「SSD」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

パナソニック、小型軽量のUSB 3.1 Gen1ポータブルSSD - 128GB/256GBの2種類

パナソニックは12日、25gと軽量のUSB 3.1 Gen1対応のポータブルSSDを発表した。容量128GBの「RP-SUD128P3」と、256GBの「RP-SUD256P3」を用意。2月17日に発売する。価格はオープン。

[18:50 1/12]

アミュレット、USB 3.1 Gen 2対応のMac向けポータブルSSD

アミュレットは5日、USB 3.1 Gen 2に対応するポータブルSSD「AKiTiO RebDrive U3.1 SSD」を発表した。275GB / 525GB / 1,050GBの3モデルを用意。1月10日から発売する。価格(税込)は275GBが20,800円、525GBが27,800円、1,050GBが51,000円。

[19:34 1/5]

ウエスタンデジタル、WDブランドのNVMe SSD「WD Black」

米ウエスタンデジタルは4日、「WD」ブランドとして初となるPCIe接続のSSD「WD Black PCIe SSD」を発表した。256GBモデルと512GBモデルを用意。1月下旬から発売する。価格はオープン。

[14:49 1/5]

PCテクノロジートレンド 2017 - 次世代CPU/GPU、メモリはどうなる?

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。ちなみにこれが掲載されているであろう元旦現在、筆者はまだ元旦を迎えておりません(泣)。2016年はやっとプロセスの刷新があった時期で、Intel/TSMC/GLOBALFOUNDRIESというPCに関連するファウンダリがまともに14/16nm世代の製品を量産できるようになったことで、それぞれの製品が刷新されたわけだが、2017年もいろいろありそうということで、今回も解説していきたい。

[00:00 1/1]

今週の秋葉原情報 - 容量4TBの2.5インチSSDが登場、純国産で自由度の高いアルミケースも

汐見板金の「AX2」は、純国産のアルミ製ミドルタワーケース。主素材のアルミ、ネジ穴補強用のステンレス、ウィンドウのアクリルなど、国産材の使用に拘ったという。ケースカラー、パネルタイプ、キャスターなど、様々なオプションに対応するカスタマイズ性の高さが特徴だ。1月10日の発売予定で、標準構成時の価格は48,000円。

[17:34 12/27]

約23万円の4TB SSD - 7mm厚2.5インチSATA 3.0「Samsung SSD 850 EVO」

日本サムスンの販売特約店であるITGマーケティングから、7mm厚2.5インチSATA 3.0対応SSD「Samsung SSD 850 EVO」の4TBモデル(MZ-75E4T0B/IT)が発売された。価格はオープンだが、店頭予想価格は228,000円(税別)となっている。

[16:33 12/22]

グリーンハウス、USB3.1 Gen1に対応したコンパクトな外付けSSD

グリーンハウスはこのほど、USB3.1 Gen1に対応した外付けSSD「GH-SSDU3B」シリーズを発表した。120GB/240GB/480GBの3モデルを用意。いずれも12月下旬に発売し、価格はオープン。

[15:06 12/22]

ADATA、3D MLC NAND採用2.5インチSSD「Ultimate SU900」 - 2TBモデルも用意

エイデータテクノロジージャパンはこのほど、3D MLC NANDを採用した2.5インチSSD「Ultimate SU900」を発表した。256GB/512GB/1TB/2TBの4モデルを用意。いずれも価格はオープンで、発売時期は256GBモデルと512GBモデルが2017年1月中旬、1TBモデルと2TBモデルが未定となっている。

[12:57 12/22]

WDブランドSSD第1弾「WD Blue SSD」を徹底チェック

HDDのWestern Digital(WD)がSSDをリリースした。その第1弾が「WD Blue SSD」。同時に下位モデル「WD Green SSD」も発表されている。WD Blue SSDは、HDDの「WD Blue」と同様、PCにおけるスタンダード、メインストリーム市場を担う製品だ。今回、WD Blue SSDの1TBモデルを入手できたので、これを試してみよう。

[06:00 12/22]

バッファロー、ICカード対応HDD/SSDでWindowsにログインできる拡張ソフト

バッファローは21日、現在発売中のICカードロック解除対応ポータブルHDDおよびSSDを使用し、Windowsへのログインを手軽に行うことができるようになる機能拡張ソフトウェア「LoginHelper」を発表した。対応製品ページからダウンロード可能。

