「出産」最新記事一覧

出産・分娩に関する悩みや対策を医師など専門家にも監修した情報で紹介

関連キーワード

ヘッドライン

出産内祝い"やりすぎ感"のない商品選びのコツは? - 親族・友人・職場別

一般的には出産祝いのお返しとして渡すことの多い「出産内祝い」。出産後、バタバタと準備を始めるママも多いと思うが、贈り先に喜んでもらいつつ、自分でもこだわりの持てる商品を探すのは、なかなか難しいかもしれない。今回は、ママ向けギフトサービス「たまひよの内祝い」(ベネッセコーポレーション)が開催したセミナーを取材。最新の内祝いに関するトレンドや新商品を紹介しよう。

[07:00 8/10]

赤ちゃん本舗調べ「赤ちゃんお名前ランキング」-1位は「悠真」と「咲良」

赤ちゃん本舗は7月26日、創業85周年を記念し、「2017年上半期赤ちゃんお名前ランキング」を発表した。男の子の1位は「悠真(ゆうま)」、女の子の1位は「咲良(さくら)」という結果だった。

[16:26 7/26]

赤ちゃん名づけ、上半期ランキング1位は「心桜」 - トレンド"一昔前に回帰"

「無料 赤ちゃん名づけ」アプリなどを運営するリクスタはこのほど、「2017年赤ちゃん名づけ上半期トレンドベスト100」を発表。第1位は3年連続で「心桜」(こころ)ちゃんとなった。「桜のようにみんなから愛される優しい子に」などといった名づけの理由が寄せられている。

[16:20 7/18]

子どもの名付け、夫婦の意見が対立したのはどんなこと?

この世に生を受けたわが子への、最初の贈り物である名前。その名付けにあたって、夫婦間で意見がぶつかり、困ってしまったという経験のある人もいるかもしれない。そこで今回は子どもを持つ女性のマイナビニュース会員300名に「子どもの名付け、夫婦で意見が合わないことはありましたか?」と聞いてみた。

[16:30 6/21]

【特別企画】先輩ママに聞く、赤ちゃんに安心のチャイルドシートとは

ジメジメとした梅雨が明けたらいよいよ夏本番! これから生まれてくるお子さんとのお出かけを考えている、妊婦さんも多いのではないでしょうか。そこでマイナビニュースでは、先輩ママから妊婦さんに"赤ちゃんとのお出かけ"に関するアドバイスをもらいました。

[11:29 6/13]

子どもの名付け、みんなが重視したポイントは?

赤ちゃんを迎えるにあたって、パパ・ママが悩みに悩んでしまうのが、子どもの名付け。かわいい名前にしたい、成長への願いを込めたい、できれば画数にこだわりたい……大切にしたいことはたくさん出てくるだろう。そこで今回は、子どもを持つ女性のマイナビニュース会員300名に「子どもの名付けで重視したポイント」について聞いてみた。

[20:00 6/8]

子どもの名付け、「●●しておけばよかった!」と思うことは?

うまれてきた赤ちゃんにさまざまな思いを込めて付ける名前。子どものことを大切に考えるからこそ、どんな名前にするか悩んだり、名付け後に「もっとよく考えればよかった!」という思いに駆られたりすることもあるかもしれない。そこで今回は、子どもを持つ女性のマイナビニュース会員300名に「子どもの名付けで『●●しておけばよかった!』と思うことはありますか」と聞いてみた。

[16:30 6/5]

出産・子育てなどシーンに特化した「アカチャンホンポ」が北九州に登場

赤ちゃん本舗は6月30日、出産・子育てのシーンに特化したライフスタイル・ショップで編成する「アカチャンホンポ スマイル」の全国第1号店となる「アカチャンホンポ スマイル リバーウォーク北九州店」を商業施設「リバーウォーク北九州」内にオープンする。 営業時間は10時~21時。

[17:04 5/31]

不器用男がパパになったら 第24回 出産初心者の戸惑い

3人の男の子を育てるユウさんが、妻の妊娠をきっかけに、だんだんパパへと成長していく過程を思い返しながらつづる、本連載。第24回は「出産初心者の戸惑い」です。

[17:00 5/24]

不器用男がパパになったら 第23回 いよいよ、赤ちゃんとの初対面!

