「Skylake」最新記事一覧

Intelの第6世代Coreプロセッサ「Skylake」に関する最新ニュースや解説、レビュー、搭載PCについて紹介。

関連キーワード

ヘッドライン

今週の秋葉原情報 - Core Xシリーズに下位モデルが追加、日本未発売のTITAN Xpカードも

Intelの新型CPU「Core X」シリーズの下位モデルとして、Kaby Lake-X版が登場。「Core i7-7740X」「同i5-7640X」の2モデルが発売となった。最初に発売されたSkylake-X版の3モデルはi9/i7だったので、i5ブランドはこれが初めてとなる。コア数は4個に抑えられており、TDPは112Wとやや控えめ。

[15:26 7/25]

今週の秋葉原情報 - ようやくCore Xシリーズが発売に、マイニングマザーには12枚刺しモデルも!

Intelの新型ハイエンド向けCPU「Core X」シリーズの発売が開始。第1弾として入荷したのは、「Core i9-7900X」「同i7-7820X」「同i7-7800X」の3モデルで、これでようやく、先行して発売が開始されていたX299チップセット搭載マザーボードが利用できる環境が整った。

[18:12 7/18]

Intel、サーバ向けCPU「Xeon Processor Scalable Family」を正式発表 - アーキテクチャを刷新し、多様なワークロードへの対応を狙う

Intelは7月11日(米国時間)、データセンター向けプロセッサ「Xeon Processor Scalable Family」を正式発表し、製品ラインナップやアーキテクチャの詳細を公開した。マイクロアーキテクチャをSkylake世代に刷新したほか、キャッシュ構成の変更、AVX-512のサポートなど従来世代から大きな変貌を遂げている。

[10:31 7/12]

Linuxカーネル4.12新機能

It's F.O.S.S.に7月4日(米国時間)に掲載された記事「Linux Kernel 4.12 Is Out! These Are The Most Important Features」が、先日公開されたLinuxカーネル4.12の新機能を紹介した。Linuxカーネル4.12はこれまでのLinuxカーネルリリースの中でも特に重要度の高いものと位置づけられており、多くの新機能の追加や変更が取り込まれている。

[10:00 7/6]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Intel、16コアRYZEN対抗で最大18コアの「Core i9」を投入へ

Intelは、COMPUTEX TAIPEI 2017初日となる5月30日に開催された基調講演において、"Basin Fall"(開発コード名)として知られていたX299プラットフォームと、これを使うCore-Xシリーズプロセッサを正式発表した。今回はこれについて詳しく紹介したい。

[08:00 5/31]

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Intel、最大18コアのハイエンド向け新CPU「Intel Core X」シリーズを発表

Intelは5月30日、台湾で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2017にて、デスクトップ向けハイエンドCPU「Intel Core Xシリーズ」を発表した。ゲーミングやコンテンツ制作といった高いパフォーマンスが求められる用途向けの製品で、Core XシリーズとしてCore i5X/Core i7X/Core i9X/Core i9 Extremeというグレードで提供する。

[22:11 5/30]

DragonFly BSD 4.8登場 - 64ビット版のみがサポート

DragonFly BSDプロジェクトは3月27日(米国時間)、「DragonFlyBSD: release48」において、DragonFly BSDの最新版となる「DragonFly BSD 4.8」の公開を伝えた。このバージョンではインストーラにEFIブート機能が追加されたほか、カーネルの高速化、NVMeドライバのマージ、eMMCドライバの導入、Intelビデオドライバのアップデートなどが実施されている。

[10:30 3/29]

【特別企画】新生活スタートに最適! 10万円を切る「STYLE∞N」シリーズの17型オールインワンノート

2017年も新生活シーズンが到来。新しい生活に合わせ、PCの購入を検討している方も多いのではないだろうか。そんな方にお勧めしたいのが、ユニットコムが運営する老舗PCショップ「パソコン工房」だ。今回は同店のラインナップの中から、一台で一通りの作業が行える便利なオールインワン型でありながら、税込10万円以下で購入できる17型ノートPC「STYLE-17FH052-i7-FES」を紹介したい。

[09:48 3/27]

今週の秋葉原情報 - 第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」が登場、対応マザーも一挙に新発売