[15:25 12/21]

今週の秋葉原情報 - 待望の超高速SSD「960 PRO」が発売に、VR向けのバックパック型PCも

Samsungの「960 PRO」「960 EVO」は、NVMeに対応したM.2タイプのSSD新モデル。5コアの新型コントローラ「Polaris」とV-NANDフラッシュを搭載し、リード最大3,500MB/秒という超高速なデータ転送を実現している。価格は、PROの512GBモデルが40,000円~43,000円前後、EVOの500GBモデルが30,000円前後、1TBモデルが60,000円前後。

[11:50 12/19]

PLEXTOR、リード最大550MB/sで重さ30gのUSB Type C対応ポータブルSSD

アユートは13日、PLEXTOR製のUSB Type C対応ポータブルSSD「EX1」の取り扱いを発表した。16日から直販サイト「アキハバラe市場」などで販売開始する。価格はオープン。店頭予想価格は128GBモデルが9,980円前後、256GBモデルが14,980円前後、512GBモデルが25,880円前後(いずれも税込)。

[11:00 12/13]

CFD販売、容量240GBで軽量の東芝製2.5インチSSD

CFD販売はこのほど、同社ブランド扱いの東芝製SSD新モデル「CSSD-S6T240NMG2L」を発表した。容量は240GBで、12月下旬の出荷を予定。店頭予想価格は税別7,000~8,000円前後。

[19:02 12/12]

日本サムスン、M.2・PCIe3.0 x4・NVMeのSSD「960 PRO/EVO」国内発売

日本サムスンは12月16日に、M.2フォームファクタのSSD新製品「SSD 960 PRO」と「SSD 960 EVO」を発売する。これらは2016年9月に韓国サムスン・エレクトロニクスが発表したもので、日本国内での発売が正式に決まった。

[14:03 12/12]

HPE、オールフラッシュデータセンターへの移行を支援するプログラム

日本ヒューレット・パッカードは12月6日、都内で記者会見を開き、ストレージ利用モデルの多様化、オールフラッシュデータセンターの迅速な導入、適切な耐障害レベル、ならびにハイブリッドITインフラへのスムーズな移行を支援する「HPE 3PAR Flash Now」プログラムなどを発表した。

[06:00 12/7]

2016年第4四半期のSSD価格は前四半期比6~10%増の見通し - TrendForce

台湾TrendForceは、2016年第4四半期のPC-OEM市場向けMLC NAND採用クライアントグレードSSDの平均契約価格は前四半期比で6~10%の上昇が見込まれること、ならびにTLC NAND採用SSDも同6~9%の上昇が見込まれることを発表した。

[17:22 12/2]

今週の秋葉原情報 - あの「WD Green」がSSDで復活、TSUKUMO eX.にはRazer専門フロアがオープン

Western Digitalから新型SSD「WD Green」が登場、発売が開始されている。すでに発売中の「WD Blue」の下位モデルとなり、データ転送速度を抑えた一方で、省電力・低コストを実現している。データ容量は120GBと240GB、フォームファクタは2.5インチとM.2があり、その組み合わせで合計4種類を用意。価格は5,000円前後~9,000円前後だ。

[14:59 11/22]

驚くコストパフォーマンス「Samsung SSD 960 EVO」 - リード最大3200MB/秒のメインストリーム向けM.2 NVMe SSDを検証

2016年9月21日、韓国サムスン・エレクトロニクスが、NVMe 1.2に対応した高性能SSD「Samsung SSD 960 PRO」および「Samsung SSD 960 EVO」を発表した。今回は、コストパフォーマンス重視のメインストリーム向け製品「Samsung SSD 960 EVO」(1TBモデル)の性能を検証してみた。

[12:58 11/16]

アミュレット、Thunderbolt 3搭載で外部モニタ出力可能な2ベイHDDケース

アミュレットは15日、Thunderbolt 3とUSB 3.1を搭載するRAID機能付きHDDケース「AKiTiO Thunder3 Duo Pro」を発表した。11月22日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は56,000円(税込)。

[17:37 11/15]

「VAIO Z」カスタマイズモデルでリード3GB/s超の最新SSDが選択可能に

VAIOは15日、同社のフラッグシップPC「VAIO Z」カスタマイズモデルのストレージ選択に、新SSD「第三世代ハイスピードプロ SSD」を追加した。新SSDのラインナップは、128GB / 256GB / 512GB /1TBの4種類。同日9時からソニーオンラインストアで受注開始する。

