AWSの進化がもたらす新たな可能性<br />
~クラウドがビジネスの未来にあたえる4つのメリットとは~<br />
【第1回・IoT編】IoTで変貌したものづくりの現状と課題

概念的だったものが、より実装段階に入りつつあるIoT。インターネットに接続された自動車、家電、スマートフォンなどの デバイスが絶え間なく生成するデータを、適切に管理・分析することで「新たな価値」を生み、成功した企業も多くなっています。 一方で、具体的な活用方法やインフラを整備する人材の不足について、依然として多くの企業で課題として挙げられている。 本セミナーでは、 IoTで変貌したものづくりの現状と課題について講演します。

本セミナーへ申し込む

当日プログラム

  • 13:00~13:05

    開会挨拶

  • 13:05~13:55

    【基調講演】
    AIoT取り組みのご紹介 シャープが取り組むココロプロジェクトとクラウドサービス

    白石 奈緒樹氏
    登壇者

    白石 奈緒樹氏

    シャープ株式会社 IoT通信事業本部 IoTクラウド事業部 事業部長

    ヒット商品のザウルスのOS、アンドロイドスマホの開発に従事。現在はIoTクラウド事業部を率いシャープが取り組む「人に寄り添うIoT=AIoT」の戦略を推進。

    講演サマリー

    AIとのかけ算によって広がるものづくりIoTの可能性。
    単にモノがインターネットに接続してデータをやり取りするだけでなく、AI(人工知能)によって学習し、成長するシステム「AIoT」について、当社の取り組みについて紹介します

  • 13:55~14:35

    IoTにおけるクラウドの活用とAWSのIoTの取組みについて

    小梁川 貴史氏
    登壇者

    小梁川 貴史氏

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 IoT ソリューションデザインチーム パートナーソリューションアーキテクト

    講演サマリー

    近年注目を浴びているIoTは、既に様々な用途にて活用が始まっており、その多くの場合
    クラウドをベースにした環境構築となっています。本セッションでは、AWS クラウドで
    IoT を取り組む価値とその効果について事例を交えて紹介いたします。

  • 14:35~14:50

    休憩

  • 14:50~15:30

    IoTにおける、機械学習を活用した異常検知の適用シーン

    中澤 宣貴氏
    登壇者

    中澤 宣貴氏

    ブレインズテクノロジー株式会社 取締役 CTO

    2009年ブレインズテクノロジー株式会社入社。機械学習や大規模分散技術を活用した製品・サービス技術開発に従事。先端オープン技術をエンタープライズの世界に還元するべく、Impulse等の製品を輩出。

    講演サマリー

    膨大で多様なセンサーデータから価値ある知見を抽出するには、機械学習を活用した高度な解析が必要であることは、今や自明となりました。
    本セッションでは、リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」で実現している大量なセンサーデータに対するプラント設備の故障予兆検知や、製品完了検査における不良品検出など、IoT分野で異常検知が価値を提供するシーンや、機械学習活用のポイント・ノウハウについて、事例を交えてご紹介します。
    併せて、9月下旬に東京リージョンでサービス提供開始されたばかりの「AWS Greengrass」を活用した、エッジコンピューティングでの異常検知の取り組みについてもご紹介します。

  • 15:30~16:10

    設備稼働率改善と品質向上を実現する工場のIoT化

    登壇者

    平井 強氏

    日本ラッド株式会社 IoTソリューション事業部 執行役員

    業務からエンターテイメントまで、数多くのシステム立ち上げた経験を持つクラウドスペシャリスト。現在は製造業向けのシステムコンサルタントとして、日々製造現場に入り工場のIoT化推進を支援している。

    講演サマリー

    人口減社会で労働力の減少傾向は各産業に大きな影響を及ぼそうとしており、この問題を解決する魔法として「IoT」がクローズアップされています。では、実際どのように活用し、どのように課題解決につなげるのか?製造業の現場では、人口減少社会に対応するために「生産技術の継承」「省力化」を、IoTを活用することで解決していくチャレンジが進行しております。今回は、導入事例なども踏まえて間違いのないIoTシステム導入やデータ活用について、「超実践的」な情報をお届けいたします。

  • 16:10~16:25

    休憩

  • 16:25~17:15

    【特別講演】
    モノづくりIoTの未来とは~「つながる工場」を超えて~

    藤元 正氏
    登壇者

    藤元 正氏

    株式会社日刊工業新聞社 デジタル編集部 部長

    08年科学技術部長、13年第一産業部(機械、電機、自動車、情報通信等製造業担当)部長、16年デジタル編集部長。科学技術およびハイテク産業に関心が高く、ニュースイッチでも技術海外のテクノロジーのファシリテーターを務める。日刊工業電子版の「デジタル編集部から」でもICT、IoT、AI、ロボット、デジタルモノづくりといったデジタル技術・産業を切り口にコラムを連載する。

    講演サマリー

    AIやロボット、ICTの進化により、今後10年で産業や社会が劇的に変化すると言われる中、もはやIoTなしに産業の未来は語れない。それどころか、ドイツでは国を挙げて「インダストリー4.0」を推進し、IoTを基盤とする新しい産業革命を主導しようとしている。一方でモノづくりの現場力に強みを持つ日本は、その強さが「革命」の足かせにもなりかねない。「産業IoT=つながる工場」を超えた高付加価値型の製造・サービス産業に向け、ビジネスモデルの転換が求められている。

開催概要

タイトル AWSの進化がもたらす新たな可能性
~クラウドがビジネスの未来にあたえる4つのメリットとは~
【第1回・IoT編】IoTで変貌したものづくりの現状と課題
開催日 2017年10月27日(金)
定員 定員なし
申し込み 1.会員ログインの上、申し込みボタンをクリックしてください。
2.お申し込み受け付け票をメールでお送りします。
3.後日当選者の方には受講票をメールでお送りします。
4.当日は受付でお名前を伝え、受講票をお見せください。

※同業他社、システムインテグレーター、学生の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
申し込み締切日 2017年10月26日(木) 15:00まで
参加費 無料
開催会場

map

〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6
JR新宿ミライナタワー 12F マイナビルームA

・JR各線「新宿駅」ミライナータワー改札 直結
・JR「新宿駅」南口から 徒歩3分
・東京メトロ丸ノ内線、副都心線、都営地下鉄各線
「新宿三丁目駅」E10出口より徒歩1分

マイナビルームへの行き方はこちら

map

主催 株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
協賛 ブレインズテクノロジー株式会社、日本ラッド株式会社
後援 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
協力 株式会社日刊工業新聞社
お問い合わせ 株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局
03-6267-4336
備考 ※講演者や講演内容、会場、タイムスケジュールなどは予告なく変更する可能性がございますためあらかじめご了承ください。

本セミナーへ申し込む

現在募集している主なセミナー

現在募集している主なセミナー

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る