Intelの「Kaby Lake」こと、第7世代Coreプロセッサがついに登場、発売が開始された。Kaby Lakeはモバイル向けがすでに投入されていたが、デスクトップ向けはこれが初めて。今回入荷が確認できたのは、Core i7が3種類、Core i5が7種類、Core i3が5種類、PentiumとCeleronが2種類ずつの計19モデル。

[14:26 1/12]

デスクトップ向け"KabyLake"ことIntel Core i7-7700Kを試す - 14nm+プロセスの効果を検証する

すでにモバイル向けに提供されていた"KabyLake"だが、やっとデスクトップ向け製品も発表された。従来の14nmプロセスを改良した14nm+プロセスによる製品で、マイクロアーキテクチャは同じながら、動作クロックを上げることで性能向上を実現したという。早速、新旧の最上位モデルでパフォーマンスを比較したい。

[02:00 1/4]

ツクモ、「GeForce GTX VR Readyプログラム」認定の15.6型ノートPC

TSUKUMOブランドでPCおよびPC周辺機器を販売する、ヤマダ電機グループのProject Whiteは13日、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」の新モデルとして、「VR Ready PC」となる15.6型ノートPC(2モデル)を発売した。BTOに対応し、税別価格は174,800円から。

[10:00 12/13]

東芝、Skylake搭載の法人向けノートPC - OSダウングレードモデルも

東芝クライアントソリューションは29日、第6世代Intel Coreを搭載した法人向けノートPC群を発表した。全8モデルを投入し、同日から販売開始する。

[21:42 11/29]

ロジテック、Skylake搭載のスリムタワー型カスタムコントローラ

ロジテックINAソリューションズは6日、第6世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Skylake)を搭載するスリムタワー型の産業用・業務用カスタムコントローラ「LC-72S52」を発表した。10月中旬から発売する。価格はオープン。

[16:47 10/6]

Linux 4.8登場、注目の新機能トップ10は?

fossBytesに10月3日(米国時間)に掲載された記事「Linux Kernel 4.8 Released By Linus Torvalds — Here Are The 10 Best Features」が、先日公開されたLinuxカーネル4.8において特に注目すべき新機能を10個取り上げている。今回は新しい機構や新機能が導入されたというよりは、サポートするデバイスを増やすためのデバイスドライバの追加が行われたバージョンになっている。

[13:05 10/4]

Hot Chips 28 - Inside Skylakeと題したIntelの発表

Hot Chips 28において、IntelのJack Doweck氏とWen-fu Kao氏が「Inside Skylake」と題した発表を行った。Skylakeはすでに製品が出回っており、IDFなどでも発表セッションがあり、その情報は旧聞とも言えるが、Hot Chips 28における発表は、良くまとまっており、技術的にも詳しいので、紹介する。

[10:30 9/20]

水冷!?の12型デタッチャブル2in1 PC - 日本エイサー「Switch Alpha 12」ファーストインプレッション

日本エイサーから、脱着式キーボードを持つ12型IPS液晶の2in1タブレットPC「Switch Alpha 12」が発表された。さっそく、ファーストインプレッションをお届けしよう。

[00:00 9/20]

iiyama PC「LEVEL∞」、GeForce GTX 1070/1060搭載のFF XIV推奨PC

ユニットコムは12日、iiyamaPCブランドのゲーミングPCから、スクウェア・エニックスのMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」推奨となるデスクトップPC(2モデル)を発売した。BTOに対応し、標準構成価格(税込)は136,058円、または155,498円。

[17:44 9/12]

PC-BSD、TrueOSに進化 - もっとアグレッシブに

TrueOSプロジェクトは9月1日(米国時間)、「PC-BSD Evolves into TrueOS|TrueOS」において、PC-BSDプロジェクトの取り組みを「TrueOS」に発展させたと発表した。TrueOSはFreeBSDをベースにPC-BSDプロジェクトで開発された成果物とOpenBSDのセキュリティ機能を統合したディストリビューション。デスクトップとサーバの双方を提供している。最新の開発成果物を迅速に取り込みつつ、フェールセーフの機能を使って運用性も確保している。

[10:00 9/8]

G-Tune、Core i7とGeForce GTX 1080/1070をダブル水冷するデスクトップPC

マウスコンピューターは5日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」から、CPUとGPUを水冷仕様としたダブル水冷PCの新モデルを発売した。BTOに対応し、標準構成価格は179,800円。

[11:00 9/5]

