【レポート】

出産未経験の20代女性も注意! 「膣のゆるみ」の原因と治療法を専門医に聞く

北林あい
 

最近、お風呂からあがったときに膣(ちつ)からお湯が出てくる、くしゃみや咳(せき)で尿漏れする……。こんな症状は膣がゆるんでいるサインかもしれない。今回は、他人には相談しにくい「膣のゆるみ」について、なおえビューティークリニックの喜田直江院長にうかがった。

出産、加齢、運動不足がゆるみの原因

そもそも膣がゆるんでいるかどうかは、自分で気づけるものなのだろうか。症状がなかったり気づきにくかったりする場合もあるそうだが、一般的に次のような症状がある人は膣のゆるみを疑ってみるとよいだろう。

・お風呂やプールで膣にお湯や水が入る。
・トイレに行く回数が増えた。
・お尻のたるみが気になる。
・性交時に空気が入って音がする。
・パートナーが最後までイケなくなった。
・尿漏れを感じたことがある。

膣がゆるむメカニズムには、「骨盤底筋群」の筋力低下が関わっている。骨盤底筋群とは、骨盤の底にあり、子宮や膀胱(ぼうこう)、腸を支えるハンモック状の筋肉のこと。その筋力が低下すると、膣のゆるみを引き起こすという。

骨盤底筋群の図。出産や加齢、運動不足などでこの筋力が低下すると膣がゆるむという

そして、膣がゆるむ原因として一番多いのが「出産」だ。出産で広がった膣は出産後も完全には元に戻らず、膣壁と膣まわりの骨盤底筋群などの筋肉が引き伸ばされて膣の内部が広がると、締める力が低下する。出産回数より年齢に深く関係し、高齢出産ほど元に戻りにくいとのこと。

そのほか、加齢や運動不足も膣のゆるみの原因になる。「性交時の感度が悪くなった、自分では気付かなくてもパートナーに膣のゆるみを指摘されたという相談をよく受けます。出産経験のある40代前後の女性が多いですが、運動不足も原因になりますので、出産未経験の20代女性の来院も少なくありません」と喜田院長。

放置すると「子宮脱」のリスクも

膣のゆるみをそのままにすると、症状が進行し、筋肉が衰えて支えられなくなった子宮が膣から出てしまう「子宮脱」を引き起こすこともあるという。子宮脱は50代以上に多い病気で、膣内の異物感や、頻尿・排尿困難(尿が出にくくなる)などの症状が代表的だ。発症した場合は、手術などの治療が必要となる。

大きな赤ちゃんや双子の出産経験者、出産回数が多い人、高齢出産の人などはリスクが高いといわれている。また、骨盤底筋群は立っているだけでも重力の影響を受けており、そこに内臓脂肪の重さや力が加わるとダメージが増すため、肥満ぎみの人、排便時に強くいきみがちな人、立ち仕事や重い物を持ち上げる仕事をする人も注意が必要だ。

クリニックで行う治療法

では、膣のゆるみはどうしたら改善できるのだろうか。専門のクリニックなどではいくつかの治療法を取り入れており、カウンセリングを行ったうえで、出産予定の有無や年齢などに応じて最適な治療法を選択できる。

■膣縮小術
ゆるんだり断裂したりした膣まわりの筋肉を修復する約1.5時間の施術で、もっとも効果が高いという。約2カ月のダウンタイム(回復期間)が必要であり、その後は通常どおり性交渉も可能。ただし、膣が狭くなると出産が難しくなるので、出産予定のない人に適している。30代以上に人気。

費用: 約50万円

■ビビーブ(高周波治療)
麻酔やメスを使わず、高周波により膣壁のコラーゲンを増やし、若わかしい膣を再生する治療法。痛みや出血を伴わない30分程の治療でダウンタイムもないため、若い世代から40代に人気が高い。ただし効果は一時的なので、一年に一度の定期的な治療が必要。

費用: 約25万円

■ペルビックトレーナー(磁気治療)
ゆるんでしまった骨盤底筋群を筋肉トレーニング装置で刺激し、鍛える方法。服を着たまま椅子に座って行い、痛みもない。1回の治療時間は約20分。1~2週間に一度の通院を継続することが望ましく、3~5回で効果を感じる人が多いという。年代を問わず人気があり、高齢の場合は尿漏れの改善にも効果的。

費用: 7万6千円 / 10回

■フィラー注入(パールフィラー、ボリュームフィラー)
膣壁の下にゼリー状のフィラーを注入して膨らませ、切開手術なしで膣内部を狭くする方法。フィラーには2種類あり、パールフィラーは吸収されないので1回の治療で半永久的に効果が持続する。一方、ヒアルロン酸を注入するボリュームフィラーは、吸収されるので一年に一度、定期的な治療が望ましい。吸収されないパールフィラーは、出産時に赤ちゃんと一緒に出てくるため、抵抗がある人は効果が一時的なボリュームフィラーがおすすめ。どちらもダウンタイムはなく、施術後1週間程度で性交渉が可能に。20代から70代まで幅広く人気。

費用: パールフィラー約40万円、ボリュームフィラー約25万円

■エッジワン(炭酸ガスレーザー)
ビビーブと同じく、膣壁のコラーゲンを増やして若返らせる方法。ビビーブほど深達度はないため、1~2カ月あけて2回の照射がおすすめ。性交痛の改善のほかに尿もれ改善効果もあるため、高めの年齢層に人気。

費用: 約10万円

女性であれば誰にでもなる可能性がある、膣のゆるみ。なかなか他人に相談しづらい悩みだが、ひとりで抱え込まず、まずは信頼できる医師に相談してみよう。クリニックで適切な治療を受けて女性としての自信を取り戻せば、パートナーとの関係が一層深まるかもしれない。

※画像は本文と関係ありません
※治療費はクリニックによって異なります

記事監修: 喜田直江(きだ・なおえ)

2001年に京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。2003年からは形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。2006年より大手美容外科に勤務し、美容外科・美容皮膚科全般において経験を積んだ。特に婦人科系の美容手術は、日本でも有数の症例数を誇る。2011年10月、東京都・銀座でなおえビューティークリニックを開院。婦人科形成医療を通して多くの女性患者の悩みを解消し、"女性であることの幸せ"を提供し続けている。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

A.B.C-Z・塚田僚一、キスマイ・千賀健永に謝罪!? - "ジャニマネレストラン"で10年越し事実発覚
[21:00 7/29] エンタメ
福島交通飯坂線、7000系に代わる新車両1000系導入へ - 3カ年計画で全車更新
[20:49 7/29] ホビー
東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」が業界初の"HLG方式のHDR"に対応
[20:43 7/29] スマホとデジタル家電
写真甲子園2016、島根県立大田高校が初優勝 - 「笑顔の写真は撮らない」
[20:39 7/29] スマホとデジタル家電
TVアニメ『ワンピース』、新章「ゾウ編」突入! 新キャラ&キャストを発表
[20:33 7/29] ホビー