[09:00 11/15]

【特別企画】GTX 1080/1070/1060(3GB)どれが必要? - ゲームベンチから考えるG-Tuneの選び方

PCゲーマーの頭を悩ませるゲーミングPCのスペック問題。予算が許せば性能が高いほうがよいのはもちろんだが、遊びたいゲームに対してあまりにもオーバースペックなPCを選ぶのは、コストパフォーマンスが良いとは言えない。今回は、マウスコンピューター「G-Tune」ブランドのゲーミングモデル3機種を比較し、スペックごとの性能を比較してみよう。

[11:30 11/10]

G-Technology、USB Type-Cに対応したMac向けのポータブルSSD

ウエスタンデジタルはこのほど、HGSTが手がける外付け型ストレージブランド「G-Technology」の新製品として、USB Type-C対応のポータブルSSD「G-DRIVE Slim SSD USB-C」を発表した。シルバー、スペースグレイの2色を用意し、スペースグレイはAppleストア、シルバーは量販店で11月に発売する予定という。店頭予想価格は500GBで229.95米ドル、1TBで379.95米ドル。

[17:42 10/31]

GMOインターネット、VPS「ConoHa byGMO」に「512MBプラン」を追加

GMOインターネットは10月28日、同社が提供するVPS(仮想専用サーバ)サービス「ConoHa byGMO」に「512MBプラン」を追加したと発表した。

[13:37 10/28]

ZOTAC、GeForce GTX 1080搭載の小型PCなど創業10周年を記念した製品を発表

ZOTACはこのほど、GeForce GTX 1080を搭載した小型ゲーミングPCや、液冷対応のGeForce GTX 1080搭載カードなど、同社の創業10周年を記念した特別製品を発表した。

[12:51 10/27]

バッファロー、USB 3.1 Gen2の高速転送が可能な薄型ポータブルSSD

バッファローは26日、USB接続のポータブルSSDとして、USB 3.1(Gen2)対応の「SSD-PUSU3」シリーズと、USB 3.1(Gen1)対応の「SSD-PMU3」シリーズを発表した。ブラックとシルバーの2色を用意。11月中旬より順次発売する。価格は10,000円から。

[15:55 10/26]

ウエスタンデジタル、WDブランド初のSSD - "Blue"と"Green"の2シリーズ

ウエスタンデジタルジャパンは24日、WDブランドとして初となるSSDの国内販売を発表した。メインストリーム向けの「WD Blue」と、エントリー向けの「WD Green」をそろえる。「WD Blue」は10月25日、「WD Green」は11月下旬の発売を予定する。

[18:23 10/24]

PLEXTOR、エントリー向けSATA SSD「S2」シリーズ - 2.5インチ版とM.2版

アユートは21日、台湾PLEXTOR製のSATA SSD「S2」シリーズとして、2.5インチ版を3モデルと、M.2版を2モデル、発売した。価格はオープンで、店頭予想価格は5,680円(税込)前後から。

[21:49 10/22]

ジュ二パー、ネットワーク内部を「面」で保護する新製品と機能強化を発表

ジュニパーネットワークスは10月20日、都内で記者会見を開き、SDSN(Software-Defined Secure Networks)戦略について発表し、同戦略を実現する新製品、既存の製品における機能強化について説明した。

[10:29 10/21]

再び常識を破ったSSD - リード最大3,500MB/sの第2世代M.2 NVMe「Samsung SSD 960 PRO」を検証

2016年9月21日に、韓国サムスン・エレクトロニクス(以下、サムスン)が、NVMe 1.2に対応した高性能SSD「Samsung SSD 960 PRO」および「Samsung SSD 960 EVO」を発表した。今回は、Samsung SSD 950 PROの1TBモデルを試用する機会を得たので、早速その性能を検証する。

[00:00 10/19]

デフラグが必要なOS、不要なOS

fossBytesに10月10日(米国時間)に掲載された記事「What Is Disk Defragmentation? Do I Really Need To Defrag My PC?」が、デフラグがどのような処理で、どのような場合に手動で適用する必要があるかを伝えた。ハードディスクにインストールしたWindows XPを利用しているのであれば、手動でデフラグを実施する必要があると指摘している。

[13:13 10/12]

SSD バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>SSD)

SSD トップへ

人気記事

一覧

新着記事