ドスパラ、Skylake搭載の新モデルNUC「Diginnos Mini」

サードウェーブデジノスは9月2日、Intelの小型PCフォームファクタ「NUC」に準拠したコンパクトPC(4モデル)を発売した。全国のドスパラ店舗、および通販サイトで販売し、直販価格は税別価格61,980円から。

[18:12 9/3]

日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC

日本エイサーは1日、ゲーミングシリーズ「Predator」から、ハイスペックながら比較的小型のサイズを実現したデスクトップPC「Predator G1 AG1710-N76G/G」を発表した。9月8日から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は255,000円前後。

[12:04 9/1]

Intel、"Kabylake"こと第7世代Coreプロセッサ発表 - ノートPC向けから提供

米Intelは30日(現地時間)、開発コードネーム"Kabylake"で知られる第7世代Coreプロセッサを発表した。まずはTDP 4.5W~15Wの低消費電力モバイルプラットフォーム向けから提供を開始し、9月上旬にも主要ベンダより搭載PCが出荷されるという。

[22:11 8/30]

日本HP、独特デザインのハイエンドゲーミングデスクトップ「OMEN X by HP」

日本HPは26日、ゲーミングブランド「OMEN」から、ユニークなPCケースを採用したハイエンドデスクトップPC「OMEN X by HP Desktop 900」を発表した。直販サイト「HP Directplus」にて10月上旬から発売し、税別価格は上位モデルが448,000円、下位モデルが348,000円の見込み。

[11:00 8/26]

引き続きIoTへ注力する一方で、VRなど新たな取り組みも公開 - IDF 2016基調講演

Intelは、米国サンフランシスコ市で、開発者向けのイベントIntel Developer Forum(IDF)を開催した。初日の基調講演は、同社CEOのブライアン・クルザニッチ氏が登場。4つの大きなテーマに沿って、Intelの目指す将来を語った。

[18:26 8/19]

ツクモ、Core i5/i7やGeForce GTX 1060/1070を搭載した「PSO2」推奨PC

TSUKUMOブランドでPCおよびPC周辺機器を販売する、ヤマダ電機グループのProject Whiteは12日、ゲーミングPCブランド「G-GEAR」から、オンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2」推奨となるデスクトップPC(2モデル)を発売した。

[10:00 8/12]

Microsoft、Skylake搭載デバイスのWindows 7/8.1サポート終了日を再延長

米Microsoftは8月11日(現地時間)、Windowsのサポートポリシーをアップデートし、第6世代Intel Core(Skylake)プロセッサ搭載したサポート対象デバイスに対するWindows 7/8.1のサポート期間を再延長した。

[07:51 8/12]

ドスパラ、GeForce GTX 1080搭載の「Alliance of Valiant Arms」推奨PC

サードウェーブデジノスは9日、同社のゲーミングPC「GALLERIA」より、「Alliance of Valiant Arms」推奨PCを発売した。全国のドスパラ店舗、および通販サイトで販売する。BTOに対応し、標準構成価格は税別224,980円。

[18:29 8/9]

GIGABYTE、USB PD対応で100W電源供給が可能なH170チップセットのATXマザー

日本ギガバイトは5日、チップセットにIntel H170を搭載するATXマザーボード「GA-H170-Designare」を発表した。8月6日から代理店を通じて発売する。店頭予想価格は17,000円前後(税別)。

[08:00 8/7]

GIGABYTE、Intel C236チップセット搭載のXeon E3-1200 v5対応ATXマザー

日本ギガバイトは5日、チップセットにIntel C236を搭載するATXマザーボード「GA-X170-WS ECC」を発表した。 8月6日から代理店を通じて発売する。店頭予想価格は28,000円前後(税別)。

[08:00 8/7]

DragonFly BSD 4.6登場

DragonFly BSDプロジェクトは8月2日(米国時間)、「DragonFlyBSD: release46」において、DragonFly BSDの最新版となる「DragonFly BSD 4.6」の公開を伝えた。ビデオサポートの強化、不揮発性メモリデバイスのサポート向上、EFIサポートの改善、マルチコア/プロセッサに関する性能の改善、いくつかの実験的な実装の導入などが実施されている。

[09:36 8/5]

Skylake バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2013年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2012年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>Skylake)

Skylake トップへ
Intelの第6世代Coreプロセッサ「Skylake」に関する最新ニュースや解説、レビュー、搭載PCについて紹介。

人気記事

一覧

新着記事