【特別企画】

市場規模が4年で2倍! IoT市場をはじめ国外向けのEC構築の秘訣を紹介

[2016/11/22 09:00] ブックマーク ブックマーク

Webサイト構築

「国内で売れない商品が海外で売れる」「国内以上の価格で販売できる」といったメリットを背景に、グローバルでのeコマース市場が拡大している。これらは「越境EC」とも呼ばれ、中国やその他のアジア諸国、および中南米をメインターゲットとして2014年から2018年までに市場規模が2倍となることが予想されるなど、一層の成長が期待されている。

こうした市場の拡大に伴い、越境EC事業に乗り出す企業も増えているという。なかでも注目されている市場のひとつがIoT関連だ。これはIoTデバイスやコネクティッドサービスなどを扱う企業が、従来のプロダクトをサービスとして提供することで海外への展開を視野に入れはじめていることによる。向こう1年以内での国外の新たな市場開拓や事業拡大を最優先事項としてあげる企業も多く、短期間での事業の立ち上げがミッションとなっている担当者も多いようだ。

しかし越境ECの事業化に際しては、市場の調査をはじめとして、販売に関わる戦略を策定する必要がある。また文化の異なる国外市場との商取引となるため、慣習やコンプライアンスの壁も乗り越えねばならない。早急なビジネス化を求められる担当者は、このような数多くの事項を検討しなければならないのである。

それでは越境ECのいち早いビジネス化へ向け、具体的にはどういったことを検討し、対応すべきなのだろうか。今回IT Search+ではForrester Consultingの調査データに基づく国際的な事業展開に関するレポート資料を紹介する。レポートでは国外へ向けたeコマースを取り巻く概況を解説。企業のe コマースに関する意思決定者へのアンケートによる統計データを元にした実際の現場の声も記載している。末尾にはeコマースに関する意思決定を行う際に検討すべき事項もまとめており、担当者の指針となる本資料。ダウンロードの上、まずは内容をご確認いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 デジタルリバージャパン)

2032
2
市場規模が4年で2倍! IoT市場をはじめ国外向けのEC構築の秘訣を紹介
2016-11-24 11:40:02
今回IT Search+ではForrester Consultingの調査データによる、国際的な事業展開に関するレポートを紹介。 レポートでは国外へ向けたeコマースを取り巻く概況やアンケートによる統計データ、末尾にはeコマースに関する意思決定を行う際に検討すべき事項をまとめており、担当者の指針となる本資料。まずは内容をご確認いただきたい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/11/24/digitalriver_index.top_161124.jpg
今回IT Search+ではForrester Consultingの調査データによる、国際的な事業展開に関するレポートを紹介。 レポートでは国外へ向けたeコマースを取り巻く概況やアンケートによる統計データ、末尾にはeコマースに関する意思決定を行う際に検討すべき事項をまとめており、担当者の指針となる本資料。まずは内容をご確認いただきたい。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る