3人の男の子を育てるユウさんが、妻の妊娠をきっかけに、だんだんパパへと成長していく過程を思い返しながらつづる、本連載。第23回は「いよいよ、赤ちゃんとの初対面!」です。

[17:00 5/17]

陣痛タクシー登録でマタニティギフトを無料プレゼント--豪華すぎる中身とは

日本交通と日本交通の子会社であるJapanTaxiは5月11日、企業14社とともに「陣痛タクシープロジェクト」を発足。妊婦の通院時・陣痛時に慌てずタクシーを呼ぶことができるサービス「陣痛タクシー」の登録者全員に、哺乳瓶やオムツ、赤ちゃん用シャンプーや絵本などが入った「マタニティギフト」を無料でプレゼントする。

[11:30 5/12]

不器用男がパパになったら 第22回 あわや車中出産!? その結末は……

3人の男の子を育てるユウさんが、妻の妊娠をきっかけに、だんだんパパへと成長していく過程を思い返しながらつづる、本連載。第22回は「あわや車中出産!? その結末は……」です。

[17:00 5/10]

無痛分娩は本当に痛くない? 産婦人科医に聞いた

出産は痛い。赤ちゃんと出会うための道とはいえ、「できることなら痛くなく出産したい」と思うのが多くの女性の願いだろう。それを医学的に可能にしたものに「無痛分娩」があるが、それはいったいどのようなものなのだろうか。順天堂大学医学部附属練馬病院産婦人科長の荻島大貴先生にうかがった。

[16:00 5/9]

不器用男がパパになったら 第20回 陣痛っていつまで続くの!?

3人の男の子を育てるユウさんが、妻の妊娠をきっかけに、だんだんパパへと成長していく過程を思い返しながらつづる、本連載。第20回は「陣痛っていつまで続くの!?」です。

[17:00 4/26]

産院選びのポイントは? 「近さ」以外にも大事なこと

妊娠が分かったら、まず取り組みたいのが産院選び。出産時だけでなく、出産の前後も何かとお世話になる場所だけに、「失敗したくない!」と思う人も多いだろう。そこで今回は、子どもを持つ女性マイナビニュース会員301名に、「産院を選ぶときに重視したポイント」を聞いてみた。

[16:30 4/25]

出産するならどこ? 総合病院、個人の産院、助産院のメリット・デメリット

子どもができて、最初に悩むのが「どこで出産するのか」という問題。医師の評判や設備の充実度、それに食事などのサービス面が行き届いているかなど、チェックすべき項目はたくさんあるだろう。今回は、子どもを持つ女性マイナビニュース会員301名に、自分が子どもをうんだ産院について聞いてみた。メリット・デメリットと感じた点も合わせて紹介しよう。

[16:30 4/10]

産院を選ぶときに重視しておけばよかったと思うポイント、1位は?

出産前に十分なリサーチを重ねたつもりでも、実際にその産院に入院してみると、さまざまなことで不満を感じてしまう、ということはあり得るだろう。中には出産後に、よりよい産院の評判を聞き、後悔の念にかられた人もいるかもしれない。今回は、子どもをもつ女性マイナビニュース会員301名に、「産院を選ぶときに重視しておけばよかったと思うポイント」を聞いた。

[10:30 4/4]

安産祈願のおまじないを日本在住外国人に聞いてみた「熊の足で」「弾丸を」

出産は赤ちゃんを迎えるワクワクがあるものの、不安も少なからずあるもの。それでは、海外の妊婦さんはどんなおまじないをしてお産の無事を祈っているのだろうか。日本在住の外国人20人に聞いてみた。

[14:05 1/12]

初産に比べて第二子以後の分娩は楽?

