microsoft」において、ディープラーニングに利用するためのツールキットのアップデート版「Microsoft Cognitive Toolkit」を公開したと伝えた。このツールは以前はCNTKと呼ばれていたもの。現在は「Microsoft Cognition Toolkit|GitHub」においてオープンソースソフトウェアとして公開されている。

[19:00 10/27]

Linux 4.9、これまでで最も大きなリリースに

fossBytesに10月25日(米国時間)に掲載された記事「Linux 4.9 Is Going To Be The "Biggest Ever" Linux Release」が、2016年12月にリリースが予定されている「Linux 4.9」はこれまでで最も大きなリリースになるだろうと伝えた。その理由として、コミット数がこれまでのリリースの中で特に大きいこと、Linus Torvalds氏がメールでそうした内容を示唆していること、Linux 4.9がLTSリリースになる可能性があることなどが挙げられている。

[12:04 10/27]

GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050を試す - ついにGeForce GTX 750 Tiの後継が登場

10月25日22時より、NVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」を搭載したグラフィックスカードの販売が開始された。GeForce GTX 1050 Tiが139ドル、GeForce GTX 1050が109ドル。GeForce GTX 1050 Tiが先行して登場し、GeForce GTX 1050は後から登場するとみられる。

[23:19 10/25]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第92回 自動運転に向けてAI利用を進めるNVIDIA

GPUがディーププラーニングに向いたデバイスとして、NVIDIAは、AI活用に積極的だ。NVIDIAが毎年開催しているプライベートイベント「GTC Japan 2016」では、自動運転に向けたAI技術について、同社CEOのJen-Hsun Huang氏が「ディープラーニングAI革命」と題して基調講演を行った。

[11:00 10/24]

NVIDIA、「GeForce GTX 1050 Ti/1050」を25日に発売 - 補助電源なし

米NVIDIAは18日(現地時間)、"Pascal"世代のエントリー向けデスクトップGPU「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」を発表した。10月25日に発売し、価格はGeForce GTX 1050 Tiが139ドル、GeForce GTX 1050が109ドル。リファレンス版となる「Founder Editions」は用意せずに、各カードベンダから搭載製品が投入される。

[22:05 10/18]

スパコンの活用で変わる創薬の世界 - VINAS Users Conference 2016

ヴァイナスは10月13日、プライベートカンファレンス「VINAS Users Conference 2016」を開催。基調講演として、京都大学大学院医学研究科の奥野恭史 教授が「スーパーコンピュータが拓く創薬計算の未来」と題し、京を用いた創薬計算ならびにポスト「京」に向けた取り組みなどを語った。

[08:00 10/14]

GTC Japan 2016 - Pascalのユニファイドメモリ

GTC Japan 2016において、NVIDIAの成瀬氏がPascalの「ユニファイドメモリ」について発表を行った。筆者は、Pascalで行われた一番重要な機能拡張は、このデマンドページングによるユニファイドメモリではないかと思っている。

[09:00 10/12]

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第14回 デスクトップ仮想化の今後を展望する(技術編)

本連載ではこれまで、仮想デスクトップの計画や設計、構築の落とし穴について述べてきた。最後にまとめとして、技術的な側面と使われ方の側面において、今後のデスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化について展望したい。今回は技術的な側面にフォーカスする。

[11:00 10/11]

GTC Japan 2016はAI、AI、AI

ヒルトン東京お台場で開催された、NVIDIAの「GTC Japan 2016」では、Jen-Hsun Huang CEOが登壇したが、その内容は、AI、AI、AIであった。

[07:00 10/7]

「AIはもはやSFじゃない」 - "AIコンピューティングカンパニー"に変貌したNVIDIA

NVIDIAは10月5日、都内でGPU Technology Conference Japan 2016(GTC Japan)を開催した。基調講演では、NVIDIA創業者でCEOのジェンスン・ファン氏が登場。同社が傾倒するディープラーニングへの取り組みを改めて紹介した。

[06:00 10/7]

単なるGPUベンダからAIカンパニーへと生まれ変わるNVIDIA - GTC Japan 2016

NVIDIAは10月5日、都内で開発者向けイベント「GPU Technology Conference Japan 2016(GTC Japan 2016)」を開催、基調講演にNVIDIAの共同創業者 兼 CEOであるJen-Hsun Huang氏が登壇し、NVIDIAが「AIカンパニー」として成長を今後も続けていくことをさまざまな角度から語った。

[09:00 10/6]

ファナックとNVIDIA、未来の工場実現に向けたAIプラットフォームで協業

ファナックとNVIDIAは10月5日、同日開催されたGTC Japan 2016」において、ファナックのプラットフォーム「FIELD system」における人工知能(AI)の実装に関する協業を開始することを明らかにした。

[17:44 10/5]

GPU バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>GPU)

GPU トップへ

人気記事

一覧

新着記事