NVIDIAによるセミナー「写真・動画編集 に最適なNVIDIA Quadroのご紹介」

NVIDIAではゲーム向けのGeForceやワークステーション向けのQuadroなどいくつかのGPUを開発している。Quadroは、CADやCGといった画像編集からムービー編集を手掛けるクリエイター向けのワークステーションに搭載されていることが多く、ゲーム用途をメインとしたGeForceとは性格が異なる。ドライバもOpenGLに最適化されたものであり、そのような機能を活用するソフトウェアでパフォーマンスが発揮されるようになっているので、逆にDirectXを使うゲームなどは苦手としている。また、膨大なレンダリングや広大な画像領域に対応するべく、グラフィックスメモリも多く搭載できることが特徴であり、上位版などは数十万円以上といった高価なものも用意されている。

DAIVにもQuadro搭載モデルは用意されており、最上位モデル「DAIV-DQX710U6-SH9」ではQuadro P6000(24GB)を搭載し、1,099,800円(税別)で販売されている。

プロフェッショナル用途のグラフィックスではナンバーワンのシェアを誇る

Quadroは映画やCMに使われるような4Kを超える精密なグラフィックスの制作現場で活躍。また、完成前の建築物のイメージなど、CADによる図面製作でも広く使われている

最新のGPU「Pascal」

セミナーではNVIDIAの田中秀明氏が登壇。まずは、最新のGPUアーキテクチャである「Pascal」について解説した。Pascalアーキテクチャは2016年4月に発表され、現在のNVIDIA製GPUの多くがベースとしている。おもな特徴としては、VRに有利な「同時マルチプロジェクション」機能、「GDDR5X」メモリの採用によるパフォーマンスの向上が挙げられる。QuadroシリーズとしてはQuadro P6000を皮切りにミドルレンジやエントリーまで幅広く製品を展開している。また、最新世代のQuadroでは5K(5,120×2,880)解像度での4画面出力することが可能となり、DisplayPortも1.4に対応した。一方、従来のQuadroではDVIからアナログ出力も可能であったが、Pascalからはアナログ出力を省略したのでできなくなっているとのことだ。

エヌビディア合同会社 マーケティング本部 エンタープライズマーケティングマネージャーの田中秀明氏

PascalはVR機能、GDDR5Xメモリが搭載され、5Kディスプレイにも対応

同社のGPUロードマップ。2年置きに新型GPUが登場している

Pascalを搭載したQuadro製品の紹介

  • Quadro GP100

2月6日に発表されたばかりの新製品で、ハイエンドである「Quadro P6000」の上位にあたるウルトラハイエンドに位置する。GDDR5Xの4~5倍のメモリバンド幅を持つ「HBM2」を採用するほか、新しいインターコンチネクト技術である「NVLink」に対応。P6000よりCUDA コア数やメモリ容量は少ないが、NVLinkによって2枚のGP100を高速に接続可能で高いパフォーマンスを発揮できるという。

Quadro GP100

GP100の想定される利用方法。シミュレーションによる大規模なデータモデルの描画、ディープラーニング(人工知能)の開発などが想定されている

GP100をK6000、M6000、P6000と比較したグラフ

  • Quadro P6000

2016年秋に登場。CUDA コア数が多く、高速のGDDR5Xメモリを24GB搭載し、単体のカードとしては最も高い性能を備える。ハリウッド映画のスタジオや多くのゲーム制作会社で使われているとのことだ。

Quadro P6000

P6000とM6000(1世代前)、K6000(2世代前)と比較したグラフ。2世代前と比較すると約2倍、1世代前とは約1.5倍ほど性能が向上している。

  • Quadro P5000

P6000と同時に登場したモデルで、メモリ容量が16GBになっている。

Quadro P5000

P5000とM5000(1世代前)、K5200(2世代前)と比較したグラフ。こちらもP6000と同じような性能差が見られる

  • Quadro P4000

2月6日に発表された製品。アーキテクチャがPascalになったことで前モデルの「Quadro M4000」と比較して性能が1.5~2倍に向上した。NVIDIAのVR認証プログラム「VR READY」に対する付与がされている。

Quadro P4000

Pascalを搭載したGP100からP4000まではVR用として最適な「VR READY」認証が与えられている

  • Quadro P2000

Quadroで一番のボリュームゾーンになる製品。5GBのグラフィックスメモリを搭載。ミドルレンジでは4枚の4Kディスプレイを接続できる。

Quadro P2000

  • Quadro P1000

スモールフォームサイズのPCに対応したQuadroで、コンパクトサイズの中では一番性能が高い。

Quadro P1000

  • Quadro P600

日本ではCADを使っているユーザーに多く利用されている製品。

Quadro P600

  • Quadro P400

エントリークラスの製品。前モデルの「Quadro K420」では2画面までだったが、本製品では3画面まで4Kで出力が可能。

Quadro P400

Quadroの製品ラインナップ

最後にPascalの実際のソフトウェアでの性能について紹介された。プロ用の動画編集用ソフトとして有名なアドビシステムズの「Adobe Premiere Pro CC」においては、最終レンダリングが最大で50倍高速になり、その他の編集機能についてものきなみパフォーマンスが向上している。また、エフェクトなど動画の合成処理に使われる「Adobe After Effects CC」についても、同じように性能向上が体感できるとのことだ。ちなみに田中氏によると、RAW現像ソフトである「Adobe Photoshop Lightroom CC」においては、QuadroよりもGeForceの方が適しているとのことだ。

以上のことを踏まえて、DAIVで本格的な動画制作環境を構築したい人はPascal世代のQuadroのラインナップが充実した今こそ導入を検討してはいかがだろうか。

Premiere ProとAfter Effectsにおいて、パフォーマンスが向上。どちらもCUDA コアの性能や数が寄与するので、上位モデルになればなるほど恩恵が受けられる


マウスコンピューター/G-Tune

価格・構成については、2017/3/3(記事作成日)現在の情報です。最新情報についてはマウスコンピューターのサイトにてご確認ください。