2回目以降の出産は、「肉体的にも精神的にもだいぶ楽になるのでは」と考えがちだが、実際はどうだろうか。今回は、子どものいる既婚女性のマイナビニュース会員300人に聞いてみた。

[16:00 12/12]

2人目以降の出産祝い、もらってうれしかったものは?

今回はマイナビニュース会員のうち女性300名に、第2子以降の出産祝いで最もうれしかったものについて答えてもらった。

[07:00 12/8]

共働き夫婦は忘れずに! 育休中だけ「配偶者控除」で節税する方法

今回は、実は共働き夫婦にも関係のある「配偶者控除」について、紹介します。

[11:30 12/6]

山崎ナオコーラ×紫原明子、真逆なふたりが家族論・育児論を語る

母となった今も、性別や役割にとらわれない家族を生きる山崎ナオコーラさん。かたや、妻や母という肩書の中で生きることを求めながら、シングルマザーとなったことを機に新たな世界を知覚した紫原明子さん。そんなふたりが思う家族論・育児論とは。

[11:00 12/5]

2016年年間キラキラネームアクセスランキング発表 - 1位は「唯愛」ちゃん

リクルーティング スタジオはこのほど、「2016年年間キラキラネームアクセスランキングベスト30」を発表した。調査は2015年11月1日~2016年10月31日、「無料 赤ちゃん名づけ」アプリと「無料 赤ちゃん名づけ(Web)」、「キラキラネームクイズ」アプリにてキラキラネームを対象に検索数の多かった順に抽出し、同社委員会の厳正な審査を経て集計して行われた。

[17:24 12/2]

初産より第二子以後の妊娠は楽だった理由--心に余裕、上の子どもの存在も

第二子以後では、妊娠はより楽に感じられるものなのだろうか。今回は、子どものいる既婚女性のマイナビニュース会員300人に「初産に比べて第二子以後の妊娠は楽だったか」を聞いてみた。

[11:00 12/1]

どんどん体重が増えてしまう妊娠後期。どうやったら適正体重を保てる?

「どんどん体重が増えてしまって困る」「お医者さんに注意されてしまった」というような話をよく聞く妊娠後期の体重増加。今回は妊娠中の適正体重について、En女医会の産婦人科専門医・間瀬有里先生にお聞きしました。

[06:00 11/16]

出産祝いのウイスキーボトル、東京ミッドタウンのデザインコンペで受賞

東京ミッドタウンはこのほど「Tokyo Midtown Award 2016」のデザインコンペ結果を発表。審査員特別賞に、子どもの出生時体重と同じ重さのウイスキーボトルをかたどった関戸貴美子さんの作品が選ばれた。

[18:00 11/10]

赤ちゃんのための胎教って本当に意味があるの? 産婦人科医に聞いてみた

赤ちゃんができると、「胎教」のこと、気になりますよね?

[06:00 11/9]

さいたい血が役立つ可能性はどれくらい? - 産婦人科医に聞いてみた

出産後のへその緒から採取できるさいたい血。保存したり寄付したりすることで、血液疾患や再生医療に活用できるとされているが、実際どれだけ役立つものなのか。神奈川県・愛育病院の岡田恭芳 医学博士に聞いた。

[17:00 10/27]

糖分の多い清涼飲料水、妊娠中は避けた方がいいの? 産婦人科医に聞いてみた

清涼飲料水は、コンビニで簡単に手に入るので、お出かけのときには気軽に利用する人も多いのではないでしょうか。

[06:00 10/26]

東京・品川区が宿泊型の産後ケアを開始 - 1泊1万円で出産の疲れいやして

東京都品川区は12月から、1泊1万円で病院などでのサポートが受けられる宿泊型の産後ケア事業を始める。実家などの支援が得られない初産の母子を対象にしたもので、産後の疲れを取ってもらう目的がある。

[11:25 10/25]

出産 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2010年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2009年
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ライフスタイル>妊娠・子育て>出産)

出産 トップへ
出産・分娩に関する悩みや対策を医師など専門家にも監修した情報で紹介

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事